新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

ベッドフレーム

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

おすすめするベッドフレーム について

ベッドには様々なタイプがあります。初めてベッドを選ぶ方も買い換える予定の方も、数あるベッドの中から自分に合ったお気に入りの1台を見つけるのは結構大変ですよね。そんなお悩みをお持ちのあなたに、ベッドフレームのおすすめはどんなタイプなのか見てみましょう。

まずベッドフレームをタイプ別で見てみましょう
・フロアベッド
脚が無く、ベッドフレームを直接床に設置するタイプのベッドです。
マットレスを敷いても高さが低く、感覚的には布団に寝る感じに近いです。
ベッド上の空間が広くなるので圧迫感を減らせます。
お部屋を広く見せたい方、低いベッドがお好みの方におすすめです。
ただ湿気は下に溜まるので、定期的にマットレスを上げて風通しをするなどお手入れも必要です。

・ローベッド
フロアベッドに短い脚を付けたタイプのベッドフレームです。
こちらも低めのタイプなので、お部屋を広く見せる効果があります。
おしゃれなデザインも多く出ているので、眠るだけでなくお部屋を彩るインテリア的な家具にもなります。

・収納付きベッド
ベッドフレームはお部屋の中でいちばんスペースを取ります。
その空間を収納として使えるのが収納付きベッドフレームです。引き出し式、チェスト式、跳ね上げ式があり、それぞれデザイン性や収納力に違いがあります。
荷物が多い方、タンスやチェストなど他の収納家具を減らしてお部屋を広く使いたい方におすすめです。

・ロフトベッド
ロフトベッドというと2段ベッドをイメージする方も多いのではないでしょうか。子供の頃使っていた方もいらっしゃるでしょう。現在は大人でも使えるロフトベッドがたくさん出ています。ベッド下を収納にしたり、デスクを入れて作業スペースにしたりアイディア次第でお部屋のスペースを有効活用できるタイプのベッドフレームです。

次にベッドフレームを素材別で見てみましょう。
・ウッドフレーム
主に木材をベッドフレームに使ったタイプです。
ナチュラルな質感や、シンプルなデザインが魅力です。
ウッディなお部屋やカントリー調のお部屋がお好みの方におすすめです。
木材は化粧板や無垢の天然木など価格によっても違いがあります。ご自分の好みや予算に応じてお気に入りの1台を見つけてください。

・スチールフレーム
こちらはベッドフレームをスチール(鉄やその他の金属材料)で作ったベッドです。
アイアンテイストのちょっとクールなお部屋や、カントリー調のお部屋にもおすすめのベッドフレームです。
フレームは細くできるので、通気性が良い特徴もあります。

・畳ベッド
ベッドフレームの床板に畳を使ったタイプです。
基本的にはベッドフレームの上にはマットレスではなく布団を敷いて使います。
ベッドにしたいけど寝心地は布団が好き、布団は低すぎて起きて立ち上がるのが大変といった方におすすめのベッドフレームです。

・レザーフレーム
ベッドフレームの表面をレザーで覆ったベッドです。
レザーは手入れのし易さなどから合皮を使うことが多いです。
ゴージャスで高級感のあるデザインです。落ち着いた雰囲気やご夫婦の寝室など大人の雰囲気のお部屋におすすめしたいタイプのベッドフレームです。

・ファブリックフレーム
こちらはベッドフレームの表面をファブリック(布素材)で覆ったベッドです。
おしゃれなデザインも多く、特に女性に人気があります。
ヘッドボードをソファのように柔らかい作りにしたりと寛ぐのにおすすめのデザインもあります。

いかがでしょうか。
おすすめのベッドフレームをタイプ別、素材別に見てみました。
自分の欲しい機能やデザインを分類していくと、お好みの1台を見つけやすくなると思います。
ぜひ試してみてくださいね。




ベッドフレームとすのこ について

欧米と違い湿度の高い日本の気候。ベッドフレームにすのこを使うスタイルは、そんな日本の気候に合わせて生まれた独自のベッドです。

元々は押入れなどの収納場所で使われるすのこ。荷物の下に空間を作り、空気を循環させることで湿気を逃します。
すのこベッドフレームはその利点を取り入れたベッドです。

すのこベッドフレームは知られるようにはなってきましたが、まだ全体の中でメジャーとは言えません。
それでもすのこベッドをお考えの方は多くいます。周囲に使っている方がいれば、使用感や購入の際の注意点を聞くことができますが、そうしたアドバイスを受けられない方もいると思います。

そんなあなたにすのこベッド購入に当たってのアドバイスを送ります。ぜひ参考にしてくださいね。

まずすのこベッドは床板の通気性が高いのが最大のメリットです。
人は寝ている間にも汗をかきます。ベッドは使っているうちにそうした湿気を吸収していきます。通気性が悪いと湿気が放出されずにたまってしまい、ジメジメしてしまいます。ひどくなるとカビやダニの発生にもつながってしまいます。
すのこベッドフレームは床板がすのこ構造のため、湿気を逃しやすく湿気を効率よく放出します。

