新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

キングサイズ クイーンサイズ 大きいベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ベッドフレーム クイーン について

クイーンベッドフレームは二人でゆったり眠れるサイズのベッドです。新婚さんやカップルはもちろん小さなお子さまと一緒にといったシーンにもおすすめです。

クイーンサイズのベッドはシングルサイズよりも小さい、セミシングルのベッド2台分の広さがあるベッドです。
色々なサイズがあるベッドフレームの中でクイーンサイズは幅約160cm、長さ195cmが標準的なサイズとなります。

クイーンサイズベッドフレームは幅が160センチあるので、大人2人でもゆったりと相手を気にすることなく寝返りを打つことができるのがメリットです。

ダブルサイズでも大人2人で寝ることは可能ですが、一人分のスペースで考えると少し狭く感じるかと思います。クイーンフレームのベッドにしたほうが、快適に眠ることができます。

最近はおひとりでもクイーンサイズベッドフレームでのびのびと眠られる方も増えています。

ベッドフレームのサイズを考える際、どのようなシーンで使っていくかを考えるとよいですよ。例えば大人2人であればクイーンサイズ、子どもと3人でゆったりと眠りたいのであればキングサイズといったように、まずは何人でベッドを使うかということを決めると自然とどのくらいのベッドがいいのかも決まってくるはずです。

また収納付きのベッドフレームにするかも大事なポイントです。ベッドクイーンフレームなら収納もたくさん入るので、プラスアルファの収納が欲しいという方にはおすすめです。ただ収納付きのクイーンベッドフレームは収納無しのタイプに比べて高さが高くなってしまいます。ベッドが高くなるとお部屋に圧迫感がでてしまうので、機能性とお部屋の雰囲気のバランスをどうとるかもイメージしておくと、購入してからのギャップを防げます。
収納は特に必要ないという方は、フロアベッドやローベッドを選ぶとお部屋の圧迫感も減らせ、お子さまがいても上り下りもしやすいのでおすすめです。

お子さまが小さいうちは家族みんなで仲良く眠りたい。そしてお子さまが大きくなってきたら夫婦だけで、と将来も考えて選ぶならクイーンフレームにシングルフレームを並べて使う方法もあります。お子さまが大きくなったら、シングルベッドを子供部屋へ移して、クイーンフレームはご夫婦で使えば、長くお使いいただけます。

クイーンサイズのベッドをお求めの際に気をつけておきたい点に梱包サイズもあります。
マットレスは相当な大きさなので、玄関ドアやお部屋のドアを通すことができるか、また集合住宅なら通路や上階の場合はエレベーターに入るかなど、見落としがちですが搬入の際に困ったことにならないよう調べておくことをおすすめします。

クイーンサイズのマットレスには、二つに分かれたタイプもあるので、そちらなら搬入の際も安心です。
マットレスが二つだと、並べたときに隙間が開くのが気になる方もいるかと思います。それには後乗せのピロートップを乗せると隙間も無く、また寝心地もアップさせることができます。
またロールタイプのマットレスなら、クイーンサイズのものでも梱包サイズは小さいので、こちらもおすすめです。

最近はフレーム自体が2つに分かれるタイプのクイーンベッドフレームも販売されています。このタイプはそれぞれ独立しても使用できるので、必要に応じてシングルベッドとしても使える優れものです。

クイーンフレームは大人でも窮屈に感じることなくゆったり眠れるのが最大の魅力です。
ぜひ快適な眠りをお二人で体験してみてはいかがでしょうか。




キングサイズ について

まるでホテルのスイートルームのようなゴージャスな雰囲気。
横になると驚きの広さ。キングベッドサイズは持つ人の身も心も満たしてくれます。

ベッドサイズの種類の中でも最大のking bedサイズは一般的には幅180〜200cmくらいになります。
セミシングルサイズのベッド幅が90cm、シングルサイズのベッド幅は100cmなので、その2倍の幅になります。

キングサイズはその大きさがお部屋の雰囲気を決める大きな要素になります。
高さのあるタイプはお部屋に圧迫感が出てしまうので、その場合はロータイプがおすすめです。
ただ収納付きベッドをお考えの方は、キングサイズの収納力はとても魅力ですね。

人一人がストレス無く眠るには90〜100cmの幅が必要です。キングサイズなら二人で寝ても快適な広さを確保できるので、眠りの質も上がります。

お子さまが小さいうちはみんなで一緒に眠りたいというご家族も、十分な広さ。家族水いらすで川の字で。一日の疲れも癒されるかけがえのない時間をお過ごしいただけます。

キングサイズベッドは購入の際に注意が必要な点もあります。
現在の住宅の玄関ドアは高さが230cmほどです。梱包サイズによっては入らないということがあります。
また集合住宅の場合など、通路や階段の折り返しなども通過できるか確認しておいた方が良いかもしれません。
フレームの梱包サイズ、そしてマットレス自体のサイズをよくご確認ください。

マットレスに関しては、90cm幅のものを2つ並べる仕様のものもあります。
こちらのタイプのベッドならキングサイズでも搬入の問題もなく安心ですね。
マットレスが分かれていると、寝返りを打つ時の振動が隣のマットレスに伝わりにくいことが利点でもあります。
どんなに仲睦まじいカップルでも、パートナーの寝返りなどの揺れは気になるもの。振動が気になれなければ、キングサイズの広々したサイズの心地よい眠りがより快適に。二人の仲もますます熱くなるかも?

