キングサイズベッドの大きさとは?選び方や搬入時の注意点を解説


キングサイズベッドとは、一般的なベッドよりも大きいサイズのベッドです。 大きさは、マットレスが縦195cm、横180cmで、カップルやファミリーで使用できます。 その大きさゆえに、搬入時には注意が必要です。 キングベッドの大きさや選び方、搬入時の注意点について解説します。 キングベッドのメリットとしては、広々としたスペースを確保できることや、ゆったりと寝ることができることが挙げられます。 キングサイズベッドの搬入時には、エレベーターの広さや階段の幅などを事前に確認しておくことが必要です。

キングサイズベッドの大きさとは?選び方や搬入時の注意点を解説

キングサイズベッドの大きさとは?選び方や搬入時の注意点を解説 目次

キングサイズベッドのサイズはどのくらい?
  他のベッドのサイズ感をご紹介

キングサイズベッドのメリット

キングサイズベッドのデメリット

キングサイズベッドの選び方
  マットレスの種類
    ポケットコイルマットレス
    ウレタンマットレス
    高反発ファイバータイプ
  ベッドフレームの種類
    低床ベッド
    跳ね上げ収納ベッド
    引き出し収納付きベッド

キングサイズベッドを搬入する際の注意点
  設置時の搬入経路を確認しておく
  ヘッドボードは壁に寄せる
  ベッドと壁の間に5〜10cmの隙間を確保する

キングサイズベッドはファミリーでも使用できるサイズ!

店主のつぶやき キングサイズベッド編




「夫婦で同じベッドで寝ているけど少し窮屈」「子供と一緒に広々寝たい」と
お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このような方におすすめなのが、キングサイズベッドです。
キングサイズベッドは、シングルサイズベッド2台分弱と非常にワイドな横幅となる大きさが特徴的。
ただ大きいだけではなく、本当に寝心地が良いキングサイズベッドを選ぶためには、
どのようなことに注意するべきなのでしょうか。
今回はキングサイズベッドの大きさとその選び方についてご紹介します。


  • 収納ベッド Hrymr フリュム
  • 収納ベッド Hrymr フリュム
高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド Hrymr フリュム

キングサイズベッドのサイズ(大きさ)はどのくらい?

キングサイズベッドのサイズはマットレスが「幅180cm×長さ195cm」程度の大きさで、
シングルサイズベッドとセミシングルサイズベッドを合わせた分の横幅があります。

キングサイズベッドと比較されることが多いクイーンサイズの大きさは、マットレスの横幅が160cm。
「たった20cm?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
無理なく寝返りをするためには「肩幅+20cm」必要だといわれています。
このような理由から、キングサイズベッドは非常に大型なベッドであるといえるでしょう。

他のベッドのサイズ感(大きさ)をご紹介

当然ですが家庭用ベッドはキングサイズだけではなく、いくつか大きさの種類があります。
以下の数値を参考に、使用する人数や部屋の大きさに応じてベッドを選びましょう。(※1)
大きさはマットレスサイズです。

シングルサイズ:幅97cm×長さ195cm
セミダブルサイズ:幅120cm×長さ195cm
ダブルサイズ:幅140cm×長さ195cm
クイーンサイズ:幅160cm×長さ195cm
キングサイズ:幅180cm×長さ195cm
ロングサイズ:幅97〜180cm×長さ210cm

(※1)眠り姫『ベッドのサイズ(横幅)』


キングサイズベッドのメリット

キングサイズベッドを使用する最大のメリットは、広々寝れるマットレスの大きさです。
前項でご紹介したように、キングサイズベッドの横幅はシングルサイズの約2倍弱の大きさです。
大人2人で寝る場合であっても広々と寝ることができます。
隣にパートナーが眠っていても寝返りが打ちやすいため、
パートナーの睡眠を妨げてしまう心配もありません。

さらに、キングサイズベッドはホテルのダブルルームに設置されているものと同じ大きさのサイズです。
自宅の部屋に設置することで、ホテルライクの雰囲気を味わうことができるでしょう。


キングサイズベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

キングサイズベッドのデメリット

キングサイズベッドのデメリットは、その大きさの為に設置のスペースが必要になること。
キングサイズベッドを設置するためには、最低でも8畳必要といわれています。
「部屋は狭いけどキングサイズベッドを置きたい」という場合、
キャビネットがついたベッドフレームを選ぶことで、
収納スペースを確保した状態でベッドを設置可能です。
何畳の畳が必要か、面積を確認してください。

また、キングサイズベッドを自宅に搬入する際に「エレベーターに乗らなかった」
「自宅の玄関にフレームが入らなかった」といったことも。
こうした事態を避けるために、ベッドやマットレスの大きさだけではなく、
搬入経路の幅や高さも事前に計測しておきましょう。
搬入時の注意事項をご覧くださいませ。

詳細 搬入時の注意事項


キングサイズベッドの選び方

「キングサイズベッド」といっても、さまざまな種類のマットレスや
ベッドフレームがあるため一概には言えません。
キングサイズベッドを選ぶ上で重要になるマットレスとベッドフレームの
種類についてご紹介します。

キングサイズベッドのマットレスの種類

人間が仰向けの体勢になると、頭や腰といった特定の部位に負担がかかりやすくなります。
特定の部位に負担がかかり続けると、腰痛や肩こり、血行不良といった
健康問題が起きることも。
快適に眠るためには、自分に合ったマットレスを選ぶことが大切です。
主なマットレスの特徴について見てきましょう。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは、コイルスプリングを一つひとつの袋に入れて
独立させた構造になっているマットレスのこと。
腰や背中への負担を軽減する「体圧分散性」が高く、柔らかい寝心地が特徴的でおすすめです。

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスは、ウレタンフォームと呼ばれるスポンジ素材を使用したマットレスのこと。
スポンジ素材である分かかっている圧力に応じて反発するため、
腰や首などカーブにもしっかりとフィットする特徴があります。

高反発ファイバータイプ

高反発ファイバータイプは、細いチューブ状のポリエチレンの繊維が
複雑に絡み合った内部構造になっているマットレスのこと。
中材にプラスチック素材を使用しているため、反発力が高く、
硬めの寝心地が特徴的。
空洞部分が多く通気性が良いため、寝苦しい熱帯夜でも快適に眠れるでしょう。

ベッドフレームの種類

ベッドフレームは部屋の印象を左右するだけではなく、
選び方次第で部屋の快適さが変わるもの。
家庭用として選ばれることが多いベッドフレームの種類についてご紹介します。

低床ベッド

低床ベッドとは、床面が低いベッドフレームのことです。
一般的なベッドフレームよりも高さがないため、
子供やお年寄りが使用する際は転落防止につながります。
低床ベッドは床に近い分、キングサイズベッドであっても
圧迫感がないといったメリットも。
デザイン性に優れたフレームが多く、部屋のインテリアにこだわりたい方におすすめです。

跳ね上げ収納ベッド

跳ね上げ収納ベッドとは、床板下を収納スペースとして活用でき、
マットレスと床板を一緒に持ち上げられる構造のベッドフレームです。
「ガス圧ダンパー仕様」を採用しているものが多く、
力に自信がない方であっても片手で簡単に開閉可能。
部屋の限られたスペースを有効活用したい方におすすめです。

引き出し収納付きベッド

引き出し収納付きベッドとは、床板下に引き出しが設置されたベッドフレームのことです。
キングサイズベッドを設置するためには、ある程度のスペースが必要に。
引き出し収納付きベッドフレームを活用することで、
十分な収納スペースを確保できます。
「洋服が多いけど大きめのベッドを置きたい」という方におすすめです。


キングサイズベッドを搬入する際の注意点

冒頭でもお伝えした通り、キングサイズベッドはシングルサイズ2台分の大きさです。
そのため、搬入時や設置時にいくつか注意しておきたいことがあります。
キングサイズベッドの設置を検討されている方は、事前に確認しておきましょう。

