新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

カンタン絞り込み検索

ダブルベッド

ダブルベッド
並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ダブルベッド 目次

そもそも、ダブルベッドとは
ダブルベッドの定義
ダブルベッドを選ぶポイント
結局、どんなダブルベッドを選べば良いのか?
ダブルベッドの具体的なサイズ
ダブルベッドのサイズ感
ダブルベッドを設置する場合
ダブルベッドを搬入する時の注意点
ダブルベッドの使い方
ダブルベッドを二人で使う場合
ダブルベッドを一人暮らしで使う場合
ダブルベッドの種類
おすすめダブルベッド&間違えない選び方
  【2021年版】

ダブルベッドチェストタイプ
  【引き出しがたくさん付いているベッドは箪笥と何が違う?】

ダブルベッドBOX構造
  【BOX構造の引き出し付きは組立が楽】

ダブルベッド大容量収納
  【大容量の収納があればなんでも入って嬉しい】

ダブルベッド引き出し付き
  【収納付きのベッドは今や定番か?!】

ダブルベッド跳ね上げ式
ダブルベッドすのこ
  【夏の湿気対策にはすのこベッド】

ダブルベッドフロアタイプ
  【低いベッドは扱いやすい】

ダブルベッド人気商品
  【どれがいいか迷ってしまったらまずは人気のダブルベッド】

ダブルベッド格安
  【低価格は正義 コストパフォーマンスに優れたダブルベッド】

ダブルベッドフレームのみ
  【お手持ちのマットレスを使うならフレームのみで販売しているダブルベッド】

ダブルベッド棚付き
  【枕元に棚があると便利で使い勝手が良い】

ダブルベッド和風の畳ベッド
  【畳のある和風ベッドは心休まる】

ダブルベッド低ホルムアルデヒド
  【安全性を考えると低ホルムアルデヒドは大切】

ダブルベッドステージタイプ
  【カッコイイ新しい形はステージベッド】

ダブルベッドヘッドレスタイプ
  【シンプルな方がいいヘッドレスベッド】

ダブルベッド脚付きタイプ
  【ベッドらしい形の脚付きベッドがスタンダード】

ダブルベッド高級
  【見た目も素材も良い高級ベッド】

ダブルベッド組立設置付き
  【ダブルサイズは大きいから組立設置付きが楽】

ダブルベッド有料組立設置オプション
  【オプションで付けられる組立設置】

ダブルベッド敷布団が使える
  【ベッドで敷布団を使えるのが嬉しい】

ダブルベッドコンセント付き
  【充電に便利で家電も使える】

ダブルベッド照明付き
  【お部屋の雰囲気も良くなる照明付きベッド】

ダブルベッド黒いブラックフレーム
  【かっこいいのは黒いフレーム】

ダブルベッド白いホワイトフレーム
  【おしゃれなイメージは白いフレーム】

ダブルベッドウォルナットブラウン
  【高級感のあるウォルナットの木目柄】

ダブルベッドダークブラウン
  【どんな部屋にも似合うダークブラウン】

ダブルベッドナチュラル
  【色合いがおとなしい自然な雰囲気】

ダブルベッドグレー
  【あまり見かけない珍しい色合い】

ダブルベッド収納付き
  【使って便利な収納付きベッド】

ダブルベッドレザー
  【皮の手触りが嬉しいベッド】

ダブルベッドモダン
  【デザインが落ち着く】

ダブルベッドツートンカラー
  【2色の組み合わせが奇抜なベッド】

ダブルベッドロングサイズ
  【長身のお二人にはロングベッド】

ダブルベッド高さを調節
  【好きな高さに調整して眠れるベッド】

ダブルベッドマットレスタイプ
  【本当にシンプルなベッド】

ダブルベッド大容量収納付きチェストベッド
  【大きい事は良い事だ】

ダブルベッド引き出しがBOX構造
  【ほこりが入りにくい】

ダブルベッド耐荷重が600kg
  【頑丈さは素敵だ】



そもそも、ダブルベッドとは

一般的に、ベッドに載っているマットレスの横幅が、140cmの事をダブルベッドと呼びます。
つまりダブルベッドとは、横幅約140cm×長さ約195cmのマットレスを使うベッドの事です。
ご夫婦お二人で使う想定がされている、ベッドです。
ご家族構成や、寝室の広さに合ったベッドを選びましょう。

シングル、セミダブルとの違い、比較

マットレスの横幅について、一般的なサイズは、以下の様になります。
シングルサイズは、約100cm。お一人様用。
セミダブルサイズは、約120cm。お一人様で少し広めです。

ダブルベッドが二人用、シングルベッドが一人用という決まりはありません。
お使いになる人の体格、寝相、寝室の広さ、使う人数で自由に選んでいいのです。

クイーン、キングとの違い、比較

一般的なマットレスの横幅について、書き添えます。
クイーンサイズは、約160cm。お二人様用で少し広めです。
キングサイズは、約180cmです。

これを参考にして考えると、
ダブルベッドは、セミダブルサイズよりもマットレスの幅が20cm広くて、
クイーンサイズよりも扱いやすく、コンパクトなサイズ感です。
寝室に、机やテレビ、本棚、ドレッサーなど他の家具を配置したい方々におすすめのサイズになります。

