新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

カンタン絞り込み検索

クイーンサイズベッドとは、2人で寝ることができる広さを確保できるベッドサイズの一つです。 カップルや家族での使用に最適で、ダブルサイズよりも広いスペースを確保できます。 眠り姫は、クイーンサイズベッドの商品一覧を取り揃えており、機能やデザインも豊富です。 クイーンサイズベッドに合うマットレスの選び方やお手入れ方法についても解説しています。 また、クイーンベッドの価格帯も幅広く、お好みや予算に合わせて選ぶことができます。 さらに、眠り姫では、副店長からのお知らせや店主のつぶやきを掲載しており、クイーンベッドを選ぶ際の注意点やメリットについても詳しく解説しています。 眠り姫で、あなたにぴったりのクイーンサイズベッドを見つけて、快適な睡眠を手に入れましょう。

クイーンサイズベッド 商品一覧

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

目次

クイーンサイズベッドとは
  定義
  サイズ感
  ダブルベッドとの違い
  キングサイズベッドとの違い
合わせて読みたい店主のつぶやき チェストベッドのヘッドレスタイプ
クイーンサイズベッドのおすすめ商品
  ローベッド Makati マカティ
  収納ベッド【Grandsol】グランソル
  大型ベッド【Gerade】ゲラーデ
クイーンサイズベッドについて 副店長からのお知らせ
合わせて読みたい店主のつぶやき キングサイズにする?それともクイーン?
クイーンサイズはシングルが2つか?
クイーンサイズベッドの種類について
  ベッドフレーム について
  フロアタイプ について
  チェストタイプ について
  跳ね上げ式収納タイプ について
  大容量収納タイプ について
  脚付きタイプ について
  ヘッドレスタイプ について
  和風畳タイプ について
  ロータイプ について
  高級レザータイプ について
合わせて読みたい店主のつぶやき クイーンサイズベッドとは?メリットや選ぶときの注意点を解説
クイーンサイズベッドのサイズと寸法
クイーンサイズベッドの種類とデザイン
クイーンサイズベッドの機能と特徴
クイーンサイズベッドの利点と欠点
クイーンサイズベッドの選び方
クイーンサイズベッドの価格帯
クイーンサイズベッドのお手入れ方法
クイーンサイズベッドに合うマットレスの選び方
クイーンサイズベッドのマットレス幅は160cm
2人で寝ることができる広さ
カップルや家族での使用
ダブルサイズより広いスペースを確保

店主のつぶやき クイーンサイズ編


クイーンサイズベッドとは

クイーンサイズベッドとは、どのようなベッドでしょうか?
「クイーンベッド」と言うのは良く耳にする言葉だと思いますが、
一体、どんな大きさのベッドなのでしょうか。
クイーンサイズの定義、サイズ感について紐解いていきましょう。

定義

クイーンサイズベッドはどんな定義でしょうか。
クイーンとは女王の意味ですよね。
女王様が眠るベッドの事を指すのでしょうか。
それは違う気がします。
クイーンサイズベッドは、マットレスの横幅が160cmのベッドの事を指しています。
マットレスは1枚の商品もありますが、2枚で160cmとなる商品もあります。

サイズ感

クイーンサイズベッドは、160cm幅のマットレスという事ですが、
どの程度のサイズ感になるのでしょうか?
160cmと言うと大きい気がしますが、どの程度大きいのでしょうか?
大人が2人でゆったりと眠れるサイズになっています。
大人二人と子供一人の合計三人の場合には、ちょっと狭い印象ですね。
クイーンベッドは、お子様の年齢によっては問題ない事もあります。

ダブルベッドとの違い

大人が二人で眠るベッドとして、ダブルベッドがあります。
名称の通り、ダブル=二人、で眠るベッドですね。
では、ダブルベッドとクイーンサイズベッドではどの程度の違いがあるのでしょうか。
ダブルベッドは、マットレスの横幅が140cmになっています。
クイーンサイズベッドの160cmと比べ、20cmの差です。
ダブルベッドから20cm大きくなったベッドが、クイーンサイズベッドとなります。
たった20cmですが、ベッドに横になってみると、大きな違いを感じるでしょう。
現在ダブルベッドを使用していて、ちょっと狭いと感じる方には、
次のベッドにはクイーンサイズをお勧めします。

キングサイズベッドとの違い

クイーンサイズベッドと似たイメージで、キングサイズベッドがあります。
どちらも、大きなベッドという印象だと思います。
では、クイーンサイズベッドとキングサイズベッドでは、どこが違うのでしょうか?
マットレスの横幅として、クイーンサイズベッドは160cmでした。
キングサイズベッドの場合には、180cmとなります。
これも幅の差が20cmです。
この20cmが横になると大きな違いになるのです。
180cmの幅があると、大人二人とお子様一人の合計三人で寝ても大丈夫ですね。


合わせて読みたい店主のつぶやき チェストベッドのヘッドレスタイプ

チェストベッドのヘッドレスタイプはただのチェストか?!
チェストベッドのヘッドレスタイプはただのチェストか?!


