クイーンサイズベッドのサイズ感は?ベッドサイズはどう選ぶ?


2人以上で同じベッドに寝ている方の中には「ベッドが狭くて自由に寝返りがうてない」
「一緒に寝ているパートナーや家族の寝返りで目が覚めてしまう」などの
お悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
2人で寝られる家庭用ベッドとして一般的なのはダブルベッドですが、
ベッドの選び方を見直すことで睡眠時の悩みが解消されるかもしれません。

今回は2人用ベッドの中でもおすすめの「クイーンサイズベッドのサイズ感」について解説。
同じく2人用ベッドとして選ばれる「ダブルベッド」と「キングサイズベッド」との違いやサイズ感についてもご紹介します。



クイーンサイズベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

クイーンサイズベッドのサイズ感は?

クイーンサイズベッドの一般的なマットレスサイズは横幅160cm×長さ195cmで、
大人が2人で寝ても余裕があり、小さいお子さんと一緒に寝ることもできるサイズ感です。
横幅160cmのクイーンサイズベッドに2人で寝る場合、
1人当たり約80cmのスペースがあります。
ゆったりと寝られるベッドの横幅の目安は寝る方の左右の肩に
それぞれ20cmずつ足した広さのため、肩幅が40cmほどの方が2人で寝ても
お互いのパーソナルスペースを確保しやすく、快適に寝られるサイズ感でしょう。

クイーンサイズベッドのマットレスはサイズが大きいため2つに分割して
搬入しやすくしているものが多いです。
マットレスを分割していない場合には他のベッドよりも広い搬入スペースが必要になるため、
搬入スペースの確保が可能か購入前にあらかじめ確認しておきましょう。
マットレスは、ロール状の梱包の場合と板の様な梱包の場合があります。


クイーンサイズベッドと他のベッドとのサイズ感の違い

2人で寝たり子どもと一緒に寝たりできるベッドにはクイーンサイズベッドの他に
「ダブルベッド」と「キングサイズベッド」があります。
どちらもクイーンサイズベッドと同じように、2人で寝るため、
あるいは子どもと一緒に寝るために購入されることの多いベッドですが、
クイーンサイズベッドと比べてどのようなサイズ感の違いがあるのでしょうか。
サイズ感やフレームの広さの感じについて解説します。

ここではクイーンサイズベッドと他のベッドとの違いについて解説します。

ダブルベッドのサイズ感の違い

ダブルベッドのマットレスのサイズは横幅140cm×長さ195cmが一般的で、
クイーンサイズベッドと比べて横幅が20cmほど狭いサイズ感です。
コンパクトなサイズのため、寝室があまり広くない場合や
寝室にベッド以外の家具を置きたいとお考えの方に向いています。

ダブルベッドは1人でゆったり寝るには十分な広さですが、
2人で寝るには少々狭く感じるサイズ感かもしれません。
ダブルベッドに2人で寝る場合の横幅は1人当たり約70cmです。
1人用のセミシングルベッドのマットレスサイズは横幅が80〜90cmのため、
ダブルベッドに2人で寝るとセミシングルベッドよりも1人当たりのスペースが狭くなります。

サイズ感として、
「2人が寝られるサイズのベッドでコンパクトなものが良い」とお考えであればダブルベッドを選び、
「2人で寝ても余裕があるものが良い」とお考えであればクイーンサイズベッドを選ぶと良いでしょう。

キングサイズベッド/キングベッドとの違い

キングサイズベッドは一般的なマットレスのサイズが横幅180cm×長さ195cmで、
横幅がクイーンサイズベッドより20cm広いサイズ感です。
横幅180cmというのはセミシングルベッドを2つ並べたときとほぼ同じサイズ感です。
クイーンサイズベッドから横幅が20cm大きくなるだけでも部屋に置いたときに圧迫感がでるので、
気になる場合には高さの低いロータイプを選ぶと圧迫感を軽減できます。
クイーンサイズベッドと同様、マットレスが大きいため搬入できない可能性もありますので、
部屋の入口などが搬入できるサイズであるかを購入前に必ず確認しましょう。

クイーンサイズベッドでも2人で寝たり、子どもと寝たりするのには十分な広さがありますが、
キングベッドはより広々と寝ることができるサイズ感です。
「ホテルのスイートルームのような大きいベッドで寝たい」
「広いベッドで家族とゆったりと寝たい」という方にはキングサイズベッドが良いでしょう。
しかしキングベッドを置くと寝室のほとんどをベッドが占めてしまうため、
部屋によっては他の家具を置いたり、クローゼットの扉の開閉が難しい場合もあります。
大きいサイズのベッドがほしいけれどベッドの周りのスペースも確保したい場合には、
クイーンサイズベッドがおすすめです。

セミダブルベッド、シングルベッドとの違い

セミダブルベッドは、横幅が120cm、シングルベッドは、横幅が97cmです。
クイーンサイズベッドと比較して、セミダブルベッドは40cm狭く、シングルベッドは、約60cm狭くなっています。


クイーンサイズベッドの選び方

ここまで3種類のベッドのサイズ感やどのような方に向いているのかについて解説してきました。
ここからはベッドを選ぶときに確認したいことについて
もっと詳しく知りたい方に向けてベッドサイズの選び方をご紹介します。

体型・人数に合ったマットレスサイズを選ぶ

ベッドのサイズを選ぶ上でまず確認したいのは、使う方の体型と人数です。
「標準的な体型の2人で使う場合」と「子どもと一緒に3人で使う場合」の2つの例を挙げて、
どのベッドを選ぶと良いのかについて解説します。