ちなみに、キングサイズよりも大きなサイズをワイドキングと読んでおります。


ダブルベッドの定義

まずは、言葉の定義として、「ダブルベッド」を定義していきましょう。
ダブルベッドの用語の定義として、
このサイトでは、「マットレスの横幅が、約140cmのベッド」、とします。

定義としてはマットレスの幅

ベッドの大きさは、マットレスの横幅で、サイズ分類されます。
参考として、
シングルは、約97cm幅
セミダブルは、約120cm幅
ダブルは、約140cm幅
クイーンは、約160cm幅
一般的にダブルベッドは、ベッドの横幅が、140cmです。
マットレスの幅で定義する意味は、フレームの幅とマットレスの幅では、
商品によって異なるからです。
デザイン的にマットレスより横幅の大きなフレームを使う場合があるのです。

フレームの幅は関係ないのか?

フレームの幅が関係あるか無いかというと、関係はあります。
マットレスよりも横幅の広いベッドフレームが存在します。
ステージタイプのベッドフレームは、ベッドフレームの広さを活かして、
まるでサイドテーブルのように、マグカップやスマホをちょこっと置き、という使い方もできます。
寝室のサイズを測って、ベッドやマットレスの搬入、配置、生活の動線を考えて購入しましょう。

サイズについての一般論

一般的に、ベッドのダブルサイズというと、大人二人用。というイメージがあります。
しかし、使用する方の身長や体格によっては、
思ったよりも狭くて、寝返りも窮屈に感じることがあります。

シングルサイズの横幅は、約100cm。
セミダブルサイズの横幅は、約120cm。
ダブルサイズの横幅は、約140cm。
それぞれの横幅の差は20cmほどです。

ダブルベッドとは言え、シングルサイズを
ダブル、つまり
2倍のサイズにしたわけではないのです。


ダブルベッドを選ぶポイント

では、何を基準にダブルベッドを選んだらよいか、
長年ベッドを販売している店主の目から見た選び方をお知らせします。

配置場所とサイズの関係

全体の大きさも、高さも、寝室に配置したときに圧迫感の感じ方が少ないダブルベッドが良いですね。
寝室の空間の広がりは、視覚的にも解放感をもたらし、心がリラックスします。

使う人の個性とベッドの機能

飾りの少ないダブルベッドを探しの方には、マットレスベッドを。
マットレスに、脚が付いただけのデザイン。
なんにも飾らないでシンプルな形が、インテリアになじみやすいです。

枕元に魅せる収納がしたい皆様なら、機能性の高いヘッドボード付きを。
眼鏡や文庫本、電子機器を枕元で使いたい。ちょこっと置きたい。
その場合には、ヘッドボードがあると使い勝手が良いでしょう。
ただ置く場所の広さが、ヘッドボードの分だけ必要になります。
マットレスの長さに、ヘッドボードの奥行きを足して測ってから、
ご購入をご検討くださいませ。

場合によっては2台の方が良い事も

ダブルベッドを一台購入して二人で使う、ということにこだわらなくても良いのです。
シングルサイズのベッドを2台並べますと、
横幅が、約200cm。
模様替えや引っ越しなどでベッドを移動する際にも、分割して運べるので、
楽に、搬入、搬出ができます。


結局、どんなダブルベッドを選べば良いのか?

ダブルベッドを選ぶポイントは、お客様が設置出来るスペース、
ベッドに求める機能が重要なポイントです。

ご家族構成、一緒に寝る人数は、どうか。
ご夫婦お二人、パートナー様同士で
お子様が生まれて、家族が増える予定があるのかどうか。

主寝室の広さ、寝やすい広さは、いかがでしょうか。
約6畳くらいのお部屋なら、ダブルベッドを置くのにちょうど良い広さです。
ベッド自体の大きさも程よく、
圧迫感も少なくて、テレビ、ドレッサー、本棚などの他の家具も置けます。

毎日使う、ダブルベッドサイズのリネン類。
洗い替え用のパジャマ、シーツなどを収納する場所はどうか。
クローゼットの扉にぶつかって、扉の開閉の邪魔にならないか。
ダブルベッドを置いたときのシュミレーションをしましょう。

忘れがちですがお手入れについても、考えましょう。
ダブルベッドサイズのシーツや枕カバー、掛け布団カバーは、すぐに手に入るかどうか。
ダブルベッドなら、一般的なサイズであるし、
デザインも豊富で、寝室を明るく彩ることができます。
店舗やネットで買い替えやすいものを選びたいですね。

ダブルベッドそのものを清掃する時間が取れるかどうか。
毎日の生活に欠かせない、健康的な睡眠。その睡眠を支えるのは、ベッド。
毎日使えば、汚れることは避けられませんよね。
普段は、サッと乾拭き。時々、雑巾かけ。
せめて半年に一度くらいは、マットレスを陰干しして、裏返しや反対向きにして
お使いになることをお勧めいたします。
余分な湿気を追い出し、ダニ対策にも効果的です。

ご夫婦、パートナー様同士での、お仕事の都合や生活パターンは、いかがでしょうか?
夜遅く帰ってくる、朝早く出かける、など
お互いの生活習慣の違いがあっても、気にせず、リラックスして安眠できるかどうか。
お互いの寝返りの振動が気になったり、ちょっとの寝返りで目が覚めたりしないか。
健康的な眠りのために、お二人で使う上での話し合いが重要ですね。