詳細 搬入時の注意事項

設置時の搬入経路を確認しておく

ベッドの梱包でもっとも大きいものはマットレス。
ベッドフレームは組み立て式のものがほとんどですが、
キングサイズのマットレスは幅・長さともに200cm近くと非常に大型です。
設置時に「マンションのエレベーターに乗らなかった」
「自宅の玄関に入らなかった」とならないように、事前に搬入経路を確認しておきましょう。

ヘッドボードは壁に寄せる

ヘッドボードとはベッドフレームの背面に貼られた化粧板のことです。
多くのベッドフレームはヘッドボードを見せないことを前提に作られているため、
デザイン性は劣るもの。
部屋のデザイン性を考慮する場合、ベッドボードを壁に寄せて設置するようにしましょう。

ベッドと壁の間に5〜10cmの隙間を確保する

「ベッドを壁に寄せないとシーツやマットレスが落ちてしまうのでは?」と
疑問に思われた方も多いのではないでしょうか。
ベッドと壁の間にある程度の隙間を確保しなかった場合、
ベッドメイキングがしにくくなったり、通気性が悪くなったりする
デメリットがあります。
キングサイズベッドを設置する際は、ベッドを壁の間にある程度の
隙間を作れるかどうかといったことも考慮しましょう。


キングサイズベッドの大きさはファミリーでも使用できるサイズ!

今回はキングサイズベッドのメリット・デメリット、選び方などについてご紹介しました。
キングサイズベッドの特徴は何よりも広さです。
単体ベッドフレームの中でもっとも大きいため、夫婦+子供1人であっても快適に眠れます。
しかし、キングサイズベッドは非常に大きい分、
十分なスペースがない場合、部屋が窮屈になってしまうことも。
キングサイズベッドの購入を検討している場合は、今回ご紹介したように
「搬入経路の寸法は問題ないか」「ベッドフレームの収納スペースは十分か」と
いったことを踏まえて選ぶようにしましょう。


キングサイズベッドの大きさに関して

部屋の広さとキングサイズベッド

キングサイズベッドは、広々とした部屋で最大限の快適さを追求したい方に最適な選択肢です。部屋の広さとキングサイズベッドの大きさの関係は重要な要素です。広い寝室では、キングサイズベッドを配置することで寝るスペースが大幅に拡張され、ゆとりある睡眠環境を提供することができます。

キングサイズベッドの一般的な大きさはマットレスが幅約180cm、長さは約195cmです。これに加えてベッドフレームやヘッドボードサイズの大きさを考慮する必要があります。そのため、キングサイズベッドを配置する際には、部屋の広さを測り、ベッドの寸法と合わせて配置の計画を立てることが重要です。

部屋の広さによっては、キングサイズベッドを配置することが難しい場合もあります。狭い部屋では、ベッドの配置スペースを確保することが困難なため、代わりにクイーンサイズやシングルベッドを選ぶことも検討されます。

部屋の広さとキングサイズベッドの関係を考慮しながら、自分の部屋のサイズや配置のニーズに合った最適なベッドサイズを選ぶことが大切でおすすめします。

幅とベッドの大きさ

キングサイズベッドは、その広さが特徴の一つであり、快適な寝るスペースを提供します。幅とキングサイズベッドの関係は、ベッドの選択において重要な要素です。

一般的なキングサイズベッドの大きさとしてマットレス幅が約180cm程度です。この幅は通常のダブルベッドやクイーンベッドよりも広く、カップルや個人が十分なスペースを確保して快適な睡眠を得ることができます。

幅広いキングサイズベッドは、寝返りを打つ際や横に広がって眠る場合に自由な動きを可能にします。特にパートナーと一緒に寝る場合、個々のスペースを確保することで快適な睡眠を促進し、相互の寝姿勢の影響を最小限に抑えることができます。

幅とキングサイズベッドの関係を考慮する際には、寝室の広さも重要な要素です。キングサイズベッドの幅を確保するためには、寝室のスペースが広く十分な余裕があることが望ましいです。寝室の配置や他の家具との調和も考慮しながら、キングサイズベッドを選ぶかどうかを検討しましょう。

