新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

チェストベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

チェストベッド について

収納付きベッドの中でも大容量のチェストベッド。シングルでもセミダブルでも荷物もたくさん仕舞えて、見た目もスタイリッシュなタイプがたくさん!
そんな魅力たっぷりのチェストベッドはシングルやセミダブルなどサイズ展開も豊富です。
購入をお考えの方も多いタイプ。ではどんなところがポイントなのでしょうか。

スライドレールが付いているもの
チェストベッドはシングルでもセミダブルでも引き出しが2段になっているタイプが主流です。
2段になっている浅型の引き出しがスムーズに開閉できるか、また作りがしっかりしたものかチェックしましょう。
特に引き出しの両サイドにスライドレールが付いているものがチェストベッドのおすすめです。
レールが付いているものは強度もあり、中身が重くても開閉が楽にできます。

引き出しの裏に補強材があるもの
チェストベッドの引き出し自体の構造もチェックしてみましょう。引き出しを取り外して裏返してみてください。底板に補強材があるものは、中身に重いものを入れても底板がしなりにくいのでおすすめです。
漫画や雑誌などを入れる方も多いと思いますが、何冊も入れていくと結構な重量になります。紙って結構重いんですよね。

チェストベッドは引き出しがボックス構造だと組立も楽
チェストベッドはシングルでもセミダブルでも引き出しがボックス構造になっているものもおすすめです。
ボックス構造は、引き出し部分全体が箱で覆われた作りになっていて、その部分は完成品で届きます。
収納付きベッドでも引き出しタイプのものは、引き出しも組み立て式になっていて部品数が多く、組立が手間で時間がかかるということがあります。その点ボックス構造のチェストベッドは引き出し部分の組立がなく、その分部品も少なくなりおすすめです。
またボックス構造はチェストの引き出し自体がボックスで覆われているためホコリも入りにくい点がメリットです。

引き出しの位置は左右どちらでも付け替えられるものを
ベッドを置く位置によってチェストが左右どちらになるのかも購入前に確認しておきましょう。
大抵のチェストベッドはシングルでもセミダブルなど大型のタイプでも引き出しは左右どちらにも付けられるようになっていますが、その点もきちんと調べてから購入しましょう。

チェストベッドでもすのこ構造のものもある
すのこ構造はマットレスや布団の湿気を逃しやすい構造で湿気の多い日本では人気のベッドです。チェストベッドはマットレスの下が引き出しや収納スペースなので、床板は一枚板のものが多いです。
それでもチェストベッドでも床板がすのこの構造のタイプも出ています。
すのこ下にもう一枚床板があるタイプはマットレスや布団からのホコリがチェストの引き出しに入りにくいのでおすすめです。




チェストベッドについて

日本の居住環境から発想された形のベッドです。
どうしても、部屋が狭い日本でベッドを使うと、部屋の空間がベッドに占有されてしまいます。
十分な収納スペースを確保出来ない事から出てきたのが、ベッドの下に物をしまうと言う発想です。
チェストベッドに限らず、収納ベッドは、日本で進化したベッドの形と言えます。




チェストベッドの利点について

チェストベッドは、名前の通り、横から見るとチェストの様に引き出しがたくさんあるベッドです。
つまり、たくさんの物をしまう事ができる大容量の収納ベッドの一種です。
引き出しの種類が浅型や深型があり、数も複数あるので、洋服やタオル類、本や雑誌、バックや普段使わない物などを収納出来ます。
引き出しも、BOX構造の商品もあり、ホコリが入りにくくなっている密閉された形です。
また、引き出しの反対側のスペースには、長物収納が入るベッドもあり、大きなカーペットを丸めたり、季節ものの家電を入れたりと重宝します。
利点は収納だけではありません。
床からマットレス上面までの高さが程よく高いため、足腰が弱った方がベッドから立ち上がる際、ちょうど良い具合になります。
ローベッドなどの高さでは、足腰に負担が大きいため、立ち上がるのが困難な事と対照的です。




チェストベッドの欠点について

大容量の収納が出来るため、ベッドの床板は、当然ながら板になっています。
形として、マットレスの下面は、板に覆われている事になるのです。
つまり、湿気を逃がす通気性に問題がで出来ます。
マットレスの横方向の通気性は良いのですが、上下の通気性が良くありません。
この事は、収納ベッドの宿命的な欠陥です。
また、BOX構造の引き出しであれば、ホコリが入りにくい形なのですが、
それ以外の引き出しの場合、引き出しの上にマットレスがあり、人が動く物ですから、ホコリが入りやすくなります。
しまっている物にホコリが入ってしまうのです。




副店長からお勧めです。

こんにちは!
副店長でございまーす♪
(^w^)オススメ商品のご紹介ですっ!
★★チェストベッド★★
ベッド下がまるごと収納スペースです。パジャマ、CD、本、雑誌、カバン、ブーツ、シーツ、バスタオル、かさばるお布団、季節物のじゅうたん等々…
ベッド下を利用してお部屋をすっきりさせましょう!!
収納には衣装ケースやチェストを色々組み合わせるのも便利ですがベッド下ならたっぷりしまっても見渡せるので取り出しやすいのが魅力ですね。
押し入れ級の収納力を是非、使いこなしてみませんか?
モダンで美しい佇まい、すっきりフォルム&スリムボディ、無駄のない都会的なスタイリッシュ感、等々チェストベッドのデザインも豊富でお部屋の雰囲気を素敵に演出致します。
商品の一例を申し上げますと、
*棚・コンセント付きチェストベッド
*照明・コンセント付きチェストベッド
*カントリー調棚付きチェストベッド
*コンセント付き・ガス圧式跳ね上げ収納ベッド
*国産BOXタイプ・棚・コンセント付きチェストベッド
*開閉タイプが選べるガス圧式跳ね上げ大容量収納ベッド
等々、
各種取り揃えましてお客様のお越しをお待ち申し上げております
どうぞごゆっくりお選び下さいませ〜。
ありがとうございましたm(_ _)m




チェストベッドを選ぶ理由

チェストベッドとはどんなベッドでしょうか?
名称の通り、チェスト(たんす)が付いているベッドです。
ベッドのどこにチェストが付いているのか?後ろ、前?
付いているのは、マットレスの下、ベッドの下にたんすが付いているのです。
横から見ると、引き出しが4つや5つもあり、大きなチェストです。

そんなチェストベッドを選ぶ理由は何なのでしょうか?
単に収納場所が欲しいのでしょうか?
狭いスペースを有効活用する為でしょうか?

一番の理由は、収納場所を確保するためです。
単にスペースを確保するのではなく、引き出しがあり、
しかもその引き出しがチェストと同様にしっかりとした作りになっている点も
重要なポイントです。

でも、収納場所以外でもチェストベッドを選ぶ理由があります。
それは、ベッドの高さです。
ローベッドでは低すぎてマットレスに腰を下ろすのが億劫だ。
でも、チェストベッドは高さがあり、腰かけるのに十分な高さがあります。
座ってソファの様に使うには高すぎるのですが、
足腰の弱っている方には、腰を下ろすのも立ち上がるのも
力が少しで良く重宝する高さなのです。

ベッドの高さも、チェストベッドが選ばれる理由の一つです。