使用する年数の予想を立てたことはございますか?
ご結婚を機にダブルベッドを購入するとして、その後、
ご夫婦お二人だけでダブルベッドを使う年数は?
お子様が何人生まれて、成長して、というライフプラン。
家族みんなで並んで眠るには、ダブルベッドだけで何年過ごせるか。
お子様用にシングルベッドを買い足す予定はあるかどうか。
いまのダブルベッドを、そのまま使い続けるか。
ダブルベッドそのものの、耐久年数はどのくらいか。

ダブルベッドは、寝室の半分以上を占める大きな家具です。
永くお使い頂きたいので、よく測って、よくご検討いただいてから
ご購入頂きたいと思います。


ダブルベッドの具体的なサイズ

ダブルベッドの横幅は、140cm程度が、もっとも一般的です。
シングルサイズのベッドより、約40cm程度幅が広いです。
140cmの幅があるベッドは想像以上に大きく感じます。
高さについては、ロータイプやチェストタイプなどで大きく異なります。
背の高いダブルベッドは思いのほか、圧迫感を感じてしまうと思います。

基本はマットレスの横幅

ダブルベッドのベッドマットレスの横幅は、約140cm。
それだけあれば、お一人様でも、2名様でも横になれます。
寝室に、ダブルベッドを置くスペースを140cmだけ確保すると、それだけでは足りません。
実際にはもっとスペースを必要とすることがあります。
マットレスを置く下にある、ベッドフレームがさらに大きいからです。
フレームによっては、奥行きのある宮棚付きや、
使う時に引き出すスペースが必要な引き出し収納付きがございます。
寝室にダブルベッドを置くときに、マットレスの大きさ以外にも、
設置に必要なスペースをどれくら取れるかも測ってご検討くださいませ。

フレームと幅が違うことも

一般的なダブルベッドのサイズは丈が195cm、幅が140cm。
でもこれはマットレスのサイズになります。
実際にはヘッドボードやフットボードが付いているので、
その厚みの分だけこれよりも丈が長くなります。
ベッドを快適に使うために必要な周囲のスペースは、50cm程度と言われています。

ダブルベッドのマットレスの大きさだけを考えていた場合、
なにも余分な飾りのない、マットレスベッドなら問題はないですが、
ヘッドボード付きダブルベッド、引き出し収納付きダブルベッドの場合ですと、
ダブルベッドマットレス自体よりも、さらにスペースが必要である。ということを
覚えていると、安心ですね。


ダブルベッドのサイズ感

ベッドを使ったことがない方やシングルサイズよりどのくらい大きいのか、
正確に測ったことはないし、ダブルベッドを置くとしても、
ピンとこないわあ。という皆様へ、お知らせです。

畳の大きさと比較すると

ダブルベッドのサイズは、およそ横幅140cm×長さ195cm。
ベッドフレーム部分をおよそ15cmくらい長さを足して考慮しましょう。

4畳や5畳のお部屋にも、ダブルベッドは、置くことが可能です。
かなり窮屈な印象ではありますが。。。
4畳の場合、ダブルベッドを置いたとき、両サイドには、
人が一人通れるギリギリの通路が確保できます。
省スペースなマットレスベッドなら、
マットレスだけの大きさで置くことができます。
もし他に、収納家具が置きたい場合には、
ベッド下に収納付きのダブルベッドが良さそうです。

これが6畳のお部屋になれば、ダブルベッドを置ける配置もよりバリエーションが増えますね。

このように同じサイズでもヘッドボードのないタイプなら5畳や6畳のお部屋でも
場所を最小限にしてダブルベッドを置くことができます。
マットレスだけのコンパクトタイプなら、お部屋の圧迫感も少なく、すっきりとした雰囲気にできます。

シングル、セミダブルと比較すると

ダブルベッドと、シングル、セミダブルを比較してみるとどうなるのでしょうか?
横幅については、
シングルは、約100cm。
セミダブルは、約120cm。
ダブルは、約140cm。

ダブルベッドは、シングルやセミダブルよりは、もちろん大きいです。幅も広いです。
寝室にはほかにも、チェスト、ドレッサー、本棚などの
家具を置きたい方々も多くいらっしゃいます。
だからこそ、スペースの限られた日本の家屋では、
設置する時に省スペースになるように、
ダブルベッドは二人で使う、という図式だと思います。


ダブルベッドを設置する場合

ダブルベッドを買うかどうか、迷うわあ、という皆様へ、お知らせです。
設置する時の注意点、問題点を詳しく見ていきましょう。

注意点

ダブルベッドの横幅は、約140cmです。
二人が横になることができますが、大柄な方、寝返りが大きい方、
隣が気になる方には、狭く感じて、不向きと言えます。
毎日使うダブルベッド、どちらかが我慢を強いられないように
よく話し合ってから購入しましょう!