クイーンサイズベッドのおすすめ商品

クイーンサイズベッドの中から、ベッド販売10数年になる店主が
選りすぐりの商品をおすすめします。
ローベッドタイプ、収納ベッドタイプ、高級タイプの三種類です。
どれも魅力あるクイーンサイズベッドです。
是非一度、商品詳細をご覧くださいませ。

ローベッド Makati マカティ

ローベッドタイプのクイーンサイズベッドです。
低いタイプのベッドで寝室には、開放感があふれるでしょう。
ヘッドボードり両サイドには、ライトが縦に入っていて、くつろぎの時間を楽しめます。
枕元には、棚とコンセントがあり、手が届く範囲にスマホや眼鏡を置けるのは便利ですね。
マットレスの横には、ステージと呼ばれるフレームがあり、ものを置いてサイドテーブルとしても使えます。
フレーム表面は、耐久性に優れた強化樹脂仕上げでキズが付きにくくなっています。
クイーンサイズのベッドの紹介ですが、シングル、セミダブル、ダブルと合計4サイズで展開しています。
低いロータイプのクイーンサイズは、圧迫感が少なく、広さを享受できるベッドですね。
マルチラススーパースプリングマットレスのみ、2枚のマットレスになっています。

モダンライト・棚・コンセント付きデザインフロアローベッド Makati マカティ
モダンライト・棚・コンセント付きデザインフロアローベッド Makati マカティ

収納ベッド【Grandsol】グランソル

収納が付いたクイーンサイズベッドです。
クイーンサイズのベッドだから、広々としたマットレスの上で、ゆったりと過ごしたいですね。
L お二人で眠るのも良いのですが、一人で大の字になり眠るのも贅沢ですね。
ヘッドボードの両サイドには、縦にライトが付いていて、ほのかに光っています。
枕元には、棚があり、コンセントも二口付いています。
ヘッドボードの中央には、隠し収納が付いていて、小物を仕舞うのに便利。
ベッド下には、収納用の引出しが3杯付いています。
引出しは、フルスライドレール仕様なので出し入れがスムーズか、奥まで引き出せるので出し入れに便利。
引出しの反対側には長物収納が付いています。
クイーンサイズのベッドだけに、長物収納のサイズも大きく、縦193cm横112cmと大容量。
フレーム表面は、ウレタン塗装仕上げで高級感を醸し出しています。
ツヤ感があり、傷や汚れにも強いです。

モダンデザイン・大型サイズ収納ベッド【Grandsol】グランソル
モダンデザイン・大型サイズ収納ベッド【Grandsol】グランソル

大型ベッド【Gerade】ゲラーデ

高級感のあるレザーのクイーンサイズベッドです。
ヘッドボードには、キルティング加工をしたレザー。
ウレタン入りなので柔らかさを感じます。
ヘッドボードには、木目の棚を用意しました。奥行は8cmです。
サイドフレームにもレザーを使用していて、見た目がぱっちりです。
160cmの広々としたクイーンサイズベッドが魅力的。
レザーの素材は、APUレザー。
廉価なPUレザーと違い、手触りが非常に良いのがAPUレザーです。
マットレスの下には、桐のすのこの床板を使用しています。
高級だからこそ、フレームに5年間の保証を付けました。

モダンデザイン・高級レザー・大型ベッド【Gerade】ゲラーデ
モダンデザイン・高級レザー・大型ベッド【Gerade】ゲラーデ


クイーンサイズベッドについて 副店長からのお知らせ

副店長からのお知らせです!

ゆったり眠れるベッドをお探しですか?
パートナー様同士、並んでの
贅沢なお目覚めをご希望ですか?
寝返りの打ちやすいベッドがお好みでしょうか?

クイーンサイズのベッドは、
大きいサイズのベットとなりますので
寝室で締めるベッドの面積が、
とてもたくさん必要になります。
お部屋の広さを計測して、
クイーンサイズベッドが置けるかを確認しましょう。

ちょっとかっこいいな、どれでもいいな
という決め方をすると
思っていたのとは違う、という結果になりがちです。

他の家具との兼ね合い、テレビや机、テーブル、を置くことも
ご想像できていますでしょうか?
クローゼットやドアの開閉にぶつからないことを考えると
最低でも、
6畳の広さが寝室にあれば、置くことができます。
できれば、8畳以上の寝室に置くのが、
安全に暮らすための広さも確保できますので
お勧めです。

大きなクイーンサイズベッドですから、
他の家具と比べても、かなりの存在感があります。
寝室に圧迫感が出てしまうことも、致し方ない部分がございます。
その場合には、ローベッドを選びましょう。
低めのベットになれば、空間のゆとりを感じられますよ。
脚付きタイプのクイーンサイズベッドなら、
お掃除ロボットも入りやすく、いつも清潔!

搬入の際に、マンションの
廊下や通路が通れるかどうか、も大事です。
クレーンで吊って搬入することもあるかもしれませんが、
雨天時には困難ですし、別料金が発生することもございます。
購入してから、搬入できないことがないように
エレベーターや通路の幅を確認しておきましょう。
ご安全に!

クイーンサイズベッドのサイズは、
長さ195cm×幅160cm。
横幅は、約160cmです。

一般的な大人の体型なら、
お互いの距離を
約20cmほど開けることができます。
人間には、快適な寝返りが必要ですものね。

寝返りの動きが活発なお子様や、
添い寝が必要な年齢のお子様と、
川の字になって眠ることもできます。
小さな頃に親御様とご一緒に眠れたら、
こころの健やかなご成長にもつながりますね。

パートナー様同士、ご夫婦、ご家族で、
お二人で快適に眠れます。
隣で寝ているパートナー様に気兼ねなく、
寝返りが楽にできる、快眠のベッドです。

クイーンサイズベッド
幅が大きいので、ベットフレームのシーツなどのリネン類も、
多くない。サイズが大きいので、品ぞろえがあまりなく、
選択肢が少ないこと、値段も高くなりがちなのがデメリットです。
そのため、氣に入った柄やデザインをこだわって
探すことが難しいことがあります。

