新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

新春特別セール 第一弾!
1月31日までのご注文は、全商品5%引きです。

カンタン絞り込み検索

高級ベッド 商品一覧

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ


高級ベッドとは

高級ベッドとは、価格が高いベッド、フレームの素材が高級なベッド、
フレームに使用しているレザーが高級なベッド、保証期間が長期間なベッド。
など、色々な観点の高級ベッドがあります。

メリット

高級ベッドの中でもおすすめなのがローベッドと呼ばれる種類のベッドです。
ローベッドとはその名の通り低いベッドのことを指し、
一般的な脚付のベッドと比べると低く、床に近いのが特徴です。
ブランドによってはフロアベッドと呼ばれることもあります。
ローベッド最大の魅力はなんといってもレイアウトがスタイリッシュで空間を
大切にすることができるという点でしょう。床に近い設計をしているため、
それだけ空間ができ、大きなサイズのベッドを置いたとしても圧迫感がありません。
限られた寝室のスペースに大きなベッドを置いてしまうとそれだけで窮屈になってしまいます。
レイアウトを考えるときの鉄則は空間の作り方です。
今あるベッドをローベッドにするだけで開放感が生まれ、
一気にスタイリッシュでおしゃれな寝室に変わります。
また、普通のベッドでは使いにくい厚みのあるマットレスが使用できるという点も
うれしいポイントです。
脚付だと既にある程度の高さがありますので、
マットレスの高さはある程度決まってきてしまいます。
一方、ローベッドの場合はマットレスの高さを気にすることなく選択することができますので、
それだけ選択肢も広がります。このほかにも、高さがないため子供がいる家庭でも
安心して使えるなどのメリットがあげられます。

また、商品によって異なりますが、フレームの保証期間が5年の物があります。
経年劣化するフレームの保証が5年間と言うのは、本当に長期間なので、長くお使いいただけます。
そのフレームの素材として、アルター材の突板等、高級素材を使用するフレームもあります。
フレームはベッドの外観を決める大切な要素です。
高級素材を贅沢に使用したフレームは、まさに高級と言えると思います。

デメリット

ローベッドの良い点を見てきましたが、メリットがあれば当然デメリットもあります。
まず、構造的に収納が行えないというデメリットがあります。
普通の脚付ベッドであればベッドの下に空間があるため、
その部分を収納スペースとして利用することができますが、
ローベッドの場合には下部に空間がないため収納を行うことができません。
物が多かったり、部屋に収納スペースがすくなかったりする場合には
ベッド下の収納スペースは貴重です。
そのため、このような場合にはローベッドはあまりおすすめできないといえるでしょう。
また、箱型のフレームであることが多いローベッドでは横の通気性と空間のない
下部の通気性が悪くなることがあります。
そのため、湿気などに弱いというデメリットもあり、
長持ちさせるためには定期的な通気性確保が必要になってきます。
このほかにも、床に近づくにつれて当然ホコリの影響も受けやすくなりますので、
ローベッドを採用した場合には寝室の掃除は念入りにしなくてはなりません。
デザインやレイアウトが優れている分、他の部分で掃除などの手間がかかると
いうところが大きなデメリットと言えそうです。

また、高級ベッドのデメリットとして、単純に価格が高いという点が挙げられます。
高い割に、大したことはないと感じるユーザー様もいらっしゃるかもしれません。
価格と商品価値については、ユーザー様ごとに違ってきます。
この辺は、ご理解いただくよう、お願い申し上げます。

当店で販売している高級ベッド

当店では、「高級ベッド」と銘打って販売しているベッドがあります。
自信をもってお客様におすすめ出来る、本物です。
どの点が自信があるのか?と質問されれば、
商品の材質、製造の良さ、保証期間、物の良さ、デザイン性があります。

逆に高級ベッド以外の商品は、良くない商品なのかと突っ込まれそうですが、
通販のメリットである安さを求めている商品は、
材質、物の良さ、保証期間などの点で、コストを重視した商品を企画しております。

高級ベッドは、第一に商品の材質が良い点です。
集積材、表面の塗装、使用するレザーなど、良いものを使用しています。
これらが商品となる事で、物の良さにつながっています。

第二に、製造の良さがあります。
職人が丹精を込めて作っているベッドは、出来上がりが違います。
これが、商品の良さにつながり、保証期間も長く出来るのです。

第三に、デザイン性が挙げられます。
四角直角に材料をくみ上げるのではなく、見た目の美しさ、
穏やかな曲線、上品な表面加工と、使う方の心が和むデザインになっています。