問題点

寝具
シーツやカバー類は、ダブルベッドのサイズですと
思った以上に大きいので、洗濯した時に干す場所を探すのが
案外、大変だったりします。
お手入れに、時間や手間をかけたくない方には、乾燥機を使うなど
工夫が必要になりそうです。

ダブルベッドの掛け布団は、一見暖かそうですが、
二人で使う時には、掛け布団が密着しないため、
肩がすうすうして寒い、など使いにくいこともあるかも知れません。
掛け布団だけ、シングルサイズを2枚購入して使うのも、手!!


ダブルベッドを搬入する時の注意点

マンションのエレベーター、通路や廊下。
あまりにも大きいベッドでは、通り抜けられないこともあります。
どのくらいの幅と奥行きがあるか、事前にチェックして測っておくと安心です。
詳しくは、搬入時の注意事項のページを確認してください。

【詳細】 搬入時の注意事項

一戸建ての場合

ベッドフレームは、組立をするので、部品としてバラバラの状態で運べば、2階まで搬入が可能です。
ダブルベッドのマットレスは、切り離したり分解したりできないので階段の幅、高さなどを確認する必要があります。
吊り上げて、2階の窓から搬入することでできますが、サッシを外すなど
とても大変な手間が掛かり、別途料金も必要となります。

アパートマンションの場合

マットレスは、長さ 約195cm。
つまり、新品を梱包材つきで運ぶときには、高さが約2m程度となります。
搬入には、マットレスの「高さ」が、2mということ。

エレベーターに載せられるかどうか。
屈曲階段の奥行きで曲がり切れるかどうか。
踊り場を通れるかどうか。
玄関や部屋のドア周辺のスペースはどうか。
搬入時の注意事項のページを確認してください。

新しいベッドを買った場合

入れ替えで、使い古したベッドを運び出すとき。
転勤などお引越しの際に、お気に入りのベッドを持ち出すとき。
間取りや通路などを測定して、準備しておきましょう。
お気に入りのベッドが使い続けられるように
どうぞお気をつけてくださいませ。


ダブルベッドの使い方

ダブルベッドは、二人用として販売されているイメージがあるので
ご結婚の時に購入するのが、よくある購入タイミングです。
でも、二人用と決めつけてしまっては、もったいないのです。
お仕事で疲れて帰ってきたとき、お一人で、大きなダブルベッドに大の字になったら最高ですよ!

ダブルベッドは、普通どのように使っているのか

ダブルベッドの使い方として、普通、どのように使っているのでしょうか?
多くの方は、リラックスするため。からだを休めるため。健康的な眠りを得るため。明日への活力を養うため。
夜、きちんとした睡眠を取ることはもちろんですが、休日など、ゆったりした時間が取れる時には、
ベッドをソファ代わりにして、くつろぐこともありますよね。
ドラマや映画鑑賞。文庫本雑誌など、読書をする。
軽くストレッチをする。
腰かけて、コーヒーを飲む。など。
居心地の良いスペースとして、ダブルベッドをお使いになる方が、多いようです。

ダブルベッドだからこその使い方

では、ダブルベッドならではの使い方はあるのでしょうか?
なんといっても、お二人が仲良く過ごせる!
新婚の方、カップルの方、パートナー様同士でお使いになれます。
大事なお部屋の、限られた空間を有効に使い切りたい皆様へ。
お二方で、お使いになれるベッドで、
スペースが無駄になりにくいのは、ダブルベッドの魅力ですね。
ダブルベッドの幅があれば、ベッド下には、
かなり快適に物が収まる収納スペース、として使えます。
寝室に物が多いお宅には、朗報ですね。


ダブルベッドを二人で使う場合

大人二人が、ダブルベッドに並んで横になる場合はどうでしょうか?

ダブルベッドは本来二人で使う

ご結婚を機に、お二人でダブルベッドを使いたい方は多いと思います。
お子様が小さいうちは、大人との間に寝て頂いてもオッケー。
ただ、お子様は成長が早く、新陳代謝も活発なので、
寝返りのたびにお互いがぶつかってしまいますので、
より大きなクイーンサイズ、キングサイズのベッドに買い替えることもご検討なさることでしょう。
もしくは、最初からシングルベッド2台を並べて使うことも良いと思います。

人一人が眠るとき、シングルサイズのベッドを使います。
当たり前です。それがシングルサイズですから。
シングルベッドは、幅100cm程度なのです。が、
なんと二人で使う前提のダブルサイズは、幅140cmなのです。つまり、一人分が70cmと狭い!!
掛布団も1枚を2人で使う。
ダブルベッドなら、2人で使うとより体が近くなり密着します。
毎日毎晩、密着したらどうしても親密になりますよね。
仲良くなりたいカップルにも、ダブルベッドがオススメです。


ダブルベッドを一人暮らしで使う場合

一人暮らしなのにダブルベッドを選ぶなんて非常識という考えもあるかと思います。
でも、のびのびと、寝返りを打ちたい!
健康的な眠りを得たい!というお一人暮らしの皆様へは、ダブルベッドをお勧めしています。
シングルベッドでは、窮屈に感じる方へ。
寝室全部をリラックス空間として演出したい方々へ。
たまに来る仲良しのご友人のお泊りでも、大活躍の大きさのダブルベッドです。

ダブルベッドを一人で使っても良い?