クイーンサイズベッドは、広くて大きくてゆとりがあるから
使いたいけれど、部屋の収納が確保できなくて。と
迷ってらっしゃる皆様へ。
ベッドの下の空間を活かしきる、収納できる
クイーンサイズのベッドもございます。
ベッドの下の空いた空間も、思う存分、
荷物を入れて使いきれます。

お部屋の広さ、ご家族構成、ライフスタイルで、
ベッド選びは変わってきます。
毎日の生活に寄り添ったベッドを
どうぞごゆっくりお選びくださいませ。
快適なベットで、ぐっすり快眠。
健康的で、爽やかな毎日を。

お気に入りのクイーンサイズベッドを
末永くご愛用くださいませ。


合わせて読みたい店主のつぶやき キングサイズにする?それともクイーン?シーツの選び方や洗濯方法を解説

キングサイズにする?それともクイーン?シーツの選び方や洗濯方法を解説
キングサイズにする?それともクイーン?シーツの選び方や洗濯方法を解説


クイーンサイズはシングルが2つか?

ご夫婦の寝室など、お二人で眠るベッドを探しているとこんな疑問をお持ちになることはありませんか。

Aさん:ダブルベッドは実は2人で眠るには狭いっていうよね。じゃあその上のクイーンサイズベッドはどうかな。

Bさん:シングル2台をくっつけて使うというのもありらしいよ。

AさんBさん:そっかー。そうしたら一体どっちがいいの??

そうなんです。お二人で眠るならクイーンサイズとシングル2つ、どちらがおすすめなのでしょうか。

まずサイズを見てみましょう。どちらのサイズもマットレスの長さは約195cmで変わりません。違いは幅になります。
クイーンサイズベッドは一般的に約160cm、シングルは約90cmなので2台くっつけると約180cm。このようにクイーンとシングル2つではシングル2つの方が大きくなります。これはキングサイズとほぼ同じ大きさです。

ではこのシングル二つとクイーンによる違いは何でしょうか。
お二人で快適に眠ることができるサイズとしては、上記のようにダブルは少し窮屈になってしまうので、クイーンからがおすすめです。サイズ面ではクイーンサイズとシングル2つではどちらも問題ありません。

次に寝心地です。クイーンサイズベッドならマットレスが1枚なので隙間がなくどこでも快適です。シングル2つより少し幅が狭いのでより親密な距離で眠ることができます。デメリットとしては、寝返りなど動きや振動が相手に伝わりやすいことがあります。お互い気にならないなら問題ありませんが、ストレスになるようならシングル二つにした方が良いかもしれません。

シングル2つの場合は、マットレスも2つになるのでベッドをくっつけても間に隙間が空いてしまうことがあります。この隙間は実際横になってみると結構気になります。ただ初めから2台繋げて使えるようにデザインされた商品もありますので、こうしたタイプなら隙間もあまり感じなくてすみます。

クイーンサイズとシングルならクイーンは1台の購入ですので、シングル二つに比べると価格も抑えることができます。
また、シーツなどもどちらかが汗かきで頻繁に洗濯が必要な時も片方だけ洗えば済みます。ただ一緒に洗う場合はシーツも2枚になるので、クイーンの1枚と比べて洗濯物の量は増えます。

シングル二つなら将来ベッドを離して使うこともできる点はメリットです。

ベッドは一度買うと簡単には買い換えない家具です。メリットデメリットを比較して、ご自分のライフスタイルや将来設計に合った方法をご検討いただくとより長くご愛用いただけると思います。


クイーンサイズベッドの種類について

クイーンサイズベッドにも、色々な種類のベッドがあります。 フロアタイでの低いベッド、フレームのみのクイーンサイズ、引出し収納付きのベッドなど。 その中から、いくつかを紹介したいと思います。

ベッドフレーム について

クイーンベッドフレームは二人でゆったり眠れるサイズのベッドです。新婚さんやカップルはもちろん小さなお子さまと一緒にといったシーンにもおすすめです。

クイーンサイズベッドはシングルサイズよりも小さい、セミシングルのベッド2台分の広さがあるベッドです。
色々なサイズがあるベッドフレームの中でクイーンサイズは幅約160cm、長さ195cmが標準的なサイズとなります。

クイーンサイズベッドフレームは幅が160センチあるので、大人2人でもゆったりと相手を気にすることなく寝返りを打つことができるのがメリットです。

ダブルサイズでも大人2人で寝ることは可能ですが、一人分のスペースで考えると少し狭く感じるかと思います。クイーンフレームのベッドにしたほうが、快適に眠ることができます。

最近はおひとりでもクイーンサイズベッドフレームでのびのびと眠られる方も増えています。

ベッドフレームのサイズを考える際、どのようなシーンで使っていくかを考えるとよいですよ。例えば大人2人であればクイーンサイズベッド、子どもと3人でゆったりと眠りたいのであればキングサイズといったように、まずは何人でベッドを使うかということを決めると自然とどのくらいのベッドがいいのかも決まってくるはずです。

また収納付きのベッドフレームにするかも大事なポイントです。ベッドクイーンフレームなら収納もたくさん入るので、プラスアルファの収納が欲しいという方にはおすすめです。ただ収納付きのクイーンベッドフレームは収納無しのタイプに比べて高さが高くなってしまいます。ベッドが高くなるとお部屋に圧迫感がでてしまうので、機能性とお部屋の雰囲気のバランスをどうとるかもイメージしておくと、購入してからのギャップを防げます。
収納は特に必要ないという方は、フロアベッドやローベッドを選ぶとお部屋の圧迫感も減らせ、お子さまがいても上り下りもしやすいのでおすすめです。

