新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

夫婦二人で眠る最強のベッド


夫婦で眠るベッドサイズとして最初に思い浮かべるのが、ダブルベッドだと思います。
本当にそうなのか、お客様に商品を販売する視点と、実際にベッドを使う視点から考えてみます。


まずは、名称の通り、ダブルベッドが二人で眠るための一番良いベッドなのでしょうか?
当然、2人で眠るのだから、「ダブル」ベッドです。
でも、ホテルでは、ツインの部屋とダブルの部屋がありますが、
何が違うのでしょうか?
両方とも、大人が二人で泊まる部屋ですね。
ツインはベッドだ2台。ダブルはベッドが1台です。

ちょっと待ってください。
ベッドの具体的な横の長さはどうなっているのでしょうか?
ツインの場合、シングルサイズが多いですね。
ダブルの場合、文字通り、ダブルサイズが多いと思います。
つまり、ツインは、100cm幅が2台。ダブルは、140cm幅が1台となります。

そうなんです。一般的にダブルサイズは、幅が140cmなんですね。
シングルサイズが2台だと、200cmとダブルサイズを大幅に上回っています。

二人で横になって、140cmで本当にゆっくり眠れるのでしょうか?
ちょっと、心配になってきました。



サイズを考えると、本命となるのがキングサイズベッドです。
一般的に、キングサイズベッドの横幅は、180cmです。
シングル2台の200cmにはかないませんが、二人で横になりゆったりと眠るには、十分な広さがあります。
キングサイズの大きさを考えると、最強の称号は、まさにキングサイズでしょう。

となるはずですが、使う側の視点で見てみると、違った景色になります。

まず、使用するマットレスです。
ダブルサイズの場合、一般的にマットレスは一枚ですが、キングサイズの場合、
90cmのセミシングルのマットレスを2枚使用して180cmにするケースがあります。
一人ひとりが独立したマットレスを使用する感覚です。
であれば、セミシングルサイズのベッドを2台用意すれば良いでしょう。
ベッドの中央にはマットレスの端があり、ちょっと違和感を感じると思います。

また、ベッドを使う場合、マットレスの上にボックスシーツや敷マットを敷いて使う場合が多いです。
シーツなどは消耗品なので、洗濯で色落ちしたり、穴が開いたり、薄くなったりと定期的に買い替えが必要になります。
キングサイズのシーツは一般的なのでしょうか?
販売している場合もあるのですが、可愛らしいデザインとなると、売っていない!となるケースも出てきます。
また、近年は夏の暑い時期、ひんやりする冷感シートが人気ですが、キングサイズが無いメーカーもあります。
キングサイズは、買った後にちょっと困ったサイズになる可能性が高いと想像できます。

当然ながら、キングサイズの設置面積は、大きくなり、実際に購入する前にきちんと寸法を測定する必要があります。

となると、次に出てくるのが、クイーンサイズです。



最強のクイーンサイズベッドで決定していいでしょうか?
話題となっている横幅は、160cm。ダブルよりも大きく、キングよりも小さいサイズです。
二人で横になっても、一人分が80cmと、何とかゆったり出来る気がします。
また、多くの場合、シーツなどもクイーンサイズが販売しています。
一部でやはり、ダブルサイズまでしか対応していない商品もありますが・・・。
さらに、クイーンサイズはマットレスも1枚の場合が多く、ベッドの中央に違和感はありません。

ダブルサイズ、キングサイズの両方のマイナスイメージを払拭できるのがクイーンサイズです。
使う場合のゆったり・ゆとり感、消耗品の入手性、違和感の無さ、といずれもクイーンを最強と勧められます。



但しキングサイズについては、マットレスが1枚の場合、かつ消耗品の入手が見こせる場合、
かつ設置場所に余裕があるのでれば、隠れ最強と認定できるでしょう。
「大は小を兼ねる」ということわざもありますが、あらゆる面でゆとりがあれば、
キングサイズのベッドが使ってもいい具合になると思います。



ページトップ