すのこベッドダブルサイズの特徴とは|おすすめの選び方を解説

すのこベッド 売上ランキング



すのこタイプのベッドのダブルサイズは、二人で眠れる大きなサイズのベッドです。 しかもすのこタイプなのでマットレスの下の通気性も良いです。 マットレスの下の通気性が良いと、マットレスに溜まった湿気を逃がすのに有利です。 ダブルベッドなのでお二人で眠れるサイズ。お二人分の汗や湿気が溜まったマットレスにすのこは必須ですね。 ベッドを販売して16年以上となる店主がすのこ、ダブルサイズについて解説します。



すのこベッド おすすめ商品

すのこ床板


通気性がよくお値段も比較的お手頃なすのこベッド。
少し大きなダブルサイズのすのこベッドを購入しようか、迷っている人もいるでしょう。
しかし、デメリットや選び方などが気になることもあるかもしれません。

本記事では、すのこベッドの特徴について詳しく解説します。
すのこベッドならではのメリット・デメリットや
選び方をまとめて確認していきましょう。


すのこベッドとは

すのこベッド


すのこベッドはベッドの土台、枠組みをすのこ状にしたベッドです。
ここでは、すのこベッドにどのような特徴があるのか、
メリット・デメリットをご紹介します。

すのこベッドの特徴

すのこベッドは通気性がよく、カビの発生を抑える役目があるので、清潔な寝床を保つことが可能です。
また、すのこベッドの値段は幅広く、リーズナブルなものは1万円程で比較的購入しやすい金額となっています。
日本の気候は、欧米などと比べて湿気が多い特色があります。
湿気が多い日本では押し入れに布団を収納する際、カビ防止のためにすのこを敷いてきました。
すのこは古くから日本に欠かせないアイテムだったといっても、過言ではないでしょう。
すのこベッドといっても、さまざまな種類やタイプがあります。
自分に適した、安心して眠れるすのこベッドを探すことが重要です。

すのこベッドのメリット

すのこベッドが持つ主なメリットを4つ紹介します。

・通気性がいい
人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われているので、
ベッドはどうしても湿気が溜まりやすくなってしまいます。
睡眠中の汗や日本の気候による湿気でカビが発生しやすくなりますが、
すのこベッドは板と板の間に隙間があることで通気性がいいため、
カビの発生を抑えられます。

・夏は涼しく眠れる
すのこベッドは風通しがとてもいいので、夏は涼しく眠れます。
蒸し暑くて寝付けない、といった悩みも解消できるではないでしょうか。

・掃除がしやすい
すのこは軽いので移動がしやすく、すのこベッド下の掃除がとても楽に行えます。
また足つきタイプのすのこベッドであれば、ベッド下に掃除機やモップが入りやすいため
より掃除が行いやすくなります。

・リラックス効果が期待できる
すのこベッドは木材が使われており、木目や暖かい色味、
木材の香りが楽しむことができます。視覚と嗅覚で自然を感じられるため、
リラックス効果が期待できるでしょう。

すのこベッドのデメリット

すのこベッドのデメリットもいくつかあるのでご紹介します。

・冬に寒さを感じる
風通しが良く夏は涼しいと前述しましたが、冬は寒さを感じる事があります。
冬は暖かいベッドパットや羽毛布団など、寝具を工夫することで寒さ対策をしましょう。

また、床にラグやジョイントマットを敷くことで冷気が抑えられるので、
床の寒さ対策も効果的です。

・ホコリがたまりやすい
すのこベッドは板と板の間が空いているため、寝具から出る綿ぼこりや
ダニの死骸が床に落ちホコリが溜まりやすくなります。
ホコリが絶対にたまらないベッドはありませんが、
週に1回は拭き掃除をしてホコリを取り除きましょう。

・寝るときに硬さを感じることがある
すのこベッドは木の板なので、布団やマットレスに厚さがないと
寝るときに硬さを感じる場合があります。とはいえ布団やマットレスを選ぶ際に、
厚みのあるものを選択すれば解消できるデメリットでしょう。


ダブルサイズとは

ダブルベッドは、シングルベッドよりも大きく広々と寝ることができます。 ではダブルベッドの特徴やメリット、デメリットを下記で詳しく見ていきましょう。

ダブルサイズの特徴

ダブルベッドの大きさは約140僉195僖汽ぅ困離戰奪匹如 シングルサイズやセミダブルサイズのベッドに比べると大きく、 大人2人が仰向けで寝られる大きさがあります。

