クイーンサイズベッドの大きさと選び方


クイーンサイズベッドを選ぶ際には、大きさや機能性、デザインなど様々な要素が重要になります。 まずは、クイーンサイズベッドの一般的な大きさについてご紹介します。 クイーンサイズのベッドは、マットレスが幅160cm、長さ195cmという大きさが一般的です。 このサイズは、カップルで寝るのに十分な広さがあり、一人で寝る場合はゆったりと寝ることができます。 また、クイーンサイズのベッドを選ぶメリットとしては、寝心地が良く、体のラインにフィットするため、疲れを取りやすくなる点が挙げられます。 選び方のポイントとしては、自分の寝相や好みに合わせた硬さや柔らかさ、耐久性やデザインなどを考慮することが大切です。

クイーンサイズベッドの大きさと選び方

目次

クイーンサイズベッドの一般的な大きさ
クイーンベッドを選ぶメリットとデメリット
クイーンベッドに合うシーツやマットレスの大きさ
クイーンサイズベッドの選び方のポイント
  ベッドサイズに注意
おすすめのクイーンサイズベッド3選
  モダンライト・棚・コンセント付きデザインフロアローベッド SPERANZA スペランツァ
  家族を繋ぐ大型マットレスベッド【ELAMS】エラムス
  モダンデザインローベッド【Masterpiece】マスターピース

店主のつぶやき クイーンサイズベッドの大きさと選び方 関連



クイーンサイズベッドの一般的な大きさ

クイーンサイズベッドの一般的な大きさは、どのくらいなのでしょうか?
クイーンベッドの寸法は、約横幅160cm×長さ約195cmです。
クイーンベッドの大きさは、大人2人でゆったりと眠れるサイズのベッドです。
シングルベッド(幅97cm×長さ195cm)の約1.6倍の大きさに相当します。
クイーンベッドは、ダブルベッド(幅140cm×長さ195cm)の大きさよりも20cm広く、キングベッド(幅180cm×長さ195cm)よりも20cm狭いです。
ダブルベッドでは狭く感じる場合や、キングベッドでは部屋に余裕がない場合には、クイーンベッドがおすすめです。
クイーンベッドのサイズはメーカーや商品によって若干異なることがあります。
ご購入前に必ず部屋とフレームの寸法をご確認くださいね。


クイーンベッドを選ぶメリットとデメリット

クイーンベッドを選ぶときには、メリットとデメリットを考えてみましょう。
クイーンベッドのメリットとは、何でしょう?大きさでしょうか?
大人の二人で並んで寝ても、快適な寝返りが打てます。
隣の人にぶつかりにくいので、気を遣わないで、健康的に安眠可能です。
パーソナルスペースが広いので、質の高い睡眠につながるのです。
シングルベッドを2台買うよりも、クイーンサイズベッドは、コスパが良いです。
クイーンサイズなら、マットレスやシーツなどの寝具が、ネットでも店頭でも手に入れられます。
お気に入りの素敵なベッドリネン、カバーをお探しくださいね。
クイーンベッドのデメリットとは、何でしょうか?サイズの大きさでしょうか?
クイーンサイズベッドは、大きなベッドです。
部屋の大半を占めてしまいます。
部屋には、十分なスペースが必要になります。
ベッド購入前に必ず、部屋や配置されてる家具を計測してくださいね。
クイーンベッドフレームやマットレスなどの重量そのものが、重いです。
大人一人でも安全に支えたり運んだりするのは難しいでしょう。
引越しや移動、模様替えが大変です。
体温や寝相などのお互いの相性が悪い場合には、不快感を感じることが多くなってしまいます。


