ショートベッド・短いベッドについて


ショートベッドとは、マットレスの全長が180cm程度のベッドを指します。
一般的なマットレスは、全長が195cm程あります。
小柄な女性、お子様向けに、短いベッドが開発されました。
短いベッドには、どのような利点があるのでしょうか。 同時に欠点はあるのでしょうか。 ベッドを販売し15年以上となる店主が解説します。


ショートベッド・短いベッドについて

ショートベッド・短いベッドとは

短いベッド、ショートベッドとは、どのようなベッドなのでしょうか。
まずは、その概要を解説していきます。

ベッドフレームとは、マットレスを載せる台です。
その台の全長が短いベッドの事をショートベッドと呼んでいます。
通常フレームに載せるマットレスの全長は、195cm程度です。
ショートベッドの場合、マットレスの全長が180cm程度と15cm短い仕様です。

短いという事は、長身の男性が使うと脚が出たり、フレームにぶつかったりしますが、
小柄な女性やお子様であれば、ちょうど良い長さになります。

ショートベッド・短いベッドの利点について

ショートベッドの最大の利点は、全長が短い事による、設置面積の小ささです。
全長が短いため、一般のベッドは配置出来ない場所にも設置出来ます。
設置面積が小さくて済む分、部屋のスペースをその他に有効利用出来ます。
無駄に長いマットレスは、不要なのです。
通常のフレームでは入らないスペースにも、ショートベッドであれば、設置出来るのが嬉しいですね。
しかも、部屋の使えるスペースが増えるんです。
15cm短いフレームなら、幅が狭い棚を置いたり、その分広く部屋を活用できます。

ショートベッド・短いベッドの欠点について

短いベッドの欠点は、何と言っても、大きさが一般的ではないので、ボックスシーツや敷きパットが入手しにくい点です。
この欠点は、当サイトで専用のボックスシーツ、敷きパットを販売しているので大きな問題ではありません。
また、ショートベッドのマットレスも一般には販売していないサイズです。
フレームは問題なく使い続けても、マットレスは消耗します。
コイルがへたってしまうのです。バネガ弱くなり、腰の部分などがへこむ現象です。
マットレスだけを買い替えようとしたとき、なかなか見つからないかもしれません。



店主のつぶやき ショートベッド/短いベッド編

ショートベッド、短いベッド
【セミダブルサイズ】おすすめショートベッド(短いベッド)
子供部屋には子供用ベッドではなく、大人用ショートベッドを!
短いベッドのおすすめポイント
ショートベッドを使った生活のイメージ
ショートベッド・短いベッドとは?
【組立設置付】お客様の組立不要・すぐに使える組立設置付きショートベッド(短いベッド)がおすすめ
副店長からの短い・ショートベッドのご紹介【2013年版】
副店長からのおすすめショートベッド
【セミシングルサイズ】おすすめショートベッド(短いベッド)
チェストタイプのショートベッド
店主がお勧めするショートベッド3選
ショートベッド・短いベッドについて
収納付きショートベッド
ショートベッドの種類
短いベッドを使う時の問題と、対応について
ショートベッドを選ぶ理由
脚付きタイプのショートベッド
マットレスタイプのショートベッド
店主がお勧めするショートベッドのチェストベッド3選
ショートベッドの選択肢1
ロータイプのショートベッド
おすすめのショートベッド(短いベッド)と間違えない選び方【2021年版】
【おしゃれ】デザイン性にこだわったショートベッド(短いベッド)
小さいベッドとショートベッドの違い
店主がおすすめするショートベッドの格安ベッド3選
一人暮らしのワンルームにショートベッド チェストタイプ
ショートベッドの選択肢2
ショートベッドを買ったらしたい!オススメのオプション
ショートベッドのメリットデメリット
【低価格】コスパ抜群の格安ショートベッドドおすすめ
ショート丈セミシングルベッド について
小柄な女性用としてのショートベッド
長さが短いベッド
ショートベッドの選び方


関連する商品グループ


ページトップ