キングベッドすのこの種類を徹底解説

キングサイズベッド 売上ランキング



キングサイズベッドのすのこの特徴とメリットを徹底解説します。 大型サイズのキングサイズベッドで、通気性が高いベッドをご希望でしょうか? 大きく、広く、ゆとりの空間を味わえる、大きなベッドフレームの魅力を探りましょう。 キングの大きさは大人二人がゆったりと眠れるサイズです。 ベッドを販売して16年以上の経験を持つ店主が解説します。



キングベッド すのことは

キングベッド すのこベッドとは、どんなベッドフレームでしょうか? ベッドの床板がすのこ状で、ベッド下の湿気を逃して、清潔です。 カビやダニを防げますよ。 しかもキングサイズの大きさが、ゆったりして嬉しい広さです。


キングベッドすのこのサイズ

キングベッドのマットレスサイズは、約横幅180cm×長さ195cmです。 6畳以上の広さが目安。 ベッド周りに空間のあるお部屋に置きましょう。

すのこキングベッドフレーム マットレスは2枚構成

キングベッドのマットレスの大きさは、一般的におよそ幅180cm×長さ195cmです。 目安として、シングルサイズマットレスの約2枚分です。 キングサイズなら横幅が広くなり、親子三人で川の字でも、健康的な眠り。 パートナー様同士で、寝返りがしやすい! 一枚でキングサイズのマットレス、というのは市場で数が少なく見つからない物ですね。 分割した状態で2枚のマットレスをベッドのすのこに並べ、連結して、優雅な広さ! キングベッドにマットレスの通気性が良いものを選べばすのこの床板との相乗効果で、快適なキングベッドになります。 マットレスの硬さ、柔らかさについてはお好みで。 キングサイズ一枚よりも、2枚のマットレスで調整するのもよろしいでしょう。 キングサイズベッドフレームのすのこの床板は、高温多湿な日本の気候にぴったりです。 キングベッドでは、シングルサイズとセミシングルサイズのマットレスが2枚構成となります。


キングサイズ すのこベッドフレームの種類

清潔感のあるすのこベッドフレームのキングサイズをご希望ですか? キングサイズベッドのベッドフレームにはどんな種類があるのでしょう?

連結タイプ キングベッドフレーム

大きなキングベッドの魅力は感じるけど、大きすぎて、寝室に運び込めない。 模様替えや引っ越しなどで、キングサイズベッドの移動に困る。 そんな方は、ベッドを連結しよう! シングルなどをすのこベッドフレームを2台連結して、キングサイズベッドフレームを叶えましょう! 連結タイプだから、分割もしやすい! お子様の独立に伴って、子供部屋に運ぶのも簡単です。 2台並べ、連結してお使いになれるタイプのキングサイズベッドフレーム。 寝ている間に、ベッドがずれるのを防ぐためにキングベッドに連結金具が付属していることが多いです。 ベッドの高さを抑えたデザインの連結キングローベッドもございます。 低いから、お子様がベッドで遊んでも、安全。 デザインがシンプルな中にもおしゃれで、大人気の北欧風連結タイプもございます。 毎日使うベッドだからこそ、おしゃれにこだわりたい皆様へ。 連結キングサイズベッドフレームで、お幸せに!

キングサイズ ローベッド

ローベッドは、ベッドの床板が低いデザインの、キングサイズベッドフレームです。 ベッドの床板から、天井からの距離が遠くて、寝室の雰囲気を邪魔しないのが、ローベッドの魅力。 いかにもベッド、という感じではなく、寝室のインテリアがおしゃれに見えるので、近年、かなり人気が高まっています。 おうち時間の長い方、インテリアにこだわりたい方には、キングベッドを、ぜひ! 小さなお子様のいるご家庭でも、ローベッドフレームのキングベッドは、大人気です! 横の広さがあって、低いデザインで安全。 お子様にも心地良い、キングベッドフレームです。 お子様がいてもスタイリッシュな寝室にしたい親御様に、ぜひ! シングルサイズローベッドフレームを2台並べて使うアイデアも可能! お子様が成長したら、お気に入りのキングベッドフレームを一台ずつ分割して、シングルサイズにして運んで、子供部屋で使い続けることも可能です。 キングベッドを永くご愛用頂けたら、コストパフォーマンスも良いですね。

おすすめ商品

  • モダンデザインレザーフロアベッド【BASTOL】バストル
  • モダンデザインレザーフロアベッド【BASTOL】バストル
モダンデザインレザーフロアベッド【BASTOL】バストル

