新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

小さいベッド セミシングル

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

シングルより小さいサイズのベッド について

一人暮らしを始めるときや自分のお部屋の模様替えなど。ワクワクする一大イベントですよね。
そんなお部屋作りの中でもどんなベッドを選ぶかは特に大事です。

一人暮らしや自分のお部屋なら、サイズとしてはシングルベッドを選ぶ方が多いと思います。
実際選ぶに際してまずしておくと良いのは、どこにベッドや家具を置くのかを考えること。
より具体的なイメージができればどんなベッドにするかも決めやすくなります。

例えばお部屋の幅が狭かったり、角に柱が出っ張っていてベッドを置きたいのに入らないなんてことも。
でも諦める必要はありません。そんなお部屋でも置けるのがこの小さいサイズのベッド。
幅は変わらず、長さだけ短い通常のシングルより小さいサイズのベッドです。

通常のシングルベッドのマットレスは長さが195cmあります。この小さいサイズのベッドはそれよりも15cmほど短い180cmです。この15cmの違いで、通常丈のシングルベッドでは置けないスペースでも置くことができます。

シングルより小さいサイズと聞くと、寝心地は大丈夫なの?狭くない?といった不安も出てきますよね。
実際どうなのでしょう。
幅はシングルベッドと同じなので寝返りを打ったりするのも変わりません。
身長が160cmくらいの方なら枕を置いても足が出てしまうということもありません。
通常より15cm程度丈が短くても、そもそもそれはプラスアルファの余裕部分なので寝心地にはあまり影響が無いのです。(誤解を頂かないよう申し上げておきますが、180cmくらいの高身長の方にはそもそもこの小さいベッドはおすすめしません。)

限られたお部屋のスペースを有効活用したい方にもこの小さいサイズのベッドはおすすめです。
ベッドはお部屋の中でいちばんスペースをとる家具ですから、この空間をより効果的に利用することで、お部屋を広く使うことができます。
それには収納付きのベッドもおすすめです。シングルベッドの小さいサイズでも引き出しやチェストをつけたモデルがたくさんが揃っています。上手に使えば衣装ケースなど他の収納家具を減らせます。

収納付きもそうですが、このシングルより小さいサイズのベッドもおしゃれななデザインや便利な機能付きのモデルが揃っています。
ぜひお気に入りの1台を見つけてあなただけのおしゃれで賢いお部屋を作ってくださいね。




小さいベッド・ 小さいシングルベッド について

副店長からのお知らせでーす!!

体格の小柄な皆様。
女性の方々。
初めてベッドをお使いになるお子様。
ベットだけで寝室の場所を取ってしまうのが困る方。
大きくはないお部屋に置けるサイズ。
少しでもお部屋を快適にお使いになりたい方々。

小さいサイズのベッドをお探しでしょうか?
目安として、身長が160cm以下の方に小さいベッドが
ちょうど良いようです。
身長プラス20cmくらいが程よい長さと言われております。
通常のベッドの長さは、195cm。
それよりも約15cm短い、小さいサイズのベッド。
たった15cmの差ではあります。

どうして、小さいシングルベッドが良いの?

小柄な方なら、ぴったりサイズのベットです。
お子様用にも、女性用にも、小柄な男性用にも使えます。
目の錯覚高価により、お部屋を広く見せられます。
実際に、短い分だけ、配置にも自由度があります。
他の家具を置くゆとりも生まれやすいのです。

長身の方には、かかとが出てしまい快眠しずらいです。
ベットから体がはみ出してしまうと、良く眠れませんよね。
一般的なベットに比べると種類が限られてしまいがち。
195cmが市場にたくさん出回っているので、
若干、種類は少ない模様です。
だからこそ逆に、快適なベットライフをお望みの皆様が、
180cmの小さいサイズを
お求めになることも無理のないことですね。

デスクやソファなど、他にも家具を置きたいとお考えの方。
できるだけ部屋を広く使いたい皆様。
ベッドを置いただけで、お部屋がいっぱいになってしまうとお悩みの皆様。
小さいサイズのベットなら、
狭いお部屋でも臨機応変に空間づくりが可能になりますね。

ベッドの長さが短くなることで
設置スペースが、最小限になりますね。
かわいらしい、小さいサイズ感が人気のベットです。
お部屋にゆとりが出たら、ワークスペースにも、
くつろぎスペースにも、ヨガスペースにもなります!

