新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

ローベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ




ローベッド の2020年度ランキング 1位

スーパーワイドキングサイズ!大型モダンフロアベッド【ALBOL】アルボル

2020年度のローベッドのランキング一位になったのは、【ALBOL】アルボル です。
【ALBOL】アルボルの最大の特徴は、最大幅が280cmのスーパーワイドキングサイズです。
ご家族3人でも、4人でも一緒に眠れるサイズのベッドはなかなかありません。
将来的に、2つのベッドに分割も出来るので長く使えます。
設計段階から連結できるようにしてあるので、隙間なくぴったりとくっつきます。
一位がふさわしいベッドです。


ローベッド の2020年度ランキング 2位

モダンライト・コンセント付き大型ローベッド

2020年度のローベッドの売上2位は、大型ローベッド です。
このベッドの最大の特徴は、ステージタイプと言って、マットレスの両側や下側に
幅10cm程度のステージが付いている事です。
ベッドサイズとしては、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングと5サイズです。
ステージ部分とヘッドボード脇のライトが普通のベッドとは違ういい感じを出しています。
良くあるローペッドでは満足しない方にはこのベッドがお勧めです。


ローベッド の2020年度ランキング 3位

リクライニング機能・モダンデザインローベッド【Plutone】プルトーネ

2020年度ローベッドの売上第三位は、【Plutone】プルトーネ です。
このベッドは一般的なローベッドとは構造が違っていて、
箱型のフレームにマットレスを入れるタイプと違い、
U字型の金属の脚の上にある床板にマットレスを載せるタイプです。
しかも、ヘッド部分がレザーになっていて、ソファの様にくつろげます。
高級感のある見た目と質感が普通のベッドに物足りない方にピッタリです。


ローベッド セミダブル について

ローベッドとは低いベッドの総称です。フロアベッドというのもありますが、こちらはフレームに脚がなくマットレスを床に置くタイプの低いベッドで、ローベッドの一種ということになります。

ローベッドはその低さがおしゃれな空間を演出して生活感を感じさせません。お部屋への圧迫感も減らせるので空間を広く見せ開放感があります。
この効果を上手に利用するなら一例として、シングルベッドをローベッドのセミダブルに変えてみることがあります。ローベットのセミダブルはお一人で使う方も増えているベッドサイズです。セミダブルはシングルよりも20cmほど幅が広くなります。この20cmは体感してみると結構違うもので、優雅に眠ることができて睡眠の質も上がります。
セミダブルのローベッドなら一般的なシングルから変えても高さが低い分お部屋の圧迫感が減らせるため、お部屋が狭くなった感じがしません。このようにシングルを一つ大きめのセミダブルベッドのローベッドにすることで、空間の圧迫感を出さずに上質な眠りも手に入れることができます。このとき家具も低めで統一すると、視線の高さに大型の家具が減るとよりお部屋を広く感じることができます。1Rやご自宅の自室のベッドをこのセミダブルのローベットにしてみてはいかがでしょうか。




すのこローベッド について

ローベッドは文字どおり高さの低いベッドのことです。フロアベッドという呼び方もありあますが、こちらはマットレスを床面に敷くタイプのベッドでローベッドの一種ということになります。
ローベッドは脚がないデザインなので、マットレスを敷く床面下の通気性があまりよくありません。
通気性が悪いベッドはマットレスや敷布団に湿気がたまりやすく、そのままにしておくとジメジメした感じになってしまいます。

では通気性の良いベッドはないのでしょうか。
それにはローベッドのすのこ仕様のものがおすすめです。すのこのローベッドは床板がすのこになったタイプです。
すのこは押し入れなど空気が澱みやすい場所で空気が通りやすくするために使われるイメージですが、それをベッドに応用下日本生まれのスタイルのベッド。
なので、すのこベッドのローベッドなら通気性を高め、湿気を効率的に逃がしてくれます。
ローベットはその低さがおしゃれな印象を演出します。すのこもデザイン性が高いものがたくさんあります。
価格も比較的手頃なものが多いので、初めてベッドを購入する予定の方にはすのこベッドのシングルローベッドがおすすめです。
最近ではシングルよりもすのこベッドのセミダブルローベッドをお選びになる方も増えています。セミダブルは幅が120cm前後で、シングルより20cmほど幅が広くなります。ローベッドのすのこセミダブルならゆったりと贅沢な眠りをお楽しみいただけます。コロナ禍で自宅で過ごす時間も増え、眠りに対する意識が変わってきたのかもしれませんね。

