ダブルベッドのサイズ表|セミダブルなどとの大きさの違いや選び方を解説

ダブルベッド 売上ランキング



ダブルベッドについて知りたいことは、大きさの種類や選び方、ベッドフレームの種類や特徴、寝室のコーディネートのアイデアなどがあります。
ダブルベッドのサイズ表として、横幅と長さがあります。一般的な寸法は、横幅140cm、長さ195cmです。
ダブルベッドには、マットレスの種類や硬さ、ベッドフレームのデザインなども関係してきます。
自分のライフスタイルや好みに合わせて選びましょう。
ダブルサイズに合わせて、寝室のコーディネートも考えましょう。
ダブルサイズは、カップルや一人暮らしにおすすめサイズです。




ダブルベッド おすすめ商品

ダブルベッドのサイズ表(寸法表)

ベッドを購入する際に悩むのがサイズ(寸法)でしょう。広いに越したことはありませんが、住宅事情や部屋の広さによっても選択肢が変わります。 ベッドにはさまざまなサイズがあるため、寝る人数や部屋のレイアウトなどを基準に、適切な大きさを見極める必要があります。

本記事ではダブルベッドの購入を検討している方に向けて、ベッドのサイズ(寸法)を紹介するとともに、セミダブルサイズとの違いや、 ダブルベッドの大きさ、適したベッドの選び方も解説しますのでどうぞご活用ください。


ダブルベッドサイズ(寸法)とは

ダブルベットサイズ表

ダブルベッドサイズ(寸法)は使用するマットレスが横幅140cm×長さ195cmで、標準的な体型の大人2人が眠ることを想定した大きさです。 以下に、一般的な種類のベッド(セミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング)のサイズ(マットレスのサイズ)を紹介します。

サイズの種類  横幅(寸法)
セミシングル  約80〜90cm
シングル 約90〜100cm
セミダブル 約120cm
ダブル 約140cm
クイーン 約160cm
キング 約180〜200cm


合わせて読みたい店主のつぶやき ダブルベッドチェストタイプ【引き出しがたくさん付いているベッドは箪笥と何が違う?】

ダブルベッドチェストタイプ【引き出しがたくさん付いているベッドは箪笥と何が違う?】
ダブルベッドチェストタイプ【引き出しがたくさん付いているベッドは箪笥と何が違う?】


  • 高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド Hrymr フリュム
  • 高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド Hrymr フリュム
高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド Hrymr フリュム

ベッドサイズの選び方を紹介

ダブルベッドを購入する場合、ダブルにするかセミダブルにするか、あるいは広めのクイーンにするかなどで悩まれる方は多いでしょう。 部屋の大きさにも関係してきます。 そこで、それぞれのベッドサイズの特徴と向き不向きを解説します。

ダブルベッドが適している人

ダブルベッドは「シングルベッドの2倍の横幅がある」と勘違いしている方もいるかもしれませんが、そうではありません。 シングルベッドのマットレスは横幅は約90〜100cm、ダブルベッドのマットレスは横幅140cmです。 したがって、ダブルベッドはシングルベッドの大体1.5倍程度の幅ということになります。

シングルベッドが大人一人が寝返りを打っても、落ちずに熟睡できる横幅であることを考えると、2人でダブルベッドを使用する場合、十分な横幅があるとはいえません。痩せている夫婦やどちらかが細身である夫婦、体をくっつけても熟睡できる夫婦なら大丈夫でしょう。

しかし標準体型よりも大きい夫婦や、夫婦2人の間に子どもを挟んで寝る場合などは、窮屈さを感じる可能性があります。

ダブルベッドは一人の親と小さな子どもが添い寝したいとき、あるいは広々としたベッドに一人で寝たい人に適しています。 シングルベッドとダブルベッドでは、約40cmの幅の違いがあります。 セミダブルとダブルベッドは、20cmの違いがあります。

セミシングルサイズが適している人

ベッドメーカーによって多少サイズが異なりますが、セミシングルベッドの横幅は約80〜90cmです。 セミシングルベッドの横幅であるものの、長さが多少短いサイズのベッドはジュニアサイズと呼ばれることもあります。