これらが組み合わさる事で、商品の高級感、物の良さが出来上がるのです。


合わせて読みたい店主のつぶやき すのこベッド高級

すのこベッド高級
すのこベッド高級


高級ベッドについて

高級ベッドは、夢がありますね。
豪華な寝室に高級なベッド。まさにドリーム。
そんな高級ベッドについて、特徴、選び方、注意点をまとめました。
是非、ご一読くださいませ。

特徴

人間は人生の三分の一を寝て過ごしますので、
睡眠時間はとても有用であることは間違いありません。
特に、仕事などで忙しい日々を送っているのであれば、
睡眠中に疲れを癒してくれるような上質な眠りを提供してくれる寝具は重要になってきます。
一般的に高級ベッドと呼ばれているベッドのマットレスは、
ブランドによって硬いものと柔らかいものがありますが、
どちらも共通しているのはしっかりと体を支えてくれる作りをしているということです。
横になったときに、その人の体の特徴や姿勢に合わせてマットレスの
スプリングが自在に変形するとか、姿勢を矯正して体を支えてくれると、
睡眠中、体に余計な負担が掛からないため、疲れが取れてスッキリとした
寝起きを提供してくれるのです。
また、このような機能面以外にも、デザイン性やレイアウト性が高いのも
高級ベッドの魅力と言えるでしょう。
家にそのベッドがあるだけで、寝室の雰囲気を一変させてくれるようなデザインは
高級ベッドならではです。
落ち着きのあるシックな寝室を作り上げたいのであれば、
高級ベッドはピッタリだといえるでしょう。

選び方と注意点

実際に上質な眠りとデザイン性に魅力を感じ、お店などで探してみると分かるのがその種類の多さです。
どれを選んだらいいのか、自分にはどれがあっているのか、その判断基準が分かりませんよね。
高級ベッドを選ぶ際の判断基準は大きく分けて三つ、価格によるものと、
ブランドによるもの、マットレスの固さによるものに分けられます。
高級ベッドというだけあって、やはり価格は普通のベッドよりも大幅に高くなるため、
まずは予算を決めることが大切です。
一般的に高級ベッドといわれているような有名ブランドのベッドを機能性、
もしくはデザイン性重視で選ぶと20万円以上はしてきます。
予算が少ない場合には機能性やデザイン性どちらか一方を妥協するなど、
我慢しなければいけない部分も出てくることをあらかじめ知っておきましょう。
次に、ブランドに関しては聞いたことのないブランドの高価なベッドよりも、
長年の歴史の中で認められてきた有名ブランドを購入した方が失敗が少ないのは当然です。
初めてベッドに高いお金を出すという場合は特にそうで、
高級ベッド業界では世界的に有名なブランドを中心に選ぶようにすることが賢いでしょう。
このようなブランドはベッド自体のクオリティもさることながら、
サポートなども充実しています。
最後にマットレスですが、ブランドによってスプリング技術が異なり、
これよってマットレスの固さも変わってきますので、
この視点からブランドを選ぶことも重要です。
マットレスの固さは好みだけで選ぶのではなく、腰痛の有無や体重の多さなどから
考えていくようにしていくといいでしょう。


合わせて読みたい店主のつぶやき ダブルベッド高級

ダブルベッド
ダブルベッド高級【見た目も素材も良い高級ベッド】


高級ベッド 副店長からのご案内

副店長よりご案内でーす!

寝室の大半の場所を占める、大きな家具。ベッド。
どんな寝室を演出したいか、を明確にしておくと
デザインや色合い、インテリア性で選びやすくなるでしょう。

価格、ブランド、機能性、寝心地、マットレスの硬さ。
通気性、耐久性も、考慮いたしましょう。
ベッドフレームとマットレスがセットで購入できる場合は、
そのほうが、マットレスを別途探す手間も出費もなく、
組み立ても悩まずに済みますね。
マットレスの質で、睡眠の質が決まります。
ふっくらした欧米人は、横向き寝が多いそうです。
平坦な体形をしている日本人は、仰向け寝が多いといわれています。
深い沈み込みが寝姿勢の歪みになりやすいのです。
少し固めくらいのマットレスが合いやすいようです。

寝心地重視なら、ぜひ、マットレスに予算を割いていただきたいです。
腰痛対策、健康づくりに。

マットレスの厚みは、約5〜10cm以上の物が
体圧分散性に優れています。
海外の高級ベッドは、約25〜30cmの高反発が主流です。

ブランドによっては、保証期間が10〜20年のマットレスもあります。

高価なベッドが高級、というわけではありません。
ライフスタイルや、体に合ったマットレスを、ご提案いたします。

まずは、予算を決めましょう。
機能性やデザイン性、インテリア性などを考えると
およそ20万円以上になります。

カバーリングにも、ひと工夫。
体の冷えが感じられる方には、天然素材で。麻。リネン。シルク。
肌触り重視なら、綿や、サテン、シルク。
高級ベッドを末永く使いたい方へ。

