新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

カンタン絞り込み検索

ローベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ローベッド 目次

ローベッドとは
  定義
  構造
  機能的な種類
  サイズの種類
ローベッドのメリット・デメリット
  メリット(利点)について
  デメリット(欠点)について
ローベッドを選ぶ理由
  価格的な理由で選ぶ
  使い勝手の良さで選ぶ
  部屋のデザインとして選ぶ
ローベッドと湿度の関係
  構造上の問題と湿度の関係
  日本の気候による湿度との関係
  湿度の解消に向けて
ローベッドのサイズについて
ローベッドの人気商品2021年度版
ローベッド店主のお勧め 5選
ローベッド副店長からのオススメ
ローベッドコストパフォーマンスが良い【価格重視】
ローベッドすのこ【通気性を確保】
ローベッドシングルサイズ【一人暮らし最初のベッド】
ローベッド高級【レザーのヘッドが豪華】
ローベッド連結ファミリーサイズ【ビッグサイズは家族用】
ローベッドフレームのみ【自分でマットレスは選ぶ】
ローベッドデザインもかっこいい【かっこよさは格別です】
ローベッド敷布団が使える【低いベッドで敷布団で寝る】
ローベッドダブルサイズ【新婚家庭にお似合い】
ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】
ローベッドマットレス付き【マットレス付きはすぐに使える】
ローベッドステージタイプ【幅広フレームのかっこよさ】
ローベッド棚付き【棚付きは便利で使いやすい】
ローベッドヘッドレス【シンプルな形のヘッドレス】
合わせて読みたい店主のつぶやき フロアベッドとは?

店主のつぶやき ローベッド編


ローベッドとは

ベッドにはいろいろな種類がありますが、ローベッドという名前を聞いたことがあるでしょうか?
ローベッドとは、その名の通り低いベッドの事です。
ベッドというのは、一般的イメージでは脚が付いていて、人が横になる床板が椅子の座面程の高い所にあるのですが、
ローベッドは、床板がほぼ床の高さにある低いベッドです。
諸説あるのですが、ローベッドは日本で考えられたベッドといわれています。
屋内で靴を履く生活をしている海外では発想出来ない形ですよね。
いかにも日本の家屋で使われそうな形をしています。
和室に設置しても、フローリングに設置しても、何となく似合っていますよね。

定義

では、ローベッドとはどんなものを指すのか、ローベッドの定義はどうなるのでしょうか?
ローベッドは、低いベッドなのですが、どの程度の低さであればローベッドといえるのでしょうか?
当店では、マットレスを載せる床板の高さが、ベッドを設置する床面から20cm程度までのベッドを
ローベッドと呼ぶことにいたします。
厳密には、床板の高さが5cm程度までがローベッドかもしれませんが、
20cmの高さでも十分に低いと感じる事が出来ると思いこのようにしました。
また、高さの実感としてマットレスに腰かけた時に椅子の様に座れるかどうかも基準になります。
椅子に腰かけるよりも低く、立ち上がるときに力が必要な高さがローベッドとも言えます。

構造

ローベッドの構造には大きく3つの種類があります。
1つ目は、箱型のローベッド。2つ目は箱型の上に床板を載せマットレスを載せたもの。
最後は、極低い脚が付いたタイプです。


まずは、箱型のローベッドとは、どういう物かというと。
箱型のローベッド

マットレスの周囲をフレームで囲う形のベッドです。
高さ的にはローベッドの中でも一番低いベッドになります。
マットレスは床に直接置くのではなく、床板を床に敷いてその上に載せるようになります。
床板をすのこにした商品もあります。
マットレスの周囲をフレームで囲う事になり、マットレスの下側にも床板と床があり、
通気性が良くありません。
日本の気候的に、通気性が良くないとカビが発生しやすくなります。
通気性が悪い事が、箱型ローベッドの欠点ですね。


次のローベッドの構造は、上記の箱型のフレームの上に床板を載せ、その上にマットレスを載せる構造です。
箱型のフレームの上にすのこの床板を載せる構造のローベッド

マットレスの下に少ないながらも空間があり、すのこの床板にする事でローベッドの弱点でもある湿気対策になっています。
すのこの下の空間にマットレスの湿気を逃がす工夫ですね。 湿気対策とは言っても、フレームの外側と内側で換気が出来ないので湿気効果としては限界があります。
ただ、ベッドの低さと湿気対策を両立したこの構造は、ローベッド選びの一つの解だと思います。


3番目の構造は、短い脚が付いたタイプのローベッドです。
短い脚が付いたローベッド

短い脚の付いたローベッドは、フレーム外部とベッド下の換気も出来ています。
床板もすのこの商品が多く、ベッド下に物を置かなければ、湿気対策としては万全です。
但し、ベッドの外観の印象としてローベッドに見えないかもしれません。
一般的な脚の付いたベッドに見えると思います。
実際に使用してみると、床板の高さにマットレスの厚さを考慮すると、
低い椅子の座面程度の高さになる組み合わせも存在します。
見た目がローベッドでは無いベッドをローベッドに入れて良いのか悩みます。
でも、床板の高さが20cm以内なので、当店ではローベッドとみなします。

機能的な種類

ローベッドは、構造上床板が低い所にあるのでベッド下に収納が出来ません。
従って、ローベッドには収納ベッドと呼ばれる種類のベッドはありません。
ベッドの機能としては、収納ベッド以外で、棚付き、コンセント付き、ステージタイプ、すのこタイプ、
照明付き、格安、天然木、高級、レザー、組立オプション付き、布団が使える等、
ほとんどの種類のローベッドがあります。

サイズの種類

ローベッドのサイズの種類は、構造的な制限が少ないので、数が多いです。
小さい方から見ていくと
セミシングル、シングル、セミダブル、ダブルと一般的なサイズは網羅しています。
更に大きなサイズとして、
クイーンサイズ、キングサイズ、そして、キングサイズよりも大きなワイドキングサイズがあります。
ここでのワイドキングサイズは、「WK」と表記し、WK200の様に横幅の長さの数字を追加して記載します。
つまり、WK200は、横幅200cmのワイドキングサイズです。
更に大きなサイズとして、WK220、WK240、WK260、WK280、WK300というローベッドがあります。
ちなみに、キングサイズの横幅が180cmです。
ワイドキングサイズの事をファミリーサイズとか、連結ベッドとも呼びます。

また、長さの種類も豊富です。長さとはベッドの長手方向の全長の事を指します。
通常の長さは、マットレスの全長が、195cmです。
ローベッドには、ショート丈と呼ばれる短いサイズがあります。
ショート丈の短いローベッドは、マットレスの全長が180cmです。
フレームを加えても200cmよりも短くなります。
更にロングタイプのローベッドもあります。
ロングタイプの場合、マットレスの全長が206cmと長いベッドです。
長身な男性もゆったりと眠る事が出来るサイズです。


