新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

カンタン絞り込み検索

ダブルベッド

ダブルベッド
並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ダブルベッド 目次

ダブルベッドとは?そのダブルベッドを選ぶポイント
  そもそも、ダブルベッドとは
  ダブルベッドを選ぶ際のポイント

ダブルベッドのサイズ感とダブルベッドの設置について
  ダブルベッドの大きさはどの程度か
  ダブルベッドを設置する場合
  ダブルベッドの搬入について

ダブルベッドの使い方 二人で使う 一人暮らしで使う
  ダブルベッドの使い方とは
  ダブルベッドを二人で使う場合
  一人暮らしでダブルベッドを使う場合

ダブルベッドの種類

おすすめのダブルベッド&間違えない選び方
  【2021年版】


【箪笥と何が違う?】
  引き出しがたくさん付いているダブルベッドはチェストタイプ


【BOX構造の引き出しは組立が楽】
  引き出し付きならBOX構造のダブルベッド


【大容量の収納があれば安心】
  なんでも入りそうな大きな収納が付いたダブルベッド


【収納付きのベッドは今や定番か?!】
  何かと便利な引き出し付きダブルベッド


跳ね上げ式ダブルベッド

【湿気対策にすのこ】
  夏の湿気を気にするならすのこのダブルベッド


【低いベッドは扱いやすい】
  お勧めのフロアベッドのダブルサイズ


【人気商品がオススメ】
  どれがいいか迷ってしまったらまずは人気のダブルベッド


【低価格は正義】
  コストパフォーマンスに優れたダブルベッド


【お手持ちのマットレスを使うから】
  フレームのみで販売しているダブルベッド


【枕元には宮付きが良い】
  棚があると便利で使い勝手が良いダブルベッド


【洋間に和風?】
  畳のある和風ベッドは心休まるダブルベッド


【安全性を考えると】
  ダブルベッドでも低ホルムアルデヒドは大切


【カッコイイ形はこれ】
  ダブルベッドの新しい形はステージタイプ


【シンプルな方がいい】
  ヘッドレスタイプのダブルベッド


【ベッドらしい形はこれ】
  ダブルベッドで脚が付いている形はスタンダード


【見た目も素材も良いもので】
  高級なダブルベッドはいかがですか


【ダブルサイズは大きいから】
  組立設置付きダブルベッドが楽ですよ


【オプションで付けられる】
  ダブルベッドに有料オプションの組立設置を付ける


【ベッドで布団を使う?】
  敷布団が使えるのが嬉しいダブルベッド


【充電に便利】
  コンセント付きダブルベッド


【雰囲気づくりに】
  照明付きダブルベッド


【かっこいいのは黒】
  黒いフレーム、ブラックフレームのダブルベッド


【おしゃれなイメージ】
  白いフレーム、ホワイトフレームのダブルベッド


【高級感のある木目柄】
  ウォルナットブラウンのダブルベッド


【どんな部屋にも似合う】
  ダークブラウンのダブルベッド


【色合いがおとなしい】
  ナチュラルのダブルベッド


【珍しい色合い】
  グレーのダブルベッド


【使って便利な収納】
  収納付きのダブルベッド


【手触りが嬉しい】
  レザーのダブルベッド


【デザイン落ち着く】
  モダンなタイプのダブルベッド


【奇抜な組み合わせ】
  2色の組み合わせのダブルベッド


【長身のお二人には】
  ロングサイズのダブルベッド


【好きな高さで眠れる】
  高さを調節できるダブルベッド


【シンプルなベッド】
  マットレスタイプのダブルベッド


【大きい事は良い事だ】
  大容量の収納があるチェストのダブルベッド


【ほこりが入りにくい】
  引き出しがBOX構造のダブルベッド


【頑丈さは素敵だ】
  耐荷重が600kgのダブルベッド



ダブルベッドとは?そのダブルベッドを選ぶポイント

「ダブルベッド」という言葉は、誰もが聞いたことがあると思います。
一般的な言葉ですよね。
辞書で調べてみても、「二人用の、幅の広い寝台」の様に記載があります。
多分、皆さんの認識も、大きな二人用のベッド。だと思います。
では、皆さんは本当の意味のダブルベッドをご存知でしょうか?