またすのこベッドには他にもメリットがあります。
基本的にフレームは木材でできているため、木の香りがして癒し効果を高めてくれます。
特に天然木で作られたすのこのベッドフレームはおすすめです。

すのこは取り外しができて、フレームが軽いのもメリットです。模様替えなどでベッドを移動する時は軽いに越したことはありません。

ベッドフレームのサイズもセミダブル、ダブルとラインナップも豊富です。
スペースに余裕があれば、おひとりでもセミダブルのすのこベッドで優雅に眠るのも素敵ですね。

セミダブルやダブルのすのこベッドフレームを選ぶ時は強度がしっかりしたものを選びましょう。
幅が広いベッドフレームのセミダブルやダブルは、シングルサイズに比べて強度が求められます。
強度が不十分だと使っているうちにすのこに一番体重がかかる真ん中あたりが沈んできたり、きしみ音が出たりします。そうした不具合を防ぐには、フレーム本体により太い材料を使っているものが良いです。
すのこも通常より厚い板を使っていたり、中央にも桟(強度を上げるために使う補強材)が付いているかなどを確認しましょう。

またすのこ板の固定もしっかりしたものを選びましょう。価格の安いものは、材料をタッカーと呼ばれる木材用のホチキスで止めただけのものもあり、使っているうちに強度が落ちてきて、最悪板が外れてしまうこともあります。
しっかりした木ネジで止めてあるもの、ほぞといって、木と木を組み合わせた構造になっているものがおすすめです。

ベッドフレームのシングル、セミダブル、ダブルのすのこはどれも湿気が全く貯まらないわけではありません。
定期的にお手入れするとより長持ちします。
マットレスを反転させ、頭と足の方向を入れ替えると、マットレスも長持ちします。
その際に少しマットレスを上げ、風通しをして湿気を逃してあげましょう。すのこも上げて負荷をなくし、湿気を飛ばしてあげるといいですよ。




副店長からのご案内でーす! ベッドフレーム について

どんなベッドフレームがお好みですか?
ナチュラル系。モノトーン系。
お姫様系。すのこ床板の物。収納がついているもの。
お洒落なデザインのもの。
ゆったりリラックスできるもの。

ベッドフレームとはベッドの枠のこと。
寝床。寝台。
マットレス以外の、カバーしている部分。

ベッドフレームには、高さ、デザイン、素材など様々なタイプがあります。

ベッドフレームの向きは、まず、頭側を壁に向けましょう。
窓側に向けないでくださいね。
冷たい風。冷たい空気が伝わってくると体調を崩しますよ。
配置を氣を付けましょう。

ベッドフレームについてご紹介します。
まず、サイズを決めましょう。
お部屋に合ったベッドのサイズを測って検討しましょう。
シングル?セミダブル?
引き出しを使えるスペースはありますか?
引き出した時に、他の家具にぶつかったり開けられなかったりしませんか?

ベッドの目的で選ぶことについてです。
収納が欲しい方は、収納付きベッド。
空間活用を重視するなら、ロフトベッド。
圧迫感のない寝室にしたいなら、ローベッド。
通気性が大切な皆様なら、すのこベッド。

ベッドフレームの材質について。
質感を重視する皆様へご紹介します。

木でできているフレームのご紹介です。
まず、天然木について。

無垢材。木そのものを切り取っています。

天然木をスライスしたものを(突板(ツキイタ)と呼びます。
他に比べて安価です。
形状が安定していますので、
反ったり割れたりすることが、低いです。
天然木には、いろいろな木々の種類がございます。

パイン材
カントリー調の物に相性が良いです。

タモ材
優良な家具の素材として、とても人気が高いです。
広葉樹のタモは、成長すると大きい樹木なので
太い丸太から硬くてたくさんの木材が取れます。
明るめの茶色で、美しい木目。
ナチュラルで、淡く優しい色合い。
素材と木目を活かしながら、シンプルなデザインで加工されたものが人気です。
似た種類の木材として、ヤチダモ(バットやラケットに)、アオダモ(お庭のシンボルツリーに)、
シオジ(書棚、扉、フローリング)などもあります。

ウォルナット
高級家具に使われることの多い木材です。
家具の他に床材や楽器に使われたりします。
適度な油分を含んでおり、美しい木肌と艶が特徴です。
衝撃に強く頑丈で、重厚感があります。
耐久性が高いです。
長くご愛用頂き、経年変化をお楽しみくださいませ。

北米産オーク(北海道産ナラ材は、世界最高の品質です。)
重厚で、硬くて耐久性がある。
色が白っぽいのが特徴です。
経年変化で色がだんだん濃くなります。
乾燥しすぎると、割れたり反ったりしやすいです。

プリント化粧板についてです。
MDF(繊維板)、合板にプリント紙を張り付けて仕上げた
木質ボードのことです。

スチール
鋼(はがね)
安い材料ですので、安価なベッドが作れます。
軽い素材なので、組み立ても移動も簡単です。
一人暮らしの方。
お引越しの多い方に。
きしみ音が響きやすいです。
シンプルなので棚や収納はなく、機能は高くないです。
荷重に弱いので、
敷布団を使わないでくださいね。
高さがあまりなく、フレームに隙間のあるデザインが多いので
寝室に圧迫感を与えにくく、軽やかです。
スチールベッドは、
パイプベッド、アイアンベッドとも呼ばれたりします。