幅とキングサイズベッドの関係を理解し、自分の寝室の広さや快適なスペースのニーズに合わせてベッドを選ぶことがおすすめです。十分な幅を確保することで、良質な睡眠をサポートするキングサイズベッドの利点を最大限に活かすことができます。

クイーンベッドとの大きさ比較

クイーンベッドとキングサイズベッドは、どちらも広々としたスペースを提供する大型のベッドですが、それぞれに特徴や利点があります。以下では、クイーンベッドとキングサイズベッドの比較を行います。

サイズ:
クイーンベッド: 一般的なクイーンベッドの大きさの寸法はマットレス幅約160cm、長さは約195cmです。これは大人二人が快適に寝るのに十分なスペースを提供します。
キングサイズベッド: 一般的なキングサイズベッドの大きさの寸法はマットレス幅約180cm、長さは約195cmです。クイーンベッドよりも幅広く、寝室の広さと相まってより広々としたスリープスペースを実現します。

スペースの要件:
クイーンベッド: クイーンベッドは一般的な寝室サイズに適しています。広いスペースを必要とせず、カップルや個人が快適に休息を取るのに適しています。
キングサイズベッド: キングサイズベッドは広い寝室に最適です。十分なスペースを確保できる環境が必要であり、ベッド以外の家具配置や移動スペースも考慮する必要があります。

寝姿勢の自由度:
クイーンベッド: クイーンベッドは個々の寝姿勢をサポートする十分なスペースを提供します。一人で寝る場合でも、寝返りを打つ際や身体を動かす際に自由度が高くなります。
キングサイズベッド: キングサイズベッドは寝るスペースがより広いため、カップルで寝る場合にも自由な動きやスペースの確保が可能です。パートナーの寝姿勢の影響を最小限に抑え、快適な睡眠を実現します。
クイーンベッドとキングサイズベッドは、寝室の広さや個々の好みに合わせて選ぶべきです。

シングルベッドとの比較

シングルベッドとキングサイズベッドは、異なる寸法を持つベッドサイズです。以下では、それぞれの大きさについて説明します。

シングルベッド:
シングルベッドの一般的な大きさの寸法はマットレス幅約97cm、長さは約195cmです。これは一人が寝るのに十分なスペースを提供します。シングルベッドは一般的に子供部屋や狭いスペースに適しています。

キングサイズベッド:
キングサイズベッドは、シングルベッドよりも大きなサイズであり、より広々とした寝室スペースを提供します。一般的な大きさの寸法はマットレス幅約180cm、長さは約195cmです。カップルや大人がゆったりと休息を取るのに適しています。シングルベッドとキングサイズベッドの大きさは、個々のニーズやスペースの制約に合わせて選ぶべきです。シングルベッドは限られたスペースや子供用の寝室に最適であり、キングサイズベッドは広々としたスリープスペースを必要とする大人やカップルに適しています。

ベッド選びの際には、自分やパートナーの寝るスタイルや快適さの好み、寝室のサイズと配置などを考慮し、最適なベッドサイズを選ぶことが重要です。

何畳の部屋ならキングベッド

キングサイズベッドは、広々としたスリープスペースを提供する大型のベッドサイズです。部屋の大きさや広さ、配置によって適切なベッドサイズが異なるため、何畳の部屋ならキングサイズベッドが適しているのかを考えてみましょう。

一般的には、キングサイズベッドを配置するには、寝室の広さが最低でも8畳以上あることが望ましいです。これは、ベッドだけでなく、他の家具や通行スペースも考慮した場合の目安です。

ただし、部屋の広さだけでなく、その他の要素も考慮する必要があります。寝室に他の家具や物品が多く配置されている場合や、通行スペースが狭い場合は、キングサイズベッドの配置が制約される可能性があります。

また、個々の好みや快適さによっても異なる場合があります。一人で寝る場合やカップルで使用する場合、ゆったりとしたスリープスペースが必要な場合は、キングサイズベッドが適しているでしょう。