クイーンベッドに合うシーツやマットレスの大きさ

クイーンベッドに合うシーツやマットレスの大きさとは、どのくらいなのでしょうか?注目してみましょう。
クイーンベッドのサイズは、約横幅160cm×長さ約195cmです。
クイーンベッドに合うシーツやマットレスの大きさは、幅160cm、長さ200cmです。
メーカーや商品によっては、幅が155cmや165cmだったり、長さが195cmや205cmだったりする場合もあります。
クイーンベッドを購入するときは、事前に、必ずマットレスの寸法をご確認ください。
シーツには、フラットシーツとボックスシーツの2種類があります
クイーンベッドでは、ボックスシーツがおすすめです。
フラットシーツは端がめくれやすいので、ベッドメイキングが面倒です。
ボックスシーツは、マットレスの厚みまでカバーできるので、すっきりとしたまとまって、見た目になります。
ボックスシーツもマットレスの厚みによってサイズが異なる場合があります。
ボックスシーツを購入するとき、大きさだけではなくマットレスの厚みも確認してください。


クイーンサイズベッドの選び方のポイント

クイーンサイズベッドの選び方のポイントとは、何でしょう?
クイーンサイズベッドは、大人2人でゆったりと寝られるサイズのベッドです。
一般的には、約横幅160cm×長さ約195cmです。
メーカーや商品によっては、幅170cmや長さ205cmなどのバリエーションもあります。
クイーンサイズベッドを選ぶとき、部屋の大きさを事前に必ず、計測してください。
クイーンサイズベッドを置くためには、最低でも、6畳程度のスペースが必要です。
6畳では窮屈な感じになる可能性が高いので、できれば8畳以上の部屋だと快適です。
クイーンベッド以外に、家具を置くかどうかも考慮しましょう。
ナイトテーブル、チェスト、ドレッサーなどを置く場合は、その寸法も加味して余裕を持って配置しましょう。
クイーンサイズのベッドには、豊富なフレームやマットレスがあります。
ベッドフレームは、木製や金属製など素材やデザインが豊富で、収納付きや引き出し付きなど、機能性も高いものが多いです。
マットレスは、ポケットコイル、ボンネルコイルなどのコイルタイプやメモリーフォームやラテックスなどの素材タイプがあります。
クイーンサイズベッドは大きい分、寝心地や耐久性も重要なポイントです。
寝心地は、マットレスの硬さや反発力に影響されます。
硬すぎると、体圧分散が悪く、血行不良を招きます。
柔らかすぎると姿勢が崩れて、腰痛などが起きやすいです。
一般的には、中硬〜硬め程度が、おすすめです。
反発力は、コイル数や素材密度に影響されます。
反発力が高いと身体をしっかり支えてくれます。
低いと沈み込み感があります。
お好みや体格に合わせて大きさを選ぶことが大切です。

ベッドサイズに注意

クイーンサイズベッドの選び方のポイントは、ベッドサイズに注意する事です。
ベッドサイズとは、フレームの最大長、最大幅の事です。
ベッドサイズに注意する事で、キング、ダブルと言った大型ベッドも選ぶことができます。
キング、ダブル共に、ベッドサイズを確認する事が大切です。
幅については、キングが180cm幅、クイーンが160cm幅、ダブルが140cm幅です。


おすすめのクイーンサイズのベッド3選

おすすめのクイーンサイズベッドはどんな商品でしょうか?
3つご紹介いたします。

モダンライト・棚・コンセント付きデザインフロアローベッド SPERANZA スペランツァ

  • フロアローベッド SPERANZA スペランツァ
  • フロアローベッド SPERANZA スペランツァ
モダンライト・棚・コンセント付きデザインフロアローベッド SPERANZA スペランツァ

大人のおしゃれな部屋に映えるインテリアとしてのベッド。
大きく広く、安らげるモダンなクイーンローベッドです。
マットレスを小さめにセットしたら、ベッドサイドにスペースができ、ミニテーブルのよう。
クイーンサイズベッドの大きさは、約横幅160cm×長さ約195cmです。
ご夫婦、ペット、小さなお子様と添い寝に向いています。
枕元には、2灯の照明、ひとくちコンセントが付属。
スマホの充電や、ドライヤーや掃除機も使えます。
低いデザインのクイーンベッドなので、圧迫感が少ない。
余裕のあるエレガントなくつろぎ空間が演出できます。
シングル、セミダブル、ダブル、クイーンのサイズがあります。
残念ながら、キングサイズはありません。