お子さまが小さいうちは家族みんなで仲良く眠りたい。そしてお子さまが大きくなってきたら夫婦だけで、と将来も考えて選ぶならクイーンフレームにシングルフレームを並べて使う方法もあります。お子さまが大きくなったら、シングルベッドを子供部屋へ移して、クイーンフレームはご夫婦で使えば、長くお使いいただけます。

クイーンサイズベッドをお求めの際に気をつけておきたい点に梱包サイズもあります。
マットレスは相当な大きさなので、玄関ドアやお部屋のドアを通すことができるか、また集合住宅なら通路や上階の場合はエレベーターに入るかなど、見落としがちですが搬入の際に困ったことにならないよう調べておくことをおすすめします。

クイーンサイズのマットレスには、二つに分かれたタイプもあるので、そちらなら搬入の際も安心です。
マットレスが二つだと、並べたときに隙間が開くのが気になる方もいるかと思います。それには後乗せのピロートップを乗せると隙間も無く、また寝心地もアップさせることができます。
またロールタイプのマットレスなら、クイーンサイズのものでも梱包サイズは小さいので、こちらもおすすめです。

最近はフレーム自体が2つに分かれるタイプのクイーンベッドフレームも販売されています。このタイプはそれぞれ独立しても使用できるので、必要に応じてシングルベッドとしても使える優れものです。

クイーンフレームは大人でも窮屈に感じることなくゆったり眠れるのが最大の魅力です。
ぜひ快適な眠りをお二人で体験してみてはいかがでしょうか。

フロアタイプ について

フロアベッドは字のとおりフロア(床)にマットレスを置くタイプのベッドです。もちろん床に直接置くのではなく、ベッドフレームには床板が付いていて、その上にマットレスを置くようになっています。
またフロアベッドのもう1つの特徴としてマットレスをフレームが囲っているデザインがあります。
つまり箱型のフレームの中にマットレスをはめこむような形になっているわけです。
ローベッドという言い方もありますが、ローベッドは高さの低いベッドの総称として使われることが多いです。
フロアベッドはローベッドのひとつというわけですね。ただこのあたりの呼び方はベッドを販売しているネットショップによっても多少異なることもあります。

いずれにしても、フロアベッドは高さが最も低いベッドのスタイルということになります。
フロアベッドは高さが低く、イメージとしては布団で眠るのに近い感覚です。そのため小さなお子さまでも上り下りができ、またベッドにはつきものの落下の心配がありません。
家族みんなで眠りたい。お子さまが小さいうちは川の字になって一緒にというご家族も多いです。
そんな方には、フロアベッドのクインサイズやキングサイズがおすすめです。

よくダブルサイズがお二人やお子様も一緒に眠るサイズと思われがちですが、実際は少し窮屈に感じることが多いのです。ベッドは基本的には長さは一緒なので、幅の広さがどのくらいかで快適に眠れるかどうかが決まります。一般的にダブルサイズの幅は約140cmです。この幅だと1人のスペースは70cm程度ということになります。
シングルベッドの幅が90cm前後なので、これだとちょっと狭いですよね。

ではクイーンサイズはどうかと言うと幅は約160cmです。これなら1人のスペースも80cmくらい取れるので、お二人で快適に眠ることができます。

さらにその上のフロアベッドのキングサイズなら幅は約180cmとなります。これならお二人はもちろん、お子さまが一緒でも十分な広さになります。

フロアベッドの特徴として、他のスタイルのベッドに比べて価格が手頃ということも挙げられます。
収納付きベッドだと引き出しが付いたりとパーツも増えるためどうしても価格が高くなりがちですが、フロアベッドはそうした部材が無いため価格を抑えられるというメリットがあります。

おこさまと一緒に眠ることができる時間は案外短いものです。その間はクイーンやキングサイズのフロアベッドで家族で一緒に眠る。その体験はきっとパパママにもお子さまにも一生残るものになります。
フレームの価格が抑えられる分、ダブルサイズではなく、クイーンやキングサイズのフロアベッドにする。
そしてマットレスにはこだわってみる。そうすれば眠りもぐんと上質なものにできますね。

チェストタイプ について

チェストタイプのクイーンサイズベッドは、ヘッドボードの下側に引き出しが複数付いているタイプのベッドです。
一般的なクイーンサイズベッドと同じく160cm幅のマットレスが使われますが、寝具や衣類などの収納スペースを確保することができます。
チェストタイプのクイーンサイズベッドは、一人暮らしの方や小さなお部屋でもおすすめです。
ベッドフレーム内の下側に引出しがあるため、ベッド下の空間を有効活用することができます。
チェストタイプのクイーンサイズベッドは、カジュアルなインテリアスタイルにも合わせやすく、お部屋の雰囲気を変えたい方にもおすすめです。
引き出しがあるため、ベッド周りがスッキリと片付いて見え、部屋全体が清潔感のある印象になります。
チェストタイプのクイーンサイズベッドは、フレームの横側に収納スペースとなる引出しがあるため、ベッドの置き場所には注意が必要です。
壁に寄せて置く場合は、引出しを引出すスペースの確保が必要です。
チェストタイプのクイーンサイズベッドは、収納スペースを確保しながらも、お部屋の雰囲気を変えたい方や、一人暮らしの方におすすめのベッドです。
様々な収納方法があり、お好みに合わせて選ぶことができますので、ぜひご検討ください。