部屋の広さだけでなく、配置や個々のニーズも考慮して、最適なベッドサイズを選ぶことが大切です。寝室の広さとキングサイズベッドの適合性を考えながら、快適でリラックスできる寝室環境を作り上げましょう。

ダブルベッドとの寸法比較

ダブルベッドとキングサイズベッドは、両方とも一般的なベッドサイズですが、サイズや寸法には違いがあります。ここでは、ダブルベッドとキングサイズベッドの寸法について説明します。

まず、ダブルベッドの寸法です。一般的なダブルベッドの大きさは、マットレス幅が約140cm程度、長さが約195cm程度です。このサイズは、一人で寝る場合やカップルで使用する場合に適しています。寝室の広さに制約がある場合や、コンパクトなスリープスペースを求める場合に人気のあるサイズです。

キングサイズベッドは、より大きな寸法を持っています。一般的なキングサイズベッドの大きさは、マットレス幅が約180cm程度、長さが約195cm程度です。この広々としたサイズは、快適なスリープスペースを求める人や、カップルや家族での使用に適しています。寝室の広さに余裕がある場合や、ゆったりとした寝心地を追求したい場合に選ばれることが多いです。

ダブルベッドとキングサイズベッドの寸法の違いは、主に幅と長さにあります。キングサイズベッドは、ダブルベッドよりも幅広く、より長い寸法を持っています。そのため、キングサイズベッドは、スリープスペースの拡張や快適性の向上を求める方に特に適しています。

ベッドを選ぶ際には、寝室の広さや個々のニーズに合わせて、ダブルベッドかキングサイズベッドかを検討することが重要です。快適な睡眠環境を作り上げるために、適切なベッドサイズを選ぶことをおすすめします。

寝室のスペースとベッドの大きさ

寝室のスペースとキングサイズベッドの関係についてご説明いたします。

キングサイズベッドは非常に広いベッドサイズであり、十分なスペースを必要とします。寝室のスペースがキングサイズベッドを収容するのに適しているかどうかを判断するためには、いくつかの要素を考慮する必要があります。

まず、キングサイズベッドの寸法についてです。一般的なキングサイズベッドの大きさは、マットレス幅が約180cm程度、長さが約195cm程度です。これは大きなスペースを必要とすることを意味します。ベッドの周囲には、ベッドフレームやヘッドボード、フットボードなどがあり、それらもスペースを取りますので、これらの要素も考慮に入れる必要があります。

寝室の広さを考慮しましょう。キングサイズベッドを配置するには、ベッドの寸法に加えて、周囲の動線や家具の配置、十分なスペースを確保するための余裕も考慮する必要があります。寝室に他の家具や収納スペースがある場合、それらの配置にもスペースを確保する必要があります。また、寝室のドアや窓の位置もベッドの配置に影響を与えることがあります。

快適なスリープエリアを確保するために、ベッドの周囲に十分なスペースが必要です。ベッドには寝具や枕なども含まれますので、これらを考慮してスペースを計算する必要があります。また、ベッドからの出入りやベッド周辺の掃除などもスムーズに行えるよう、適切なスペースを確保することが重要です。

最後に、寝室の広さや配置によっては、キングサイズベッドを配置することが難しい場合もあります。狭い寝室や狭い通路のある部屋では、キングサイズベッドが圧迫感を与える可能性があります。その場合は、よりコンパクトなベッドサイズを検討することがおすすめです。

シングルベッドとの比較

シングルベッドとキングサイズベッドは、異なるサイズと機能を持つベッドのタイプです。以下では、両者の比較を行い、それぞれの特徴を説明します。

サイズの違い:
シングルベッド: シングルベッドは一人用のベッドで、一般的なサイズはマットレス幅約970cm程度です。長さは一般的に約195cm程度です。狭いスペースに適しており、一人の寝具として十分なスペースを提供します。
キングサイズベッド: キングサイズベッドは非常に広いベッドで、一般的な大きさはマットレス幅約180cm程度です。長さは一般的に約195cm程度です。パートナーと一緒に寝る場合や、寝室の広さに余裕がある場合に適しています。十分なスペースを提供し、快適な睡眠環境を提供します。