大人が寝るベッドとしてはコンパクトに作られているため、「部屋との兼ね合いでシングルベッドは置けないけれども、多少狭くてもいいのでベッドで眠りたい」という人におすすめのサイズです。

セミシングルベッドは、部屋が狭い方、細身の方や女性、子どもにもおすすめです。標準体型以上の方にとっては、窮屈で一時的な仮の寝床ならいいですが、毎日となると厳しいと思われます。 シングルベッドよりも約10cm程度狭いだけですが、実際に寝てみるとこの差は案外大きいと感じられるでしょう。

セミシングルは一番小さなベッドサイズです。 セミシングルとシングル差は20cm程度です。 セミシングルとセミダブルは40cmの差があります。

シングルベッドが適している人

シングルベッドは大人一人が眠ることを想定したごく標準的なサイズで、横幅は約90〜100cmです。 セミシングルより一回り大きく、セミダブルより一回り小さなベッドです。 シングルサイズは標準体型よりもやや大きめの方でも問題なく使えるサイズ感です。 一般的なシングル布団の大きさに準拠したサイズ感のため、シングルベッドなら寝室や子ども部屋などに無理なく置けるでしょう。

ホテルの部屋のツインルームのように、シングルベッドをそれぞれ一つの部屋に離して置いたり、2台を並べて置いたりさまざまな使い方が考えられます。

ワンルームの部屋でも、収納つきのシングルベッドなら大容量の収納スペースが生まれます。 夫婦で、夜勤や交代制勤務などで生活時間帯が合わない場合、別々のシングルベッドで眠るのがおすすめです。

転勤が多い夫婦も、転居先の搬入や部屋の広さに悩まずに済むフレキシブルに対応できるシングルベッドが適しています。 シングルサイズは、一人用の意味合いが強いですが、並べて使用する事で、2人ではなく、お子様と3人で眠る事も出来ます。 シングルサイズのマットレスは、横幅が98cm程度です。
シングルサイズは、寝具の基本サイズです。 ベッドに限らず、布団、シーツ、全てにシングルサイズがあります。

セミダブルベッドが適している人

セミダブルベッドはダブルベッドとシングルベッドの中間の大きさで横幅120cmあり、セミダブルとダブルの違いはダブルより20cm狭くなっています。

狭めの2人用と考える方もいるかもしれませんが、セミダブルの横幅では毎日大人が2人で眠るのには適していません。 セミダブルベッドの用途はあくまでも一人用であり、シングルベッドが手狭に感じる人のお部屋におすすめのサイズです。

ワンルームでも8畳以上ある広めの部屋なら十分に置けます。セミダブルベッドは、生活空間を広めに取るより、ゆったりした睡眠を重視したい人にもおすすめの大きさです。

また、シングルベッドからよく落ちそうになる方、寝返りの回数が多い方にも、筋肉が緊張せずリラックスして眠れるのでおすすめです。 どちらかが大きめ体型の夫婦の場合、セミダブルベッドとシングルベッドの組み合わせがよいでしょう。

シングルとセミダブルの差は20cm程度。

クイーンベッドが適している人

ダブルベッドの1段階、大きいサイズのベッドがクイーンベッドです。 マットレスの横幅は160cmあるため、大人2人がゆったりと眠ることができます。 シングルベッドを2台並べるよりは狭いものの、一人あたり80cmのスペースがあるため、お互いの寝返りにも窮屈さは感じないでしょう。

このぐらいの広さがあれば、大人の間に子どもを挟んで川の字で寝ることもできます。

ただしクイーンサイズともなると、シングルベッドやセミダブル、ダブルベッドのような多彩な選択肢がありません。 設置する部屋の大きさも測定する必要があるでしょう。 家具店の店頭で数多くの種類を取り揃えて並べていることは少ないでしょう。 通販サイトで探した方が選択肢の幅は広がります。

クイーンベッドを購入するときは運搬時のサイズも確認して、通路や階段、玄関、エレベーターなどを問題なく通れるか確認しておきましょう。 同時に、部屋の大きさとクイーンベッドの寸法も確認しておく必要があります。 シングル、セミダブルはまだ良いですが、クイーンとなると搬入できるかどうかの問題が出てきます。
シングルとクイーンの差は80cm程度、セミダブルとクイーンの差は40cmです。