ローベッドのメリット・デメリット

ローベッドが低いベッドである事、種類やサイズ豊富にある事が分かりました。 では、ローベッドのメリット(利点)やデメリット(欠点)はどのようなものがあるのでしょうか?
日本生まれと思われる低いベッドだけに、本場のベッドとは一味も二味も違う様相になっていそうです。
ローベッドは、メリットもデメリットも色々とありそうですね。
じっくりと見ていきましょう。

メリット(利点)について

第一のメリットは、ベッドの高さが低い事です。
低い事で色々な部分に影響があります。
低いベッドの上に寝ているので、布団に寝ているのと同じような視点になります。
天井の見え方が、床で寝ている時と変わらない事が安心できる点ですね。
部屋に入ったとき、低いローベッドがあっても、視界を邪魔しません。
お部屋の中に空間の広がりを作り出してくれるのです。
低いという事は、見た目の印象だけではなく実用的な利点もあります。
お子様と一緒に寝る方には、ベッドの段差が少なく、もしお子様がベッドから転がっても
大きな怪我にはなりにくい高さです。
同様に、ご年配の方にも段差が少ない事は、利点となります。
また、一般的なベッドのサイズは、シングルからダブルサイズまでですが、
それよりも大きなクイーン、キングサイズは、あまり見かけません。
でもローベッドの場合、キングよりも大きなサイズ、
具体的には、横幅が200cmから300cmのものもあります。
大きなベッドにご家族四人で眠る事も可能な大きさです。
家族で一緒に眠れる事は大きなメリットになります。
大きなベッドは、連結するタイプのベッドでもあるので、
将来は分割し別々の2台のベッドでお使いいただけます。

二番目のメリットとして、収納に使う引き出しなどが無いので部材の量が少ない事です。
部材の量が少ないという事は、当然ながら価格的に有利になり利点と考えられます。
更に、部材が少ない事から梱包されたサイズも小さくなり、工場からお客様へお届けする際の
輸送料も安く抑える事ができ、結果として価格を抑える事になります。
色々なベッドと比較するとわかるのですが、ローベッドの価格は、他のベッドに比べて安くなっています。
これは、部材が少ない事が一番の要因です。
安いベッドといえばローベッドが出てくるくらい安いことがメリットになっています。

ローベッドは安いと言っても、それはフレーム部分が安いという事です。
でも、安っぽいのでは無く、部材の量が少ないので安くなっているという意味です。
安いという事は、一緒にマットレス購入する際、ローベッド以外のベッドと比較し、
同価格でもより寝心地の良いマットレスを選べるという利点になります。
安いという事は、このようなマットレスの選び方にも影響が出てきます。

三番目のメリットとして、サイズの種類が豊富という事があります。
ローベッドは、最小のサイズのセミシングルサイズから、最大サイズのWK300まであります。
特に、連結タイプのワイドキングサイズは、ご家族一緒にベッドに眠れるサイズで、
大きいベッドが珍しいので、ご家族に選ばれるローベッドです。
その連結ベッドは、お子様が大きくなった時、分割してお子様用、ご両親用になる点も優秀ですね。
最初に大きなサイズを選び、その後小さなベッドに分割する。
なんとも面白い使い方だと思いませんか?

デメリット(欠点)について

低いローベッドの最初のデメリットは、収納出来るスペースが無いという欠点です。
ワンルームにお住いの方がローベッドを使うと、部屋の大きな面積をベッドに取られ、
衣類や本、趣味の物などを収納するスペースが少なくなってしまいます。
ベッド自体に収納する機能が無い事が原因です。
価格的にお求めやすく、一人暮らしの最初のベッドとしてローベッドを選びがちですが、
お部屋の機能をトータルで考えると、収納という大事なピースが不足がちになります。
これを解消する為には、どうしても高額になってしまいますが、
チェストベッドを検討してみてはいかがでしょうか?
チェストとまではいかなくても、引き出し付きの収納ベッドはどうでしょうか
ローベッドの二番目のデメリットは、マットレスの下側や横の通気が良くなく、湿気に弱い欠点が挙げられます。
ベッドの高さを低くするため、どうしても構造的に箱型のフレームとなります。
その為、マットレスの横にフレームがあり、横の通気性が悪くなります。
マットレスの下に、すのこを敷くベッドもありますが、基本的に下からの通気性もあまり良くありません。
湿気に対しては、定期的にマットレスを持ち上げ、通気を確保するようなお手入れが必要になります。
湿気対策をしたローベッドもあります。
それは低い脚付きのローベッドです。すのこの床板との組み合わせで通気性を確保しています。
脚付きのローベッドでは、低さのメリットが少なくなるかもしれません。
それより、湿気対策の方が重要と考える方が多いのではないでしょうか。
湿気対策には、やはり、すのこベッドです。 ローベッドの三番目のデメリットとして、ローベッドは価格を抑える方向で
製品企画を進めることが多いため、高級感が乏しい印象があります。
最初から安さを追求する企画の為、価格は抑えられるのですが、
どうしても高級感が薄れてしまいます。
チープとまでは言いませんが、それなりである事が多いです。


ローベッドを選ぶ理由

ローベッドをどうして選ぶのでしょうか?
低いベッドはどのような点で選ばれているのでしょうか?
ローベッドを購入する事で、生活の何が変わるのでしょうか?
じっくりと考えていきましょう。

価格的な理由で選ぶ

ローベッドを選ぶ理由の一番のポイントは、ローベッドの利点でもある価格的な安さです。
安さは魅力でもあり、選ぶ上で最大のポイントにもなります。
安いベッドを探していると、どうしてローベッドにたどり着きます。
ベッドという価格的に高い買い物をするなら、安さを重視するのも選ぶポイントとして正しいと思います。
安く買って、大事に長く使う。これが一番上手な買い物かもしれません。
安いという観点でベッドを探してみるのも一興ですよ。
特に、最初に一人暮らしをする時、ベッド以外にもいろいろな費用が掛かります。
生活用品をそろえるだけでも大変な額になります。
そんな中、ベッドを安く買うというのは、価格的にみても重要な選ぶ理由ですね。

使い勝手の良さで選ぶ

低いローベッドは、床に座るようにベッドに座る事が出来ます。
ベッドに座るという感覚より、床に腰を下ろす感じに近いと思います。
この感覚が選ぶ理由ですね。
畳に座布団を敷いて座るように、ローベッドに座る事は日本人にとって使い勝手が良いのでは?と思います。
ちょっと腰かける、ちょっと横になる、ちょっと昼寝する。
そんな使い方が出来るローベッドは、買った後の生活が楽しみになる使い勝手が良いベッドですね。
椅子に腰かけるよりも、畳に座る。経験豊富な日本人は畳に腰を下ろす感覚が好きなのかしれません。