小さいサイズのベットの良さの一つは、軽くて、移動がラク!
小さいほうが、軽いし、取り回しがきくので
組み立てや、大掃除にも、困りませんね。
移動が簡単にできるということは、転勤や、
お引越し、模様替えにも、
ラクラクですね。

小さいサイズならではの、コンパクトさ。
レイアウトの自由さも、魅力です。
長さが約180cmほどでしたら、
クローゼットやドアの開閉に邪魔にならない場所に
配置が可能になります。
ちょっと動かして、お掃除をしたい場合に。
模様替えがお好きな方へも。

メガネやスマホ、時計、
ハンドクリーム、ティッシュボックスなど。
枕元に小物を置きたい方。
すぐに手が届くところに置きたい皆様。
小さいサイズのベッド+スリムな棚の組み合わせなら、
ベッドそのもので
寝室を広く使うことができますね。

通販なら、送料込みでもご予算内に収まりそうな
すてきな小さめベッドが多数ございますよ。
おうちまで運んでくれるのも、嬉しい!
通販なら、小柄な方でも、ベットの移動がラクですね。

搬入も組み立ても楽ちんな、
分割して運べるタイプなら、なお良し!
マンションの狭い廊下も、玄関も、楽に通れますね。

可愛らしくて、小さいベット。
主に、女性に人気のタイプも豊富に品ぞろえがございます。

可愛らしくシンプルなデザインの、北欧風すのこベット。
小さいサイズでも、脚付きマットレスタイプのベッド。
ベッド下の空間を使い切る引き出し収納ベット。
ヨーロピアン風の上品な小さいベッド。
フレンチカントリー風のアンティーク調ベット。
ベットのカバーリングも付属されているもの。
ナチュラルカラーの木目調ベット。

小柄な方々や、
初めてベットを使うお子様にも
窮屈な思いをなさらずにお使いいただけるタイプのベットです。

どうぞごゆっくりとお選びくださいませ。
お部屋の空間にも、体にも心にも
ゆとりのある、楽しくて素敵なベッドライフを!




セミシングルサイズのベッドとは

セミシングルサイズとは、マットレスの幅が80cmのベッドです。
ベッドフレームの幅は、80cm〜100cm程度です。
コンパクトで小さいベッドですので、設置場所を選びません。
女性の一人用、お子様用として最適です。
小柄な女性にとって、大きなベッドは、お部屋のスペースを余分に使ってしまう邪魔者です。
小さいセミシングルサイズのベッドがお勧めです。




副店長からのセミシングルのご紹介

(゜∇゜)こんにちは〜
(*^o^*)副店長でございますっ おすすめ商品のご紹介ですっ♪
★★小さいベッド・セミシングル★★
セミシングルサイズは、マットレスの幅が80cmのベッドです。
ベッドフレームの幅は80〜100cmくらいです。
コンパクトで小さいベッドですので設置場所に困りませんね。
限られたスペースを最大限に活かしたいお客様におすすめ致します。
小柄な日本の女性の背丈に合わせて180cmのコンパクトな長さのベッドもご用意致しております。
またコンパクトなのに大容量の収納が可能なベッドもございます。
しっかりとたのもしく収納できるベッドでありながら信頼性の高いフレームを使用しており、なおかつとてもおしゃれなベッドの数々です。
小さめのベッドならお子さま用にも最適です。
学習机やおもちゃでいっぱいになりがちなお部屋を広く使えますね
商品の一例ですが、国産ポケットコイルマットレスベッド、カントリー調コンセント付き収納ベッド、ガス式リフトアップ収納ベッド、棚・コンセント付きチェストベッド、など
お客様に人気の高い商品を数多く取り揃えています。ありがとうございましたm(_ _)m




小さいベッドってどんなベッド?