標準的な体型の2人で使う場合

標準的な体型の大人が2人で使う場合には、ダブルベッドかクイーンサイズベッドを選ぶと良いでしょう。
ダブルベッドでは1人のスペースが約70cm、クイーンサイズベッドでは約80cm確保できます。
2人で寄り添って寝る場合にはダブルベッドでも十分と感じるかもしれませんが、
お互いにある程度スペースに余裕を持って寝たい場合には若干狭く感じるサイズ感でしょう。
お互いに広々と寝たい場合にはクイーンサイズベッドを選ぶとストレスも少なく使うことができます。

またダブルベッドはマットレスが1つですが、
クイーンサイズベッドは搬入のしやすさからマットレスが2つに分かれている場合が多いです。
マットレスが分かれていると搬入のしやすさだけでなく、
マットレスとマットレスの間にコイルが入っていないため、
相手がベッドに入るときや寝返りを打ったときの振動が伝わりにくく、
相手の睡眠を妨げにくいというメリットがあります。
そのため相手の寝返りなどで目が覚めてしまうという悩みがある方には
クイーンサイズベッドの方がおすすめです。

子どもと一緒に3人で使う場合

子どもと一緒に家族3人で使う場合には、クイーンサイズベッドやキングサイズベッドから選びましょう。
クイーンサイズベッドは横幅160cm、キングサイズベッドは横幅180cmのため、
キングサイズベッドの方が3人で寝るときには少し余裕を持って寝られるサイズ感です。

どちらもマットレスが2つに分かれている場合が多いので、
マットレスとマットレスの間に隙間ができ、中央に子どもを寝かせる場合には
隙間が気になることも。
気になるときにはベッドパッドをマットレスの上に敷くと違和感が軽減されます。

部屋の広さに合わせて選ぶ

ベッドを選ぶ際に確認しなくてはならないのは部屋の広さです。
部屋の広さに対して大きいサイズのベッドを置いてしまうと他の家具が置けなくなってしまったり、
人が通るためのスペースが確保できなくなったりします。
例えば寝室がベランダに通じている場合、ベランダまでの動線が確保されていないと、
洗濯物をベランダに干すためにベッドの上を通ったり、
狭いスペースを歩いたりしなくてはなりません。

快適な生活を送るためにも部屋の広さに合わせたベッド選びが大切です。
以下で部屋の広さごとに向いているベッドの種類をご紹介します。

部屋が8畳未満の場合

ベッドを置く部屋の広さが8畳未満の場合はダブルベッドかクイーンサイズベッドにしましょう。
8畳未満の部屋にキングサイズベッドを置くと他の家具を置くスペースがなく、
クローゼットの扉の開閉も難しい場合があります。
さらに6畳未満の部屋の場合、ダブルベッドであれば他の家具を置く余裕がまだあるものの、
クイーンサイズベッドになると他の家具はほぼ置けないでしょう。
ベッド以外にも家具を置きたいのであればダブルベッドを選ぶのがおすすめです。

しかしどうしても大きいベッドが良いという希望がある場合には、
機能付きのベッドフレームを選ぶ方法も。
例えば大きいベッドを置いたことで収納スペースが足りなくなる場合には、
収納付きのベッドフレームを選ぶことでベッド下のスペースを収納として活用できます。

8畳未満の部屋には基本的に大きいベッドはおすすめできませんが、
工夫次第では置くこともできるのでフレームにも注目して選んでみると良いでしょう。

部屋が8畳以上の場合

8畳以上の部屋であれば、クイーンサイズベッドやキングサイズベッドのような
大きいサイズのベッドも選ぶことができます。
ダブルベッドならたんすなどの収納家具やテレビなどを置いても余裕があるので、
寝室としてだけでなく収納スペースやくつろぐスペースとして使うこともできるでしょう。
またクイーンサイズベッドやキングサイズベッドでもサイドテーブルや
収納家具を置くスペースの確保ができます。
生活導線の確保もしやすいため、大きいサイズのベッドを購入したいとお考えであれば、
部屋の広さは8畳以上が理想です。


2人で寝るならクイーンベッドがおすすめ

2人で寝たり子どもと寝たりするためのベッドにはダブルベッド、
クイーンサイズベッド、キングサイズベッドの3種類があります。
ベッドを選ぶ際には、寝る方の体格や人数、ベッドを置く部屋の広さを確認することで
どのようなベッドを購入したら良いのかが分かるでしょう。

クイーンサイズベッドはダブルベッドとキングサイズベッドの
中間のサイズに当たります。
2人で寝る際にはダブルベッドよりも広々と寝ることができ、
キングサイズベッドよりも部屋での設置スペースを取らず、部屋に搬入できないかもしれない
という心配も少ないためおすすめです。
また8畳未満の部屋に設置する場合でも、収納家具を置くのが難しいのであれば
収納付きフレームを選ぶなどの工夫をすることで問題なく設置できる場合があります。

ベッドの狭さや一緒に寝ている方の寝返りで目が覚めるなどの悩みがある方は
クイーンサイズベッドへの買い替え・購入を検討してみてください。


ベッドフレーム おすすめ商品紹介

右矢印
左矢印

店主のつぶやき クイーンベッドのサイズ感は?ベッドサイズはどう選ぶ?編


関連する商品グループ


ページトップ