重厚感もありつつ、柔らかいキルティングのヘッドボード。 ソファの背もたれのように使えて、スタイリッシュ。 高級感が人気のレザー素材。毎日の生活に、プレミアム。 クイーン、キング、ワイドキング280までサイズを取り揃えております。 床板は、天然桐すのこを使用しました。 家具などに加工しやすいです。 天然桐材のすのこの機能性をご堪能下さい! 丈夫で高級な「すのこ」床板のキングベッドです。 布団やマットレス、ベッド下の湿気を逃します。


キングサイズ すのこベッドのサイズ比較

キングサイズはわかったけど、他のベッドや他のサイズが知りたい方!ご一読くださいね。

キングベッドとシングル2台との比較

シングルサイズベッドフレームとキングサイズベッドフレームを比べてみましょう。 キングサイズのマットレスは、約横幅180cm×195cmです。 シングルサイズは、約横幅97cm×195cmです。 およそ6畳くらいの広さがよろしいでしょう。 シングルを2台並べると約194cm。 キングベッドより、シングルのほうが横幅が少し広くなり、大人二人で並んだ時の、一人当たりの広さもシングルベッドを並べたほうが広い! キングベッドフレームは、横幅が広いのが特徴です。 床板のつなぎ目が無いので、寝心地が良い。 隙間に、落下しないのがメリット。 大人お二人が寝ると、ゆとりのある空間で寝返りが可能です。 広さが自慢のキングベッドフレームは、日本の住宅では、小回りが利かないのがデメリット。 通路や寝室の入り口で、運び込めないのは困る! ご購入前に、廊下などを計測しておきましょう。 引っ越しや、子供部屋に移動させる予定の方は、シングルを2台並べて使用するのが一案です。

ワイドキングサイズとの比較

キングサイズベッドフレームとワイドキングサイズとはどこが違うの? キングサイズは、約横幅180cm×195cmです。 ワイドキングサイズは、約横幅200cm×195cmです。 ワイドキングは、シングルベッドを2台並べたサイズです。 寝室に置かれたほかの家具との兼ね合いで目安として約8畳以上のお部屋が良いでしょう。 ワイドキングサイズベッドフレームは、キングベッドより大きく、隣の人を気にせずに寝返りを打ちたい皆様に好評です。 手足を思い切り伸ばせるし、振動も伝わりにくいのです。 小さなお子様と、並んで添い寝したい方におすすめです。 大きな家具としてのキングベッドは、シンプルでおしゃれなデザインも人気です。

ダブルベッドとの比較

キングサイズベッドフレームとダブルベッドとは、何が違うのか? キングサイズは、約横幅180cm×195cmです。 ダブルサイズは、約横幅140cm×195cmです。 キングベッドは、8畳以上の寝室なら、生活動線を考えても余裕を持って配置ができることでしょう。 テレビや机など、寝室に置かれている家具との兼ね合いや、ご購入後の運搬経路などをよく計測して、キングベッドをご検討くださいませ。 ダブルベッドは、小さなお子様と並んで添い寝をするには、狭いです。 キングサイズベッドフレームは、ファミリーにも人気です。 小さなお子様がいるご家庭ではもちろん、パートナー様同士、ご夫婦など大人二人でも、空間にゆとりを持って並んで横になることが可能です。 隣の人とぶつかりにくいのがキングベッドの特徴です。 キングベッドで、上品で優雅な生活空間を!

クイーンサイズとの比較

キングサイズベッドフレームとクイーンサイズベッドとは、何が違うのかみてみましょう。 キングサイズは、約横幅180cm×195cmです。 クイーンサイズは、約横幅160cm×195cmです。 どちらのサイズでも、大人お二人様でご一緒に寝られます。 クイーンの横幅は、ダブルベッドよりも約20儿いです。 たった20cmではありますが、寝返りを打った時の横幅にゆとり! 寝返りが気兼ねなく打てる幅は、男性は約85僉⊇性は約80僂任后 大人二人以上で横に並ぶなら、クイーンサイズより大きいベッドがおすすめです。 キングサイズベッドフレームなら、クイーンサイズより大きいので、リラックスして、お休みになれます。 キングベッドフレームなら、寝返りを大きく打つ方でも、成長期のお子様と並んで横になっても隣の人にぶつかりにくく、安眠が可能です。 分割できるタイプのキングサイズなら、お子様のご成長に合わせて、模様替えなども可能で、ご愛用頂けます。 小さなお子様、ペットとご一緒に寝たい皆様には、ゆとりを持った広さをおすすめ致します。 キングベッドは、よく計測してから、ご購入くださいませ。


キングサイズベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

店主のつぶやき



  

関連する商品グループ


ページトップ