ダブルベッドを1人で使っても良いのでしょうか?
もちろんOKです!
ダブルという名前なので、二人用、と思い込んでいる固定概念を打ち破りましょう!
ダブルベッドは、お一人暮らしの方にも大いにご好評いただいています。
そしてもちろん、急なパートナー様のご来訪でも、お二人でお使い頂けます。

特に、一人暮らしを始める男子にはお勧めですね。
寝相が悪いと、ダブルベッドから落ちてしまいますよ。
布団だったら多少はみ出しても、畳の上で何となく眠り続けられます。
夏など特に気持ちが良いかもしれませんね。
でも、ベッドではそうはいきません。落ちたら目が覚め、眠りの妨げになります。
何度も落ちると、そのうちに慣れると思っているかもしれませんが、
慣れるということは、寝相が良くなる事。つまり、寝ている間の動きが少なくなることを意味します。
睡眠中に適度に体を動かすことで、体の疲れを取っているとも言われています。
疲れが取れにくい習慣になってしまうことにつながります。
また、いつまでも一人暮らしを続けるつもりですか?
パートナーが出来たら一緒に眠る場所が必要になりますよね。
そんな時にも、ダブルベッドがあれば、一安心ですよ。


ダブルベッドの種類

ダブルベッドにどのような種類のベッドがあるのでしょうか?
定番の収納ベッド、人気の高いすのこベッド、フロアベッド、格安のダブルベッド、
フレームのみのダブルベッド、棚が付いているダブルベッド、和風の畳ベッド、
低ホルムアルデヒドのダブルベッド、ステージタイプのダブルベッド、
ヘッドレスベッド、高級なタイプ、組立設置が付いているベッド、
有料での組立オプションが選べるベッド、布団が使えるベッド、脚付きタイプのダブルベッドなど、
色々な種類があります。
それぞれのダブルベッドの種類について、店主がお勧めする商品を含め、詳細を見ていきましょう。


おすすめダブルベッド&間違えない選び方【2021年版】

ベッドの販売歴が13年になる店主がダブルベッドについていろいろと話をしたいと思います。
人気のダブルベッド、お勧めのダブルベッド、機能的に優れたダブルサイズなど、
お話したい事がたくさんあります。
特にダブルベッドはお二人で使うベッドなのですが、横幅から考えるとお勧めできない点もあります。
このようなネガティブな情報を含めてお話をしたいと思います。


ダブルベッドチェストタイプ【引き出しがたくさん付いているベッドは箪笥と何が違う?】

ダブルベッドのチェストタイプは、ベッドの下に引き出しが多数付いていて
見た目がチェストの上にマットレスを載せている感じです。
引出しの反対側にも収納として使えるスペースがあり、大容量の収納ベッドになっています。
チェストタイプのダブルベッドは種類が少ないので、見つけたら在庫を確認してくださいね。

【詳細】 ダブルベッドチェストタイプ【引き出しがたくさん付いているベッドは箪笥と何が違う?】


ダブルベッドBOX構造【BOX構造の引き出し付きは組立が楽】

引き出し付きのダブルベッドの一種です。
引出しの構造がBOX構造になっています。
どういう構造かというと、引き出しの周りを箱で覆い、その部分は完成形でお届けします。
箱を組み合わせる事で、ベッドフレームの一部を構成します。
密閉されたBOXなので、引き出しの中にホコリなどが入りにくく、
しかも、ベッド自体の組み立ても簡単になるメリットがあります。

【詳細】 ダブルベッドBOX構造【BOX構造の引き出し付きは組立が楽】


ダブルベッド大容量収納【大容量の収納があればなんでも入って嬉しい】

ダブルベッドでの大容量収納ベッドは、本当に大容量です。
ダブルサイズで幅が大きいので、より大きな収納が可能になっています。
形的には、跳ね上げタイプやチェストタイプ等、色々と含まれています。
単純に大容量のスペースを収納として使えるダブルベッドの事を指しています。

【詳細】 ダブルベッド大容量収納【大容量の収納があればなんでも入って嬉しい】


ダブルベッド引き出し付き【収納付きのベッドは今や定番か?!】

定番と言われる収納付きベッドの中でも、一番の定番が引き出し付きのダブルベッドです。
マットレスの下の空間に引き出しを配置したフレームになります。
詳しい話をすると、引き出し付きの収納ベッドの中に、
チェストベッドや、BOX構造のベッド、大容量の収納ベッド入っています。
引出しが付いているベッドの種類が多いということですね。

【詳細】 ダブルベッド引き出し付き【収納付きのベッドは今や定番か?!】


ダブルベッド跳ね上げ式

収納ベッドでもちょっと特殊なのが、跳ね上げ式の収納ダブルベッドです。
床板とマットレスが持ち上がる形になります。
ベッドの下全面が収納スペースになっています。
構造としては、箱型の収納があり、蓋の部分にマットレスがのっている形です。
現実的には、跳ね上げ式のダブルベッドは存在しません。
どうしても、マットレスの重量が重くなり、床板を持ち上げる際の強度などが問題となるのです。