合皮、レザー
クッション性が高いので、リラックスできます。
まるでホテルのような、大人っぽくてお洒落な雰囲気になります。
高級で上質なインテリアとして、お使いいただけます。
ハイブランドの高級家具とのコーディネートが、ステキに決まります。
ソファのように背もたれを利用することもできます。
柔らかいので、動きの活発な小さなお子様にも、安全、安心です。
高温ですと劣化が早くなりますのでご注意くださいね。

本革
本物の動物の皮を使っています。
リッチなテイストになります。
使い込むほどに、インテリアにも馴染んできて
程よい味わいが出てきます。
白いレザーですと、変色することがあります。
かなり高級で、高価です。

合皮
合成皮革(フェイク。にせもののレザー)
人工素材です。
合皮は低予算で手に入ります。
ソファ、車、バイクのシートなどに使われています。
本革のような手触りや良い香りはしません。

ポリウレタン樹脂(PU)
塩化ビニル樹脂よりも、本革に近い感覚です。
布地の表面にポリウレタン樹脂を塗っています。
柔軟性が高く、手触りが良いです。上質な人工素材です。
そのまま使うと、水分に弱いです。

塩化ビニル樹脂(PVC)
ポリウレタン樹脂よりも硬い。
加工もしやすいので、デザインやカラーが豊富にそろっています。
耐久性に優れており、中性洗剤で汚れを拭き取ることができます。
毎日、メンテナンスできて、清潔。キレイに使えます。
小さなお子様のいるご家庭にも、ペットを飼っているお宅にも
使いやすくて、丁度良いでしょう。
通気性、弾力性、柔軟性は
ポリウレタン樹脂には負けてしまいます。

スーパーソフトレザー(APU)
ポリウレタン樹脂と、塩化ビニル樹脂の良いところどりをしています。
いちばん選ばれているレザー素材です。
上質で柔らかいので、手触りも良く、高級な合皮素材です。
水分にも強いのでお掃除しやすく、清潔な素材です。

ベッドフレーム
カラーのコーディネートをしましょう。

モノトーンの収納がついているベッドフレームがいいでしょうか?
淡い木目の色が素敵なベッドフレームがいいかしら?

どんなインテリアがお好みですか?
北欧風?かっこいい都会風?
アメリカン風?お姫様風?
ネオジャパニーズ風?

大好きなインテリアに囲まれて
毎日をハッピーに!




ベッドフレームの構造について

ベッドフレームの構造は、以下の数種類に分類出来ます。
フロアベッドタイプ、脚付きタイプ、ベッド下収納タイプ、マットレスベッドタイプ。
各タイプについて説明いたします。商品選択の参考にしていただければ幸いです。

1.フロアベッドタイプ
マットレスの高さを低くしたタイプのベッドです。
マットレスの下に床板があり、高さを低く抑える事ができるので、空間を広く見せる事が最大の利点です。
この構造ですと、マットレスの下の通気性が悪く、日本の気候を考慮すると、良くない構造です。
床板が、すのこ状になっている商品もありますが、通気性の悪さは解消しきれません。
マットレスの配置場所として、箱形のサイドフレームに囲まれているため、横方向の通気性も悪くなりがちです。
箱形のフレーム構造の為、付属のマットレス以外では入らない可能性もあります。
通気性の悪さを指摘しましたが、部屋が大きく見える事は、部屋の印象の大事なポイントです。
近年の気密性の高い部屋でエアコンでの生活を考えると、悪い選択でもないと思います。
また、横になった時の見え方が、布団で寝ている感覚と似ているため、初めてベッドに寝る方にはおすすめ出来ます。
高さが低いと言う事は、ベッドから落ちてもダメージが少ないという事です。
小さなお子様がいるご家庭にもおすすめ出来るフレームタイプです。
ヘッド部分には、照明やコンセントが付いた棚がついているフレームが一般的になりつつあります。
寝ている時に必要な物、例えば目覚まし時計、スマホ、眼鏡などが置けるスペースがあります。

2.脚付きタイプ
一般的なベッドの形です。
四本、もしくは六本の脚があるフレームで、その床板の上にマットレスを置く様になります。
床板は、すのこ状になっている場合が多く、マットレスの通気性は抜群です。
マットレスの大きさが多少違っていても、問題なく配置出来るため、マットレスを別に購入したい場合にはおすすめ出来る形です。
マットレスの両サイドにステージが付いているステージタイプもございます。
実際に設置した時、ベッドの下に収納ケースなどを入れて、収納スペースとしても活用出来る利点もあります。
その場合、通気性や掃除のしやすさとトレードオフの関係になります。
マットレスの上面までの高さもほどほどで、ベッドに腰掛けたりして、ソファの様に使う事も出来ます。

