フロアベッドの中でもキングサイズは特別な大きさ

キングサイズベッド 売上ランキング



フロアタイプのベッドの中でも、キングベッドは特別に大きなサイズのベッドです。 二人で眠るのももったいない位に大きいのがキングベッド。 ローベッドの様な低いベッドなら、大きなキングベッドでもお部屋に圧迫感がありません。 横もゆったり、高さもゆったり使えるのが良いですね。 そんなフロアタイプのキングベッドについて、ベッド通販歴16年以上となる店主が解説します。



フロアベッドとは

まずはフロアベッドとはどういったものなのか、基本的な部分から見ていきましょう。

フロアベッドとは

フロアベッドとは、従来のベッドとは異なり、床に床板を敷いてその上にマットレスを載せて使用する寝具のことを指します。
その低い高さから、寝室の空間を広く使えるという利点があり、最近ではインテリア性が高い寝具として注目を集めています。
フロアベッドは、日本の伝統的な寝具である「布団」に似た感覚で寝ることができるため、日本人には特に親しまれています。
また、最近では海外でもそのスタイリッシュなデザイン性や省スペース性から注目を集めています。
一般的なベッドに比べ、フロアベッドはマットレスが床に直接敷かれる程低いため、より低い高さになっています。
そのため、小さな子供やペットが寝転がっても安心であり、またベッドメイクが簡単であるという利点もあります。
フロアベッドのデザインは、様々なものがあります。和風のデザインから、モダンなデザインまで、好みに合わせて選ぶことができます。
フロアベッドは、そのデザイン性や機能性、健康面からも注目される寝具です。

フロアベッドのサイズ

フロアベッドのサイズは、一般的に従来のベッドと同じく、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングなどがあります。
シングルより小さいセミシングルとか、キングよりも大きなワイドキング、ファミリーサイズもあります。

高さは当然低いのですが、床板1枚の上にマットレスを置くタイプと、10cm程度の脚の上に床板がありそこにマットレスを載せるものがあります。
どちらも低い高さです。

ローベッドとの違い

フロアベッドに似た商品でローベッドと言うものがあります。
ローベッド、フロアベッド、何が違うのでしょうか。
どちらも低いベッドの様ですが、店主が解説します。
フロアベッドは、マットレスを床にに置くタイプのフレームです。
マットレスと床の間に板がありますが、ほとんど床に置く感覚です。
ローベッドは、低いベッド全般の事でフロアベッドも含まれます。
でも、フロアベッド以外にも、短い脚のあるすのこタイプのフレームもローベッドになります。

すのこの床板について

フロアベッドは、マットレスを床に置くタイプのフレームなのですが、それではマットレスの下に空間が無く通気性がありません。
そこで、床板をすのこにし、通気性を改善したタイプのフレームがあります。
フロアベッドのすのこタイプです。
若干の改善ではありますが、通気性が出てきます。
おすすめの商品です。

モダンなフレーム

フロアベッドには、モダンなフレームがあります。
デザイン的にヘッドボードに照明が付いたり、フレームの素材感があったり。
モダンでおしゃれなイメージを作り出すのは、光と素材の質感です。
フロアベッドのモダンなフレームはおしゃれですよ。


フロアタイプのキングサイズ

フロアベッドにもキングサイズがある事が分かりました。
では、キングサイズとはどんなサイズか、そしてフロアベッドのキングサイズがどのような物が見ていきましょう。

キングサイズとは

フロアベッドの中でもキングサイズは、特別な大きさを誇る商品です。
キングサイズというと、普通のフロアベッドよりもさらに大型であり、ゆったりと寝ることができます。

キングサイズの具体的な大きさは、マットレスのサイズが横幅180cmです。
長さは、一般的な195cmです。

キングサイズのフロアベッドは、夫婦やカップル、または一人で寝る方でもゆったりと寝ることができるため、人気が高まっています。
寝室に豪華な雰囲気を演出することができるため、インテリアにこだわりのある方にもおすすめです。

フロアベッドのキングサイズには、畳タイプやウッドタイプ、シンプルなものから高級感のあるものまで、多種多様なデザインがあります。
自分の好みや部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができるため、幅広い層の方に愛される商品です。

一つ注意点としては、フロアベッドのキングサイズは、ベッドの高さが低いため、足腰が弱い方や、立ち上がりがしにくい方には不向きかもしれません。
しかし、その分、寝心地や部屋の広さを重視する方には、ぴったりの商品と言えます。

キングサイズのフロアベッドは、寝心地も良く、シンプルでおしゃれなデザインも魅力的です。
寝室のインテリアに合わせて選ぶことで、自分だけの快適な空間を作り出すことができます。

フロアベッドのキングサイズベッドフレームは特別

フロアベッドの中でも、キングサイズは特別な存在です。
一般的なフロアベッドとは異なり、通常のベッドよりも広いスペースを提供し、豪華で快適な睡眠体験を提供します。

キングサイズは、通常のフロアベッドよりも大きなマットレスサイズを指します。
一般的なフロアベッドの場合、マットレスのサイズはシングルやダブルが一般的ですが、キングサイズの場合は幅が約180cm、長さが約195cmになります。

フロアベッドのキングサイズは、ベッドの高さが低いため、空間全体がより広く感じられます。
これは、小さな部屋や低い天井のある部屋でも、広々とした雰囲気を作り出すことができます。

さらに、キングサイズのフロアベッドは、その大きなサイズにもかかわらず、一般的なベッドよりも低価格で手に入ることが多いため、コストパフォーマンスも高いと言えます。
そのため、広い部屋だけでなく、手頃な価格で豪華な寝具を手に入れたい人にとっても、魅力的な選択肢となっています。

以上のように、フロアベッドのキングサイズは、その大きさ、スペース効率性、低価格などの特徴により、多くの人にとって魅力的な寝具となっています。
豪華で快適な睡眠体験を手軽に手に入れたい人には、ぜひおすすめしたいベッドの一つです。


キングサイズ フロアベッド 商品紹介

  • フロアベッド【mon ange】モナンジェ
  • フロアベッド【mon ange】モナンジェ
棚・コンセント・フロアベッド【mon ange】モナンジェ

マットレス付きフレーム

フロアベッドにもキングサイズがあるのですが、モナンジェは、その一例です。
シングルサイズから、キングサイズまで5サイズあります。
低いフロアタイプなので、贅沢な空間のベッドルームになります。
日本的に言えば、大きな布団がある感じですね。
クイーンサイズもあります。お二人でゆったりと眠るには最適です。
フロアタイプのベッドですが、ヘッドボードも使いやすくなっています。
棚は奥行14cmで、コンセントも付いています。
手が届くところにスマホ、メガネが置けるのは便利ですね。
フレームの表面もお手入れがしやすくなっています。




  

関連する商品グループ


ページトップ