ダブルベッドすのこ【夏の湿気対策にはすのこベッド】

いわゆる、床板部分にすのこを用いたベッドです。
ダブルベッドの場合、すのこの大きさもダブルになっています。
フレームの形としては、脚付きタイプのすのこベッドが多くあります。
少数派ですが、ロータイプのすのこベッドや、チェストタイプや跳ね上げ式のすのこベッドもあります。
すのこの良い点は、通気性が確保できる事、丈夫なので布団が使える場合がある事です。
日本の気候、習慣を考えると、すのこベッドは一番マッチしていると思います。

【詳細】 ダブルベッドすのこ【夏の湿気対策にはすのこベッド】


ダブルベッドフロアタイプ【低いベッドは扱いやすい】

名前にフロアが入っている様に、床に近い所にあるベッドです。
ローベッドとも呼ばれています。
フロアタイプのタプルベッドは種類が豊富で、ほとんどのフロアタイプに
ダブルベッドの選択肢が入っています。
部屋に設置したときに圧迫感が無く、逆に開放的に感じるフロアベッド。
畳の上に布団を敷く感覚で眠れるフロアベッドは、日本の寝室に違和感なく溶け込むと思います。

【詳細】 ダブルベッドフロアタイプ【低いベッドは扱いやすい】


ダブルベッド人気商品【どれがいいか迷ってしまったらまずは人気のダブルベッド】

ダブルベッドを選ぶ時、たくさんの種類があって困ってしまいますよね。
そんな時に一番良い方法は、人気のあるダブルベッドを探すことです。
人気があるということは、人気になる理由があるということです。
人気のあるダブルベッドは、時期によって変わります。
また、トレンドによっても変わってきます。
まずは、2021年度の人気商品を見ていきましょう。
台数と売上金額による人気のランキングです。

【詳細】 ダブルベッド人気商品【どれがいいか迷ってしまったらまずは人気のダブルベッド】


ダブルベッド格安【低価格は正義 コストパフォーマンスに優れたダブルベッド】

安いダブルベッドというのも、選ぶことに困った場合の一つの選択肢です。
なんといっても安い事は正義です。
格安・激安のダブルベッドは、お客様に安く提供できるよう、コストの削減を頑張っています。
安いダブルベッドというのも、大切な選択の要素ですね。
安く販売できる理由は、通販によるコストの削減と、ベッドの形として材料が少ない形状になっている事です。
ダブルベッドを選ぶ上で、コストは重要なポイントです。
2021年度の激安のダブルベッドを紹介します。

【詳細】 ダブルベッド格安【低価格は正義 コストパフォーマンスに優れたダブルベッド】


ダブルベッドフレームのみ【お手持ちのマットレスを使うならフレームのみで販売しているベッド】

フレームのみのダブルベッドは、多くのベッドの選択肢に入っています。
一部の商品では、マットレスが必ず付属している場合もありますが、かなり少数派です。
お手元のマットレスをそのまま使うとか、マットレスではなく布団を敷いて使うとか、
そのような用途でお選びいただけると思います。

【詳細】 ダブルベッドフレームのみ【お手持ちのマットレスを使うならフレームのみで販売しているベッド】


ダブルベッド棚付き【枕元に棚があると便利で使い勝手が良い】

棚が付いたベッドフレームは、お客様からの支持が高いと感じています。
棚がある事でスマホや時計、眼鏡などが置けますし、コンセントが付いたベッドでは、
スマホの充電にも使えます。
ダブルベッドの棚付きは、多くの商品があるのでポイントとしては棚以外の事を念頭に選ぶことも大切です。

【詳細】 ダブルベッド棚付き【枕元に棚があると便利で使い勝手が良い】


ダブルベッド和風の畳ベッド【畳のある和風ベッドは心休まる】

畳が床板になっている和風のダブルベッドは、日本の住宅事情に合っていると思います。
寝る時には畳の部分に布団を敷いて使えるし、昼間は畳にゴロンと横になれるし、
かなり使えるダブルベッドです。
和風のベッドは、近年の洋風な部屋の中にあると、とても落ち着くベッドです。
日本人だからなのか、畳がある事で、畳のイグサの香りで安心できる空間になると思います。
畳の上に横になるのは気持ちが安らぎます。和室が無くても畳ベッドで実現可能な事なのです。
和風ベッドというカテゴリーは、日本にしかない珍しいベッドだと思います。
日本独自に発展したガラパゴス的なベッドですが、一度、ご覧下さいませ。

【詳細】 ダブルベッド和風の畳ベッド【畳のある和風ベッドは心休まる】


ダブルベッド低ホルムアルデヒド【安全性を考えると低ホルムアルデヒドは大切】

アレルギーがある、あの匂いが気になる、息苦しくなる。
そんな嫌な感じにならないために、低ホルムアルデヒドのベッドをお選びください。
他の人には理解されない、わかってもらえない、あのつらさから解放されます。
どうして、この辛さを理解されないのか、息が出来ない、苦しい感じ。
材料や接着剤、塗料に低ホルムアルデヒドの物を使用しています。安心してください。
低ホルムアルデヒドのダブルベッドは材料に気を使い、安心できるベッドになっています。
アレルギーで敏感な方、家族で安心したい方におすすめのベッドです。