3.ベッド下収納タイプ
ベッドの床板の下に収納専用スペースを確保したタイプのフレームです。
近年の住環境では、部屋の中で占有する家具で一番大きな物がベッドになっています。
そのベッドの大きさを有効活用すべく、収納タイプのベッドフレームが大きな割合を占めてきています。
基本的に、ベッドの下に箱を置き、その上にマットレスを載せる形になるので、上下方向の通気性が良くありません。
横方向には壁が無く、それなりの通気性を確保できると思います。
ベッドの下の収納サイズによって、マットレス上面までの高さが変わるので、
腰掛けやすい高さのベッドフレームもあれば、高すぎて腰掛けるのが難しいフレームもあります。
各商品の説明を参照いただければと思います。
ベッド下収納タイプのフレームには、特殊な例もあります。
ガス圧式の跳ね上げベッドです。

4.マットレスベッドタイプ
脚付きタイプとにておりますが、マットレスの足を直接つけた形のベッドです。
マットレスの通気性も確保でき、高さも足を変更する事で変える事が出来るので便利なベッドです。
ヘッドボードも無く、全長が短いので配置出来るスペースが小さくて済みます。
欠点としては、マットレスのローテーションが出来ないため、へたりやすくなる事です。




ベッドフレームの材質

ベッドフレームの材質は、一般的には木材です。
鉄のパイプを利用したフレームもございますが、少数派です。

木材でも、数種類ございます。
天然の木をそのまま使用したフレーム。無垢材と言われます。
いわゆる合板を使用したベッドフレーム。MDF材と言われます。

無垢材は、価格が高くなりがちですが、風合いがあり多くの方に好まれています。
MDF材は、強度に優れ、価格も安いため、多くのベッドフレームで使われております。

また、ベッドフレーム表面に関しても色々な材質が使われております。
何も付けていない天然木のフレームもありますが、多くは、表面加工しております。

プリント紙を貼付けたもの、樹脂加工したものがあります。
木目のでこぼこを再現し、近くで見ても分からないなどの加工もございます。




眠り姫からのベッドフレームのおすすめ

眠り姫のベッドフレームは、サイズ、カラー、デザインを多数ご用意しております。
ライトや収納付き、棚付き、コンセント付きのベッドフレームなど、
お客様のライフスタイルに合わせてお好きなものをお選びください。

照明が付いているベッドフレームは、読書に便利。ムーディーな間接照明もございます。
ベッドの下の引き出し収納に荷物を片付けることで、お部屋もすっきりします。
ベッドフレームに棚が付いていることで携帯や眼鏡、雑誌などを枕元において置けます。
コンセントが付いていると、寝ている間に携帯の充電もできますし、何かと便利で快適です。

ベッドフレームにもデザインによって様々な違いがありますので、
お部屋にぴったりのお気に入りのデザインを見つけてみてはいかがでしょうか。




ベッドフレームの強度について

フレーム強度の物差しは、耐荷重が一般的です。
でも、耐荷重ではフレームの強度を測り切れない部分があります。
例えば、耐荷重100kgと記載があっても、「スプリングマットレスを使用してください」とか、
「床板の一部に荷重を掛けないでください」とか、「床板に立たないでください」など、制限が多いのです。
一般的な耐荷重とは、ベッドの床板の上にスプリングマットレスを敷いて、マットレスの上に横になる時の重量と考えるのが良いでしょう。
つまり、布団を使うと荷重が一部に偏るので、使えなかったりしていました。
近年では、ベッドに布団を敷いて使える商品も出てきています。
部分的な耐荷重への強度が上がってきているのです。
また、耐荷重が600kgと言う、頑丈なベッドも出てきました。
強度がアップし、人が何人もベッドの上に立っても問題ない強さです。
ちょっと驚きですが、海外のドラマや映画で、ベッドの上でぴょんぴょん飛び跳ねている映像を見たことがあると思います。
そのベッドは、マットレスもフレームも物凄いですね。




ライフスタイルやライフサイクルでフレームの幅を選ぶ

ベッドフレームの幅には通常のシングルをはじめ、セミダブルダブルなどのサイズがあります。
さらに、シングルよりもコンパクトに収納できるセミシングルや、
セミシングル2つ分の幅があるクイーン
シングル2つ分の幅があるキングサイズもあります。
キングサイズよりも大きな、幅200cm〜280cmのファミリータイプや連結タイプもあります。