跳ね上げ式収納タイプ について

クイーンサイズベッドの中でも、特に人気の高いタイプが「跳ね上げ式収納タイプ」です。
このベッドは、ベッド下のスペースを効率的に利用し、収納スペースを確保することができます。
マットレス部分を縦方向に跳ね上げることで、下部にはたっぷりの収納スペースが生まれます。
このタイプのクイーンサイズベッドは、特に収納スペースに困っている方におすすめです。
季節品や布団など、大型のものも収納することができます。
子供部屋や一人暮らしの部屋など、収納スペースの少ない部屋にも最適です。
跳ね上げ式収納タイプのクイーンサイズベッドは、美しいデザイン性も特徴の一つです。
シンプルでスタイリッシュなものから、カラフルなものまで、様々なデザインがあります。
収納スペースが不足している部屋でクイーンサイズベッドを使用したい場合は、跳ね上げ式収納タイプを検討してみると良いでしょう。
スペースの有効活用によって、部屋をスッキリとした印象にすることができます。
美しいデザイン性も魅力の一つなので、部屋のインテリアにもこだわりたい方にもおすすめです。

大容量収納タイプ について

クイーンサイズベッドの大容量収納タイプは、機能性に優れたベッドです。
一般的なクイーンサイズベッドに比べて、多くの収納スペースを確保することができます。
例えば、ベッド下に収納スペースがあり、季節物の衣類や寝具などを収納することができます。
ベッドフレームの側面にも引き出しがあり、そこに本やアクセサリーなどを収納することもできます。
大容量収納タイプのクイーンサイズベッドは、特に収納スペースが少ない部屋におすすめです。
ベッド下のスペースを効率的に活用することで、部屋の床面積を確保することができます。
収納スペースが多いため、物を整理整頓することができます。これにより、スッキリとした空間を作ることができます。
大容量収納タイプのクイーンサイズベッドは、デザイン性にも優れています。
機能性に重点が置かれているため、シンプルなデザインが多いですが、ベッドフレームの色や素材を変えることで、お部屋の雰囲気に合わせたスタイリッシュなインテリアに仕上げることができます。
大容量収納タイプのクイーンサイズベッドは、収納スペースがたっぷりあるので、ベッドルームを快適な空間にすることができます。
整理整頓がしやすく、床面積を有効活用できるため、小さな部屋でも快適に過ごすことができます。
デザイン性にも優れているので、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。
大容量収納タイプのクイーンサイズベッドを選ぶことで、スタイリッシュで機能的な寝室を実現しましょう。

脚付きタイプ について

クイーンサイズベッドの脚付きタイプは、寝心地をよくするだけでなく、インテリアのアクセントとしても人気です。
脚があることで、ベッド下の掃除やベッド周りの模様替えがしやすくなり、快適な生活をサポートしてくれます。
脚付きタイプは、脚の高さやデザインが様々な種類があります。
脚の高さが高めのタイプは、掃除や荷物の出し入れがしやすくなるため、便利です。
デザイン性にこだわった脚付きタイプも豊富にあります。
スリムなタイプや、カラフルなタイプ、木製のタイプなど、お部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。
脚付きタイプは、ベッドの下に収納スペースを確保することができるタイプもあります。
収納スペースが大きくなることで、衣類やシーツなどの収納に困らなくなり、お部屋がすっきりと片付きます。

ヘッドレスタイプ について

クイーンサイズベッドの中でも、ヘッドレスタイプは人気の高いタイプの1つです。
ヘッドレスタイプとは、ベッドフレームの頭側にヘッドボードがないタイプのベッドのことです。
ヘッドレスタイプの最大の魅力は、シンプルでモダンなデザインです。
ヘッドボードがないため、スッキリとした印象があり、ベッドルームの雰囲気をクリーンで落ち着いたものにすることができます。
ヘッドボードがないため、ベッドフレームが壁に沿って置かれることが多く、部屋のスペースを効率的に使うことができます。
ヘッドレスタイプには、シンプルでスリムなデザインが多く、モダンなインテリアに合わせて選ぶことができます。
頭部を支えるクッションや枕を使うことで、ヘッドボードがないことを補うことができます。
ヘッドレスタイプは、シンプルなデザインが好きな方や、スペースの効率的な使い方をしたい方に人気があります。
快適性を重視する場合は、クッションや枕を使用することで補うことができます。
モダンでスタイリッシュなベッドルームを作りたい方には、ぜひヘッドレスタイプを検討してみてください。

和風畳タイプ について

和風畳タイプのクイーンサイズベッドは、和室や和風のインテリアにも合う上に、心地よい寝心地を提供することができます。
畳の上にマットレスを置いた形式で、畳の感触とマットレスの柔らかさが相まって、日本人には馴染み深い寝心地を提供してくれます。
畳の素材には、天然素材のい草や、合成素材のプラスチックを使用するものなどがあります。
い草は自然な香りや触感があるため、和風のインテリアには特におすすめです。
プラスチック素材は汚れがつきにくく、お手入れも簡単です。
和風畳タイプのクイーンサイズベッドは、畳の上にマットレスを置くため、床面からの高さが低くなります。
低いベッドに慣れている方や、寝室をシンプルにまとめたい方にもおすすめです。
畳の上に直接布団を敷いて寝ることもできるため、マットレスが不要な場合もあります。
和風畳タイプのクイーンサイズベッドには、畳の上に置くための専用のフレームが必要となります。
フレームは木製で、和風のデザインに合わせて選ぶことができます。
和風畳タイプのクイーンサイズベッドは、和室や和風のインテリアにぴったりで、心地よい寝心地を提供してくれます。
畳の上にマットレスを置くことで、柔らかさと畳の感触が相まって、日本人には馴染み深い寝心地を実現することができます。
畳の素材によって特徴が異なるため、自分に合った畳素材を選んで、快適な睡眠を手に入れてください。