家族を繋ぐ大型マットレスベッド【ELAMS】エラムス ダブル

  • 大型マットレスベッド【ELAMS】エラムス
  • 大型マットレスベッド【ELAMS】エラムス
家族を繋ぐ大型マットレスベッド【ELAMS】エラムス

ご家族皆様が、ダイノジになって眠れる頼マットレスベッド。
大きく寝返りを打てる!
パートナー様同士でも、広く安らげる!
絵本の読み聞かせも楽しいですね。
クイーンサイズベッドの大きさは、
約横幅160cm×長さ約195cmです。
パートナー様同士、小さなお子様と添い寝に、ぜひ!
一緒にいたら、心がほっと安らぎますね。
ご家族そろって、豊かなリラックスタイム。
お子様が大きくなったら、ベッドは分割してご利用できます。
ヘッドボードの無いタイプですので、省スペース。
お掃除もしやすく、いつも綺麗な寝室を保てます。
クイーンサイズ、キングサイズ、ワイドキングサイズがあります。

モダンデザインローベッド【Masterpiece】マスターピース

  • ローベッド【Masterpiece】マスターピース
  • ローベッド【Masterpiece】マスターピース
モダンデザインローベッド【Masterpiece】マスターピース

ゆったりリラックスタイムを過ごせるクイーンベッド。
クイーンサイズベッドの大きさは、約横幅160cm×長さ約195cmです。
パートナー様同士、小さなお子様と添い寝に、ぜひ!
優雅さと上質感を自宅で味わえます。
本物のような美しいウォルナット柄の素材です。
木肌の温もりが伝わってくるようです。
開放感のある低いタイプのデザインです。
日本人に馴染みやすい、低い生活が実現します。
ゆったりとした時間を過ごせます。
マットレスのサイズを変えれば、ステージタイプにもなります。
マグカップやスマホなどもベッドサイドに置けます。
床板は、風通しの良いすのこ状になっています。
クイーンサイズ、キングサイズのフレームです。


クイーンサイズベッドの大きさに関して

クイーンサイズベッドは広々としたスペースを提供するため、快適な睡眠環境を作ることができます。以下にクイーンサイズベッドの大きさに関する情報をまとめました。

1. クイーンサイズベッドの幅(大きさ)

クイーンサイズベッドは、一般的にマットレスの幅が160cmです。この幅は、寝るスペースを広く取ることができるため、個人の快適な睡眠を提供します。クイーンサイズベッドの幅は、シングルベッドやダブルベッドに比べて広く、カップルや一人で寝る方に最適な選択肢です。

広い寝るスペースは、自由な体の動きや転回を可能にし、よりゆったりとした眠りを実現します。また、パートナーと一緒に寝る場合でも、十分なスペースがあるため、快適な睡眠を共有することができます。

クイーンサイズベッドの幅が160cmであるため、一般的な日本の寝室のサイズにも比較的適しています。部屋の大きさに合わせて、クイーンサイズベッドを選ぶことで、調和の取れたインテリアを実現できます。

また、ベッドフレームやヘッドボードのデザインによっては、マットレスの幅よりも広くなる場合もありますので、ご購入の際には商品の詳細な寸法を確認することをおすすめします。

2. マットレスの幅が160cm

クイーンサイズベッドのマットレスの幅は一般的に160cmです。この幅は、広々としたスペースを提供し、快適な睡眠をサポートします。

マットレスの幅が160cmという大きさは、個人の寝るスペースを確保するために十分な大きさを持っています。一人で寝る場合は、体を広げて自由に動けるため、くつろぎながら眠ることができます。また、カップルで使用する場合でも、両側にゆとりがあり、寝返りを打つ際にも相手を気にせず快適に眠ることができます。