標準サイズのベッドの長さは195cmが一般的です。メーカーによってはそれより若干長いサイズのものもありますが、一般的に多い長さが195cmで、これはシングルでもダブルでも変わりません。一般的に『小さいベッド』とは長さが180cmのもので、標準サイズの195cmより15cm短いベッドを指しますが、中には170cmのものなどもあり、標準サイズより小さければ『小さいベッド』または『スモールベッド』と呼ぶこともあります。
ベッドは家具の中でもスペースを取るものなので、レイアウトを考える時に困ってしまうことはありませんか。例えばシングルベッドを6帖の部屋で使うと仮定した場合、ベッドだけで全体の約3分の1を占めてしまうことになります。寝室なら特に問題はないかもしれませんが、一人暮らし用のワンルームなど限られたスペースにいくつかの家具を配置しなければならない時には、ベッドの置き場所を考えるのはなかなか難しいものです。ベッドは壁際に置く人が多いですが、コンセントが隠れてしまったり窓が開けにくくなったりという問題が出てくることもあります。15cm短いだけでそれらの問題が解消されやすく、狭いスペースでもすっきり置くことができるのが『小さいベッド』のメリットです。




セミシングルベッドとは?

長さが標準より短いものが『小さいベッド』と呼ばれていますが、
幅が標準より狭いベッドが『セミシングルベッド』です。
一般的なシングルベッドの幅は100cmですが、『セミシングルベッド』の幅は
これより10cmから20cm狭いもので、80cmから90cmのものを指します。
長さは標準サイズの195cmのものでも幅だけが狭くなったタイプです。
畳1枚の標準サイズは91cm×182cmなので、『セミシングルベッド』は畳1枚分の幅より
狭くなると考えると分かりやすいかもしれません。

10cmから20cm狭くなることで、使い勝手はかなり変わります。
ベッドなので、実際に寝た時の感覚を優先することはもちろん大切ですが、
部屋の間取りの事情でなかなか希望のサイズが置けないこともあります。
例えば、ベッドを配置したことで他の家具との間隔が10cm程度しか空けられないという場合でも、
『セミシングルベッド』を使うことでその空間がプラス20cmになれば、
30cmも空けることができます。
クローゼットや収納スペースの扉がちょうど来る位置に当たってしまった場合や、
柱の位置などの関係であと10cm程度小さいものならすっきり収まるというような場合には
『セミシングルベッド』は便利です。




小さめのベッドはこんな人におすすめ!

小さめのベッドは空間の取り方が限られてしまう狭い部屋におすすめですが、
レイアウトばかり優先して自分の身体に合っていないものを購入してしまわないように注意しましょう。
『小さいベッド』は標準より短いので、身長の高い人には向きません。
子どもまたは大人であれば、男性でも女性でも小柄な人に向いています。
例えば身長が160cmの人でも、足元の空間が20cm程度の余裕はできます。
『セミシングルベッド』は幅が狭いため、子どもや痩せ型の人におすすめです。
しっかりした体型の人や寝返りの多い人は、自分の肩幅を基準に20cm程度プラスした幅で考えて、
寝やすいベッドを選ぶ目安にしてみましょう。
寝相なども含めてどれくらいの余裕が必要かという感覚には個人差があるので、
展示場で実際の感覚を試してみることをおすすめします。
小さめのベッドは、子どもや大人に限らず、小柄な人なら問題なく使いやすいベッドです。
特に置く場所が限られることで悩んでいる場合には、サイズの小さいベッドの選択も視野に入れてみましょう。
10cm小さいだけでレイアウトの悩みが解決できるかもしれません。




それぞれの使い方と選ぶポイント

小さめのベッドには、それぞれにメリットがあります。壁際に密着させて置いた場合でも、
コンセントの使用や収納の開け閉めの邪魔になりにくいというのもそのひとつですが、
工夫次第でいろいろな使い方ができます。
『セミシングルベッド』は、2台並べて使うことでクイーンサイズになります。
子どもが小さい時には2台並べて家族で寝るという使い方もできます。
家族の変化に合わせて単品で使ったり並べたりすることで使い勝手がいろいろ変化します。

ところで、小さめのベッドは布団のサイズを心配する人も多いのではないでしょうか。
布団もセミシングルや小さいものに合わせたサイズが出ているので、
標準サイズを購入してしまわないように、選ぶ時には気をつけましょう。
ベッドパッドも小さいベッドに合ったものがあります。
掛け布団の場合はどちらも標準サイズのシングルを使用すれば問題はありません。
小さめのベッドは、一般的にマットレスベッドや脚付きマットレスと呼ばれるシンプルなものが多く出ています。
ひとり暮らしで使うなら、ソファとしても使えるようなシンプルなものを選んでおくと部屋をさらに広く使うこともできます。
また、レイアウトをすっきりきれいにまとめるために、購入する前に置き場所を測っておきましょう。