新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く


カンタン絞り込み検索

引き出しBOX構造ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

引出しBOX構造ベッドについて

引出しBOX構造のベッドとは、ベッドの下にある引出しの外枠が箱形の構造で、ほこりなどが入りにくい密閉型となっているベッドです。


引出しBOX構造ベッドの利点について

利点は、複数あります。 最初のメリットは、組立が簡単になる事です。 BOX構造の引出しは、引出しと外枠が完成品としてお届けするので、そのBOXを並べて接続するだけの簡単組立です。 次に、引出しに外枠があるため、ほこりが入りにくく、収納している物を汚しません。 また、構造的に強度があり、耐久性があります。


引出しBOX構造ベッドの欠点について

構造が複雑なため、単純な引出し付きベッドと比較して、価格が高くなっております。


晩夏の収納ベッド(BOXタイプ引き出し) について

夏の盛りも過ぎ、寝苦しい夜も毎晩ではなくなってきました。
でも、涼しいと言えるほど気持ちが良い気候ではありません。
まだまだ、湿気が多く、雨も長引いています。

そんな晩夏の時期、BOXタイプの引き出し付き収納ベッドは、
何に注意したら良いでしょうか?

晩夏の時期は、一年の中で一番湿気がたまった状態にある時期です。
さわやかな春が過ぎ、梅雨の湿気、真夏の湿気、これらがたまりにたまっているのが晩夏です。
秋になれば、暑い日もありますが総じてさわやかさがアップしてきます。

その溜まった湿気にどう対処するかが最大の注意点です。

収納部分がBOX式の引き出しになっているベッドは、
隙間が少なく、密閉度が高いのが特徴です。
その特徴から湿度が入りにくいのですが、晩夏の時期には、かなりの湿気が入り込んでいます。
その湿気を除湿剤で取り除くことが大切です。
籠ったままのの湿度が冬まで続いてしまいます。
除湿剤を上手に使いましょう。