お二人で眠るならローベッドのダブルのすのこタイプもおすすめです。
すのこベッドのダブルのローベッドならサイズは大きくてもお部屋の圧迫感も減らせますし、おしゃれな寝室を演出することができます。




眠り姫からのおすすめはローベッド


ローベッドとは、低いベッドです。ベッドの脚が無いタイプです。
このようなローベッドは、別名フロアベッドとも呼ばれております。
実際の店舗では、低いベッドは見栄えがしない為、ほとんど展示しておりません。
低いだけのベッドは、お客様の視線に入りにくいのです。
ローベッドをおすすめする理由は、お部屋の空間が広がる点です。
お部屋に一歩足を踏み入れたとき、高いベッドがあると圧迫感があり、部屋のイメージが狭く感じます。
ベッドが低いと、布団を敷いている感覚なので、部屋の空間が広いと感じます。
ローベッドの上に載ったときにも、布団に寝ている高さと大差が無く、安心できます。
小さなお子様がいるご家庭では、ベッドからお子様が落ちる心配も無く、安全面でもおすすめです。




ローベッドの良い点


ベッドの上に寝ているのに、布団に寝ているのと同じような視点になり、落ち着きます。
天井の見え方が、床で寝ている時と変わりません。
部屋に入ったとき、低いローベッドがあっても、視界を邪魔しません。
お部屋の中に広がりを作り出してくれるのです。
見た目の印象だけではなく、実用的な利点もあります。
お子様と一緒に寝る方には、ベッドの段差が少なく、もし転がっても大きな怪我にはなりにくい高さです。
同様に、ご年配の方にも段差が少ない事は、利点となります。
また、一般的なベッドのサイズは、シングルからダブルサイズまでですが、
それよりも大きなクイーン、キングサイズは、あまり見かけません。
でもローベッドの場合、キングよりも大きなサイズ、
具体的には、横幅が200cmから280cmのものもあります。
大きなベッドにご家族四人で眠る事も可能な大きさです。
連結するタイプのベッドでもあるので、将来は分割し
別々の2台のベッドでお使いいただけます。




ローベッドの悪い点


ベッドの高さを低くするため、構造として箱型のフレームとなります。
その為、マットレスの横にフレームがあり、横の通気性が悪くなります。
マットレスの下に、すのこを敷くベッドも有りますが、下からの通気性もあまり良くありません。
湿気に対しては、定期的にマットレスを持ち上げ、通気を確保するようなお手入れが必要になります。
また、フレームの形が箱形であるため、サイドフレームやフットフレーム部分が貧弱な印象になっています。
価格を抑えるため仕方が無いのですが、高級感がなくなる事も事実です。




副店長からのローベッドのご紹介


こんにちは♪皆様、お元氣ですか
副店長でございますっ(^w^)
商品のご紹介ですっ♪
★★ローベッド★★
床からの高さを抑えた低いタイプのベッドです。
少し狭いお部屋でもベッドが低いと圧迫感を感じにくくなります。
お部屋にゆとりが出て、広く演出できますね。
お仕事から帰ったらあなただけの癒しの空間です。
ほっとするようなゆったりくつろぐ空間づくりができます。
低いタイプのベッドのお陰で余裕をもって広々と感じる寝室で毎日の疲れを癒して極上の眠りへと誘います。
ローベッドの商品の一例ですがステージタイプアバカベッド、デザインファブリックヘッドレスベッド、
棚コンセント付きフロアベッド、モダンデザインローベッド等がございます。
お時間の許す限り、どうぞごゆっくりとお選び下さいませ。
ありがとうございましたm(_ _)m




ローベッドのおすすめ商品 ダブルコア【W.coRe】棚・コンセント付きフロアベッド

ダブルコア【W.coRe】棚・コンセント フロアベッド

当店でも人気のダブルコア【W.coRe】は、スカイラインの形を踏襲し、
フレームの色合いをウォルナットとブラウンの二色にしました。
人気の形の色違いの商品展開です。
今後、色違いの商品に力を入れています。
ダブルコア【W.coRe】は、その先頭の商品です。




ローベッドのおすすめ商品2 棚・コンセント・フロアベッド【Verhill】ヴェーヒル

棚・コンセント・フロアベッド【Verhill】ヴェーヒル

クイーンサイズ、キングサイズまで展開する大型ベッドです。
当然、シングル、セミダブル、ダブルもお選びいただけます。
実店舗では展示が少ない大型のローベッドです。
白のフレームも女性に人気です。
安さの根源は、インターネット限定の商品だという点です。
おすすめのベッドです。