そもそも、ダブルベッドとは

では、ダブルベッドとは、どういう物でしょうか?
名前の通り、ダブル=二人用のベッドの事でしょうか?
名前がダブルでも、一人で使っても良いのではと思います。
また、何人で使うというよりも、横幅の長さが140cmになっている事が
ダブルベッドの前提です。

ダブルベッドを選ぶ際のポイント

どのような基準でダブルベッドを選べばよいのでしょうか?
基本的に、どのような形のベッドが良いのかを最初に決める事が大切です。
ロータイプか、収納付きか、収納の大きさは、等です。
その後、色やデザイン、価格から絞り込むことが出来るでしょう。


ダブルベッドのサイズ感とダブルベッドの設置について

ダブルベッドのサイズ感とは、どんな感じでしょうか?
具体的な大きさや長さではなく、部屋に設置した時、どの程度の圧迫感や、
開放感があるかが、サイズ感だと思います。
また、ダブルベッドの設置にはどんな注意点があるでしょうか?
詳しく、考えてみましょう。

ダブルベッドの大きさはどの程度か

実際のダブルベッドの大きさは、どの程度でしょうか?
見た感じのサイズ感は、ベッドの高さによって大きく変わります。
ロータイプのベッドと、大容量の収納ベッドでは、同じダブルベッドでも圧迫感が全然違います。
でも、横幅は同じなんですよね。
サイズ感というのは不思議です。

ダブルベッドを設置する場合

ダブルベッドを設置する場合、色々と注意すべき点があります。
まずは、ベッドの部品類を設置する部屋まで運び込めるか。
これが大きなポイントになるので、別項目で記載します。
次に設置する部屋に、組立に必要なスペースがあるか。という点です。
設置するスペース以外に、組立用のスペースが必要になります。
ダブルベッドだと、組立用のスペースも広さが必要ですね。

ダブルベッドの搬入について

設置する場所へ搬入する事が一番最初のポイントで、最も大切な問題となります。
ご注文いただいたお客様の中にも、搬入できずに返却となった方もいらっしゃいます。
詳しくは、搬入時の注意事項を確認ください。


ダブルベッドの使い方 二人で使う 一人暮らしで使う

ダブルベッドは、どのように使うのが正しいのでしょうか?
名称の通り、二人で使うことが正しいのでしょうか?
それとも、もっと違う使い方があるのでしょうか?
一緒に考えてみましょう。

ダブルベッドの使い方とは

ダブルベッドの使い方は、当然ですが自由に使って問題ありません。
一人で使おうが、二人で使おうが自由です。
でも、より快適な使い方があるはずです。

ダブルベッドを二人で使う場合

やはり、ダブルベッドの基本は、二人で使うことでしょう。
ご夫婦二人で使うことが一番多いと思います。
ダブルベッドを二人で使う場合、思ったより狭く感じるかもしれません。
それもそのはず、シングルベッド2台よりも、ダブルベッド1台は狭いのです。

一人暮らしでダブルベッドを使う場合

一人暮らしの定番は、シングルベッドと思われがちですが、
ダブルベッドを使う男子が増えています。
販売する側としても、大柄な男子にシングルベッドは勧めにくく、
セミダブルやダブルベッドを勧めています。
理由は体の大きさとベッドの大きさのつり合いからです。