マットレスの幅が160cmという適度な大きさは、寝返りの回数を増やし、寝姿勢を調整することで快適な睡眠を促進します。また、体の圧力を分散させることで体圧を軽減し、疲労回復をサポートする効果もあります。

さらに、マットレスの幅が160cmというサイズは、一般的な寝室のスペースにも適しています。部屋の配置や他の家具との調和を考えながら、クイーンサイズベッドを配置することで、快適な寝室環境を実現できます。

クイーンサイズベッドの大きさマットレス幅が160cmという特徴は、快適な睡眠体験を求める方にとって魅力的な選択肢となります。

3. クイーンサイズベッドとシングルベッドとの大きさ比較

クイーンサイズベッドとシングルベッドの大きさを比較すると、以下のような違いがあります。

サイズの違い: シングルベッドは一般的に幅90cm程度ですが、クイーンサイズベッドは幅160cmです。シングルベッドよりもクイーンサイズベッドは幅広であり、個人の寝るスペースが広がります。

快適さの違い: シングルベッドは一人で寝る場合に適していますが、クイーンサイズベッドは一人で寝る場合でもよりゆとりがあります。クイーンサイズベッドの広いスペースは、自由な寝返りや体の動きを可能にし、快適な睡眠を提供します。

カップル利用の違い: シングルベッドは一人用のベッドであり、カップルで使用するには狭く感じることがあります。一方、クイーンサイズベッドはカップルでの使用に適しており、両側にゆとりがあります。パートナーと一緒に寝る際にも、快適なスペースを確保することができます。

部屋の配置の違い: シングルベッドはコンパクトなサイズであるため、部屋のスペースを有効に活用できます。一方、クイーンサイズベッドは幅広であるため、部屋のサイズや配置に合わせて配置する必要があります。部屋の大きさとクイーンサイズベッドの調和を考えながら、最適な配置を検討しましょう。

以上のように、クイーンサイズベッドとシングルベッドはサイズや利用目的において異なる特徴を持っています。個人の好みや使い方、部屋の大きさなどを考慮して、最適なベッドサイズを選ぶことが重要です。

4. クイーンサイズベッドとキングサイズベッドとの大きさ比較

クイーンサイズベッドとキングサイズベッドの大きさを比較すると、以下のような違いがあります。

サイズの違い: クイーンサイズベッドのマットレスの幅は約160cmですが、キングサイズベッドのマットレス幅はより広い約180cmになります。キングサイズベッドはクイーンサイズベッドよりも幅広で、寝るスペースがさらに広がります。

快適さの違い: キングサイズベッドは非常に広いスペースを提供するため、寝返りや体の動きが自由にできます。クイーンサイズベッドも広いスペースを持っていますが、キングサイズベッドほどのゆとりはありません。カップルや寝返りを多くする方にとって、キングサイズベッドは快適性を高めることができます。

部屋の配置の違い: キングサイズベッドは広いスペースを必要とするため、部屋のサイズや配置に制約が生じることがあります。一方、クイーンサイズベッドはキングサイズベッドよりもコンパクトで、一般的な寝室の配置に適しています。部屋の大きさやレイアウトに合わせて、ベッドの選択を検討しましょう。

カップル利用の違い: クイーンサイズベッドは一般的にカップルでの使用に適していますが、キングサイズベッドはさらにゆとりのあるスペースを提供します。カップルで快適に眠りたい場合や、子供と一緒に寝る場合には、キングサイズベッドがより適しているかもしれません。

以上のように、クイーンサイズベッドとキングサイズベッドはサイズや利用目的において異なる特徴を持っています。個人の好みや使い方、部屋の大きさなどを考慮して、最適なベッドサイズを選ぶことが重要です。