ロータイプ について

ロータイプのクイーンサイズベッドは、低い高さが特徴的なデザインで、モダンな雰囲気を醸し出します。
一般的に、床からマットレスまでの高さが30cm以下となっており、その低さが開放感を生み出し、リラックスした寝心地を提供します。
ロータイプのクイーンサイズベッドには、様々なデザインや素材のものがあります。
例えば、シンプルな木製フレームのものや、ヘッドボードがないスリムなもの、LEDライトや収納スペースが付いたものなどがあります。
そのため、お部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。
ロータイプのクイーンサイズベッドは、寝室を広く見せたい方や、掃除がしやすい、お子様やペットがいる家庭にもおすすめです。
低い高さのため、高齢者や体が不自由な方にも利用しやすいベッドです。

高級レザータイプ について

高級レザータイプのクイーンサイズベッドは、上質で洗練されたデザインが特徴です。
レザー素材は高級感があり、モダンなインテリアにもマッチします。
しっかりとしたベッドフレームとマットレスで、快適な睡眠環境を提供します。
高級レザータイプのクイーンサイズベッドには、様々なスタイルがあります。
クラシックなデザインのものから、シンプルでモダンなものまであります。
レザーの種類も様々で、柔らかく滑らかなものから、シボ感のあるものまであります。
高級レザータイプのクイーンサイズベッドは、質の高い素材を使用しているため、耐久性にも優れています。
普段のお手入れは、乾いた布で拭くだけでOKです。
シミや汚れがついた場合は、専用のクリーナーを使用することで、きれいに落とすことができます。
高級レザータイプのクイーンサイズベッドは、ベッドルームのインテリアにアクセントを加えることができます。
高級感があるデザインで、ベッドルームの雰囲気を格上げすることができます。
レザーの質感が、ベッドルームの落ち着いた雰囲気を生み出します。
快適で高級感のあるクイーンサイズベッドをお探しの方は、高級レザータイプがおすすめです。
耐久性に優れているため、長く使い続けることができます。
デザイン性も高く、ベッドルームの雰囲気を格上げすることができます。


合わせて読みたい店主のつぶやき クイーンサイズベッドとは?メリットや選ぶときの注意点を解説

クイーンサイズベッドとは?メリットや選ぶときの注意点を解説
クイーンサイズベッドとは?メリットや選ぶときの注意点を解説


クイーンサイズベッドのサイズと寸法

クイーンサイズベッドは、マットレスの幅が約160cm、長さが約195cmで、一般的にはダブルベッドよりも幅が広く、キングサイズベッドよりも幅が狭いサイズとなります。
このサイズは、2人が快適に寝ることができるだけでなく、スペースを取りすぎずに寝室に収まるサイズ感として人気があります。
クイーンサイズベッドの高さは、一般的には約20cmから80cm程度となります。
ベッドに上がるのに十分な高さであり、また寝心地をよくするために必要な空間を確保することができます。
クイーンサイズベッドには様々な種類があります。
例えば、ヘッドボードがついたものや、収納スペースがあるもの、ベッド下が開放的なものや、引き出し式のものなどがあります。
これらの選択肢によって、ユーザーは自分に合ったクイーンサイズベッドを選ぶことができます。
クイーンサイズベッドの寸法には地域差があるため、購入前には確認が必要です。
特に、ヨーロッパやアジアなどの一部の地域では、異なるサイズのベッドが一般的であるため、注意が必要です。


クイーンサイズベッドの種類とデザイン

クイーンサイズベッドには、様々な種類とデザインがあります。
その中でも、最も一般的なのは、ヘッドボードがあり棚付きの物と、収納スペースがあるもの、ロータイプの物です。
ヘッドボードがあり棚付きのクイーンサイズベッドは、一般的なベッドのようなデザインで、
ヘッドボードには棚があり、コンセントやライトが付いている物もあります。
棚がある事で使いやすい機能的なベッドと言えるでしょう。
収納スペースがあるクイーンサイズベッドは、ベッド下の空間を活用したもので、引き出し式や開閉式のものなどがあります。
この種類のベッドは、収納スペースが不足しているユーザーや、スペースの有効活用をしたいユーザーにとって、非常に便利な選択肢となります。
ロータイプのクイーンサイズベッドは、高さが低く寝室を広く感じるデザインです。
低く広いベッドは、寝心地が抜群に感じると思います。
その他にも、クイーンサイズベッドには、ベッド下が開放的な脚付きタイプや、ヘッドレスタイプもあります。
また、近年では、スリムなフレームでシンプルなデザインのものや、和風タイプの畳ベッドも登場しています。
これらの種類やデザインは、ユーザーのニーズに合わせて選択できるため、非常に便利な選択肢となっています。


クイーンサイズベッドの機能と特徴

クイーンサイズベッドは一般的に、カップルやシングルユーザーに適した中間サイズより大型のベッドです。
一般的なマットレスのサイズは160cm幅と195cm長です。
このマットレスサイズを基本として、寝室のサイズに合わせてフレームを選び、空間の効率的な使用を可能にします。
クイーンサイズベッドは、様々な種類のものがあります。
また、クイーンサイズベッドは、ソフトまたは硬いマットレスとの組み合わせが可能です。
ソフトなマットレスは体圧分散性が高く、適応性があり、硬いマットレスはサポート性が高く、姿勢を改善するのに役立ちます。
クイーンサイズベッドには、機能的な特徴もあります。
例えば、ヘッドボードやフットボードがあるモデルは、背中や脚のサポートを提供するのに役立ちます。
また、一部のモデルには、リクライニング機能、コンセント、USBポートがあります。
これらの機能は、快適な睡眠のために必要なものとなっています。