ベッドスローを付けると
ホテルライクな寝室になり、
とてもおしゃれな雰囲気が演出できます。

(ベッドの脚元に細長い布がかかっていることがありますね。
欧米の習慣として、靴を履いたまま横になるから、なのです。
日本の習慣ではなじみがないので、ただ、ただ、オシャレ…ひそひそ)


合わせて読みたい店主のつぶやき ローベッド高級

ローベッド高級【レザーのヘッドが豪華】
ローベッド高級【レザーのヘッドが豪華】


高級ベッドは何が高級なのか

高級なベッドと言っても、どの部分が、何が高級なのでしょうか?
ベッドは大きく分けて、マットレスとフレームに分解可能ます。
この点について詳細を考えてみましょう。

マットレス

最初に思い浮かぶのが、マットレス部分ですね。
日本製のポケットコイルマットレスとか、フランスベッド製マットレスとか、
有名メーカーのマットレス等、リゾートのホテルでも使われているようなマットレスが高級なのでしょうね。
サイズ的にも、シングル、セミダブル、ダブルだけではなく、クイーン、キングのマットレスも高級なのが良いですよね。
抗菌で防臭機能が付いているマットレスもありますね。
何にせよ、快適な睡眠を取るためには、良いマットレス、イコール高級マットレスですね。
でも、高級な事が高価な値段というわけではありません。
あくまでも商品の品質が高級であるという点が大切です。
マットレス内部の部品であるコイルに注目するのも良いかもしれません。
コイルの線径によって硬さが違ってきます。コイル数も大切な情報です。

フレーム

フレームが高級という事は、国産の無垢材を使用しているとか、
シモンズの様な有名メーカーが販売しているとか、多くの要素が考えられます。
そんな中でも、店主が考える高級ベッドフレームは、集成材ではない素材です。
集成材は、どうしても経年で変化が起きます。
最近の集成材は強度が強く、変化が起きにくいのが特徴ですが、高級と言う点では違うと考えています。
言葉が違うかもしれませんが、一品、オーダーメイドと言うのが高級フレームに近いと思います。
ても、販売している立場では、なかなかオーダーメイドは難しいのが現状です。
どうしても数量を販売する方法を考えなければいけないためですが、量産とオーダーメイドは相反する手法です。
シンプルなデザインの上に、高級な素材を使用する。これが高級フレームなのではないでしょうか。
素材も大切ですが、見た目もそれ以上に大切です。
フレームの色、カラー、木目、特に本物の木目、これも大切です。


高級ベッドは100万円?!

高級ベッドはいくらなら高級だと思いますか?
10万円でしょうか。100万円でしょうか。それとももっと高価でしょうか。
安いベッド数多くありますが、高いベッドも種類が多くあります。
ビックリする程、高価なベッドが売られています。どんな人が買うのか、顔を見てみたいですね。
雑誌や本に高価なベッドが掲載されている時があります。
でも、高価なベッドが高級なベッドかという疑問は常にあります。

ベッド通販店の店主として何度も申し上げてきましたが、
高級と高価は違う価値観で、高級は品質に重きを置いている言葉だと思います。
品質と言うのは、製品の品質でもありますが、提供できる機能としての品質にも関連しています。

製品の品質

製品の品質とはどういった事でしょうか?
ベッドフレームで言うと、国内製造であるとか、強度が保たれているとか、傷が無いとか、使われている塗料は、等と言った基本的な部分から、
素材は何か、素材の産地は、何年物か、何年寝かせたか、といった細かな点まで。
書き出すと続々出てきます。

機能の品質

機能的な品質とは、収納ベッドであれば、引出しの大きさ、使いやすさ、引出し動かしやすさ、と言った部分。
すのこベッドであれば、すのこの強度、通気性の為のすのこの間隔、すのこの素材。
棚・コンセント付きのベッドであれば、コンセントの容量、位置、口数等。棚については、棚の奥行、手前に物か落ちるか、傷のつきやすさ、等。
跳ね上げ式ベッドであれば、床板の開閉のスムーズさ、床板の強度、閉める際の手の危険性の回避等。

結局、高級ベッドで100万円の値段はあるのかないのかと問われれば、簡単に答えは出ませんが、
答えとして品質が大切だとしておきます。


ネットショップで高級ベッドを販売しているか

当店の様なネットショップで、ベッドを販売しています。
最近では、自動車の販売もネットショップでしていると聞いたことがあります。
高級ベッドはネットショップで売っているのでしょうか?

