新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

ベッド下収納

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ベッド下の引き出し収納 について

新しくベッドをご購入しようかとお考えのあなた。収納付きのベッドはいかがでしょうか。
ベッドはお部屋の中でいちばん大きなスペースをとる家具です。その分だけ使えるスペースも減ってしまいます。
そんなスペースを眠るだけでなく、他にも有効活用してみませんか。

収納付きベッドならベッド下のスペースを収納スペースとして利用できるので一石二鳥です。
そんなベッド下の収納にはいくつか種類があります。
その1つにベッド下に引き出しが付いたタイプがあります。引き出し式とチェスト式がありますが、ここでは引き出し式について説明します。

ベッド下に引き出しの付いたタイプはベッドのサイドに2杯の引き出しが付いたものが主流です。
引き出しはベッドの左右どちらにも取り付けられるようになっています。
収納力はチェスト式に比べると多少少なめになりますが、チェスト式よりもベッドの高さを低く抑えられるメリットがあります。ベッドが高くなると、ベッド上の空間が狭くなりお部屋に圧迫感が出てしまいます。

ベッド下収納付きで引き出し式のものは、収納は欲しいけどベッドは低い方がいいという方におすすめです。

ベッドはお部屋の雰囲気にも影響を与えます。特に引き出し収納付きのタイプは、引き出しの面を含めてフレームの面積が大きくなるので、より大きな影響があります。
引き出し収納のベッドはデザインも豊富に出ているので、色や柄、全体のデザインなどをよく見てあなたのお部屋に合うものを見つけてくださいね。引き出しもどのようなものを仕舞うかあらかじめ考えておくと、選びやすくなりますよ。

引き出し収納ベッドのデメリットとしては以下のような点があります。
ベッド下に収納の引き出しがある分、収納が無いベッドに比べてパーツが多くなり価格が高くなります。
コストを抑えるために、例えばウッド調のフレームで天然木を使用せず表面に木目のシートを貼った材料にするなどグレードを落とすこともあるので、選ぶ際は使われている材料もチェックしてみると良いでしょう。

またお客様組立品の場合は引き出しも組立てなくてはいけないので手間がかかります。組立に自信がない方や、時間が無い方は組立設置サービスの活用もご検討ください。

ベッド下の引き出しは床板の下に収納されるので、フロアのホコリが入りやすいということがあります。
仕舞いっぱなしになりそうなものはあまり入れない方が良いですね。




ベッド下収納 について

お部屋の荷物を片付けるのにベッド下に収納したい方は多いと思います。
一般的にベッドの下に収納するタイプには引き出し式やチェスト式、マットレスと床板が上に持ち上げる跳ね上げ式などがあります。
こうしたベッド下の収納の付いたベッドも良いですが、ここではあえてベッドした収納ではないタイプでも工夫次第で収納に活かせるというお話しをしたいと思います。

それではどうやってベッド下を収納に活かせるのか見てみましょう。
まずベッドの下に収納するには、床とフレームの間に空間がなければなりません。フロアベッドやローベッドなど床とフレームの間にスペースが無いタイプのものは当然ベッド下に収納することはできません。
収納として活用できるタイプのベッドには「脚付きベッド」「ロフトベッド」「脚付きマットレスベッド」があります。

脚付きベッド
フレーム自体に脚が付いたタイプのベッドです。カントリー調のウッディなベッドなどではフレームの四隅の木材をそのまま脚にしたデザインが多いですね。またフレームの下に円柱型の脚を取り付けるタイプをステーションベッドと言います。
このタイプのベッドは脚の長さを選べるモデルもあるので、ベッドの下の収納をどのくらい取りたいかで選ぶと良いですね。

ロフトベッド
ロフトベッドって秘密基地みたいでワクワクしませんか。ロフトベッドは2段で使えたり、高さを調整できてお部屋の空間を上手に使えるのが最大のメリットです。ベッド下の空間には収納はもちろん、ソファーやデスクを置いたりして、大人でも使えるタイプの多く出ています。一人暮らしやお部屋が狭いので、スペースを有効に使いたいという方に特におすすめです。

足付きマットレスベッド
フレームとマットレスが一体型になったベッドです。マットレスを外せるタイプもあります。ステーションタイプのような円柱型の脚を取り付けるだけで組立られるのは便利です。ヘッドボードやフットボードが無いので、シンプルな外観と圧迫感が少ないのも特徴です。

ベッド下の収納の使い方
せっかくスペースがあるなら上手に使いたいベッドの下収納。ちょっと下工夫で効率的な収納にできたり、おしゃれお部屋にな早変わり、なんてこともできちゃいます。