【詳細】 ダブルベッド低ホルムアルデヒド【安全性を考えると低ホルムアルデヒドは大切】


ダブルベッドステージタイプ【カッコイイ新しい形はステージベッド】

ステージタイプというベッドの形をご存知ですか?
新しくてカッコイイ、ダブルベッドの形です。
とにかくルックスが良いんです。一度、見てみてください。

【詳細】 ダブルベッドステージタイプ【カッコイイ新しい形はステージベッド】


ダブルベッドヘッドレスタイプ【シンプルな方がいいヘッドレスベッド】

ヘッドボードが無いベッドの事をヘッドレスベッドと呼びます。
ダブルベッドのヘッドレスタイプはシンプルで四角形の良い形のベッドです。
シンプルなデザインをお好みであれば、ヘッドレスダブルベッドは良いアイテムかもしれません。

【詳細】 ダブルベッドヘッドレスタイプ【シンプルな方がいいヘッドレスベッド】


ダブルベッド脚付きタイプ【ベッドらしい形の脚付きベッドがスタンダード】

ベッドの定番の形と言えば、脚が付いている形のベッドですよね。
特に、ダブルベッドの横幅がある脚付きベッドは、いかにもベッドというデザインをしています。
スタンダードといっていい脚付きベッドについて詳しく見ていきましいょう。

【詳細】 ダブルベッド脚付きタイプ【ベッドらしい形の脚付きベッドがスタンダード】


ダブルベッド高級【見た目も素材も良い高級ベッド】

ダブルベッドには、高級なタイプのベッドもあります。
フレームの素材の違いが高級さを作り出しています。
高級な素材を使用したフレームは、手触りが違いますよ。

【詳細】 ダブルベッド高級【見た目も素材も良い高級ベッド】


ダブルベッド組立設置付き【ダブルサイズは大きいから組立設置付きが楽】

通販でベッドを購入すると、組立が大変ですよね。
特にダブルベッドは部品が大きいし、出来上がると重いし、
組み立てと、ベッドの設置に一苦労します。
組立設置付きのダブルベッドなら、プロが組立するので安心、楽ちんです。

【詳細】 ダブルベッド組立設置付き【ダブルサイズは大きいから組立設置付きが楽】


ダブルベッド有料組立設置オプション【オプションで付けられる組立設置】

組立設置のオプションがあれば、使いたいと思いませんか?
通販でダブルベッドを買いたいけど、組立には自信が無い。
そんな方にお勧めなのが、オプションで組立設置をする事です。

【詳細】 ダブルベッド有料組立設置オプション【オプションで付けられる組立設置】


ダブルベッド敷布団が使える【ベッドで敷布団を使えるのが嬉しい】

ダブルベッドの上で敷布団が使えるとしたら、ナイスだと思いませんか?
布団が付きな方にお勧めなのが、敷布団が使えるダブルベッドです。
強度の面で敷布団を使うには強さが求められます。
詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

【詳細】 ダブルベッド敷布団が使える【ベッドで敷布団を使えるのが嬉しい】


ダブルベッドコンセント付き【充電に便利で家電も使える】

和室に布団を敷いてに寝ている時には枕元にコンセントがあるはずもなく、スマホの充電ができませんでした。
でも、ベッドならヘッドボード部分の棚にコンセントが付いているので充電も可能。
照明を付けたり、美容家電を使うこともできますね。
特にダブルベッドなら、お二人で使い分けも出来ますよ。

【詳細】 ダブルベッドコンセント付き【充電に便利で家電も使える】


ダブルベッド照明付き【お部屋の雰囲気も良くなる照明付きベッド】

ベッドに照明が付いていると、特に間接照明が付いていると、寝室の雰囲気が変わります。
眠る前のひと時を優雅な時間にしてくれます。
単なる雰囲気だけではなく、精神的に安らぎ、良い睡眠に入るきっかけになります。
そんな照明付きのダブルベッドはどんなものがあるでしょうか?

【詳細】 ダブルベッド照明付き【お部屋の雰囲気も良くなる照明付きベッド】


ダブルベッド黒いブラックフレーム【かっこいいのは黒いフレーム】

黒の家具は、そんなに多く販売していません。
リビングやキッチン、書斎の家具類には、ブラックが少ないのです。
でも、ベッドでは、寝室では、ブラックのフレームはそこそこの種類があります。
一般的な家具と違い、ダブルベッドの黒のフレームはかっこいいですね。

【詳細】 ダブルベッド黒いブラックフレーム【かっこいいのは黒いフレーム】


ダブルベッド白いホワイトフレーム【おしゃれなイメージは白いフレーム】

白のフレームはおしゃれなイメージです。
明るく、さわやか、清潔感と、寝室にあるベッドとしては、良いイメージです。
そんなホワイトフレームのダブルベッドには、どんな種類があるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

【詳細】 ダブルベッド白いホワイトフレーム【おしゃれなイメージは白いフレーム】


ダブルベッドウォルナットブラウン【高級感のあるウォルナットの木目柄】

ダブルベッドのフレームで、ウォルナットブラウン柄のフレームは、
木目の柄があり、高級な感じがします。
本物のウォルナットではありませんが、雰囲気が違います。
落ち着いて高級感のある寝室には、ウォルナットブラウンのダブルベッドですね。