クイーンサイズベッドの利点と欠点

クイーンサイズベッドの最大の利点は、広いスペースを提供することです。
クイーンサイズベッドは、一人で眠る場合でも、十分なスペースを確保し、カップルで寝る場合でも、快適に寝ることができます。
広いスペースにより、姿勢に余裕ができ、良質な睡眠を得ることができます。
クイーンサイズベッドには、多様な種類があり、様々なデザインから選ぶことができます。
例えば、木製フレーム、金属フレーム、レザーフレームなどがあり、部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。
クイーンサイズベッドには、多くの機能があります。
収納機能があるものや、ヘッドボードにライトが付いているものなどがあります。
これらの機能は、日常生活での使い勝手を向上させることができます。
一方、クイーンサイズベッドの欠点としては、そのサイズがあげられます。
クイーンサイズベッドは、一般的に大型のため、部屋に合わせて配置する場合は、十分なスペースが必要になります。
移動や配置が難しく、引っ越し時にも大変です。
クイーンサイズベッドは、その大きさにより、価格帯も高くなりがちです。
高級な素材を使用したものや、豪華なデザインのものは、一般的なベッドよりも高価になる場合があります。


クイーンサイズベッドの選び方

まずは、寝室のサイズを確認しましょう。
クイーンサイズベッドは、シングルベッドよりも大きく、キングサイズベッドよりも小さいサイズです。
一般的に、寝室の面積が10畳以上あれば、クイーンサイズベッドを検討することができます。
また、ベッド以外にも家具を置くスペースを確保できるかどうかも考慮する必要があります。
快適な寝心地を得るために、マットレスにもこだわりましょう。
硬さや素材、耐久性など、自分に合ったマットレスを選ぶことが大切です。
クイーンサイズベッドには、マットレスの種類が豊富にありますので、比較検討をしっかりと行って選びましょう。
ベッドのデザインや機能にも注目しましょう。
ベッドフレームの素材や色、形状、収納機能など、自分の好みに合ったものを選ぶことができます。
ベッドを選ぶ際には、自分がどのようなスタイルのインテリアに合わせたいかも考慮してみてください。
価格帯にも注目しましょう。
クイーンサイズベッドは、シングルベッドやダブルベッドに比べて高価ですが、品質や機能、デザインによって価格帯は大きく異なります。
自分の予算に合ったベッドを選ぶことが重要です。


クイーンサイズベッドの価格帯

クイーンサイズベッドの価格帯は、多様なブランド、デザイン、素材、機能、サイズ、そして販売地域によって大きく異なります。
一般的に、クイーンサイズベッドの価格帯は、数万円から数10万円に及ぶことがあります。
低価格帯のクイーンサイズベッドは、一般的にベーシックなデザインであり、素材もシンプルなものが使用されています。
この価格帯のベッドは、主に新婚夫婦や学生、賃貸住宅に住む人々に人気があります。
一方、高価格帯のクイーンサイズベッドは、高級な素材や機能、高度なデザインを備えたものが多く、豪華な寝室やホテルで使用されることが多いです。
クイーンサイズベッドの価格帯は、ベッドフレーム、マットレス、ベッドリネンなどのアクセサリーを含むことが多いです。ま
た、オンラインでの購入やベッド専門店での購入など、購入方法によっても価格帯は異なります。
オンラインでの購入は、多くの場合、実店舗での販売よりも安価であることがありますが、試着やサポートなどの面で不安がある人には向いていません。
最終的には、自分が求めるクイーンサイズベッドのデザイン、素材、機能、サイズ、そして予算に応じて選ぶことが重要です。
また、ベッドの購入は長期的な投資であり、品質や耐久性にも注意する必要があります。


クイーンサイズベッドのお手入れ方法

クイーンサイズベッドを長持ちさせるためには、適切なお手入れが必要です。
以下に、クイーンサイズベッドのお手入れ方法について説明します。

定期的にベッドを掃除することが大切です。
ベッドについたほこりや汚れを取り除くことで、清潔な寝具で快適な睡眠を得ることができます。
掃除方法は、掃除機をかけることや、布でふき取ることが一般的です。
ベッドカバーやシーツなども定期的に洗濯し、清潔な状態を保ちましょう。
シミや汚れがついた場合は、速やかに対処することが重要です。
水や洗剤、消毒液を使用して、汚れを落とします。
ただし、クリーニングに適さない素材の場合は、専門家に相談することをおすすめします。
ベッドの素材によっては、特定のお手入れ方法が必要です。
例えば、天然木製のベッドフレームは、湿気や乾燥に弱いため、適度な湿度と温度を保つことが必要です。
布製のベッドは、洗濯機で洗えるものもあれば、手洗いが必要なものもあります。
素材に合ったお手入れ方法を確認し、適切なケアを行いましょう。
ベッドの寿命を延ばすためには、適切な保管方法が必要です。
長期間使わない場合は、カバーをかけて保管し、直射日光を避けるようにしてください。
移動や転居の際には、適切な方法で梱包して運ぶことが大切です。
クイーンサイズベッドを長く使うためには、定期的な掃除やシミの処理、素材に合ったお手入れ方法、適切な保管方法が必要です。
適切なケアを行い、清潔な状態で使い続けることで、快適な睡眠環境を維持することができます。