部屋のデザインとして選ぶ

低いローベッドを選ぶ理由として、部屋の空間を広く見せるデザイン的な理由があります。
部屋の中で大きな割合を占めるベッドの高さが低いと、空間に開放感が生まれます。
部屋に入った時に壁の面積が大きく、広々と感じるという事ですかね。
ワンルームにお住いの一人暮らしの方も、家族の寝室にローベッドを考えている方も、
お部屋の空間が広がる感じがするのは、お部屋のデザインとして良いと思います。
デザインを重視してローベッドを選ぶことも大切なのではないでしょうか。


ローベッドと湿度の関係

ローベッドには、どうしても湿気/湿度の問題が絡んできます。
低いベッドという構造上、マットレスの下に空間が無く通気性が良くありません。
では、どう湿気と付き合えば良いのでしょうか?
対策も含めて考えていきましょう。

構造上の問題と湿度の関係

ローベッドの形状をご存知でしょうか?
なかなかショールームや店舗では展示していないので、実物を見たことが無い方が多いと思います。
形は、以下の様な箱型のベッドです。
ローベッド

四角い箱の中に、マットレスを入れ込む形のベッドです。
マットレスの横を板で囲い、下には板がある状態です。
見た通り、マットレスの下にも横にも板があり、通気が良くない事が分かると思います。
湿気を逃がすには、通気を良くすることが大切なのですが、その通気が良くありません。
これがローベッドの構造上の問題点です。
日本の気候上、湿度が高い季節があります。
しかも、寝ている間に人が発散する湿気をマットレスがため込みます。
その2つの湿度、湿気を逃がすことが大切なのですが、ローベッドには限界があります。

日本の気候による湿度との関係

6月から8月までの、梅雨から盛夏の時期は、日本はまさに湿潤な気候です。
9月10月には台風が来て、湿気と高温な空気を南方海上から運んできます。
日本の気候として湿度が高い季節ですね。
ちなみに、日本の多くの地点は、「温暖湿潤気候」に属しています。
その名称の通り、日本は、温かくて湿った気候なのです。
そんな湿潤で湿度が高い日本で、通気性の良くないローベッドを使っても良いのでしょうか?
ローベッドを湿度の高い日本で使って良いはずがありません。
では、どうすれば良いのでしょうか?

湿度の解消に向けて

ローベッドを日本で使っていて長持ちするのでしょうか?
カビやダニなど問題にならないでしょうか?
色々な疑問や質問が出てきます。
結局の所、湿度の問題は日本でローベッドを使う根本問題です。
湿度が直接関係するのは、フレームではなく、マットレス側です。
マットレスがカビる。マットレスにダニが発生する。事が問題なのです。
解消には、マットレスを陰干しする。風を通す事しかありません。
夏の時期には出来れば毎日、難しければ毎週、マットレスを持ち上げ、
マットレスの底や側面に風を通すことが重要だと思います。
その時、マットレスの上下、裏表を入れ替える事でローテーションする事となり、
マットレスの寿命が長くなることにつながります。

ちなみに、アメリカのamazon.comで「low bed」を検索すると、
このような形のベッドが表示されます。
low bed

いわゆる「ローベッド」というのは、日本オリジナルなのかもしれません。
温暖湿潤な日本で、こんな形のベッドが作られなくても良いと思いますが、
日本人は、低い位置で眠る。つまり、布団で眠る事が好きなのでしょう。


ローベッドのサイズについて

ローベッドにはたくさんのサイズがあります。
サイズのバリエーションとしては、その他のベッドよりも多いかもしれません。
構造が単純な分、大きいサイズも小さいサイズも作りやすいからです。
ちなみに、サイズというのはマットレスの横幅によって呼び方が変わります。

ローベッドを小さいサイズから順に並べると、
セミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング、ワイドキングとなります。
この中で、ワイドキングは呼び方が各社様々で一般的な統一名称はありません。
違う呼び方として、ファミリーベッドとか、連結ベッドなどがあります。
また、ワイドキングを「WK」、サイズを数字で表し、
WK200とか、WK220と表記する場合もあります。
WK240、WK260、WK280、WK300まであります。(2021年時点)
つまり、2021年時点では、横幅が300cmのマットレスのベッドが最大となります。
WK300はシングルサイズ3つ分で、実際にシングル3つの連結ベッドでもあります。

一般的には、連結ベッドは単に並べるだけなのですが、
ローベッドは並べるだけではありません。
マットレス同士がくっつき、隙間が出ないように中間のフレームを取り払って連結します。


ローベッドの人気商品2021年度版

2021年度版として、最新のデータを元に人気のあるローベッドをランキング形式で紹介します。
人気のある受け筋だけに、見た目のデザインも価格的にもバランスの取れたローベッドが入っています。
今どきのローベッドのトレンドが分かるかもしません。
ローベッドが気になる方は、一度ご覧いただければ、「こういうのががローベッドなのか!」と
何となく、違いが分かっていただけると思います。
百聞は一見に如かずです。試しに見てください。

【詳細】 ローベッドの人気商品2021年度版


ローベッド店主のお勧め 5選

ベッドを販売して10数年の店主がお勧めするローベッドを紹介します。
今回は、選ばれし5つのローベッドです。
どのローベッドも魅力的なポイントを持っています。
それぞれのストロングポイントを解説いたします。
流行だけではなく、伝統も尊重します。
新しいだけではなく、長く売れ続けているローベッドにも良い商品がありますよ。

【詳細】 ローベッド店主のお勧め 5選


ローベッド副店長からのオススメ

副店長がお勧めするローベッドを紹介します。
ローベッドは人気がある商品で、毎年新商品が発売されます。
最新情報を元にしたオススメ商品です。
女性目線でのローベッドの違いを感じてください。ェストベッドとはどういった物なのかについてみていきましょう。

【詳細】 ローベッド副店長からのオススメ


ローベッドコストパフォーマンスが良い【価格重視】

ローベッドは価格的に有利。これはローベッドのメリットの部分でもお話しました。
その価格的に有利なローベッドの中でも、更に価格を突き詰めた商品があります。
一言でいえば、価格重視です。
それは、安さの威力が違います。まさにコストパフォーマンスが良いローベッドです。
でも、安いだけではありません。安さには秘密があるんです。
品質に問題があるわけではありません。自信を持ってお勧めいたします。

ローベッド価格重視とは

ローベッドは、低いデザインのベッドで、フロアベッドとも呼ばれます。
ローベッドは、価格重視を念頭に商品の企画がされている事が多いです。
お買い得プライスの、床に近いベッドです。
インテリアや家具に高さが出て、圧迫される感覚が苦手な皆様。
できるだけ家具の存在感を出したくない方々。
小さなお子様やペットがお宅にいる場合に、ベッドにぶつかるなどでの
けがや、事故防止をしたい方々。
お部屋でのベッドのレイアウトを変えれば、
カウチスタイル、ソファとしてもお使いいただけます。
日中は、お子様と遊んだり、お昼寝を楽しんだり。
夜は、お酒をたしなみながら、DVD鑑賞に熱中したり。
ご家庭でのくつろぎ方が違えば、使い方は、さまざま。
ローベッド価格重視で、自分だけの城として、居心地の良いベッドを。