マットレスを2つ並べるタイプはマットレスの間に隙間が開いてしまうのが嫌という方もいらっしゃるかと思います。
そんな時はロール型のマットレスがおすすめです。配送時の梱包サイズも問題なく、広げれば切れ目の無い1つのキングサイズのマットレスでストレス無く眠ることができます。
マットレスが2つに分かれているタイプでも、後乗せできるピロートップを使えば隙間も気にならなくなりますし、今は性能の優れた商品も多く出ているので、そうしたものを使うことでking bedサイズと相まって極上の眠りを堪能することもできます。

また、他の注意点としては、キングベッドサイズのベッドパッドやシーツの選択肢が他のサイズに比べて少ないということがあります。そもそもキングサイズのベッドを置けるお宅は多いとはいえない日本の住宅事情、と言えるかもしれません。

このように注意点もありますが、お求めになれる方も限られれるサイズです。
ぜひ他では味わえないキングベッドの広さ、上品な雰囲気を体験してみてはいかがでしょうか。




キングベッド について

副店長からのお知らせです!

大きいサイズのベッドをお探しですか?
ゆとり空間を味わうベッドをお探しですか?
ご家族で使えるベッドをお探しですか?

キングサイズは、
長さ約195cm×幅約180cmです。
シングルサイズの約二倍の幅があるということです。
幅90cmのセミシングルを
2台つなげれば、
幅180cmのキングサイズにすることもできます。

8畳以上の寝室ですと、キングサイズのベットを
ゆとりを持って置けるでしょう。
存在感のある大きさのキングベッドですので、
インテリアの一つとして、
優雅に、華麗に、
飾るように、寝室に設置してみましょう。
置くだけで、高級感。セレブ感。
キングベットは、幅が広いから、優雅に快眠できます。
寝室をホテルのようなインテリアにしたい方々にも。

シングルは、幅約100cm。
セミシングルは、幅約120cm。
シングルとセミシングルを並べて、
幅約220cmの
ワイドキングにする手もありますよ。
最大280cm幅まで連結可能な商品もございます。
ただし、メーカーや商品によって幅が異なることがあります。

ベットの安定感と振動が伝わりにくいことを重視するなら、
低いタイプのキングベットをお選びくださいね。
ベットの高さがあまりないほうが、
大きなベッドからの
寝室への圧迫感も少なくなります。
ローベッドなら、お子様とご一緒に使う時も、安心です。
収納タイプですと、
寝室に置かれたままの物を片付けられるので、
部屋全体がスッキリ感に包まれることでしょう。
さっぱりとした寝室で眠りたいですものね。

キングサイズは、
大きくて、存在感があるので、
インテリアになじむ、材質やデザインをお選びくださいませ。
例えば、ナチュラルな木製のベッドフレームなら、
どんな年代の方にも、好まれる優しい雰囲気になります。

大きなベッドの上で、
ゆとりある空間で、楽に寝返りができると
快眠できますね。
制約のない、自由な寝返りは、
健やかな毎日へと、つながりますね。

ご夫婦、パートナー様同士で。
仲良し親子三人で。
お二人で並んで眠る場合でも、
ご家族皆様で、川の字になって、一緒に眠る場合でも、
お互いの睡眠を邪魔することが少なくなるでしょう。

キングベットのデメリットについて。
一般的な大きさではないため、
キングサイズのベットフレームが少ない。
シーツやベッドカバーの品ぞろえが少ない。

キングサイズのマットレスも、大きすぎるので
搬入に苦心します。
ロールタイプのマットレスなら安心して運べますね。

ドアやエレベーターの幅に入らないと家に運べませんね。
圧縮ロールタイプのマットレスか、
分割タイプのマットレスが、よろしいようです。

キングベッドのマットレスが分けられるタイプ、
つまり、分割ですと、
振動が伝わりにくいことは嬉しい点です。
パートナー様同士で、ご一緒に並んで寝ても安眠できます。

