新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

大容量収納ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

大容量収納ベッドについて

大容量収納ベッドとは、文字通り大量の物をしまえるベッドです。 種類がいくつかあります。 まずは、跳ね上げ式の収納ベッドです。 床板をガス圧式のシリンダーで開閉し、ベッドの下を収納に使うタイプです。 ベッドが箱形をしており、その中が収納スペースとなります。 収納の深さが選べたり、跳ね上げの方向が縦、横を選べたりします。 シリンダーを取り付ける工程が難しく、組立設置サービスが付いている商品もございます。 次は、チェストベッドです。 ベッド下に引き出しが多数付いており、たくさんの物が入ります。 引き出しの反対側には、長い物をしまえるスペースがある商品もございます。 長物収納と言っており、ゴルフバックやキャリーバックなどもしまえます。 チェストベッドも組み立て時の工数が多く掛かるため、面倒な商品ですが、組立設置サービスが付いている商品もございます。


大容量収納ベッドの利点について

大容量収納ベッドの利点は、何と言っても大きな物、たくさんの物をしまえる収納力です。 狭い部屋に物があふれがちな一人暮らしの方、子供部屋でたくさんの小物を散らかる家族など、 日本の住居にありがちな収納スペース不足を解消してくれる便利なベッドです。 特に近年では押し入れが無い部屋が多く、基本的に収納スペースが足りません。 押し入れ並みの収納力を発揮する大容量収納ベッドは、大切な生活のアイテムとなりつつあります。


大容量収納ベッドの欠点について

収納ベッドの欠点と重なりますが、湿気やホコリが入りやすい事です。 せっかくしまった物が湿気やホコリにまみれてしまう可能性があるのです。 通気性の確保や、湿気取りなどを使い注意していただくようお願いいたします。 また、組み立てる際、部品が多くあるので、面倒な事もの欠点の一つです。 組み立てが難しいと感じるお客様は、組み立てサービスをご利用いただければと思います。


副店長からの★大容量収納ベッド★ご紹介ですっ★

こんにちは。 副店長でございますm(_ _)m おすすめ商品のご紹介ですっ♪ どんどん大好きなもの、大切なものが増えてしまいきれない… お気に入りのものをしまう所がなくて困っている… 押し入れもクローゼットもチェストもないし、どうしよう… という、収納でお悩みのお客様におすすめ致します。 ベッド下を賢く活用してみましょう! ベッド下が一面の収納になっています。 充実した収納スペースがあるからまるでクローゼットのようにたっぷり収納できますね。 お部屋のごちゃごちゃを全部すっきり収納できます。 モノが一度に見渡せて、収納しやすい上に、取り出しやすいのが魅力的なつくりのベッドですね。 商品の一例を申し上げますと、 *布団が収納できるチェストベッド *コンセント付き・ガス圧式跳ね上げ収納ベッド *国産BOXタイプ・棚・コンセント付きチェストベッド *シンプルチェストベッド *開閉タイプが選べる!ガス圧式跳ね上げ大容量収納ベッド 等々、各種取り揃えましてお客様のお越しをお待ち申し上げております。 お時間の許す限り、どうぞごゆっくりお選び下さいませ〜。 ありがとうございましたm(_ _)m


眠り姫からのオススメの大容量収納ベッド

大容量収納ベッドとは、大きく2つのタイプに分類できます。 1つ目は、ガス圧式の跳ね上げベッドです。 ガス圧のシリンダーによって、床板全体を持ち上げ、その下が収納スペースとなるベッドです。 マットレスを載せたままの床板も、ガス圧シリンダーによって、女性でも軽々と持ち上がります。 その収納スペースは、まさに巨大です。 2つ目は、ベッド下の引き出しと、床板の下に収納できるタイプです。 引き出しには、洋服、CD、バック、子供のおもちゃなど、しっかり収納できます。 床板の下には、長いカーペット、スポーツ用品、スーツケースなどの大物が収納できます。


大容量収納ベッドの良いところ

なんと言っても、巨大な収納スペースがお勧めです。 一人暮らしのワンルームでは、収納家具が不要ないくらいに収納できます。 狭いワンルームのスペースを有効活用するには、大容量収納ベッドが一番です。 生活に合わせて、ガス圧式か引き出し式かをお選びいただくようになります。


大容量収納ベッドの悪いところ

大きな収納スペースを確保する為、どうしてもベッドの高さが高くなってしまいます。 お部屋の中で大きな場所を占めるベッドの高さが高いと、お部屋の空間イメージが狭くなりがちです。 小さなお子様がいるご家庭では、高いベッドからお子様が落ちてしまう可能性もございます。 また、収納ベッド全般に言えることですが、ベッドに床板があり、マットレスの通気性が悪くなりがちです。 こまめにマットレスを反転させるなどの作業をお勧めいたします。


大容量収納ベッドを選ぶ理由

何故、人は大容量の収納ベッドを選ぶのでしょうか?
そんなに収納が欲しいのでしょうか?
選ぶ理由が知りたいというよりも、収納を欲しがる心理が知りたいです。

心理の話が出ましたが、大容量の収納ベッドを欲しいと思い、選ぶ理由は、
生活の習慣にも関係していると思います。
断捨離という言葉と共に、物を持たない、物を捨てるという事が流行しました。
その断捨離をしない、求めない方々が、物を収集し、収納を欲しがるのだと思います。
その収納を求める方々に響くのが、専用の収納ではなく、
ベッドの下に大きな収納スペースを設けるという、発想です。

今まで気にしていなかったスペースが、大容量の収納に変わるのです。
とても、良い考えです。
収納が欲しい方々には、魅力的な提案に映るでしょう。

きっと、大容量収納ベッドを選ぶ理由は、無駄にしていたスペースが使えるという
喜びから来るのだと思います。