ローベッド価格重視の種類

ローベッド価格重視は、コストパフォーマンスも高く、デザインが低めのベッドです。
ローベッド価格重視には、どのような種類がいるかと言うと、
頑丈なデザインのローベッド。モダンなデザインのローベッド。
フロアタイプのベッド、すのこ仕様のローベッド。ステージタイプのローベッド。等
バリエーションが豊富です。
サイズも最小サイズのセミシングルサイズから、最大サイズのWK300まであります。
ローベッドは、サイズの種類が一番多いベッドです。

ローベッド価格重視 安さの秘密

ローベッド価格重視の安さの秘密は何なのでしょうか?
それは、ローベッドを店頭に並べない、店舗を運営しない、
ローベッドを余分に運んだりしないで、インターネットで受注し、
中間業者を入れないで、余分な手数料がかからないということ。
梱包材を減らし、工場・倉庫から直接からお客様に届けて
輸送コストを少なくするということ。
単純にローベッド自体の高さが低く部材が少ないということ。
これらの理由から、お客様へのご提供の際に、お安くできるのです。
ローベッド価格重視の安さの秘密がお分かりでしょうか。

【詳細】 ローベッドコストパフォーマンスが良い【価格重視】


ローベッドすのこ【通気性を確保】

湿気の問題があるローベッドですが、その問題を解決すべくすのこのローベッドが登場しました。
どのようにローベッドとすのこを組み合わせたかというと、2つの方法で実現ています。
まずは、脚を短くして低いベッドを実現したすのこのローベッドすのこ。
一般的なすのこベッドで脚を短くしたと形とも見えます。
次は、マットレスの周囲を囲むフレームの上にすのこを載せ、マットレスの下の空間を確保したローベッドすのこです。
どちらの構造でも若干高さが出てしまうのですが、通気性を確保し格段に良くなりました。
湿気が気になる、でもローベッドが欲しいという方には是非、ご覧になっていただきたいです。

ローベッドすのこ とは

ローベッドすのことは、床板が通気性に優れたすのこになっているベッドの事です。
湿気が氣になる方、カビ対策をしたい皆様で、ローベッドがお好みの方にお勧めです。
低いタイプのベッドでも、すのこの床板がマットレスの余分な湿度を逃がして
カビ防止に一役買ってくれます。
ローベッドすのこ。良いベッドですよ。

ローベッドすのこの種類

ローベッドすのこにはどんな種類があるのでしょうか?
ローベッドすのこで、シンプルモダンなデザインのベッド。
ローベッドすのこな天然木のファミリーサイズのベッド。
北欧風デザインのショート丈ローベッドすのこ。
ヘッドボードに棚と照明がついているローベッドすのこ。
お一人暮らしにも、ご家族用の連結ファミリーサイズにも
幅広い年代の皆様にご利用しやすい種類が豊富なローベッドです。

ローベッドすのこを選ぶ理由

ローベッドすのこを選ぶ理由にはどんな理由があるのでしょうか。
珍しい組み合わせだけに、こだわりがありそうです。
低いローベッドが欲しい。
けれども、お部屋が結露しやすい場合、梅雨時期にカビが生えやすい場合、
お一人暮らしで湿度管理がにしにくい場合。
そんな時には、ローベッドすのこ一択です。
ローベッドすのこの床板で通気性を確保しておくと、
マットレスからの湿気がベッド下に逃れ、清潔に保つことが可能になります。
低いタイプのデザインでも、すのこの床板で、空気を通して爽やかに!
これが選ぶ理由ですね。

【詳細】 ローベッドすのこ【通気性を確保】


ローベッドシングルサイズ【一人暮らし最初のベッド】

一人暮らしの最初に購入する生活に必要な大きな物は、冷蔵庫、洗濯機、シングルベッドでしょう。
電子レンジも必要ですが、小さいレンジもありますからね。
そんな一人暮らし最初のシングルサイズのベッドには、ローベッドシングルサイズがお似合いです。
最初に買ったベッドは、一生記憶に残るベッドになるはずです。
間違っても変なベッドは買いたくありません。
じっくり選んでローベッドシングルサイズに決めてください。
その迷っている時間、選んでいる時間、比べている時間も大切な思い出になります。
一人暮らしの最初のベッドとして、ローベッドシングルサイズを選ぶ理由は何でしょうか?

ローベッドシングルサイズとは

ローベッドシングルサイズとは、
マットレスの横幅が、約97cm程度のローベッドの事を指します。
横幅は、大人お一人が寝るのに、程よい空間となり、
床に近いデザインのローベッドです。
ローベッドシングルサイズは、一人暮らしを始める方の最初の1台としても最適です。
なんと言ってもローベッドシングルサイズは、安いですから。

ローベッドシングルサイズのメリット

ローベッドシングルサイズは、一般的なベッドの大きさなので
一人で使うには、とても扱いやすいサイズというのが魅力であり、メリットです。
一人暮らしや、初めてベッドを購入される方には、ちょうど良いでしょう。
模様替えがお好きな方にも。お引越しが多い方にも。
ローベッドシングルサイズは使いやすいメリットがあります。
シーツや布団カバーなどのカバーリングも難しくなく、一人での作業が可能です。
カバー類のお洗濯もこまめにできますね。
ローベッドシングルサイズなら、市販品が多く取り扱われていて購入しやすいので、
可愛い柄物も、シンプルなモノトーンなどデザインも豊富なこともメリットです。
ローベッドシングルサイズには、継続して使っていく上で、多くのメリットが隠されているようです。

ローベッドシングルサイズの特徴

ローベッドシングルサイズにはどんな特徴があるのでしょうか?
一般的なベッドだけに、目立った特徴が見つからない気がしますが。
自分だけの大事な空間を楽しみたい方へ。
安心して、リラックスできる部屋作りを。
ローベッドシングルサイズなら、天井からの距離が遠いので、
ベッドという大きな家具からの目線を外し、圧迫感を減らす視覚効果があります。
家具を低くすると、寝室全体を広々と感じることができるでしょう。
ワンルームでローベッドシングルサイズを置きたい方や、
空間を広く魅せたい方々にも、お勧めです。
この空間の広がりが最大の特徴ですね。