1人でゆったり手足を伸ばして眠りたい方にはセミダブルがおすすめですし、
狭いスペースを有効活用したい方にはセミシングルが選択肢となるでしょう。

2人でリラックスして休みたいときには、キングサイズを選ぶと広々と感じられます。

また、小さなお子様がいるファミリー世帯の場合には、ベッドを2台組み合わせる方法もあります。

2台のベッドを連結金具でしっかり固定できるタイプの商品を選べば、
ベッドがずれて間に隙間ができてしまう心配がありません。

お子様が成長したときには2台のベッドを別々に使うことができますので、買い替える必要がなく便利です。

2人で眠るベッドを探しているときにも、キングサイズの商品を選ぶほかに、
こうした連結できるタイプの商品を選ぶ選択肢もあります。

ベッド幅はお部屋の間取りや将来設計も含めて長い目で検討するとよいでしょう。




身体に合った長さや耐荷重のフレームを選ぶ

快適な睡眠を得るためには、身長の高さや体重に応じてベッドフレームを選ぶことが大切です。

一般的なベッドフレームの長さは195cmですが、この長さですと
身長が180cm以上ある方にとっては少し窮屈に感じられるかもしれません。

寝返りを打ったときに腕がヘッドボードに当たったり、
足がベッドからはみ出したりすると寝心地も悪くなりがちです。

ベッドの長さに合わせて横になると無理な姿勢となって、リラックスできない可能性もあります。

一般的な長さでは短く感じられる場合は、通常のサイズよりも長い206cmのベッドがおすすめです。

従来のサイズよりも10cm以上ゆとりがありますので、ベッドでゆったり寛げるのではないでしょうか。

また、通常のベッドでは耐荷重をそれほど気にする必要はありませんが、
お部屋を効率よく使うためにロフトタイプのベッドフレームを検討しているときには
気を付けたい点があります。

ロフトタイプのベッドフレームでは、通常のベッドと比較して耐荷重が軽めに設計されていることがあります。

体重が100kgを超える方の場合、購入前に耐荷重をチェックしておくとよいでしょう。




ヘッドボードのタイプについて

ヘッドボードとは、ベッドに横になった時、頭の上にある部品です。

ヘッドボードのタイプには主に3種類があります。

1つ目は、ヘッドレスタイプです。

ヘッドレスタイプではヘッドボードがついていないため、
ベッド自体の長さがコンパクトなので、部屋のスペースを有効に使うことができます。

その一方で、小物を置くスペースがありませんから、ベッドサイドにテーブルの置き場所を確保する必要があります。

マットレスタイプのベッドもヘッドレスです。

2つ目は、パネルタイプです。

パネルタイプはヘッドレスタイプよりもベッドの長さが伸びますが、
宮付きタイプよりはコンパクトに設置することができ、
木製やレザー張りなどのデザインが楽しめます。

好みの材質や角度のものを選べば、背もたれとしても
快適に利用できるのではないでしょうか。

パネルタイプには小物を置くスペースはありませんので、
ヘッドレスタイプと同様にサイドテーブルが必要です。

3つ目は、宮付きタイプです。

目覚まし時計やスマートフォンなど小物類を枕元に置けるため便利です。

お気に入りの小物類でコーディネートできますから、
部屋づくりのアクセントにもなることでしょう。

棚がついている分、ベッドの全長は長くなる傾向があります。




ベッドの収納と高さに対する考え方

ベッドは場所をとりますから、ベッド下のスペースを活用したい方が多いことでしょう。

ベッド下の収納には引出しや跳ね上げ式などのタイプがあります。

引き出しがいくつか付いているタイプは、タンス感覚でベッドサイドを利用できます。

普段使いのタオルや衣類などを引き出しごとに分類できますので、
わかりやすく整理整頓できるのではないでしょうか。

また、跳ね上げ式のベッドフレームは、ベッド下のスペースが大きく確保できるので、
季節ごとに使うマット類やカバンなど、かさばるものをまとめて収納できるのが魅力です。

寝室の収納スペースを点検し、足りない部分をベッド下の収納で補うと室内がすっきりまとまります。

ベッド下収納については、容量が大きくなるほどベッドの高さが高くなる傾向にあります。

ベッドが高くなると立ち座りの負担が軽くなる一方、ベッドから転落したときの
ダメージが大きくなるデメリットもあります。

ベッドを利用する人の年齢や体力なども考慮してベッドの高さを選ぶことも大切です。

ベッドからの転落が心配なときや、部屋を広く見せたいときには
ベッド下の収納がないフロアベッドを選ぶとよいでしょう。

また、脚付きタイプのベッドの下に、収納ケースを置き自由に収納する方法もあります。




ベッドフレームのおすすめ商品1 耐荷重600kg!棚・コンセントつき頑丈すのこベッド【SFORZA】スフォルツァ

耐荷重600kg!棚・コンセントつき頑丈すのこベッド【SFORZA】スフォルツァ

フレームとして、一番大切な事は、丈夫である事。この条件にぴったりなので、【SFORZA】スフォルツァです。
ベッドの上に600kgが乗っても壊れないベッドは、これ以外にありません。
頑丈であるため、長く使える。コストパフォーマンスに優れたベッドでもあります。
頑丈だから、布団をそのまま使えるメリットも。




ベッドフレームのおすすめ商品2 国産・デザインすのこベッド Atchison アチソン

国産・デザインすのこベッド Atchison アチソン

ベッドフレームには、いろいろな機能が付いています。
例えば、照明、コンセント、収納などです。
でも、ベッドフレームの本質的な機能は、気持ちよく眠る事です。
気持ちよく眠るためには、布団を快適に保つ必要があります。
その為には、布団を干し、湿気を逃すのが最高の手段です。
その布団を干す機能が付いた Atchison アチソン が、ベッドフレームとしては、
おすすめ出来る最良の商品です。