気をつける点としては、ベッド下収納は有効活用できるスペースですが、同時に心配なのは湿気やホコリの問題です。特にベッド下は湿気が溜まりやすいので、マットレスの湿気対策だけでなく、ベッド下の収納自体の湿気対策も大切です。
ベッド下収納に関する湿気対策は、天気の良い日に収納のふたや引き出しを全開にして風通しをすること。収納内にも除湿剤、や防虫剤などを入れて湿気を吸収する対策も撮りましょう。
またベッド下の収納はあまり使わない物ではなく、普段使いするものを中心に収納することで、空気の入れ替えが自然とできて、湿気が軽くなります。

使用する収納ケースでお好みの収納を。

プラスチックボックスを使う

湿気が気になる場合は、ふた付きのプラスチックケースにしまうのが安心です。プラスチック製の収納ケースなら湿気を持つこともなく、ホコリも防いでくれます。
さらに、キャスター付きのケースなどであれば、スムーズな取り出しができるためこまめな掃除や換気ができ、床下の湿気がこもることも防げます。不織布ケースや籐・竹などのかごケースは通気性が良い一方で、湿気を持ちやすく、ホコリがつきやすい点は注意が必要です。

ソフトボックスを使う
キャンバス地でできたソフトボックスを使うのもおすすめです。生地がしっかりしていて自立し、持ち手が付いているものは引き出すのも楽ちんです。通気性もあるので湿気がこもりにくい利点もあります。またプラスチック製のケースよりも優しい肌触りやデザインなので、お部屋の雰囲気にも馴染みやすく、見た目もオシャレです。

DIYで自作する
ベッドの下の収容に合うサイズのボックスがが見つからなかったり、好みのデザインが無いときは、オリジナルのベッド下収納アイテムをDIYする方法もあります。DIY初心者でも、ボックスにペイントしたり、キャスターを付けたり、簡単なアレンジで様々な楽しみ方ができます。

小さなひと手間や工夫をすることで、ベッド収納のデメリットは減らしていけるので、ご紹介した方法を実践してみてはいかがでしょうか。




ベッド下収納について

収納ベッドは、基本的にベッドの下に収納スペースがある為、全てがベッド下収納となるのですが、
ここでは、引き出しや跳ね上げ式の収納の為の機能がなく、単にベッドの下に空間があるベッドのことを指します。

ベッドの脚の長さを選ぶことで、高さを変えられる構造のベッドがあります。
収納したいケースの高さによって使い分けができます。
近年流行のロボット掃除機が入れる高さのベッドの脚もあります。収納に向きませんが、一つの選択肢です。

ベッドの下に収納することに、メリットとデメリットがあります。
メリットとして、部屋の中で一番大きな家具であるベッドの大きさを有効に利用できることです。
ベッドとして当然の大きさが、収納スペースに変わることで、部屋の中での場所の使い方が変わってきます。
デメリットとして、ベッドの下に物を置くことで空気の通りが悪くなり、湿気を逃す道が少なくなる点です。
どうしても、寝ている間に、汗をかき、マットレスに湿気が入り込みます。
その湿気を逃すのが、空気の動きなのですが、動きが悪口なるのが収納ベッドなのです。




副店長からお勧めです。★★★ベッド下収納★★★

こんにちは!!副店長でございまーす♪(^O^)♪
オススメ商品のご紹介ですっ!(゜∇゜)
★★★ベッド下収納★★★
収納場所を増やしたい…収納場所を確保したい…
ベッドの下の収納を使いこなしませんか?!
収納力を格段にアップして一気にお部屋をすっきりしましょう!
お部屋の中でごちゃごちゃと、行き場をなくしたものをすべてベッドの下に収納しましょう!
ベッド下なら、すっきりしまえる上に見渡せるからどこに何があるかが分かりやすくて取り出しやすいのです。
高いところにしまうと取り出しづらかったり届かなかったりする、
力の弱い女性やご高齢の皆様もシーツやじゅうたん等の大きなものを出し入れしやすく使いやすいのです。
もちろん、デザイン性を重視した大人っぽい安心感のあるもの、他の家具とマッチしやすいもの、温かみのある雰囲気のベッドもたくさんご用意しております。
ベッドを置きたいけどチェストが置けなくなる…とお困りの方にもオススメです。
商品の一例を申し上げますと
*棚・コンセント付き収納ベッド
*コンセント付き・ガス圧式跳ね上げ収納ベッド
*国産BOXタイプ・棚・コンセント付きチェストベッド
*開閉タイプ&深さが選べるガス圧式跳ね上げ収納ベッド
*多機能宮付き収納ベッド(デスク格納タイプ)等々
各種取り揃えましてお客様のお越しをお待ち申し上げております
お時間の許す限り、どうぞごゆっくりお選び下さいませ〜。
ありがとうございましたm(_ _)m