【詳細】 ローベッドシングルサイズ【一人暮らし最初のベッド】


ローベッド高級【レザーのベッドが豪華】

安いと思われているローベッドでも、自宅の寝室に配置するとなると安物の見た目では困ります。
豪華絢爛とは言いませんが、高級感がある方が寝室の雰囲気が全然違ってきます。
そんな高級感を出すのが、レザーのフレームです。
ローベッド高級は、レザーをフレームやヘッド部分に使う事で見た目と触り心地が違ってきます。
これで寝室の雰囲気も一変するでしょう。
ローベッド高級で空間の広がりと高級感の二つを手に入れる事が出来ますね。

ローベッド高級とは

ローベッド高級とはどんなベッドでしょうか?
ゴージャスで豪華で重厚感のある寝室を彩るローベッド高級です。
低いデザインだから、無駄な空間への圧迫感を減らします。
ベッドフレームに革素材であるレザーを使用し、高級感と艶を演出したり。
寝室を彩る高級なインテリアにも、
高級感のあるローベッドなら、コーディネートしやすいでしょう。

ローベッド高級の種類

ローベッド高級とは、どんな種類があるのでしょうか?
安いイメージがあるローベッドですから、高級感のあるベッドの種類は少ないのでしょうか?
背もたれがボリューミーでソフトレザーなローベッド。
高級レザーで優雅なスタイルのローベッド。
個性的でモダンなデザインのローベッド高級。
海外の人気デザインを豪華なラグジュアリに落とし込んだローベッド。等々、
種類は少ないですが、ローベッド高級を取り揃えております。

ローベッド高級の選び方

ローベッド高級は何を基準に選べば良いのでしょうか。
ローベッド高級の選び方を考えてみましょう。
高級感が漂う、美しい豪華なベッドを選びたいですよね。
艶のある高級感と重厚感のあるローベッドを探してみましょう。
ローベッド高級は、革などのレザー素材が多いので、
お手入れ方法が特殊なものが多いですよね。
毎日使っていると、どうしても汚れてきます。
お忙しい日々には、時間をかけて丁寧に磨くことができないことも多いと思います。
お手入れが、無理なく、楽にできるものがよろしいでしょう。
美しいローベッドを永くご愛用いただけます。

【詳細】 ローベッド高級【レザーのヘッドが豪華】


ローベッド連結ファミリーサイズ【ビッグサイズは家族用】

ローベッドでキングサイズよりも大きなビッグサイズのベッドは、ファミリーベッドとも呼ばれています。
ご家族で一緒に眠れるベッドが、名前の由来です。
連結ベッドとはいっても、一般的にはベッドを並べるだけですが、
ローベッドは単に並べただけではありません。
マットレス間に隙間が無いように、間のフレームを取り除いて連結しています。
ヘッド部分同士、フット部分同士を連結する事で1つの大きなベッドの形にしています。
ローベッド連結ファミリーサイズは、家族用のビッグサイズなベッドなんです。

ローベッド連結ファミリーサイズとは

ローベッド連結ファミリーサイズとはどんなベッドなのでしょうか?
形は、サイズは、連結とは?ファミリーって。色々な疑問が出てきます。
ベッドをつなげると、横幅が、約170cm〜300cmくらいまでビッグサイズを
種類豊富に取り揃えております。
連結金具でベッド同士を横につなげて、寝室に並べて設置することができます。
横幅が大きく面積を締めますが、
低いタイプのベッドなので、圧迫感に差が出ます。
3人や4人の家族用に、ローベッド連結ファミリーサイズはお勧めです。

ローベッド連結ファミリーサイズの種類

ローベッド連結ファミリーサイズにはどんな種類があるのでしょうか。
家族用として、具体的なベッドを念頭に話を進めたいと思います。
大型モダンローベッド。
ホテル風モダンデザインベッド。
モダンライト・コンセント・連結ローベッド。
大型モダンローベッド。等
種類豊富にビッグサイズを取り揃えております。

ローベッド連結ファミリーサイズを選ぶ理由

ローベッド連結ファミリーサイズは、何故選ばれるのでしょうか?
ローベッド連結ファミリーサイズを選ぶ理由について考えたいと思います。
添い寝が必要な小さなお子様のいる家族用にビッグサイズベッド。
家族みんなで並んで、一緒に眠りたいお子様や親御様に。
成長期には、大きく寝返りを打つお子様。
大きくなったら、子供部屋で一人で寝たいお子様。
お子様のお部屋や、ご夫妻のお部屋へと、
連結部分を分割して、使い続けられます。
ご家族皆様に永く寄り添える、
連結ファミリーサイズのローベッドです。

【詳細】 ローベッド連結ファミリーサイズ【ビッグサイズは家族用】


ローベッドフレームのみ【自分でマットレスは選ぶ】

ローベッドでも、マットレスが付いていないでフレームのみで販売している商品があります。
ローベッドフレームのみと呼んでいます。
フレームだけで販売しても意味が無い気がしますがどうなのでしょうか?
フレームが届いでもすぐに使えないですよね。マットレスが無いベッドはベッドじゃないでしょう。
では、なぜ、フレームのみで販売しているのでしょうか?
理由は、マットレスを自由に選ぶ為です。マットレスは自分の好みのブランドやメーカーの物を使うためです。
寝心地に直結するマットレスですから、実際に触ったりして確認してから選びたいですよね。
ここで、注意していただきたい点があります。
ローベッドでも箱型のフレームに入れ込むタイプの場合、マットレスのサイズによっては入らない場合があります。
マットレスのサイズを確認してからご購入くださいませ。

ローベッドフレームのみとは

ローベッドフレームのみとは、どんなベッドなのでしょうか?
フレームのみとは、つまり、マットレスが付いていない事を指します。
低いデザインのローベッドのベッドフレームのみをご購入できます。
ベッドフレームのみなので、マットレスは別売りです。
お気に入りのマットレスを別に購入したい皆様。
逆に、マットレスを使うのが苦手な方へ。
いまお手持ちのマットレスや敷き布団などを使いたい皆様へお勧めです。
ローベッドフレームのみは、フレームはより安く購入し、
自分のお好みのマットレスを吟味して購入する。そんな買い方が良いのでは。

ローベッドフレームのみの種類

ローベッドフレームのみには、どんな種類があるのでしょうか。
具体的な商品を念頭にローベッドフレームのみの種類を見た行きましょう。
北欧ヴィンテージ風の棚付きローベッド。
モダンデザインのローベッド。
ライト付きの収納ローベッド。
ショート丈のカントリー風収納ローベッド。などなど。
種類も豊富にローベッドフレームのみを取り揃えてございます。

ローベッドフレームのみの欠点

ローベッドフレームのみには、どんな欠点があるのでしょうか?
欠点、いわゆるデメリットについて考えてみましょう。
後から、マットレスだけを買い足すとき。
ベッドフレームとマットレスのサイズが合わなかったり、
マットレスを探しにくかったりします。
特に、箱型のローベッドはマットレスサイズに制限があり、
大きなマットレスは箱に入らず使えません。
また、ローベッドフレームのみが届いても、別に購入したマットレスが違う日に配達されて、
結局使いたい当日にマットレスを使えないという可能性もあります。
マットレスを買い替えるとしても、時間と手間がかかります。
ローベッドフレームのみには、様々な欠点があるようです。
その欠点を踏まえても、自分が気に入ったマットレスを使うためにも、
ローベッドフレームのみのが必要なのかもしれません。

