新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

連結・家族ファミリーベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

通常のベッドとファミリーベッドの違いとは?

ご家族一緒にベッドでゆったり休みたいと考えている方には、
ファミリーベッドを選ぶのがおすすめです。
ファミリーベッドと通常のベッドの違いとして、
ベッド同士をしっかり連結できることがあげられます。
通常タイプのベッドを2台並べて設置したときには、
ベッドの間にすき間ができるため、マットレスの間も開きがちとなります。
その一方、ファミリーベッドはベッド同士を金具によってぴったり連結できますので、
快適な寝心地が得られます。
お子様がベッドの上を歩いてもベッドがずれてすき間が広がる恐れがないので、
ベッドの間に足が落ちる心配はありません。
ベッドのすき間がないため掛布団がベッドの間に落ちることもありませんから、
広々と快適に過ごせます。
すき間がないため、ベッドの間にホコリがたまりにくいのも、
お手入れが簡単で嬉しいですね。
また、幅広タイプのベッドを1台購入した場合、
お子様が成長したときベッドが広すぎるように感じることがあります。
そんなときでもファミリーベッドなら、
金具を外すことで別々に利用できますので、
長い期間活用することができますよ。




ファミリーベッドの組み合わせについて

ファミリーベッドはベッドの組み合わせ方次第で、さまざまに使えます。
シングルサイズを2つ組み合わせて2人で使うほか、
セミダブルを2つ並べれば、お子様と3人でも並んで寝ることができます。
また、お子様が小さなうちは添い寝をして、
将来的には子供部屋を作りたいと考えている場合、
シングルサイズとダブルサイズを組みあわてお子様と3人で使うのもよいでしょう。
こうしたケースでは、お子様が成長したときにシングルベッドを子供部屋に置いて、
ダブルサイズのベッドを夫婦で使うことができます。
お子様の成長とともにベッドを分離して、
それぞれの部屋で使えるため、無駄がありませんね。
さらに、ダブルサイズのベッドを2つ連結すれば、
お子様2人と夫婦のあわせて4人で眠ることもできます。
家族4人で添い寝できる安心感がありますし、
お子様が成長したときには、ダブルサイズのベッドのうち
一つは夫婦で使うことができるのではないでしょうか。
ベッドの長さには通常のサイズに加えて、
少し長めにできたロング丈・206cmの商品もあります。
背の高い方やゆったり休みたいという方はロング丈のものを選んでみてはいかがでしょう。




ファミリーベッドの収納やヘッドボードについて

ベッドを連結すると、寝室にそれなりにスペースを確保する必要がありますので、
空間を有効活用したいと考えている方も多いことでしょう。
ファミリーベッドのなかには、ベッドの側面や足元に引き出しがついたタイプがあります。
こうした商品を選べば、タンスのようにタオルや衣類を収納できて
寝室がすっきりまとまります。
2つのベッドの収納スペースをフルに活用するためには、
ベッドの両サイドや足元に引出し部分のスペースを確保しておくとよいでしょう。
また、脚付きのベッドではキャスターの付いた引出型の箱をオプションで付けられるものもありますので、
必要に応じて購入するのもよいですね。
目覚まし時計やスマートフォンなどの小物類の置き場所をつくりたいときには、
棚付きのファミリーベッドを選ぶのがおすすめです。
お子様のゲーム機を置いたりお気に入りの小物類を飾ったりするのにも便利です。
ファミリーベッドのなかにはヘッドボードがないものや、
ヘッドボードがソファのように柔らかい材質でできたものもあります。
ヘッドボードがないファミリーベッドは長さを抑えることができますので、
コンパクトに置けるのが魅力です。
また、ヘッドボードが柔らかければ、
小さなお子様がぶつかっても安心ですね。




ファミリーベッドを3つ組み合わせるメリットと注意点

お子様が一人いるご家族の場合、
3台のベッドを連結できるタイプのファミリーベッドを選ぶ方法もあります。
幅が100cmのシングルサイズのファミリーベッドを3台連結すれば、
300cmの横幅を確保することができるので、3人でのびのび体を伸ばして
休むことができますよ。
お子様が成長したときには1台のベッドを分離して子供部屋に設置し、
夫婦の寝室で横幅200cmの状態で使い続けることができます。
あるいは夫婦の寝室にあるベッドも並べて別々に設置することができますから、
ライフスタイルの変化に応じたレイアウトが可能です。
3台のファミリーベッドを組み合わせることで将来の
レイアウトのバリエーションが広がる一方、注意したい点もあります。
ベッド脇に引き出し収納がついた商品を選ぶ場合には、
真ん中のベッドのスペースが使えなくなってしまうことです。
3台を連結する場合には、両サイドのベッドについた収納だけでお部屋の収納を賄わなくてはなりません。
後から収納スペースが足りなくなって困らないよう、
あらかじめ収納したいものをリストアップして検討しておくとよいでしょう。