ダブルベッドの種類

ダブルベッドにどのような種類のベッドがあるのでしょうか?
定番の収納ベッド、人気の高いすのこベッド、フロアベッド、格安のダブルベッド、
フレームのみのダブルベッド、棚が付いているダブルベッド、和風の畳ベッド、
低ホルムアルデヒドのダブルベッド、ステージタイプのダブルベッド、
ヘッドレスベッド、高級なタイプ、組立設置が付いているベッド、
有料での組立オプションが選べるベッド、布団が使えるベッド、脚付きタイプのダブルベッドなど、
色々な種類があります。
それぞれのダブルベッドの種類について、店主がお勧めする商品を含め、詳細を見ていきましょう。


おすすめのダブルベッド&間違えない選び方【2021年版】

ベッドの販売歴が13年になる店主がダブルベッドについていろいろと話をしたいと思います。
人気のダブルベッド、お勧めのダブルベッド、機能的に優れたダブルサイズなど、
お話したい事がたくさんあります。
特にダブルベッドはお二人で使うベッドなのですが、横幅から考えるとお勧めできない点もあります。
このようなネガティブな情報を含めてお話をしたいと思います。


【箪笥と何が違う?】引き出しがたくさん付いているダブルベッドはチェストタイプ

ダブルベッドのチェストタイプは、ベッドの下に引き出しが多数付いていて
見た目がチェストの上にマットレスを載せている感じです。
引出しの反対側にも収納として使えるスペースがあり、大容量の収納ベッドになっています。
チェストタイプのダブルベッドは種類が少ないので、見つけたら在庫を確認してくださいね。


【BOX構造の引き出しは組立が楽】引き出し付きならBOX構造のダブルベッド

引き出し付きのダブルベッドの一種です。
引出しの構造がBOX構造になっています。
どういう構造かというと、引き出しの周りを箱で覆い、その部分は完成形でお届けします。
箱を組み合わせる事で、ベッドフレームの一部を構成します。
密閉されたBOXなので、引き出しの中にホコリなどが入りにくく、
しかも、ベッド自体の組み立ても簡単になるメリットがあります。


【大容量の収納があれば安心】なんでも入りそうな大きな収納が付いたダブルベッド

ダブルベッドでの大容量収納ベッドは、本当に大容量です。
ダブルサイズで幅が大きいので、より大きな収納が可能になっています。
形的には、跳ね上げタイプやチェストタイプ等、色々と含まれています。
単純に大容量のスペースを収納として使えるダブルベッドの事を指しています。


【収納付きのベッドは今や定番か?!】何かと便利な引き出し付きダブルベッド

定番と言われる収納付きベッドの中でも、一番の定番が引き出し付きのダブルベッドです。
マットレスの下の空間に引き出しを配置したフレームになります。
詳しい話をすると、引き出し付きの収納ベッドの中に、
チェストベッドや、BOX構造のベッド、大容量の収納ベッド入っています。
引出しが付いているベッドの種類が多いということですね。


跳ね上げ式ダブルベッド

収納ベッドでもちょっと特殊なのが、跳ね上げ式の収納ダブルベッドです。
床板とマットレスが持ち上がる形になります。
ベッドの下全面が収納スペースになっています。
構造としては、箱型の収納があり、蓋の部分にマットレスがのっている形です。
現実的には、跳ね上げ式のダブルベッドは存在しません。
どうしても、マットレスの重量が重くなり、床板を持ち上げる際の強度などが問題となるのです。


【湿気対策にすのこ】夏の湿気を気にするならすのこのダブルベッド

いわゆる、床板部分にすのこを用いたベッドです。
ダブルベッドの場合、すのこの大きさもダブルになっています。
フレームの形としては、脚付きタイプのすのこベッドが多くあります。
少数派ですが、ロータイプのすのこベッドや、チェストタイプや跳ね上げ式のすのこベッドもあります。
すのこの良い点は、通気性が確保できる事、丈夫なので布団が使える場合がある事です。
日本の気候、習慣を考えると、すのこベッドは一番マッチしていると思います。