ベッドフレームのおすすめ商品3 通気性抜群 棚コンセント付 大容量跳ね上げベッド Prostor プロストル

通気性抜群 棚コンセント付 大容量跳ね上げベッド Prostor プロストル

当店でも人気のシリーズが、跳ね上げ式の収納ベッドです。大容量の収納力が人気の秘密です。
でも、跳ね上げ式はフレームのみでの販売がありませんでした。
そこに、Prostor プロストル が登場したのです。
跳ね上げ式で、フレームのみでの販売がある、珍しい商品です。
ポイントは、頑丈なすのこ構造です。
その為、布団も使用できるし、通気性もあります。




梅雨時期に考えるべきベッドフレーム

梅雨時期は、湿気が多く汗をかく時期でもあるので、マットレスについて注意喚起することが多いです。
でも、ベッドは、マットレスとフレームの両方があって成立している物です。
とすると、もう一方のベッドフレームは、どう考えれば良いでしょうか?
湿気が多い時期のフレームについて考えてみます。

まずフレームの材質によって変わってきます。
天然木のフレームの場合、特別な事は何ありません。
硬く絞った雑巾でフレームを拭く事が大切です。

次に集積材のフレームでは、どうでしょうか?
近年、多くのベッドフレームは、集積材で作られています。
集積材の化粧として、ウレタン塗装や、プリント紙の貼り付けがありますが、
貼り付けてある場合には、湿気に弱く、剥がれる可能性が高まります。
というのも、集積材と紙では湿気の吸い方が異なり、膨張率が違うので剥がれやすくなるのです。
湿気を吸わせないようにすることが大切ですが、屋内の湿度は高いまま。
乾いた雑巾でフレームを拭きとる程度しか対応方法がありません。
ウレタン塗装のフレームの場合、ウレタン自体は湿度に強いのですが、
問題はウレタンのキズです。
キズがある場合、そこから湿気が入り込みます。
集積材とウレタンの間に湿気が入り込むと、ふやける様に剥がれだします。
なるべく傷をつけない事、傷ついた場合には、早めに修正する事が大切です。

基本的に、マットレスよりもフレームのほうが湿気には強いので
神経質になる必要はありません。
部屋の掃除と同じく、フレームを拭きとり掃除をしておくことが重要です。




ベッドおすすめ!の選び方

ベッドにはいろいろな機能があります。
最近のフレームは、凝った作りになっていて、思っている以上に進化しています。

そんなフレームの中から、ベッドおすすめ!と言えるような商品の選び方を考えてみましょう。

ベッドおすすめ!の為には、まず、以下のページの絞り込み機能を使います。


最初は、ベッドのサイズです。
何人で使うのか?大人か?大柄か?などを考え、サイズを決めます。

次に、ベッドフレームの機能についてです。
最近のフレームには、様々な機能が付いています。
その中から自分に必要な機能を絞り込むのです。
例えば、棚は必要か?コンセントは?ベッド下の引き出しは?

ここまでくると、大分商品が絞り込まれてきました。
最後は、フレームの色です。
白いフレーム?ブラックフレーム?ナチュラル系?ブラウン系?

最後に商品のページで商品詳細を見てみましょう。
マットレスの種類や商品の在庫を確認しましょう。

ここまでくると、本当にベッドおすすめ!と言えるベッドに、たどり着けたと思います。
いかがでしたでしょうか?




布団が敷けるベッドフレーム について

副店長からのご案内でーす

お布団を敷いて使えるベッドフレームを
お探しですか?

新生活のために、新しいベッドをお探しの皆様。
ふわふわのマットレスが苦手な方。
買ったばかりのお布団があるのでもったいない方。
布団は使いたいけど、床に寝るのは抵抗のある方。
床から高さがあったほうがホコリ対策になるし、
アレルギー対策になるなあ、という方。
頑丈なベッドを探している皆様。

丈夫なベッドフレームをご紹介します。
カラーやデザインも豊富に取り揃えてございます。

耐荷重、通気性のある床板のベッドを
ぜひ、お選びくださいませ!

布団は、もともと、畳の上に寝ることを想定して
作られている寝具です。
だから、ベッドの上で使うには、
何らかの対策や工夫が必要になります。
床付き感があって、少々、体が痛くなったり。
健康になるために寝ていて、
腰が痛くなってしまったら本末転倒ですね。

お布団は、厚みがない分、からだ全体の体圧を分散しにくい。
ということは、荷重が集中するのです。

普通のベッドの上にお布団を敷いてしまいますと、
床板の破損につながります。
通常のベッドの約2倍くらいの耐荷重があると
安心してお使いいただけます。

厚みがない分、寝室に対しての圧迫感も少ないことは、お布団の
メリットとして挙げられます。
日中は、お布団を干したり片づけたりすれば、
お部屋が広く使えるのも魅力の一つですね。

近年の住宅事情では、和室がなく、フローリングのお宅が多いですね。
昔のように、畳のお部屋でお休みになる場合には、
お布団が最適だったのですが
いまは、和室がほとんどありません。
フローリングにはベッドのほうが使いやすく理にかなっているのです。

お布団を使ってフローリングでお休みになりたい場合。
目に見えないホコリなどは、思ったより空中を舞い上がっています。
布団をフローリングに直接敷いて寝るよりも
高さのあるベッドのほうが、ホコリを吸い込みにくいです。