隙間ができると、脚が挟まりそう、子供の落下が心配、
寝心地が気になる、などの場合には
隙間用のベットパットをご使用くださいませ。
健康と安眠のために。

余裕を持ってゆったりと眠りたい皆様。
ご家族が増える予定のある皆様。
お相手の睡眠を邪魔しない、快適な睡眠を。

キングベットは、
大きくて、頼りがいのある存在。
ゆとりある空間で
ワンダフルな毎日を。




キングサイズ、クイーンサイズの大きいベッドについて

ベッドのサイズとして、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズは、一般的ですが、それより大きなベッドは、
クイーンサイズ、キングサイズがあります。
クイーンサイズはマットレスの幅が160cm程度、キングサイズはマットレスの幅が180cm程度が一般的です。
クイーンサイズやキングサイズの場合、マットレスは一枚ではなく、二枚での提供となる場合があります。
また、キングサイズよりも大きなベッドとして、連結タイプのローベッドがあります。
最大で、マットレスの幅が300cmとなり、お子様を含めたご家族全員で一緒に横になる事が出来る広さです。
ベッドフレームのサイズは、マットレスの幅と同等か、数cm幅広くなるのが一般的です。




クイーンサイズ、キングサイズベッドの利点について

クイーンサイズ、キングサイズのベッドの利点は、何と言っても広々とした空間でゆったりと眠れる事です。
ご夫婦二人で眠る場合でも、ダブルベッドではちょっと狭く感じます。
横に寝ている相手が寝返りを打つときに、気になりがちです。
クイーンやキングの場合、より幅広くなり、ゆったりゆっくりと横になる事が出来ます。
疲れがちな現代人のご夫婦には、お勧めしたいベッドのサイズがキングサイズやクイーンサイズです。
お部屋が狭く、配置が難しい場合でも、ロータイプのベッドを選ぶことで部屋の空間を広く使えます。
また、キングサイズよりも大きなサイズの場合、家族が増えたときにも全員で一緒に眠れるメリットがあります。
連結式のベッドの場合、将来、分離して別々のベッドとして使うことも出来ます。




クイーンサイズ、キングサイズベッドの欠点について

クイーンサイズ、キングサイズのベッドの欠点は、その大きさにあります。
寝室を用意しても、ベッドで一杯になり、出入りもすんなり出来ないようでは非常時に危険です。
また、寝室が用意出来ない場合、日常を過ごす部屋に設置するには、無理があります。
大きなベッドだけに、大きなスペースを準備する必要があるのです。




クイーンサイズベッド、キングサイズベッドよりも広くてお勧めのベッドは

クイーンサイズは幅が160cm程度。キングサイズのベッドは幅が180cm程度です。
お二人で眠るには充分に広い幅を確保できています。
でも、よく考えてみてください。
シングルサイズの幅は、一般的に100cmです。
一人でシングルベッドを使うより、二人でクイーン、キングを使うと一人当たりの幅が狭くなってしまうのです。

シングルを2台並べて、二人で使うと更にゆったりした空間を楽しむ事が出来るようになります。
寝室のスペースにゆとりがあるならば、当店からのおすすめは、シングル二台を並べて使うことです。




クイーンサイズベッド、キングサイズベッドの選び方

大きいサイズのベッドは、様々なシーンで必要性があります。
例えば結婚や出産で家族が増えた時には、個人の快適な睡眠スペースを確保する必要があり、
そのため大きいベッドを使用することになるかもしれません。
また、個人的な問題としては寝相が悪くベッドから落ちる危険があるなども、理由の一つとして挙げられます。

一口に大きなベッドといっても、種類が多く選ぶ際に悩むことになるでしょう。
しかし、選ぶ際にはポイントがあるのです。
それは、寝る人数と部屋の広さです。
寝る人数は、そのままベッドのサイズ選びに影響します。
基本的に、クイーンサイズは大人二人がゆったり寝られる幅、キ
ングサイズは大人二人に加えて子供一人分増える程度の幅とされています。
部屋の広さは、ベッドを入れた時にどのようなレイアウトになるかを
イメージするために、事前に把握しておく必要があります。
いざ購入したはいいものの、部屋がベッドでいっぱいになってしまうといった状況は避けるべきでしょう。
計画的なベッド選びが、快適な睡眠ライフに繋がります。




クイーンサイズベッド、キングサイズベッドと健康面

ベッドの広さは様々ですが、自分の身体いっぱいのサイズを選ぶことは
健康面に悪影響が出ることがあります。
朝目が覚めると腰の痛みがでることがありますが、
その原因の一つとして睡眠時の姿勢が挙げられます。
人は日中活動しているときには身体が小刻みに動いているので、
血液循環も滞りなく過ごせています。
しかし、睡眠中は動きが少なくなり、一定の姿勢のまま腰など
局所の筋肉内で血流不全の状態となり、痛みを惹き起こしてしまうのです。