ローベッドと湿度の関係

ローベッドの形状をご存知でしょうか?
なかなかショールームや店舗では展示していないので、実物を見たことが無い方が多いと思います。
形は、以下の様な箱型のベッドです。



四角い箱の中に、マットレスを入れ込む形のベッドです。
マットレスの横を板で囲い、下には板がある状態です。
見た通り、マットレスの通気が良くない事が予想されます。

6月から8月までの、梅雨から盛夏の時期は、日本はまさに湿潤な気候です。
ちなみに、日本の多くの地点は、「温暖湿潤気候」に属しています。
その名称の通り、日本は、温かくて湿った気候なのです。

そんな日本で、ローベッドを使っても良いのでしょうか?
長持ちするのでしょうか?
カビやダニなど問題にならないでしょうか?
色々な疑問や質問が出てきます。

ちなみに、アメリカのamazon.comで「low bed」を検索すると、
このような形のベッドが表示されます。



いわゆる日本の「ローベッド」というのは、日本オリジナルなのかもしれません。
温暖湿潤な日本で、こんな形のベッドが作られなくても良いと思いますが、
日本人は、低い位置で眠る。つまり、布団で眠る事が好きなのでしょう。




ローベッドのサイズの種類について

ローベッドは形が箱型になっているという根本的理由により、サイズの種類が豊富になっています。
なぜ豊富かというと、2つのローベッドを組み合わせて連結する事により、大きなベッドになるからです。

でも、小さいサイズのセミシングルは、ローベッドではあまり見かけません。
逆に、シングルのローベッド、セミダブルのローベッド、ダブルのローベッドは、
ほとんどのローベッドで対応しています。

ダブルサイズより大きなローベッドは、クイーン、キングとあります。

さらに大きなサイズが種類を豊富にすることになります。
ちなみにシングルはW100、セミシングルはW120、ダブルはW140と横幅になります。
クイーンはW160、キングはW180の横幅です。

シングルとシングルを組み合わせると、W200のローベッドとなります。
組み合わせ方で、W220、W240、W260、W280と種類が増えていきます。


ローベッドではない、脚付きタイプのベッドでは、ベッドを並べて使うことで
大きなベッドとして使うことは出来ますが、一体化していないため隙間が開いたりしてしまいます。
その点、連結ベッドは、隙間が開くこともなく、安心してお使いいただけます。




ローベッド シングル について

ベッドはお部屋の中で最もスペースを取る家具なので、存在感がありお部屋の雰囲気にも影響します。
マットレスの位置が高いとお部屋に圧迫感が出てしまうことも。
ローベッドはマットレスの高さが低いので圧迫感も少なくお部屋を広く見せてくれます。

特にワンルームのお部屋ではベッドの高さでお部屋の印象は大きく変わります。
シングルのローベッドは同じお部屋でも低くすっきりした印象にすることができます。

低いベッドはデザイン的にもスタイリッシュでおしゃれな印象。
家具が視線の低い位置にあるとお部屋全体に落ち着きが生まれ、洗練されたイメージになります。

そんなシングルのローベッドはデザインも豊富に揃っています。
ローベッドは基本的に脚のない作りになっていますが、そうしたデザインも大きく3つに分けることができます。
・囲み型
囲み型はフレームが箱型になっていて、その中にマットレスを入れる形です。床板はすのこになっているものもあります。低さも相まってスタイリッシュな印象が特徴です。
最も低いタイプですが、マットレスの周囲をフレームで囲むため通気性がよくありません。
また囲いがあるので、シーツの交換が多少しにくい点があります。
こうした点はマットレスを上げてシーツを交換すれば特に問題なくでき、その際通気をよくしてあげれば湿気を逃すこともできます。

・フラット型
シングルのローベッドではフラット型も多く出ています。低いフレームの上にマットレスを置くタイプです。
囲み型よりは高さが出ますが、マットレスがフレームで囲まれていないので通気性は上がります。こちらも床板が平板のものやすのこ構造になっているタイプもあります。

・ステージ型
フレームの上にマットレスを置くのはフラット型と同じですが、ステージ型のフレームはマットレスよりも一回り大きくなっています。床板は一枚板のものもすのこ構造のものもあります。モダンでおしゃれな印象が特徴です。
シングルのローベッドはデザインも豊富ですが、セミシングルは多少限られるようです。

ローベッドはパーツも少なく組み立ても楽です。価格も手頃なものがたくさん出ているので初めてのベッドとして購入される方も多いですよ。

ローベッドはインテリア性も高いので、お気に入りの1台を見つけてぜひ素敵なお部屋にしてみてはいかがでしょうか。