キングサイズの畳ベッドは二畳よりも大きな面積


キングベッドに畳タイプのベッドがあります。 大きな畳のベッドで、二畳よりも大きな面積です。一坪より広いんです。 洋風な寝室に畳が二畳分の広さのベッドが現れたらどうしますか。 い草の香りと畳の手触りでその場で横になりたいですね。 日本人の本能かもしれません。 キングベッドの畳タイプについて、ベッド販売歴16年以上となる店主が、解説します。



和風・畳ベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

キングサイズの畳ベッドは二畳よりも大きな面積

キングサイズには、畳のベッドがあります。
どうやら、その畳ベッドのキングサイズは、二畳よりも大きいらしいのです。
その真相を見てみましょう。


キングサイズの畳ベッド

畳ベッドには、キングサイズのベッドがあります。
まずは、畳ベッドとキングサイズについて見ていきましょう。

キングサイズとは

キングサイズとは、どんなサイズなのでしょうか?
寝具のサイズとして一般的なワードになっています。
布団でもマットレスでもキングサイズはありますし、サイズ的にも同じです。
そのサイズはと言うと、マットレスの横幅が180cmです。
横幅が180cmだと、横に寝ても十分な高さがありますね。
その位、キングサイズは大きいんです。
キングサイズより一回り小さなサイズをクイーンサイズと呼びます。
何故、キング、クイーンなのでしょうか?
ここでは触れませんが、言葉の由来を調べると面白そうですね。

畳ベッドとは

畳ベッドとは、どんなベッドでしょうか?
ベッドなのに、畳と言うのはちょっと場違いですよね。
まず、普通のベッドについて説明すると、
脚の付いたフレームに床板があり、床板にマットレスが載っています。
ローベッドの様に脚が無いベッドもありますが、ここでは除きます。
そのマットレスが載っている床板に注目し、床板部分を畳に置き換えるのです。
どうでしょうか。これが畳ペッドです。
畳ベッドとは、マットレスが載る床板部分に畳を使っているベッドの事を指します。
フレームに使用している床板の材料に着目した名称ですね。
ベッドの見た目に着目すると、和風ベッドと呼ばれています。
畳ベッドも和風ベッドも同じ物を指しています。

キングサイズの畳ベッドの大きさ

では、本題の畳ベッドのキングサイズは、どの程度の大きさなのでしょうか?
「夢水花」と言う商品を例にサイズを見てみましょう。
キングサイズは、幅:185cm、長さ:203cm、高さ29cmとなっています。
185x203cmが畳ベッドのキングサイズの大きさです。
「夢水花」で使用している畳のサイズはと言うと、
キングサイズの場合、幅176cm、長さ97cm、厚さ4cmx2枚とあります。
ですので、2枚を並べた大きさは、176x194cmとなります。
キングサイズは大きいですね。
複数人で眠るのに充分な広さがありそうです。

商品紹介

お客様組立 大型ベッドサイズの引出収納付き 選べる畳の和モダンデザイン小上がり 夢水花 ユメミハナ

グッドデザイン賞を受賞した畳ベッドです。 日本製で、ダブルサイズ、クイーンサイズ、キングサイズの3種類があります。 フローリングの部屋に、畳ベッド。 まさに和洋折衷の暮らしですね。 畳ベッドと呼んでいますが、ベッドとして使わずともリビングに小上がりとして設置しては如何でしょうか? リビングに小上がりがあると、ちょっと腰かけたり、ちょっと横になったりと楽な生活になります。 また、キングサイズの大きさなら、コタツを置くと、ゆったり和室の面持ちになります。 キングサイズの畳ベッドは、この商品のみです。 畳の下には、引出しがあるので、リビングの収納に役立ちます。 また、畳の下は収納スペースとして使えるので小上がりとして使用しても無駄なスペースにはなりません。 畳のある小上がりなら、夏のエアコンの中でも少し高い位置に横になるので冷えすぎず快適です。


合わせて読みたい店主のつぶやき 跳ね上げ式ベッドのキングサイズは2台連結

跳ね上げ式ベッドのキングサイズは2台連結
跳ね上げ式ベッドのキングサイズは2台連結


二畳の大きさを比較

キングサイズの畳ベッドを見てきましたが、二畳と比較するとどちらが大きいのでしょうか?
まずは、畳の大きさについて見ていきます。

畳の大きさ

畳の大きさは、どの程度でしょうか?
私も詳しくないので、調べてみました。

以下、Wikipediaを参照しています。
畳の大きさは、3尺x6尺が基本となりますが、規格が複数あり、
京間、中京間、江戸間、団地間の4種類が有名との事です。
3尺x6尺は、910mm×1820mmです。
4種類の大きさは、京間:955mm×1910mm、中京間:910mm×1820mm、江戸間:880mm×1760mm、団地間:850mm×1700mm。

いわゆる3尺x6尺と言うのは、中京間のサイズのようですね。
江戸間、団地間は、結構小さくなっています。
中京間を基準とすると、910mm×1820mmは、1.6562m2になります。
二畳と言うと、1820mmx1820mmですね。

比較すると

キングサイズの畳ベッドと比較してみましょう。
キングサイズの畳ベッドは、フレームの大きさが幅:185cm、長さ:203cmです。
面積は、3.7555m2です。
畳の2畳分は、3.3124m2です。

キングサイズの畳ベッドの方が若干面積が大きい事が分かります。
若干ですが、本当に畳2畳よりも大きかったのですね。


まとめ

キングサイズベッドのマットレスは、180cm幅で長さが195cmです。
何となく、畳2畳分より少し大きいかなという意識がありましたが、
本当に若干大きい程度でした。
感覚的には、ほぼ同じと捉えても良いかもしれません。


合わせて読みたい店主のつぶやき すのこベッド和風畳

すのこベッド和風畳
すのこベッド和風畳


キングサイズベッド おすすめ商品

店主のつぶやき


キングサイズの畳ベッドは二畳よりも大きな面積   

関連する商品グループ


ページトップ