【詳細】 ローベッドフレームのみ【自分でマットレスは選ぶ】


ローベッドデザインもかっこいい【かっこよさは格別です】

ローベッドなんて、どれも同じデザインだと思い込んでいませんか?
構造的に自由度が低いため、デザイン的な違いが大きくあるわけではありません。
でも、かっこいいを目指して作ったローベッドデザインもかっこいいもあるんです。
カッコイイを諦めてはいけません。カッコイイ、かわいいを追求しましょう。
ローベッドデザインもかっこいい、かわいいお部屋を作ってください。
なんと言っても、かっこよさは格別です

ローベッドデザインもかっこいいとは

ローベッドデザインもかっこいいとは、いったいどんなベッドでしょうか?
かっこいいというのだから、カッコイイベッドだと想像できますね。
個性を加速させる、魅力的なローベッド。(かっこいい!)
お部屋にアートを飾るかのように、ローベッドを置きましょう。(かわいい!)
エッジのきいた個性的なローベッド。(カッコイイ!)
スタイルの良いインテリア性の高いローベッド。(おしゃれ!)
かっこよさは格別ですの言葉通り。

ローベッドデザインもかっこいいを選ぶ理由

ローベッドデザインもかっこいいを選ぶのはどのような理由からでしょうか?
その理由を考えてみましょう。
リラックスできる寝室では、
生活感を出さずに、オリジナリティあふれるハイセンスな寝室を創りましょう。
ローベッドデザインを活かして、ほかのインテリアを引き立たせてくれます。
スタイリッシュな美しさを楽しみましょう。
部屋のかっこよさに、こだわりたい!
まさに、こだわりが選ぶ理由ですね。
ローベッドデザインもかっこいいは、格別にかっこいいですね。

ローベッドデザインもかっこいいを買った結果

ローベッドデザインもかっこいいを買った結果、どうなったのでしょうか?
イメージ通りでしょうか?それとも意外な結末でしょうか?
男女関係なく、「かっこいい」は人気のインテリアです。
眺めていて気分の良い小物を並べて、居心地の良い寝室を。
北欧風デザインのファブリックや、ブリキのおもちゃでアーリーアメリカンなど。
男性でも、こだわりのインテリアを大切にされる方々が多く、
古き良きアメリカンや、モノトーン系にまとめている場合にも、
部屋の雰囲気をワンランクアップしてくれます。
結局、ローベッドデザインもかっこいいを買った結果、幸せな空間に浸れる。
心地よい空間で眠れる。という。格別で最高の結末が待っていました。

【詳細】 ローベッドデザインもかっこいい【かっこよさは格別です】


ローベッド敷布団が使える【低いベッドで敷布団で寝る】

どうしても敷布団で眠りたい。さらに言えばローベッドで眠りたい。
そんなあなたにお勧めなのが敷布団が使える低いベッドのローベッドです。
日本人は、どうしても布団がいいんですかね。
ローベッドで布団を使うなんて、一体どこの国の人が考えたんだか。
床に布団を敷いて眠れば良いと思うのだが、ベッドが良いらしい。
不思議な寝姿だと思う今日この頃です。

ローベッド敷布団が使えるとは

ローベッド敷布団が使えるとは、一体どういう事でしょうか?
マットレスの感触や、寝心地が苦手な皆様や、
お気に入りの敷布団をお持ちの方々へ。
ベッドの床板が、丈夫な造りの低いベッドローベッドです。
頑丈な床板です。床板は丈夫なので、
小さなお子様がベッドの上で遊んでも
大柄な方が大きく寝返りを打っても、安全にお過ごしいただけます。
頑丈な床板だからこそ、マットレスではなく敷布団が使えるのです。

ローベッド敷布団が使えるを選ぶ理由

ローベッド敷布団が使えるを購入する際、どのような理由で選んだのでしょうか?
選ぶ理由を考えたいと思います。
いまお使いの敷布団がお気に入りだったり、
敷布団が使いたい方々へ。
ペットを飼っているお宅でも、小さなお子様がいて、
遊んで汚しやすくても、こまめに洗濯したい皆様や、
清潔を保ちたい皆様にも、ぜひローベッド敷布団が使えるを選んでください。
低いデザインのベッドで、床に近い生活を、エンジョイ。
落下の心配がないローベッドで、安眠してくださいませ。
敷布団が使えるからこその安心があります。

ローベッド敷布団が使えるの欠点

ローベッド敷布団が使えるは便利そうですが欠点はあるのでしょうか?
敷布団だけがベッドとは別になりますと、
ローベッドと敷布団のサイズが合わない場合があります。
これが欠点かもしれません。
ベッドの床板と敷布団を測ってサイズをお確かめになって
お買い求めくださいませ。

【詳細】 ローベッド敷布団が使える【低いベッドで敷布団で寝る】


ローベッドダブルサイズ【新婚家庭にお似合い】

ダブルベッドは新婚家庭の象徴の様に思っていました。
ローベッドのダブルサイズは典型的な新婚での新居で使うベッドでしょう。
この印象は、かなり昔の事かもしれません。
今、お客様に結婚予定のお二人がいて、結婚後のベッドを選びに来ていたとすると、
私はローベッドのダブルサイズはお勧めしないかもしれません。
予算と設置場所に余裕があるのなら、もう少し大きめのベッドをお勧めするでしょう。
でも、ダブルベッドは新婚さんのものでしょうね。

ローベッドダブルサイズとは

ローベッドダブルサイズとは、どんなサイズ感のベッドなのでしょうか?
一般的なダブルサイズのローベッドは、横幅が約140cmです。
一人暮らしで使う場合にも、ゆったり寝たいと思っている方、
大柄な男性で、シングルサイズだと少々窮屈に感じる方、
シングルよりもう少し大きめのベッドが欲しい方、
余裕のある寝具が欲しい方、おすすめです。
また、新婚のご家庭でも使いやすい二人用のサイズでしょう。
ダブルサイズだとシングルサイズよりも広くて場所を取りますが、
低いタイプのデザインで、お部屋への圧迫感は抑えられますね。

ローベッドダブルサイズの特徴

ローベッドダブルサイズはどんな特徴があるのでしょうか。
ローベッドダブルサイズだから、見た目の印象が、違いますね。
床板の位置が低いし、マットレスの位置も低いのです。
低いデザインだからこそ、美しいインテリアができあがります。
新婚家庭でもお二人にお似合いの楽しい寝室が作れそうですね。
ローベッドダブルサイズなら、どこにレイアウトしても
視覚的に邪魔な感覚が少なくなりますよ。
シングルサイズより横幅は広いので、お一人でお使いになる場合
寝返りが広く楽にできます。