とても便利なベッド下収納

一人暮らし用のお部屋や狭い空間を利用した個室、子供部屋などでは収納スペースの確保に一苦労します。
そこでベッド下の空間を収納スペースにすることで、そうした狭い空間でも十分なキャパシティーの
収納スペースを確保できます。
ベッド下収納の利点は、狭い空間での収納スペースを確保できることの他に、
ベッド下という見えない空間にいろいろなモノを収納できることで、
お部屋の見た目をスッキリしたものにできますし、収納ベッドのタイプによってはかなり大きなものも入れられます。
各メーカーからも様々なタイプの収納ベッドがラインナップされており、
主にベッド下収納が引き出しタイプになっているもの、ベッドの床板を跳ね上げ式で持ち上げるタイプのもの、
そして高さを自由に調整できてベッド下収納をクローゼットのように活用できるロフト式タイプのものの
3つのタイプがあります。
それぞれ収納する方法に特徴があり、また部屋のレイアウトやコーディネートに合ったタイプの収納ベッドを選ぶことが大切です。
それではベッド下収納の活用法とお手入れ、便利な収納方法などについてご紹介しましょう。




それぞれのタイプに合った収納方法を知っておきましょう。

ベッド下収納のタイプは主に3種類あります。まずは引き出し型のベッド下収納。
収納ベッドのタイプとしてオーソドックスなタイプです。ベッドに備え付きの引き出しを利用してもいいですし、
自分でオシャレな使いやすい引き出しを買ってきて使ってもOKです。
収納を小分けにできるので整理整頓しやすいですが、ボックスのサイズに入らない大きなものは
収納しにくいというポイントがあります。

跳ね上げ式のベッドに多いベッド下が全て収納スペースとなるタイプでは、
大きなモノや長物も問題なく収納できます。ただし大きな空間の中にものを整理せずに放り込んでしまい、
グチャグチャの状態になりがちなので、自分でかごやパーテーションなどを買ってきてうまく収納していく工夫が必要です。

ロフト型のベッドでは、高さを自由に調整できるので、ベッド下収納をまるでクローゼットのようにして利用できます。
また机や家具を置くこともでき、部屋の空間としても利用できるので、
狭い空間を有効活用したい方にとっては非常に便利な収納ベッドだと言えます。
ただ高さがあるのでベッドへの出入りには注意しなければなりませんし、
ベッド使用時に圧迫感を感じないように天井の高さを十分考えたうえでベッドを選ぶ必要があります。




ベッド下収納での湿気・カビ対策

非常に便利なベッド下収納ですが、注意しなければならないのが湿気とカビへの対策です。
人間は一晩にコップ一杯分の汗をかくと言われており、こうした水分はベッドの下側へ溜まっていきますので、
ベッド下収納は放っておいたままにしておくと、湿度が上がりカビの発生しやすい状態になってしまいます。
そのため雑誌や本といった湿気に弱いモノを収納しておくと傷みやすいという場合が出てくるのです。

こういったベッド下収納の湿気対策はごく簡単なものですみます。
まずは定期的な「換気」が大切。布団やマットレスを天日干しし、ベッド下収納を開放して換気します。
その際にはベッド下収納に溜まったホコリなども掃除しておきましょう。
ホコリもカビの発生原因のひとつです。

そしてもう一つの簡単な湿気対策は「除湿剤」の活用です。
引き出しタイプのベッド下収納の場合は引き出しごとに除湿剤を入れておけばいいですし、
ベッド下収納の空間が大きい場合はマットレスとベッドの床板の間に敷くタイプの除湿剤やシートなどを
敷いておくことも有効です。シーズンオフのものやベッドの換えのシーツやタオルなどの湿気の多いものを
収納する場合にも除湿剤を使ったり、換気をこまめにしたりすることでベッド下収納のキレイな状態にキープできます。




ベッド下収納を有効活用するための工夫

ベッド下収納は湿気やカビに気をつけること、収納空間がグチャグチャにならないように
整理整頓しておくことなどに注意して利用すればすばらしい収納空間となります。
引き出しタイプの収納ベッドでは、多くの場合備え付けの引き出し収納を利用することになりますので、
収納するものを効率よく分けるためにパーテーションや小分けした収納ケースなどを利用してうまく収納したいものです。

ベッド下収納に思い切って自分独自の収納ケースなどを利用してみると、
用途や好みにあった様々な工夫もできますし、お部屋をスタイリッシュでオシャレな空間に
変えることもできておすすめです。例えば籐や木の素材でできたバスケット型の収納ケースは、
かわいらしい見た目で部屋にアクセントをつけることができます。
またキャスター式の収納ケースは、出し入れがしやすくて、すぐに使いたいものや重いものを
出すのに便利。掃除もしやすくて湿気対策にもなります。また蓋つきで密閉性の高い収納ケースは、
湿気やほこりも強く、衣類や紙類など湿気に弱いものを守ってくれます。トランク型の収納ケースなどは
見た目もオシャレで、ヨーロッパ映画の一場面のような雰囲気にお部屋を演出できます。