5. ダブルベッドとの大きさ比較

クイーンサイズベッドとダブルベッドの大きさを比較すると、以下のような違いがあります。

サイズの違い: クイーンサイズベッドのマットレスの幅は約160cmですが、ダブルのマットレスの幅は約140cmです。クイーンサイズベッドはダブルベッドよりも幅広で、より広いスペースを提供します。

快適さの違い: クイーンサイズベッドは広いスペースを持っているため、一人で寝る場合や二人で寝る場合に快適さを実感できます。一方、ダブルはやや狭いスペースですが、一人で使用する場合には充分な大きさを提供します。

部屋の配置の違い: クイーンサイズベッドは広めのスペースを必要とするため、部屋のサイズや配置に制約が生じることがあります。ダブルはコンパクトなサイズであり、一般的な寝室の配置に適しています。

カップル利用の違い: クイーンサイズベッドはカップルでの使用に適しています。十分なスペースがあり、快適に眠ることができます。一方、ダブルは二人で寝る場合にはやや狭く感じることがあるかもしれません。

以上のように、クイーンサイズベッドとダブルベッドはサイズや利用目的において異なる特徴を持っています。一人で寝る場合やカップルで使用する場合、また部屋のサイズや配置によって適切なベッドサイズを選ぶことが重要です。

6. ベッドフレームとの関係

クイーンサイズベッドとベッドフレームの関係について説明します。

ベッドフレームはベッドの土台部分であり、マットレスやベッドベースをサポートする役割を果たします。クイーンサイズベッドに適したベッドフレームは、クイーンサイズの寸法に合わせて設計されています。

以下に、クイーンサイズベッドとベッドフレームの関係についてのポイントをまとめました。

寸法の一致: クイーンサイズベッドの幅は約160cmですので、対応するベッドフレームもそれに合わせた幅を持つ必要があります。適切なベッドフレームを使用することで、ベッドの安定性やバランスを保つことができます。

デザインの調和: ベッドフレームはベッドの外観やスタイルに大きな影響を与えます。クイーンサイズベッドにはさまざまなデザインのベッドフレームがあり、お部屋のインテリアと調和するような選択が可能です。素材やカラー、デザインの面から、ベッドフレームとクイーンサイズベッドを組み合わせて理想的な寝具空間を作り上げることができます。

サポートと安定性: ベッドフレームはマットレスやベッドベースをしっかりとサポートし、安定性を提供します。クイーンサイズベッドは大きなサイズのため、適切なベッドフレームを選ぶことで、快適な寝具環境を実現することができます。

機能性の追加: ベッドフレームにはさまざまな機能が備わっていることがあります。たとえば、収納スペースやヘッドボードに組み込まれた照明などがあります。自分のニーズや好みに合わせて、機能的なベッドフレームを選ぶことで、使い勝手の良い寝具空間を実現することができます。

7. 部屋のサイズとの調和

クイーンサイズベッドの選び方において、部屋のサイズとベッドの大きさの調和は重要な要素です。以下に、部屋のサイズとクイーンサイズベッドの調和を考える上でのポイントをご紹介します。

スペースの確保: クイーンサイズベッドは広めのサイズを持つため、お部屋のスペースを適切に確保する必要があります。ベッドを配置する前に、お部屋のレイアウトや家具の配置を考慮し、ベッドを置くスペースを計測しましょう。周囲に適切なスペースを確保することで、移動や掃除のしやすさも考慮できます。

バランスの取れた配置: クイーンサイズベッドは大きな存在感を持つため、部屋の他の家具やデザイン要素とのバランスを考えることが重要です。ベッドの配置は、部屋の形状や窓の位置、ドアの開閉方向などを考慮して行いましょう。また、ベッドフレームやヘッドボードのデザインも部屋のスタイルに合わせて選ぶことで、統一感のあるインテリアを作り出すことができます。