本来寝がえりをうつなどして無意識のうちに運動することにより
血流不全を防いでいるのですが、狭いベッドで寝がえりスペースがなくなってしまうと
動きを阻害してしまうのです。
そのため、ベッドのサイズを検討する際には、寝がえりなどの
動きも想定したうえで選ぶことで腰痛などの健康被害を予防できるのです。
具体的には、大柄な人であればシングルではなくクイーンサイズのベッドを選ぶとよいでしょう。
小柄な方でも、寝相が悪いなどの癖があればそれを加味したうえで
一回り大きなサイズのベッドを選ぶことをおすすめします。
寝相は、痛みを防ぐための無意識の身体反応ともいえるので、
無理をして動きを阻害しないようにすることが肝要です。




クイーンサイズベッド、キングサイズベッドとマットレス

大きいベッドの購入を検討する際に気をつけるべきポイントがあります。
それは、マットレスです。
マットレスは一つながりのものもあれば、いくつかの部分を繋げて使用するものもあります。
変わり種として、折り畳み式でソファの形にもなるマットレスもあります。
前提としてクッションの役割はありますが、様々なシーンを想定した
特殊な造りになっているものもできています。
大きなベッドで使うマットレスは、もちろんサイズが大きくなります。
そのため持ち運びに関しては、大きさや重さもあるため不便といえるでしょう。
ディンクスやシングルの方は、今後の引っ越しの可能性も考えると
セミダブルのマットレスを繋げて使うこともよいでしょう。
しかし一方で、連結式にしたことでマットレスの連結部で多少の凹みが生じることもあります。
そのため寝にくくなるとか、睡眠姿勢に影響して腰痛など体の不調がでることもあるかもしれません。
これには個人差はありますが、わずかな凹みでも気になる方であったり、
身体の痛みが出やすかったりする人であれば、一つながりのマットレスにした方が快適に眠れるでしょう。
それぞれのニーズや好みに合わせたマットレス選びを心掛けましょう。




クイーンサイズベッド、キングサイズベッドとレイアウト

キングサイズやクイーンサイズのベッドを購入すると、問題になるのが寝室にどう配置するかという点です。
シングルやダブルでは通常みられる6~8畳間でも特に配置に困らないでしょうが、
キングサイズとなるとどのように置くか考えておかないと寝室で動きがとれないというような
不自由な状況になるかもしれません。
ベッドと部屋のレイアウトの関係を確認するポイントとして、クローゼットの位置が挙げられます。
寝室には服や布団などを収納するためのクローゼットが設置されていることが少なくありません。
このクローゼットの位置や扉の大きさを把握しておくことで、
ベッドを配置した時にスムーズに開閉することができます。
次に、ベッド周りのスペースの確保が重要です。
例えば、壁際までギリギリに寄せてしまうと掛け布団が偏ったかかり方になってしまうことになり、
ずり落ちの原因となります。
また、化粧がしたいのであれば化粧台を置くスペースが必要になります。
ベッド周りのスペースは、購入者それぞれがどのように寝室で過ごしたいかも
レイアウトのポイントになります。




キングサイズ&クイーンサイズベッド について

副店長からのご案内でーす。

寝室が広くて、親子で、パートナー様同士で
大きなベッドで眠りたい皆様へ。


キングサイズ
いちばん大きなベッドのサイズとして。
横幅約180〜200cm。
親子三人が寝られる広さです。

シングルベッド2台を連結しているベッドが主流です。

お子様の手が離れたら、
連結部分を外して
シングルベッド二台として使えます!
使い勝手が良く、
お値段もトータル的にみるとリーズナブルですね。

大きなベッドですので、
重量もアリ、ドアや廊下を通りにくいので
引っ越しや模様替えの際には、
安全を考慮しながら幅を測って
くれぐれも怪我にお気をつけくださいませ。


クイーンサイズ
幅約160cm

大人二人がゆったりと広めに寝られる広さです。
お二人で並んでも、熟睡できるサイズになります。

男性の肩幅約45cm+女性の肩幅約41cm+隣の人との間隔約20cm
+ベッド両サイドのゆとり幅各20cm
=約146cmほどの
空間が必要となり、
ダブルベッドの幅ですと、少し窮屈になるかもしれませんね。

クイーンサイズですと、両サイドに25cmのゆとり幅ができますので
寝返りを打っても余裕があって、熟睡できますね。

〜ご参考〜
ダブルベッド幅約140cm
セミシングル幅約80〜90cm
シングル幅約90〜100cm


キングサイズ、クイーンサイズとも
ベッドだけで寝室が埋まってしまうことのないように
寝室の壁の長さや、ベッドフレームのサイズを測って
他の家具との配置や使い勝手をまず、検討しましょう。

ゆとりある空間で。
ご家族の笑顔で、なごみ。
寝返りも余裕で、健康な暮らしを。