ネットショップとは

まずは、ネットショップとは一体どんなものが、基本情報を確認しましょう。
ここでいうネットとは、インターネットの事ですね。
1990年代にはマニアの方が夢中になっていたネットが、近年では当然の社会インフラとなっています。
ネットにつながる事が前提で、ネットが無いと孤独に感じる方も多いのではないでしょうか。
そんなネット上に何かを販売しているお店があり、それがネットショップと呼ばれています。
ネットショップは、バーチャルであり、実物に触れる事もなく、見るのは写真、動画、文字ですが、今では多くの物を販売しています。
自動車のネット販売もありますし、注文住宅もネット販売をしています。
墓地もネットショップがありますし、売っていない物は無いと言っていいくらいの一般性を感じます。

高級ベッドとは

高級ベッドとは、上記でさんざん店主の思いを語ってきました。
値段なのか、品質なのか、素材なのか、見た目のデザインなのか、何が高級の決め手になるのかは、その場面場面で違うかもしれません。
今回の話題では、価格と言う点になるかもしれません。
その高価な高級ベッドは、ネットショップで販売しているのでしょうか?

ネットショップで販売している高級ベッド

昨今、ネットショップで販売している高級ベッドとは、どのような高級なのでしょうか?
販売店の店主として話をすると、当店で販売している高級ベッドは、
フレーム素材に良い物を使用した見た目の良いベッドという事になります。
値段的にも100万円とまではいきませんが、マットレスを含めると、30万円程度の価格となります。
まさにお客様によって高級の求める商品が異なります。
お客様が求める高級を探して良い商品に巡り合っていただきたいです。


高級ベッドのレンタルとは

高級なベッドは高級なだけに高価でもあります。
高価なベッドをいきなり購入して失敗したら大変ですね。
そんな時には、一度レンタルして試しに使ってみるのも手かもしれません。

ベッドのレンタル

昔は、レコードのレンタル、ビデオレンタル、CDレンタル、DVDレンタルと観る、聴く系のレンタルは多数存在しました。
更に昔には、漫画のレンタルもありました。これは今でもあります。読む系ですね。
これらはネットの台頭でサブスクで定額無制限で鑑賞できるように変わってきました。
そんな中、ベッドの様な家具のレンタルはあるのでしょうか?
ちょっと調べると分かると思います。
ベッドの様な家具、例えばソファ、テーブル、チェアもレンタルがあります。
冷蔵庫、洗濯機、TV、電子レンジなどの家電にもレンタルがあります。
昔の感覚で恐縮ですが、何でもレンタル出来るというのは、凄いですね。
ちょっと驚きです。

高級ベッドのレンタル

そんな中、話題としたいのは、高級ベッドがレンタル出来るかどうかという点です。
実は、高級ベッドはレンタル出来るんです。
どんな高級ベッドかと言うと、有名メーカーの高級ベッドです。
例えば、SIMMONS(シモンズ)、Sealy(シーリー)、Serta(サータ)、日本ベッド、フランスベッド等。
高級ホテル、高級旅館で使われてる実績があり、心地よく眠れそうです。
どこでレンタル出来るのかと言うと、複数のレンタル会社があります。
ネットで検索してみてください。

高級ベッドレンタルのメリット

高級ベッドがレンタル出来る事は分かりました。
では、レンタルする事のメリットはどんな点があるのでしょうか。
複数ありますが、順に見ていきましょう。

価格面

まずは価格面でのメリットです。
購入するとなると、かなりの金額を用意しなければなりません。
でも、レンタルなら、使用する期間のみ定額になります。
初期費用は会社によって異なりますが、初期費用無しの場合もあるかもしれません。
とにかく、価格的にはとても有利な事は間違いないでしょう。

自由度

自由さについて考えると、高級ベッドを購入した場合、急な転勤で新居にベッドが入らない。
そんな事態が起こってもレンタルなら返却するだけです。
新居では違うベッドをレンタルすれば新規一転、まさに新居で新規のベッドが使えます。
自由度と言うのは、融通が利くと言い換えても良いかもしれません。

手軽さ

高級ベッドを購入するとなると、ネットショップで販売してはいますが、実物を見たい。
それが高価な物を購入する際の気持ちです。
でも、レンタルなら購入するわけではないので気持ちが楽に申し込めます。
しかも手続きはネットで完了するなら、お手軽ですねよね。


店主のつぶやき 高級ベッド編