利用シーンの違い:
シングルベッド: シングルベッドは、個人の寝具として一人が使用する場合に適しています。学生寮や独身者のアパートなど、スペースが限られている場所や個室に適しています。また、子供の部屋やゲストルームにもよく使用されます。
キングサイズベッド: キングサイズベッドは、パートナーと一緒に寝る場合や十分なスペースが必要な場合に適しています。快適な寝具を求めるカップルや、寝室の広さに余裕がある家庭に人気です。パートナーと一緒にゆったりとくつろげるスペースを提供します。

快適さと移動の容易さ:
シングルベッド: シングルベッドは一人の使用を前提としており、快適なスリープエリアを提供します。また、小柄な方や狭いスペースに適しているため、移動やベッドメイキングが容易です。

ワイドベッドと大きさ比較

ワイドベッドとキングサイズベッドは、どちらも広々としたスリープスペースを提供するベッドのタイプですが、それぞれの大きさには違いがあります。以下では、ワイドベッドとキングサイズベッドの大きさについて詳しく説明します。

ワイドベッドの大きさ:
ワイドベッドは、一般的にはキングサイズベッドよりも若干狭いサイズです。ワイドベッドのマットレス幅は約140cmから160cm程度であり、長さはキングサイズベッドと同様に約195cm程度です。ワイドベッドは、一人で寝る場合でもゆとりのあるスペースを提供し、快適な睡眠をサポートします。また、狭い寝室やスペースの制約がある場合にも適しています。

キングサイズベッドの大きさ:
キングサイズベッドは、非常に広いスリープスペースを提供するベッドです。一般的なキングサイズベッドの大きさはマットレス幅は約180cm程度であり、長さは約195cm程度です。キングサイズベッドは、パートナーと一緒に寝る場合や寝室の広さに余裕がある場合に最適です。豪華な寝具や快適な寝姿勢を求める方に人気があります。

大きさの比較:
ワイドベッドとキングサイズベッドの大きさを比較すると、キングサイズベッドの方が幅が広く、よりゆとりのあるスペースを提供します。一方、ワイドベッドはキングサイズベッドよりも若干狭いですが、一人で寝る場合やスペースの制約がある場合に適しています。どちらのベッドも快適な睡眠環境を提供することができますが、寝室の広さや個々の好みに応じて選択することが重要です。

クイーンベッドとの大きさの違い

クイーンベッドとキングサイズベッドは、どちらも広々としたスリープスペースを提供する人気のあるベッドのタイプですが、それぞれの大きさにはいくつかの違いがあります。以下では、クイーンベッドとキングサイズベッドの大きさの違いについて詳しく説明します。

クイーンベッドの大きさ:
クイーンベッドは、一般的にはキングサイズベッドよりもやや狭いサイズです。クイーンベッドの大きさはマットレス幅は約160cm程度であり、長さは約195cm程度です。クイーンベッドは、一人で寝る場合やパートナーと一緒に寝る場合に適しており、スリープスペースの広さと寝室のスペースのバランスを取ることができます。

キングサイズベッドの大きさ:
キングサイズベッドは、非常に広いスリープスペースを提供するベッドです。一般的なキングサイズベッドの大きさはマットレス幅約180cm程度であり、長さは約195cm程度です。キングサイズベッドは、パートナーと一緒に寝る場合や寝室の広さに余裕がある場合に最適です。ゆとりのあるスリープスペースを求める方や、寝返りのしやすさを重視する方に選ばれます。

大きさの比較:
クイーンベッドとキングサイズベッドの大きさを比較すると、キングサイズベッドの方が幅が広く、より広々としたスリープスペースを提供します。一方、クイーンベッドはキングサイズベッドよりもやや狭いですが、十分なスリープスペースを確保することができます。選択する際には、寝室の広さや個々の好み、パートナーとの共有などを考慮しましょう。


クイーンサイズベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

引出し収納ベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印



店主のつぶやき キングサイズベッドの大きさとは?選び方や搬入時の注意点を解説編


関連する商品グループ


ページトップ