クイーンサイズベッドに合うマットレスの選び方

クイーンサイズベッドには、マットレスを選ぶ際に注意すべき点があります。
まず、適切なサイズを選ぶことが重要です。
クイーンサイズベッドには、様々な種類のマットレスがありますが、一般的には160そも幅、195cm長のマットレスが適しています。
マットレスの高さも重要な要素です。
ベッドフレームの高さや個人の好みに合わせて、適切な高さのマットレスを選びましょう。
次にマットレスの種類を選ぶことが重要です。
クイーンサイズベッドには、スプリング、メモリフォーム、ラテックス、ハイブリッドなどの種類があります。
それぞれの種類には、異なる快適性、支持性、価格帯があります。
プリングは、伝統的なマットレスで、通気性がよく、安価な傾向があります。
メモリフォームは、体の形に合わせて調整されるため、圧力分散が優れており、快適性が高いとされています。
ラテックスは、通気性がよく、環境にやさしい素材です。
ハイブリッドは、複数の素材を組み合わせたもので、快適性と支持性の両方を兼ね備えています。
マットレスの硬さも重要な要素です。
硬すぎるマットレスは腰痛や肩こりを引き起こすことがありますが、柔らかすぎるマットレスは身体が沈みすぎて不安定になることがあります。
適切な硬さのマットレスを選びましょう。
、マットレスの価格も重要な要素です。
価格帯は、マットレスの種類、素材、ブランドによって異なります。高価なマットレスほど、より高品質の素材や機能を備えている傾向がありますが、必ずしも高価なものが必要というわけではありません。
自分に合ったマットレスを選び、予算内で購入することが重要です。


クイーンサイズベッドのマットレス幅は160cm

当店のクイーンサイズベッドは、マットレス幅が160cmです。
これは、一般的なダブルサイズベッドよりも幅広で、カップルや大人数での使用に適しています。
様々な素材やデザインのクイーンサイズベッドを取り揃えており、お客様のニーズに合わせて選ぶことができます。
例えば、ハードマットレスやソフトマットレス、ウレタンフォームやポケットコイルなど、お好みに合わせたマットレスをお選びいただけます。
デザイン面でも、シンプルなものから豪華なものまで幅広く取り揃えており、お部屋のインテリアに合わせたお気に入りのベッドを選ぶことができます。
クイーンサイズベッドには、足元に収納スペースがあるものや、ヘッドボードに棚が付いているものなど、機能性に優れたものもございます。
使い勝手の良いベッドをお探しの方にもおすすめです。
クイーンサイズベッドをお求めやすい価格でご提供しております。
専門スタッフがお客様のご要望にお応えし、最適なベッドをご提案いたします。
当店のクイーンサイズベッドをご検討ください。


2人で寝ることができる広さ

クイーンサイズベッドは、マットレス幅が160cmと広々としたスペースがあるため、2人で快適に寝ることができます。
カップルやご夫婦、ご家族での使用に最適なサイズとなっています。
一般的なダブルサイズベッドよりもマットレスが広いため、2人で寝ても体勢が制限されず、ゆったりとした寝心地を体験できます。
マットレスの幅が広いため、2人が同じベッドに寝ていても、お互いに寝返りをうっても互いに影響を与えることが少ないのも魅力です。
様々な素材やデザインのクイーンサイズベッドを取り揃えており、お客様のニーズに合わせて選ぶことができます。
クイーンサイズベッドの周辺アイテムも取り揃えております。
シーツや枕カバー、布団カバーなど、ベッド周辺のアイテムもお選びいただけます。
お部屋の雰囲気に合わせたコーディネートが楽しめます。
クイーンサイズベッドは、2人で寝ることができる広さがあり、快適な睡眠をサポートします。


カップルや家族での使用

クイーンサイズベッドは、マットレス幅が160cmと広々としたスペースがあるため、カップルや家族での使用に適しています。
大人2人で寝ることができ、お子様と一緒に寝る場合にも快適な寝心地を実現します。
カップルでの使用においては、2人が同じベッドで寝ることができ、お互いに身体を触れ合わせることもできます。
広いマットレスのため、自由に体勢を変えたり寝返りをうったりすることができ、お互いに気を使わずに自分のスペースを確保できるのも魅力の一つです。
家族での使用においては、お子様と一緒に寝る場合にも十分なスペースを確保することができます。
赤ちゃんと一緒に寝る場合には、大きなスペースで赤ちゃんと一緒に寝ることができ、お母さんも楽に寝ることができます。
小さなお子様が怖がって一緒に寝たがる場合にも、クイーンサイズベッドは十分なスペースを確保し、家族で一緒に寝ることができます。
クイーンサイズベッドは、カップルや家族での使用に適しているため、専門スタッフがお客様のご要望にお応えし、最適なベッドをご提案いたします。


ダブルサイズより広いスペースを確保

クイーンサイズベッドは、幅が160cmあり、ダブルサイズよりも幅広いスペースを確保することができます。
カップルや家族が一緒に寝るのに最適なサイズとして知られています。
ダブルサイズのベッドでは、2人が寝る場合にはやや窮屈に感じることがあるかもしれませんが、クイーンサイズの場合はより広々とした空間を提供し、快適な睡眠をサポートします。
クイーンサイズのベッドは、シングルサイズやセミダブルサイズのベッドよりも広く、単独で寝る場合にも十分なスペースを確保することができます。
自分の体のサイズに合わせて寝返りをうつことができるため、深い眠りをサポートすることができます。
クイーンサイズのベッドは、ベッドルームの広さに合わせて選ぶことができます。
ベッドルームが広い場合には、より大きなベッドを置くことができ、部屋全体を引き締めるような効果を発揮することができます。
ベッドルームが狭い場合には、クイーンサイズでも適切なスペースを確保することができます。
クイーンサイズのベッドは、2人で寝る場合にはもちろん、単独で寝る場合にも快適な睡眠をサポートすることができます。
ベッドルームの広さに合わせて選ぶことができるため、あらゆる環境に対応することができます。
ベッドを選ぶ際には、ぜひクイーンサイズを検討してみてください。