ファミリーベッドを購入する理由 について

ファミリーベッドとは、家族で眠れる大きなベッドの事です。
大きなベッドと言えば、ダブルサイズよりも大きなクイーンサイズや
キングサイズを思い浮かべると思います。
でも、キングサイズよりも大きなベッドがあるのです。
それがファミリーベッドです。
別名連結ベッドとも呼ばれています。
実際に、シングルサイズのベッドを2台連結したりして
大きなサイズにしているのです。

そのファミリーベッドを購入する理由とは何でしょうか?
一番の理由は、家族3人で、もしくは家族4人で一緒のベッドで眠りたい。
一緒に眠る。同じベッドで眠る。
最高の喜びですね。
同じ部屋に布団を並べて眠っても同じと思うかもしれませんが、
どうしてもベッドで眠りたい。
その気持ちがファミリーベッドを購入する理由です。

ファミリーベッドでの注意点があります。
連結ベッドの名前の通り、ベッドを連結して使うベッドなのですが、
どうしてもマットレスが1枚では無いのです。
2つのマットレスを並べて使用する事になります。
結果、真ん中の人はマットレスとマットレスの合わせ目部分に横になる事なります。
寝心地に一番関係が深いマットレスがちょっとうまくいかない部分なのです。




連結ベッド について 副店長からのお知らせでーす!

連結ベッドとは
ベッドフレームを二台以上つなげているベッド。

連結用のパーツを使って
がっちり
安全に、つなげているベッドも多数取り揃えております。

ベッドを二台並べて使いたい皆様へ。
ファミリー、カップル、ご夫婦、パートナー様同士で。
ベッドとベッドのあいだの隙間なく、ベッドを二台並べられます。

例えば、以下が目安です。
ご夫婦二人でお使いになる場合は、シングルベッド2台。
親子三人以上で眠りたい場合は、セミダブル、ダブルを並べる。
6畳のお部屋なら、シングルベッドや、セミダブルサイズを、2台。
10畳ですとダブルベッド2台。

きちんと連結すれば、ベッドが動いたり、ずれにくく、
小さなお子様が、寝返りを打っても、安心ですね。

生活のパターンは、ずっと同じじゃないから。
お子様は成長し、子供部屋で一人寝したり
やがて独立したり。引っ越したり。
せっかく使えるベッドがもったいない。

ライフスタイルが変化しても、
連結金具を外せば、対応できます。

広く使ったり、別々に使ったり。
分割して使えるのはナイスアイデアですよね。

ファミリーベッドとして使いたい皆様。
添い寝が必要な小さなお子様をお持ちの方々。
一人で眠れるようになってからも、
分割して子供用ベッドにしたい皆様。
子供たちが独立してベッドを切り離しても使い続けたい、
永く愛用したい皆様。
大きいベッドをお探しの皆様。

連結ベッドのサイズについて。
寝室の広さに合ったベッドの幅を検討いたしましょう。
つなげて使う場合ももちろんですが、
後々、分割して使う場合を想定しますと、
幅の広いベッドは、大きくて、場所も取る、ということです。
連結より分割のほうが、寝室の空間が必要ということ。
ベッドが置けなくなっては、困りますよね。
寝室の、ベッドを置ける場所を確保することが大事ですね。

横幅の最大が、
約280cmになる物もございます。
例えば、
シングルベッドとダブルベッドを並べる
横幅が約240cmになります。

お子様が一人寝できるようになりましたら
シングルベッドを子供部屋に使う。
ご両親さまは、ダブルベッドを使う。という分割の仕方。

大人二人と、お子様が二人の場合。
ダブルベッドとダブルベッド。

お子様が三人の場合は、
シングルサイズのベッドを一台、購入すると
寝返りにもゆとりを持ったサイズになりますね。

大柄な方、背の高い方、
小学生のお子様、など体格差によっても
必要な広さが違います。
ゆとりあるサイズにすると、快適な空間が確保でき、
だいぶ変わります。

ローベッド
活発に動き回る世代のお子様にも安心!
子供がベッドで遊んでいて、落下の心配がある方々へ。
安全面に配慮して、低い家具、低いベッドをという親御様へ。

ローベッドなら
寝室そのものに与える圧迫感が最小限に抑えられます。
大きな家具であるベッドの高さが低いと、
天井までの高さがあるからです。
お部屋が広く見えるのは、嬉しい!
寝室の雰囲気に合わせて、ベッドを選べるのも楽しい!
お好みのインテリアで、ステキな日々を!

レザーベッド。合皮ベッド。
フワフワしてる!
お子様がベッドの上でジャンプして遊んでしまっても、
ぶつかっても、怪我をしにくいタイプのベッドです。
クッション性のあるヘッドボードを採用しているからです。
ベッドフレームの角がとがって硬い木製のベッドに比べると
当たりが柔らかいので、安心なのです。
大人の皆様が足の小指をぶつけても、安心です!(笑)