ローベッドダブルサイズを選ぶ理由

ローベッドダブルサイズを選ぶ理由とは何でしょうか?
一緒に考えてみましょう。
寝室の雰囲気を変えたい。模様替えをしたい。
結婚して新しくベッドを買いたい。
一人暮らしや転勤などで、引っ越しを機にベッドを買い替えたい。
ロースタイルを、ローベッドダブルサイズで。
部屋の家具を極力減らしたい方。あまり圧迫感を感じたくない方。
低い暮らし、低いインテリアがお好みの皆様。
開放感をいつも感じていたい皆様へお勧めです。

【詳細】 ローベッドダブルサイズ【新婚家庭にお似合い】


ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】

ローベッドのセミシングルとか、ローベッドのショート丈は、どんな人が使うのでしょうか?
ベッド販売店の店長としては、今まで小柄な女性に使っていただくよう、おすすめしてきました。
体格が小さいのなら、わざわざ大きなベッドを買わなくても良いではないか?と思うからです。
最近は、お子様にも子供用ベッドではなく、ローベッドのセミシングルサイズや、
ローベッドのショート丈をお勧めしています。
お子様の場合、将来大きくなることを考えるとの小さいローベッドを使うのはどうか、というご意見もあるかもしれません。
でも、子供は大人用の自分の物は大喜びするんですよね。
大人になった気分になるのかもしれませんね。

ローベッドセミシングル・ショート丈とは

ローベッドセミシングル・ショート丈とはどんなベッドでしょうか。
サイズが小さめで、低く、短く。ベッドそのものが、小柄な感覚。
シングルよりほんの少し横幅が狭くて、
ベッドそのものの長さも短く抑えたデザイン。
ベッドの存在感をあまり出したくない場合にも、
ローベッドセミシングル・ショート丈は、
女性やお子様に、そっと生活に寄り添ってくれます。

ローベッドセミシングル・ショート丈の特徴

ローベッドセミシングル・ショート丈の特徴とは一体何なのでしょうか。
セミシングルサイズとは、ベッドの横幅が約80〜90cm。
長さが約195cmのベッドのことです。
この場合、長さは普通ですね。
ショート丈とは、ベッドの長さが約180〜185cmくらいの
ベッドのことです。
一般的なシングルサイズのベッドは、横幅が約100cm。
セミシングルサイズは、シングルよりも約20cmくらい細身なのです。
ローベッドセミシングル・ショート丈は、
ベッドそのものがキュッと小さくてコンパクトなデザイン。
ベッドを置くには少々、狭めの場所でも収まりやすいです。
幅も狭く、長さも短く、高さも低いが特徴。まさに小さなベッドですね。

ローベッドセミシングル・ショート丈が似合う人とは

ローベッドセミシングル・ショート丈が似合う人とはどんな人でしょうか?
体型が小柄な皆様。
ベッドの存在感をできるだけ少なくして、個性的な寝室を創りたい皆様。
転勤などで、お引越しが多くて運び込むのが大変な皆様。
狭めなスペースに置きたい方。
小学生の、初めてのベッドとして使いたい皆様。
まさに、女性やお子様。
このような方にローベッドセミシングル・ショート丈をおすすめします。
どうぞご利用くださいませ。

【詳細】 ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】


ローベッドマットレス付き【マットレス付きはすぐに使える】

ベッドを購入する時、フレームだけを買いますか?
それとも、マットレス付きを買いますか?
一体、どちらのケースが多いのでしょうか?
ローベッドマットレス付きは、マットレスがフレームと一緒に届くので、
商品が届いたその日にすぐに使えます。
フレームを組み立てなくても、とりあえずマットレスの上に眠る事が出来ます。
この辺がローベッドマットレス付きが購入される理由なのだと思います。

ローベッドマットレス付きとは

ローベッドマットレス付きとは、一体どんなローベッドなのでしょうか?
お気に入りのベッドフレームのローベッドで、
ベッドマットレスも付属していて、お買い得でもあります。
低いデザインのローベッド、プラス、
別売りの、寝心地の良いこだわりマットレスを探すこともできますが、
お忙しい皆様には、なかなか手間のかかることです。
マットレスがセットされて購入できるので、
探し回る手間も時間も、短縮できます。
ローベッドマットレス付きは、時間、手間を節約できるベッドでもあるんですね。

ローベッドマットレス付きの選び方

ローベッドマットレス付きはどうやって選べば良いのでしょうか?
ローベッドマットレス付きの選び方を見ていきましょう。
最初の確認として、寝室のサイズは測りましたか?
お部屋の大きさに合ったローベッドを選ぶことが大事ですよ!
部屋の大きさと設置する場所をイメージする事が大切です。
選び方としてサイズを測る、そこに設置したイメージを思い浮かべてる。
ご購入の際には、
ローベッドのサイズと、マットレスのサイズを確認しましょう。
洗濯をこまめに行いたい、清潔感を保ちたい、という
カバー類も必要な皆様は、
マットレスに合ったサイズのカバーも選びましょう。

ローベッドマットレス付きの利点

ローベッドマットレス付きには、どんな良い点つまり、利点があるのでしょうか。
利点だけでしょうか。欠点はあるのでしょうか?
ベッドを探すとき、ご家族でお一人ずつのご購入の場合などでは、
ご家族の人数分を一台ずつ見て回るのは、かなりの労力を要します。
ベッドを探すって、思いのほか、意外と体力がいりますよね。
ローベッドマットレス付きなら、しかも、ネットショップなら、
あちこちのお店を見て回る手間が省けます。
何かと忙しいお引越しの時期などは、特に時間短縮は大切ですよね。
お買い得です!
しかも、ローベッドマットレス付きなら、マットレスも一緒に届くので、
届いたその晩からマットレスで眠れます。
引っ越し時期の忙しい時、同時に届くのは嬉しいですよね。

【詳細】 ローベッドマットレス付き【マットレス付きはすぐに使える】


ローベッドステージタイプ【幅広フレームのかっこよさ】

ローベッドステージタイプという言葉を見たことがあるでしょうか?
ベッドの種類の言葉なのですが、ベッドの横にあるフレームが
幅広になったタイプのベッドの事です。
その幅広フレームがかっこいいんです。
では、そのローベッドステージタイプはどういったベッドか、
どのようなメリットがあるのか、選ぶ理由などを見ていきましょう。