【低いベッドは扱いやすい】お勧めのフロアベッドのダブルサイズ

名前にフロアが入っている様に、床に近い所にあるベッドです。
ローベッドとも呼ばれています。
フロアタイプのタプルベッドは種類が豊富で、ほとんどのフロアタイプに
ダブルベッドの選択肢が入っています。
部屋に設置したときに圧迫感が無く、逆に開放的に感じるフロアベッド。
畳の上に布団を敷く感覚で眠れるフロアベッドは、日本の寝室に違和感なく溶け込むと思います。


【人気商品がオススメ】どれがいいか迷ってしまったらまずは人気のダブルベッド

ダブルベッドを選ぶ時、たくさんの種類があって困ってしまいますよね。
そんな時に一番良い方法は、人気のあるダブルベッドを探すことです。
人気があるということは、人気になる理由があるということです。
人気のあるダブルベッドは、時期によって変わります。
また、トレンドによっても変わってきます。
まずは、2021年度の人気商品を見ていきましょう。
台数と売上金額による人気のランキングです。


【低価格は正義】コストパフォーマンスに優れたダブルベッド

安いダブルベッドというのも、選ぶことに困った場合の一つの選択肢です。
なんといっても安い事は正義です。
格安・激安のダブルベッドは、お客様に安く提供できるよう、コストの削減を頑張っています。
安いダブルベッドというのも、大切な選択の要素ですね。
安く販売できる理由は、通販によるコストの削減と、ベッドの形として材料が少ない形状になっている事です。
ダブルベッドを選ぶ上で、コストは重要なポイントです。
2021年度の激安のダブルベッドを紹介します。


【お手持ちのマットレスを使うから】フレームのみで販売しているダブルベッド

フレームのみのダブルベッドは、多くのベッドの選択肢に入っています。
一部の商品では、マットレスが必ず付属している場合もありますが、かなり少数派です。
お手元のマットレスをそのまま使うとか、マットレスではなく布団を敷いて使うとか、
そのような用途でお選びいただけると思います。


【枕元には宮付きが良い】棚があると便利で使い勝手が良いダブルベッド

棚が付いたベッドフレームは、お客様からの支持が高いと感じています。
棚がある事でスマホや時計、眼鏡などが置けますし、コンセントが付いたベッドでは、
スマホの充電にも使えます。
ダブルベッドの棚付きは、多くの商品があるのでポイントとしては棚以外の事を念頭に選ぶことも大切です。


【洋間に和風?】畳のある和風ベッドは心休まるダブルベッド

畳が床板になっている和風のダブルベッドは、日本の住宅事情に合っていると思います。
寝る時には畳の部分に布団を敷いて使えるし、昼間は畳にゴロンと横になれるし、
かなり使えるダブルベッドです。
和風のベッドは、近年の洋風な部屋の中にあると、とても落ち着くベッドです。
日本人だからなのか、畳がある事で、畳のイグサの香りで安心できる空間になると思います。
畳の上に横になるのは気持ちが安らぎます。和室が無くても畳ベッドで実現可能な事なのです。
和風ベッドというカテゴリーは、日本にしかない珍しいベッドだと思います。
日本独自に発展したガラパゴス的なベッドですが、一度、ご覧下さいませ。


【安全性を考えると】ダブルベッドでも低ホルムアルデヒドは大切

アレルギーがある、あの匂いが気になる、息苦しくなる。
そんな嫌な感じにならないために、低ホルムアルデヒドのベッドをお選びください。
他の人には理解されない、わかってもらえない、あのつらさから解放されます。
どうして、この辛さを理解されないのか、息が出来ない、苦しい感じ。
材料や接着剤、塗料に低ホルムアルデヒドの物を使用しています。安心してください。
低ホルムアルデヒドのダブルベッドは材料に気を使い、安心できるベッドになっています。
アレルギーで敏感な方、家族で安心したい方におすすめのベッドです。