お布団をフローリングに敷く場合、
床からの冷気が伝わりやすいのも特徴で、
フローリングは冷たく感じますので
冬場はとても寒く感じます。
少しベッドフレーム高さを出して、フローリングから離れるのも一案です。

布団をフローリングに敷いたままにしておくと
寝汗が原因のカビが発生します。
カビは一度生えると、キレイになりにくく、手ごわいもの。
カビを発生させない工夫として、
カビは水分とエサがあると住み着きますので
寝具の下の空間に、風を通しましょう。
健康に氣を遣う皆様へ。
小さなお子様やペットがいるお宅で。
デリケートな方、アレルギー体質の方々。

いま、お使いのお布団をそのままベッドの上に敷いて
使えますので、
コストカットにもなります。
いまは、お布団を使ってみて、耐久年数を過ぎてしまったり、
やっぱりマットレスにしたいと思ったら
買い換えたら良いのですものね。

すのこ式の物でも、
床板が丈夫なものがございます。
床板が丈夫で、体を支えてくれます。

眠っている間、人間はコップ一杯ほどの汗をかくと
言われていますね。
なにも対策なしで過ごしていると
湿気がたまってカビの原因になります。
放っておきますと、
アレルギー症状が出たり、
気管や肺の病気を引き起こすこともあります!

湿気対策、カビ対策は、しつこいくらいに万全に行いましょう。
すのこ床板のベッドフレームは、通気性が高いので
湿気を逃し、カビ対策になります。

フローリングからの立ち上がりがお辛いご年配の皆様。
起床時の起き上がりでつかまるところが欲しいかた。
ベッドにすると
椅子のように腰かけてから動き出せるので
体に無理がなく、安全に立ち上がれますね。

布団を敷く、片づけるという作業が、とてもしんどいという方へ。
足が痛い、腰が痛い。けがや持病などで
毎日の家事の負担が増えて、おつらい方へ。
布団の重さ体にこたえる。
手間が大変なご年配の皆様。
布団を敷く、片づけるスペースが確保できないという方へ。
押し入れがないから、片づけられない。
毎朝、お布団の片付けの時間がない皆様。

ベッドの上に布団を敷けば、
お片付けは、
毎日ではなくても、大丈夫!
氣が向いたときやお天気の良い時に
ささっとお布団を干すこともできます。

お布団の軽さ、
お手入れのしやすさは魅力。
日本の高温多湿の気候にはちょうど良いかもしれませんね。

折りたたみ可能なすのこ床板ベッドを選ぶと
さらに使いやすい!
外に布団を干せない日にも。
花粉やpm2.5が飛んでいるときにも。
腰が痛くて、布団が動かせない時にも。
すのこだけ上げたら、湿気を逃しやすくなります。

どうぞごゆっくりお選びくださいませ。




フレーム・ベッド について

副店長からのご案内でーす!

フレームは、ベッドの枠組みです。
マットレスや布団を乗せても、安心なもの。
組み立て、移動、搬入出が難しくないもの。
頑丈で、軋まないもの。
ずっと、永く愛用したいもの。
毎晩、一晩中、からだを預ける場所。
安心して、体をリラックスして、休める場所。
心も体もホッとして、力を抜ける場所。

シングルベッドの、ベッドフレームは
最も使いやすく、需要が多く、人気の高いサイズです。

お一人暮らしの皆様。
初めてベッドを購入される皆様。
転勤などお引越しが多いので運びやすいものを探している方々。
お布団からの立ち座りが大変でベッドを購入される方々にも。

たいていのお部屋に配置しやすく、
二台並べて使うのにも、
運びやすく、設置しやすいのが
魅力的なサイズのベッドフレームです。
小さなお子様のいらっしゃるご家庭でも動かしやすいです。
ペットを飼っているなどで、お掃除をこまめになさる方々。
季節ごとの模様替えが、お好きな方にも。

ヘッドボードがついているベッドフレームは
小物を枕元に置きたい皆様に、好評です。


ヘッドボードに宮棚がついているタイプのベッドフレームが
多数ございます。
わざわざサイドテーブルを購入して、
ベッドのわきに置くスペースがない場合。
時計や、スマートフォン、灯りや文庫本など、
小物がバラバラに置かれるのは使いにくいと感じる場合。
ベッドに横たわったら動きたくない。ベッド周りを充実させたい、ので、
枕元に色々な物を置くことが予想されている場合など。
ベッドに横になった状態で、
手の届く範囲に物があるのが理想、という方には
ぜひ、ヘッドボードの棚付きの
ベッドフレームをお勧めします。

照明付きの棚
棚に、灯りが一つ。ほんのりと灯るのがお好みな皆様。
部屋の明かりは消しても、
ベッドに入ってからもう少しだけ時間を楽しみたい方。
文庫本を読んだり、日記を書いたり、瞑想したり。
ヨガや、ストレッチ。お子様と絵本を読む時間。
夜中に目が覚めた時に、手元に明かりが欲しい皆様。
防災用に灯りをを付けたい方々。
照明付きヘッドボードの、ベッドフレームはいかがでしょう?