【詳細】 ダブルベッドウォルナットブラウン【高級感のあるウォルナットの木目柄】


ダブルベッドダークブラウン【どんな部屋にも似合うダークブラウン】

ベッドの色を選ぶのは迷います。
何色にしても、後から後悔しそうですね。
でも、ダークブラウンのダブルベッドなら間違いないです。
どんな部屋にも溶け込む色合いです。

【詳細】 ダブルベッドダークブラウン【どんな部屋にも似合うダークブラウン】


ダブルベッドナチュラル【色合いがおとなしい自然な雰囲気】

ダブルベッドの色でおとなしい色合いは、ナチュラルでしょうか。
おとなしい、天然、柔らかい、温かい、そんなイメージだと思います。
ナチュラルのダブルベッドフレームは、お部屋の雰囲気をマイルドにしてくれると思います。

【詳細】 ダブルベッドナチュラル【色合いがおとなしい自然な雰囲気】


ダブルベッドグレー【あまり見かけない珍しい色合い】

グレーのダブルベッドのフレームって、とても珍しい色です。
普通に家具としても、グレーは珍しいと思います。
そのグレーな色合いが安定していて、非常にいい感じなんです。
一度、ご覧下さいませ。

【詳細】 ダブルベッドグレー【あまり見かけない珍しい色合い】


ダブルベッド収納付き【使って便利な収納付きベッド】

お部屋の中に、収納があるととても便利です。
特に、収納と意識しない場所、つまり、ベッドの下に収納があると嬉しくなります。
そんな収納付きのダブルベッドは、使っていて便利ですよ。

【詳細】 ダブルベッド収納付き【使って便利な収納付きベッド】


ダブルベッドレザー【皮の手触りが嬉しいベッド】

フレーム表面にレザーを張り付けたレザーのダブルベッドは、手触りが最高です。
しっとりと手に馴染み、木材や樹脂加工の表面とは違います。
体に触れるヘッド部分のレザーは、リラックスできるベッドになりますね。

【詳細】 ダブルベッドレザー【皮の手触りが嬉しいベッド】


ダブルベッドモダン【デザインが落ち着く】

落ち着く寝室には、落ち着くデザインのベッドが一番。
モダンなダブルベッドは、落ち着くデザインが嬉しいです。
寝室だけではなく、ワンルームで使用する際にも、モダンなデザインは魅力の一つです。

【詳細】 ダブルベッドモダン【デザインが落ち着く】


ダブルベッドツートンカラー【2色の組み合わせが奇抜なベッド】

色が珍しい、バイカラーの組み合わせ等、珍しい色のダブルベッドです。
特に、二色を組み合わせたダブルベッドのフレームは、モダンで魅力的です。
部屋の雰囲気と合わせる事に苦労するかもしれませんが、一癖あるダブルベッドをご覧くださいませ。

【詳細】 ダブルベッドツートンカラー【2色の組み合わせが奇抜なベッド】


ダブルベッドロングサイズ【長身のお二人にはロングベッド】

長いベッドをロングベッドと呼びますが、ロングベッドのダブルベッドがあります。
男性のみならず、パートナーも長身の場合には、ロングベッドがお勧めです。
種類が少ないのであまり見たことが無いかもしれません。
高身長の方にはお勧めします。

【詳細】 ダブルベッドロングサイズ【長身のお二人にはロングベッド】


ダブルベッド高さを調節【好きな高さに調整して眠れるベッド】

高さが調節できるダブルベッドがあるんです。
毎日変えるのは難しくても、季節ごとに高さを変えて気分を変えるのは有りですね。
低い位置での睡眠。高い場所での睡眠。気持ちが変わります。

【詳細】 ダブルベッド高さを調節【好きな高さに調整して眠れるベッド】


ダブルベッドマットレスタイプ【本当にシンプルなベッド】

単純にマットレスに脚が付いた形のダブルベッドです。
まさにシンプル。究極のシンプルベッドです。
パートナーと一緒に眠るとき、マットレスタイプのダブルベッドなら、
気持ちよく眠れるかもしれませんね。

【詳細】 ダブルベッドマットレスタイプ【本当にシンプルなベッド】


ダブルベッド大容量収納付きチェストベッド【大きい事は良い事だ】

収納は、大きい方が良い。ダブルベッドで大容量の収納が付いたベッドは最高ですね。
たくさん入る収納程、便利な物はありません。
何でも入る大容量なら尚更です。ダブルベッドの大きさ分の大容量は魅力です。

【詳細】 ダブルベッド大容量収納付きチェストベッド【大きい事は良い事だ】


ダブルベッド引き出しがBOX構造【ほこりが入りにくい】

ベッド下に収納する引き出しがBOX構造になっているダブルベッドは、
引出しにホコリが入りにくい構造です。
ベッドの側では布団を畳んだりしてホコリが舞いがちです。
そんな場所で収納があるなら、BOX構造が必要だと思います。

【詳細】 ダブルベッド引き出しがBOX構造【ほこりが入りにくい】


ダブルベッド耐荷重が600kg【頑丈さは素敵だ】

ダブルベッドで耐荷重が600kgの商品があります。
頑丈です。丈夫です。この強さは素敵だと思います。
長く使えるように、頑丈に設計してあります。
ダブルベッドでパートナーと末永く暮らしてほしいものです。

【詳細】 ダブルベッド耐荷重が600kg【頑丈さは素敵だ】