キングベッドフレームが適している人

ベッドサイズの中で最大のキングベッドは、約180〜200cmも横幅があり、シングルベッド2台を並べた分の余裕ある広さが魅力です。 部屋の中での存在感もひときわ大きく、少なくとも8畳以上の部屋でないと圧迫感があるでしょう。
そもそも一体型のキングベッドはクイーンベッド同様に商品の選択肢が少なく、重たいマットと寝具を支えるためしっかりしたフレームが必要で価格も高価になりがちです。 連結式でキングサイズになるベッドもあり、キングベッドサイズの搬入が難しい場合は、何かと応用が効きやすい連結式のタイプを選ぶことをおすすめします。
キングサイズなら、大人2人と小さな子ども2人で家族揃って一つのベッドで眠ることもできるでしょう。 子どもと一緒に寝るのは基本的に小さいときだけになるため、親子のスキンシップの時間を大切にしたい方にもキングベッドはおすすめです。 キングサイズはシングルサイズの二倍の大きさです。 シングルとキングの差は100cm程度です。 セミダブルとキングの差は60cmです。


合わせて読みたい店主のつぶやき ホテルライクな部屋に!実現ポイントや装飾などを紹介

ダブルベッドでホテルライクな寝室に!実現ポイントや装飾などを紹介
ダブルベッドでホテルライクな部屋に!実現ポイントや装飾などを紹介


  • フロアベッド【llano】ジャーノ
  • フロアベッド【llano】ジャーノ
シンプルヘッドボード・フロアベッド【llano】ジャーノ

実は幅だけでなく長さも種類がある

ベッドの種類は幅のサイズが違うだけで、ほとんど長さは同じと考える人もいるでしょう。 昔ながらの標準サイズ(レギュラー)は195cmで、布団やベッドなどの寝具は、昔の一般的な日本人の標準身長に適合したサイズで作られていました。

しかしその後、日本人の平均身長が徐々に高くなってきたため、200cm、210cmの布団が増えてきています。 ベッドも同様に、高身長の日本人にも対応できるよう約205〜215僂離蹈鵐哀汽ぅ困登場しています。

身長の高い方にはロングサイズのベッドがおすすめです。反対に、小柄な方には部屋が広く使えるショートサイズのコンパクトベッドが適しています。 ショートサイズは約180〜185cmですので、レギュラーサイズよりも10〜15cm程度短くなります。160cm未満の身長なら十分な長さでしょう。

ロングサイズも、ショートサイズもシングル、セミタプルがあります。 ダブルサイズはショートベッドにはありません。最大サイズがセミダブルです。 ロングサイズのダブルベッドは、大きな家具ですので、部屋に入るか、設置出来るかを事前に確認する必要があります。


ダブルサイズのベッドで大丈夫かマットレスの横幅で考えてみよう

さまざまなサイズのベッドの特徴や適した方について解説しました。 いろいろ検討した結果、やはりダブルベッドを購入したいという方のために、ここではさらにシングル、セミダブルとダブルベッドの横幅について掘り下げて紹介します。

体の幅と人数で考える

上質な睡眠のためには、休息に適した環境や住居、部屋、寝具が必須です。寝具の素材や質も大切ですが、ぜひ寝具の幅にもこだわりましょう。

ベッドのサイズを選ぶ目安は、マットレスの横幅が、体の幅プラス30cmは必要といわれています。 適したベッドサイズを選ぶ基準となる体の幅とは、リラックスした状態で寝る際の幅を指します。

仰向けに寝る人は、体が真っ直ぐな状態で肩から手にかけて自然に軽く開いた状態になることがほとんどです。 また、横向きで寝る人は全身が真っ直ぐではなく、ひじや膝が曲がった状態になっている姿勢が自然です。 仰向きと横向きいずれの場合も、寝ているときの体の幅は標準体型の大人だと55〜60cm程度になります。
シングルのマットレスの幅は約98cm、セミダブルのマットレスの幅は120cm、ダブルのマットレスの幅は140cmです。
寝返りなどで体の位置を変えるには、少なくとも両側に15cm程度のゆとりはほしいところです。ゆったり安眠したいなら、一人あたり85〜90cm分のスペースがあるといいでしょう。