コンセント付きの宮棚
家庭電化製品がどんどん増える、現代の生活。
スマートフォン、音楽プレイヤー。ゲーム機。
スタンド。ドライヤー。シェーバー。加湿器。などなど。
寝室のコンセントが一つだけでは足りないことが多いですね。
たこ足配線になりますと、火災の心配もあります。
ヘッドボードに枕元にコンセントが一つあれば、
ベッドに横になったまま、スマホを充電したり、ゲームもできます。
枕元の充実をお望みでしたら、ぜひ、
コンセント付属の、ベッドフレームを。

ベッドフレームとひと口に申し上げましても、
色々な角度からみて、お好みの物が選べる時代です。
インテリアになじみやすいシンプルなもの。
あるいは、ベッドのデザインにインパクトを求める方にも。
幅広く、豊富に取り揃えてございます。

色で選ぶ場合、例えば、
木製であっても軽やかなナチュラル系や
重厚感があり、落ち着いているブラック系のベッドフレームもあります。
木目の美しさか、簡単なメンテナンスをご希望か、
天然無垢材か、彫ってあるデザインの良さを選ぶか。

デザインも、
木製ベッドフレームと、スチールベッドフレームでは
大きく変わってきますね。
木製だからこその、優しい曲線か。飾らない素朴な直線。
スチールならではの、曲線加工の細かい美しさ。
脚の部分だけがスチールタイプのベッドフレームもございます。
シンプルイズベストでまっすぐ、ストレートなもの。
曲線美が優雅なもの。
手触りの優しく柔らかいファブリック使いのもの。
お洒落な雰囲気を醸し出すもの。
様々にご用意がございます。

ベッドフレームで、最も体圧がかかる場所、床板。
頑丈さ。丈夫さ。体の重さが直接かかり、
安心して眠るために、大前提として、
安全性が最優先となりますね。
例えば、すのこタイプのベッドフレーム。
すのこは、優れた通気性があり、余分な湿度を逃します。
新陳代謝の高いお子様や、汗をかきやすい皆様へ。
一年を通して、快適に眠れます。

他にも、人気なのが
木製ベッドフレームの場合ですと、風合いの良さがあります。
木目の色がどんどん変わっていきます。
年月を経て、自分好みの色と味わい深さが加わります。
使い込むほどに愛着がわきますね。
永くご愛用頂けます。

ベッドの枠組みひとつで、寝室の印象も、暮らし方も変わります。
どうぞ、お好みのベッドフレームをじっくりとお選びくださいませ。




ベッドの枠 について

ベッドの枠とは、ベッドのフレームのことです。
マットレスを置いて、体を横たえるので、
丈夫で安定感のあることが、前提ですね。

シングル、セミダブル、ダブルサイズ、クイーンサイズ。
タモ材。ウォルナット材。ヒノキ材。
リラックスできるベッドフレーム。
都会的、エレガント、オシャレなもの。
木目の美しいもの。
メタル、スチールのベッドフレーム。
アンティークな雰囲気。
カントリー調のフレーム。
ハイブランドのオリジナルフレーム。
日本国産のベッドフレーム。
棚、宮付き、照明付き、収納付きのベッドフレーム。

どんなベッドフレームがお好みですか?
様々なデザインや雰囲気のベッドフレームを
豊富な商品を取り揃えております。
インテリアに合わせて。
趣味に合わせて。
ご家族構成や人数、寝室の広さに合わせて
お選びいただけます。

例えば、すのこベッドフレームならば、
床板に通気性のある隙間を作っており、
寝汗や湿気を逃してくれるベッドフレームになります。
日本の高温多湿の気候にはぴったりです。
汗をかきやすい新陳代謝の高い成長期お子様や、
アレルギー対策で湿気を減少させたい方々へ。

マットレスではなく、
お布団を使いたい場合は、
丈夫な「すのこフレーム」タイプをお選びいただけます。

例えば、収納付きベッドフレームでしたら、
ベッドの下の空間を使い切りたい皆様や、
収納場所がなくてお困りな皆様へ。
収納と、ベッドフレームとの一体型で、
余計な場所も取りませんし、
ベッド下の使われていない場所も使えます。
収納家具を買い足すと場所が確保できない皆さま。


例えば、ロフトベッドフレームでしたら、
下は、机や趣味の物を置いたり、収納場所になり、
横になる場所が上で、
まるで二段ベッドのようなデザインになります。
お一人暮らしや、お子様に大人気です。
お部屋そのものがあまり広くなく、限られたている場合、
いかに自分らしいインテリアにするか、
いかに楽しい暮らしを創り出すか、
このロフトベッドフレームなら、創意工夫の醍醐味があります。

例えば、畳ベッドフレームなら
和室の雰囲気を味わえます。
畳らしい通気性もあります。
フローリングだけのお宅に飽きてしまった方。
ご高齢の皆様や、おうちに和室がない皆様。
カビやアレルギー対策をお考えの方々へ。
い草の香りも最高です。
ネオジャパニーズのインテリアが、お好みの方へ。

ベッドフレームは、
寝室の広さでサイズを決めて。
価格、コスト、機能性、インテリア性
通気性、居心地の良さ、雰囲気など。
是非、ご検討くださいませ。

毎日のベッドライフを快適に。
毎晩の幸せで豊かな眠りを。