【カッコイイ形はこれ】ダブルベッドの新しい形はステージタイプ

ステージタイプというベッドの形をご存知ですか?
新しくてカッコイイ、ダブルベッドの形です。
とにかくルックスが良いんです。一度、見てみてください。


【シンプルな方がいい】ヘッドレスタイプのダブルベッド

ヘッドボードが無いベッドの事をヘッドレスベッドと呼びます。
ダブルベッドのヘッドレスタイプはシンプルで四角形の良い形のベッドです。
シンプルなデザインをお好みであれば、ヘッドレスダブルベッドは良いアイテムかもしれません。


【ベッドらしい形はこれ】ダブルベッドで脚が付いている形はスタンダード

ベッドの定番の形と言えば、脚が付いている形のベッドですよね。
特に、ダブルベッドの横幅がある脚付きベッドは、いかにもベッドというデザインをしています。
スタンダードといっていい脚付きベッドについて詳しく見ていきましいょう。


【見た目も素材も良いもので】高級なダブルベッドはいかがですか

ダブルベッドには、高級なタイプのベッドもあります。
フレームの素材の違いが高級さを作り出しています。
高級な素材を使用したフレームは、手触りが違いますよ。


【ダブルサイズは大きいから】組立設置付きダブルベッドが楽ですよ

通販でベッドを購入すると、組立が大変ですよね。
特にダブルベッドは部品が大きいし、出来上がると重いし、
組み立てと、ベッドの設置に一苦労します。
組立設置付きのダブルベッドなら、プロが組立するので安心、楽ちんです。


【オプションで付けられる】ダブルベッドに有料オプションの組立設置を付ける

組立設置のオプションがあれば、使いたいと思いませんか?
通販でダブルベッドを買いたいけど、組立には自信が無い。
そんな方にお勧めなのが、オプションで組立設置をする事です。


【ベッドで布団を使う?】敷布団が使えるのが嬉しいダブルベッド

ダブルベッドの上で敷布団が使えるとしたら、ナイスだと思いませんか?
布団が付きな方にお勧めなのが、敷布団が使えるダブルベッドです。
強度の面で敷布団を使うには強さが求められます。
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。


【充電に便利】コンセント付きダブルベッド

和室に布団を敷いてに寝ている時には枕元にコンセントがあるはずもなく、スマホの充電ができませんでした。
でも、ベッドならヘッドボード部分の棚にコンセントが付いているので充電も可能。
照明を付けたり、美容家電を使うこともできますね。


【雰囲気づくりに】照明付きダブルベッド

ベッドに照明が付いていると、特に間接照明が付いていると、寝室の雰囲気が変わります。
眠る前のひと時を優雅な時間にしてくれます。
単なる雰囲気だけではなく、精神的に安らぎ、良い睡眠に入るきっかけになります。
そんな照明付きのダブルベッドはどんなものがあるでしょうか?


【かっこいいのは黒】黒いフレーム、ブラックフレームのダブルベッド

黒の家具は、そんなに多く販売していません。
リビングやキッチン、書斎の家具類には、ブラックが少ないのです。
でも、ベッドでは、寝室では、ブラックのフレームはそこそこの種類があります。
一般的な家具と違い、ダブルベッドの黒のフレームはかっこいいですね。


【おしゃれなイメージ】白いフレーム、ホワイトフレームのダブルベッド

白のフレームはおしゃれなイメージです。
明るく、さわやか、清潔感と、寝室にあるベッドとしては、良いイメージです。
そんなホワイトフレームのダブルベッドには、どんな種類があるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。


【高級感のある木目柄】ウォルナットブラウンのダブルベッド

ダブルベッドのフレームで、ウォルナットブラウン柄のフレームは、
木目の柄があり、高級な感じがします。
本物のウォルナットではありませんが、雰囲気が違います。
落ち着いて高級感のある寝室には、ウォルナットブラウンのダブルベッドですね。


【どんな部屋にも似合う】ダークブラウンのダブルベッド

ベッドの色を選ぶのは迷います。
何色にしても、後から後悔しそうですね。
でも、ダークブラウンのダブルベッドなら間違いないです。
どんな部屋にも溶け込む色合いです。