例えば、寄り添って眠る2人の場合、両サイドに15cmの余裕を取りたい場合は、55×2+15×2=140(横幅)となり、ダブルベッドの幅140cmがギリギリ許容できるサイズとなるでしょう。どちらかが標準体型より細身ならもう少しゆとりが持てますが、大柄な体型の場合は、多少窮屈さを感じてしまいます。

お互いの体が触れ合わないよう広々としたスペースで眠りたい場合は、さらに広い幅のベッドが必要になります。2人で寝ることを想定しているなら、部屋の広さが十分あるならシングルベッドもしくはセミダブルベッドを2台並べる方法が現実的でしょう。

組み合わせは、シングル2台、シングルとセミダブル、セミダブル2台の方法があります。
部屋の広さによって、変わってきますね。

部屋のレイアウトを考慮する

ダブルベッドを置く場合は、部屋の広さやレイアウトを考慮しなければなりません。 狭い部屋にダブルベッドを置く場合、ドアや窓、クローゼットとの位置関係などで選択の余地なくある程度置き場所は決まってくるでしょう。

部屋のどこに置くか考えると、ベランダに続く掃出し窓をふさぐ位置には置けませんし、クローゼットの扉を開けて中の衣類を不自由なく出せる程度のスペースが必要です。 部屋の限られたスペースを有効に使うには、ヘッドボードかベッドサイドを壁に寄せることになるでしょう。

ここで気をつけたいのは、ベッドサイドをギリギリまで部屋の壁にくっつけないことです。 壁とベッドマットとの間に、少なくとも10cmのスペースを開けて設置しましょう。 壁にベタ付けしてしまうと、掛け布団が均等にならず、開いている側にずり落ちやすくなってしまいます。

また、ベッドマットと壁が接した部分の通気が悪くなり、湿気がこもってマットや壁がカビてしまう可能性もあります。 一晩寝た後の寝具は、思いのほか湿気を含んでいます。 壁からベッドを少し離して空気の流れを遮断することのないようにしてください。 部屋の壁から少し離した方が、ベッドメイキングやマットローテーションもやりやすくなるのでおすすめです。

もちろん、壁だけでなく家具からも離して置きましょう。 ダブルベッドの場合、お互いが両方のベッドサイドからスムーズに出入りできるのが理想です。 寝ている方を乗り越えてベッドに出入りするのは安眠を妨害してしまうためおすすめできません。 部屋の中央にダブルベッドを置く場合は、両サイドに歩けるスペースとして50cm程度は確保しておきましょう。

部屋の中でのベッドの配置は、最初が肝心です。なかなか部屋の中で移動できない家具ですから。
シングルサイズのベッドとセミダブル、ダブルと大きくなると、20cm、40cmと大きくなります。 レイアウトを最初に考えて、設置しないと大変な事になります。


合わせて読みたい店主のつぶやき ダブルサイズベッドとは?収納付きの場合のメリット・デメリットも紹介

ダブルベッドとは?収納付きの場合のメリット・デメリットも紹介
ダブルベッドとは?収納付きの場合のメリット・デメリットも紹介


ダブルベッドのサイズ まとめ

ダブルベッドのサイズ表

ダブルベッドをお求めの際は、眠るのに十分な横幅があるか、部屋に無理なく置けるかが購入の決め手になります。 一人で寝るなら十分な広さがありますが、2人で寝る場合は体型などを考慮の上、最適なサイズを選ぶことをおすすめします。

また部屋のレイアウトを考えて設置したり、必要に応じて収納つきのダブルベッドを購入したりする方法も検討してみてください。

ベッド通販の専門店眠り姫ではお求めやすい価格のシングル、セミダブル、ダブルから、高級感のあるデザインやリクライニング機能がついたものなど、さまざまなラインナップを取り揃えております。 その他、家族みんなで寝ることができる連結式のファミリーベッドもございます。

ぜひお気に入りのベッドを見つけて末永くご愛用ください。 眠り姫では離島などの一部の地域を除き、全国送料無料です。


クイーンサイズベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

セミダブルベッド おすすめ商品

店主のつぶやき ダブルのサイズ表編


ダブルベッドのサイズ表|セミダブルなどとの大きさの違いや選び方を解説   

関連する商品グループ


ページトップ