開放感と通気性: クイーンサイズベッドを配置することで、部屋の中に広々とした開放感を演出することができます。また、ベッド周りの空間を確保することで、十分な通気性を確保することも重要です。ベッドと壁や他の家具の間に適切なスペースを設け、風通しを良くすることで、快適な寝具環境を作り出すことができます。

色や素材の選択: 部屋のサイズとの調和を考える上で、ベッドの色や素材も重要な要素です。明るい色や軽やかな素材のベッドを選ぶことで、部屋全体の明るさや軽やかさを引き立てることができます。また、部屋が狭めの場合には、明るい色やミラーなどの反射効果を活用して、広がりを演出することも

8. クイーンサイズベッドの寸法(大きさ)

クイーンサイズベッドの寸法(大きさ)について説明します。一般的なクイーンサイズベッドの寸法は以下の通りです。

幅: クイーンサイズベッドの幅は約160cmです。この幅はマットレスの幅を指しており、ベッドフレームやヘッドボードを含めた全体の幅はそれ以上になる場合があります。広めの寸法を持つため、ゆったりとした寝具空間を提供します。

長さ: クイーンサイズベッドの長さは一般的に約200cmです。これにより、身長が高い方でも快適に伸び伸びと寝ることができます。ただし、ベッドフレームやヘッドボードの形状や装飾によって長さが異なる場合がありますので、購入する際には確認が必要です。

高さ: クイーンサイズベッドの高さはベッドフレームやマットレスの厚さによって異なります。一般的には地面からベッドの上面までの高さを指し、快適な出入りや寝返りがしやすい高さが求められます。また、ベッドフレームのデザインや脚の高さによっても変化しますので、選ぶ際には自身の好みや使用環境を考慮しましょう。

クイーンサイズベッドは広めの寸法を持ちながらも、一般的な日本の寝室サイズにも比較的適しています。しかし、お部屋のサイズや他の家具との配置を考慮する必要があります。ベッドを配置する前に、お部屋のレイアウトやスペースを十分に計測し、クイーンサイズベッドが適切に収まるかどうかを確認しましょう。

以上がクイーンサイズベッドの一般的な寸法に関する情報です。ご購入やお部屋のレイアウトを検討する際には、具体的な製品やメーカーの仕様を参考にしながら、自身の好みや使用環境に最適なサイズを選ぶことをおすすめします。

9. クイーンサイズベッドの使用感

クイーンサイズベッドの使用感について説明します。クイーンサイズベッドは広めの寝具スペースを提供するため、快適な睡眠体験を実現します。

スペースの大きさ: クイーンサイズベッドは幅約160cmの大きさを持ちます。この大きさは、一人でゆったりと寝る場合や二人で寝る場合にも適しています。十分なスペースを確保することで、寝返りを打ちやすくなり、体圧分散にも優れています。

快適な寝具の使用: クイーンサイズベッドにはマットレスが使用されます。マットレスは体を支える役割を果たし、寝心地や快適性に大きく影響します。クイーンサイズベッドには、様々な種類のマットレスが選べますので、自分の好みや体の状態に合わせて適切なマットレスを選びましょう。

二人での使用に適している: クイーンサイズベッドは、カップルやパートナーと一緒に寝るのに最適なサイズです。広い寝具スペースを確保することで、快適に眠ることができます。また、マットレスの中央に仕切りがある場合、寝返りや体の動きが別々になるため、互いの動きによる影響を受けにくくなります。

隣接する家具との調和: クイーンサイズベッドは一般的な日本の寝室サイズにも比較的適していますが、お部屋のサイズや他の家具との配置に注意が必要です。ベッドの配置や選ぶフレームのデザインによって、お部屋全体のバランスや調和を考慮しましょう。

クイーンサイズベッドは広めの寝具スペースと快適な使用感を提供するため、多くの人々に愛されています。


キングサイズベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

ダブルベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

ベッドフレーム おすすめ商品

右矢印
左矢印

店主のつぶやき クイーンサイズベッドの大きさと選び方 関連


関連する商品グループ


ページトップ