【色合いがおとなしい】ナチュラルのダブルベッド

ダブルベッドの色でおとなしい色合いは、ナチュラルでしょうか。
おとなしい、天然、柔らかい、温かい、そんなイメージだと思います。
ナチュラルのダブルベッドフレームは、お部屋の雰囲気をマイルドにしてくれると思います。


【珍しい色合い】グレーのダブルベッド

グレーのダブルベッドのフレームって、とても珍しい色です。
普通に家具としても、グレーは珍しいと思います。
そのグレーな色合いが安定していて、非常にいい感じなんです。
一度、ご覧下さいませ。


【使って便利な収納】収納付きのダブルベッド

お部屋の中に、収納があるととても便利です。
特に、収納と意識しない場所、つまり、ベッドの下に収納があると嬉しくなります。
そんな収納付きのダブルベッドは、使っていて便利ですよ。


【手触りが嬉しい】レザーのダブルベッド

フレーム表面にレザーを張り付けたレザーのダブルベッドは、手触りが最高です。
しっとりと手に馴染み、木材や樹脂加工の表面とは違います。
体に触れるヘッド部分のレザーは、リラックスできるベッドになりますね。


【デザイン落ち着く】モダンなタイプのダブルベッド

落ち着く寝室には、落ち着くデザインのベッドが一番。
モダンなダブルベッドは、落ち着くデザインが嬉しいです。
寝室だけではなく、ワンルームで使用する際にも、モダンなデザインは魅力の一つです。


【奇抜な組み合わせ】2色の組み合わせのダブルベッド

色が珍しい、バイカラーの組み合わせ等、珍しい色のダブルベッドです。
特に、二色を組み合わせたダブルベッドのフレームは、モダンで魅力的です。
部屋の雰囲気と合わせる事に苦労するかもしれませんが、一癖あるダブルベッドをご覧くださいませ。


【長身のお二人には】ロングサイズのダブルベッド

長いベッドをロングベッドと呼びますが、ロングベッドのダブルベッドがあります。
男性のみならず、パートナーも長身の場合には、ロングベッドがお勧めです。
種類が少ないのであまり見たことが無いかもしれません。
高身長の方にはお勧めします。


【好きな高さで眠れる】高さを調節できるダブルベッド

高さが調節できるダブルベッドがあるんです。
毎日変えるのは難しくても、季節ごとに高さを変えて気分を変えるのは有りですね。
低い位置での睡眠。高い場所での睡眠。気持ちが変わります。


【シンプルなベッド】マットレスタイプのダブルベッド

単純にマットレスに脚が付いた形のダブルベッドです。
まさにシンプル。究極のシンプルベッドです。
パートナーと一緒に眠るとき、マットレスタイプのダブルベッドなら、
気持ちよく眠れるかもしれませんね。


【大きい事は良い事だ】大容量の収納があるチェストのダブルベッド

収納は、大きい方が良い。ダブルベッドで大容量の収納が付いたベッドは最高ですね。
たくさん入る収納程、便利な物はありません。
何でも入る大容量なら尚更です。ダブルベッドの大きさ分の大容量は魅力です。


【ほこりが入りにくい】引き出しがBOX構造のダブルベッド

ベッド下に収納する引き出しがBOX構造になっているダブルベッドは、
引出しにホコリが入りにくい構造です。
ベッドの側では布団を畳んだりしてホコリが舞いがちです。
そんな場所で収納があるなら、BOX構造が必要だと思います。


【頑丈さは素敵だ】耐荷重が600kgのダブルベッド

ダブルベッドで耐荷重が600kgの商品があります。
頑丈です。丈夫です。この強さは素敵だと思います。
長く使えるように、頑丈に設計してあります。
ダブルベッドでパートナーと末永く暮らしてほしいものです。