ローベッドステージタイプとは

ローベッドステージタイプとは一体どんなベッドなのでしょうか?
ローベッドステージタイプは、ベッドのサイドフレームが
床板とマットレスよりも幅広で大きいサイズのベッドであり、
しかも、高さが床に近い低いデザインのベッドです。
通常のベッドよりも高さが低いため、シンプルなデザインで人気があります。
ローベッドステージタイプはゆったりとくつろげる雰囲気で、
非日常の空気をを味わえます。
インテリアに工夫して、アジアン風、リゾート風などに
寝室を彩ることができます。
これが、ローベッドステージタイプです。

ローベッドステージタイプのメリット

ローベッドステージタイプのメリットは何なのでしょうか。
ローベッドステージタイプには、デメリットもあるのでしょうか?
ローベッドステージタイプは、同じサイズのベッドの幅よりもフレームが幅広ですが、
お好みのマットレスを置くことが可能です。
幅広のフレーム部分は、スマホやタブレット、漫画などを持ってきて
コーヒーのマグカップやペットボトルを置いて、
サイドテーブルのように使うことができます。
憧れの寝室ができあがります。
モダンでおしゃれな雰囲気に仕上がります。
ローベッドステージタイプのメリットは、そんなカッコよさの演出が出来る点です。

ローベッドステージタイプを選ぶ理由

ローベッドステージタイプを選ぶ理由とはどんな事でしょうか。
少し考えてみたいと思います。
ローベッドステージタイプは、飾り立てなくても美しいたたずまいです。
一度、見ていただいのですが、かっこよさを感じると思います。
ほっとリラックスする空間づくりに。
開放感あふれるリゾート風味を味わいたい。
そんな雰囲気良さがローベッドステージタイプを選ぶ理由だと思います。

【詳細】 ローベッドステージタイプ【幅広フレームのかっこよさ】


ローベッド棚付き【棚付きは便利で使いやすい】

ローベッド棚付きは、ヘッド部分に棚が付いていて、便利で使いやすいベッドです。
そんなローベッド棚付きですが、具体的には、どんなベッドなのか、
メリットはあるのか無いのか、選ぶ理由について考えてみましょう。
特に珍しい種類のベッドでは無いので、ベッドを選んでいる方なら一度は目にしたベッドだと思います。
ローベッド棚付きについて見ていきましょう。

ローベッド棚付きとは

ローベッド棚付きというのは、
ベッドの枕元部分にあるヘッドボードに棚がついているベッドで、
ベッドの高さが低いデザインになっているベッドのことです。
ローベッド棚付きは、ベッドに棚がついていても、寝室に圧迫感を出したくない場合。
気に入った低いサイドテーブルが無い場合などに、どうぞ。
ローベッド棚付きと似た名称でローベッド宮付きがあります。
棚と宮の部分が違うだけです。
これは、両方共に同じ商品を指しています。

ローベッド棚付きのメリット

ローベッド棚付きのメリットは何でしょうか?
棚が付いている事によるメリット、ローベッドによるメリットの
2種類のメリットが考えられます。
目覚まし時計、眼鏡、ハンドクリーム。眠る前に使いたいものは、
どのように置いていますか?
使い勝手の良い枕元のヘッドボードに棚があることで、
ベッド脇がごちゃつかずに、小物を置くことが可能です。
手の届くところに、メイクセット、ペットボトルなどの小物を
置けるのが、うれしい!
整理整頓できて、お気に入りのアロマや観葉植物なども置けるので、
便利で使いやすいのです。
これが、ローベッド棚付きの中でも棚付きのメリット。
ローベッド棚付きは、高さを抑えた形の低いベッドなので、
寝室への圧迫感を減らすことができます。
圧迫感を減らすという事は、部屋が広く感じるという事。
これが低いベッドとしてのメリットですね。

ローベッド棚付きを選ぶ理由

では、ローベッド棚付きを選ぶ理由は何なのでしょうか?
上記のメリットの事を考えれば、その理由は明らかですよね。
ローベッド棚付きは、ベッドに横になってしまってからも、使いたいものや、
手に取りたいものを枕元に置いておくことができます。
漫画や小説を読みながら眠りたいとき、
ミネラルウォーターが飲みたいとき、ハンドクリームを塗りたいとき、
などなど。棚付きで便利で使いやすい。
お気に入りを棚に置いておくだけで、理想の棚が創れますね。
理想の棚、これがローベッド棚付きを選ぶ理由ですね。

【詳細】 ローベッド棚付き【棚付きは便利で使いやすい】


ローベッドヘッドレス【シンプルな形のヘッドレス】

ローベッドヘッドレスは、シンブルな形のヘッドレスベッドです。
その名の通り、低いベッド、ヘッドの部品が無いベッド。
四角いマットレスが載ってるだけのベッドです。
そんなローベッドヘッドレスとは、その種類、メリットなどを考えたいとと思います。

ローベッドヘッドレスとは

ローベッドヘッドレスとは、ベッドの部品としてある枕元のヘッドボードが無いデザインのベッドです。
しかも、ベッドの高さが低いロータイプのベッドです。
ローベッドヘッドレスは、枕元もすっきりとして省スペースです。
省スペースなのは、ヘッドボードの部品が無いから、その分フレームの長さが短いんです。
当然、マットレスの大きさは一緒なので、まさに省スペースですね。
枕元には何も置きたくない方や、シンプルなデザインを好む方、
こだわりのサイドテーブルを使いたい皆様にぜひローベッドヘッドレスをお勧めです。。

ローベッドヘッドレスの種類

ローベッドヘッドレスには、どんな種類のベッドがあるのでしょうか。
シンプルなデザインで、飾り気のないフロアベッド。
定番ベーシックなポケットコイルマットレスベッド。
お洒落で落ち着いた雰囲気の、北欧風デザインのベッド。
通気性の高い、すのこタイプのデザインベッド。
ヘッドボードがないタイプのベッドでも、
様々にデザインもお楽しみいただけます。
ローベッドヘッドレスについて言葉での説明は難しいです。
一度、ヘッドレスベッドを見ていただいた方が良いと思います。

ローベッドヘッドレスのメリット

ローベッドヘッドレスには、メリットがあるのでしょうか?
省スペースと言うキーワードが出てきました。
これもメリットの一つですね。
ベッドのヘッドボードは、一般的に15〜20cmの奥行があります。
ローベッドヘッドレスは、ヘッドボードの部品が無い分、長さが短くなって、
スペースの節約にもなります。
まさに省スペースでシンプルです。
短くなった分、ストレッチスペースとしてお部屋が広く使えたり、
お気に入りの他の家具を置くことも可能ですね。
ローベッドヘッドレスは、組み立てに必要な部品の種類も数も少ないので、
組み立て作業が苦手な方にもお勧めですし、部品が少ない分お値段もお安くなっています。
組立が簡単、値段も安いというのは、ローベッドヘッドレスのメリットですね。

【詳細】 ローベッドヘッドレス【シンプルな形のヘッドレス】


合わせて読みたい店主のつぶやき フロアベッドとは?

フロアベッドとは?


店主のつぶやき ローベッド編