ダブルサイズのメリット

ダブルベッドのメリットをいくつか下記で見ていきましょう。 ・コンパクト シングルサイズよりも大きく、クイーンサイズよりも小さいサイズで、 2人で寝るベッドの中で一番コンパクトなサイズとなっています。 コンパクトなので、寝室があまり広くない場合でも設置することが可能です。 ・お互いの不調に気付きやすい ダブルベッドは大人2人が肩を並べて寝られるサイズであるため、 相手の体温が伝わりやすいです。 相手の体温が分かると、不調や変化に早く気づくきっかけになります。 ・値段がお手ごろ ダブルベッドは比較的お手ごろな値段で購入することができるため、 大きな出費を抑えることが可能です。 出費という大きな負担が抑えられると、お部屋にダブルベッドを 設置しやすいのではないでしょうか。

ダブルサイズのデメリット

ダブルベッドのデメリットはどういったものがあるのか、下記でいくつか見ていきましょう。 ・相手の体温が伝わりすぎる 相手の体温が伝わりやすいメリットを前述しましたが、 体温が伝わりすぎてしまうというデメリットでもあります。 相手の体温が高いときや手足が冷たいときは密着しているので影響を受けてしまいます。 ・布団の取り合いになる ダブルサイズの布団は大人2人でピッタリのサイズになるため、 1人が布団を巻き込んでしまうともう1人は、布団がなくなってしまう場合があります。 シングルサイズの布団を2枚使用することで、1人がそれぞれ布団を使用できます。 ・窮屈に感じることがある 前述したとおりダブルベッドは2人でピッタリのサイズです。 2人が仰向けで寝返りをしない場合は問題ありませんが、 寝返りや寝相によっては窮屈に感じる場合があります。 ダブルベッドより+20僂曚氷いクイーンサイズのベッドを使うことで、 窮屈さを軽減してもいいでしょう。


すのこベッドのダブルサイズを購入する前に材質の違いを比較

すのこベッドにはさまざまな材質があり、材質によって強度が違っていたり 弱点があったりします。材質の違いを理解し環境や目的にあったすのこベッドを選びましょう。 では、材質ごとの特徴を詳しくご紹介していきます。

パイン材

パイン材はマツの木からとられる木材です。 木目がとても綺麗であることに加え、木の香りが良く温かみを感じられます。 パイン材はとても柔らかくDIYでも良く使用されていて、衝撃の吸収や熱に強いという性質があります。 衝撃の吸収や熱に強いことから家具や住宅資材として使われることが多いですが、 柔らかい素材で傷つきやすいため注意が必要です。

ひのき

ひのきは水気や湿気に強く、軽いというのが特徴です。 針葉樹は湿気に強いですが、ひのきは針葉樹の中で最も強い木材です。 銭湯に置いてある桶や、お寺や神社で手を清める際に使う柄杓も ひのきが使用してあり湿気や水気にとても強いことがわかります。 また芳香剤などにもひのきの香りが使われていることから分かるとおり、 リフレッシュやリラックス効果を期待できます。

桐はとても丈夫な材質で、湿気にも強いという特徴があります。 また、虫が嫌う「タンニン」という物質を含むことで防虫効果が期待できることも桐の強みでしょう。 湿気の多い日本では古くから桐が使われていて、 防湿、防虫効果の性質を利用して桐のタンスをつくります。 桐は熱伝導率が高いため、ベッドに使用する場合は体温が伝わりやすく 布団が暖かくなるというメリットがあります。

杉は木目がとてもはっきりとしていて、ツヤが少ないマットに近い見た目が特徴的です。 ひのきのような強い香りはありませんが、ほんのりとした木の香りでリラックスできます。 湿気や水で濡れた場合でも乾燥が早いので、腐食の心配がありません。 杉は柔らかい材質なので傷つけないように注意しましょう。


すのこベッドダブルサイズを選ぶときのポイント

次に、すのこベッドを選ぶときにポイントをご紹介していきます。 ベッドの購入の中では比較的お手頃の価格といっても、 ある程度のコストはかかるので失敗しないようにチェックしてみてください。

すのこベッドダブルサイズの材質を確認する 折りたたみか

すのこの材質には前述したようにさまざまな種類があります。 お住まいの地域の気候や設置する部屋の間取り、使用する人の体重などを しっかりと確認して選びましょう。 例えば、1年を通して湿度が高い地域ならば、湿気に強いひのきや 乾燥の早い杉がおすすめです。 また、木目やツヤや香りを確認して、ご自身が納得のいく木材を しっかりと選ぶことで質のいい睡眠がとれます。

ダブルサイズの頑丈さ荷体重をチェックする

頑丈か、荷体重をチェックすることも重要です。 ダブルサイズのベッドあればある程度の強度はありますが、 材質やベッドの足の太さなどによって荷体重は変わってきます。 荷体重ギリギリのベッドを購入するのではなく、 余裕をもって購入することで、今後使用する人数が増える場合や、 布団やマットレスの厚みや重みが増えた場合でも対応することができます。 荷体重を超過してしまうと、ベッドの足やすのこ部分の板が 折れてしまうトラブルにつながるため、必ずチェックするようにしましょう。 頑丈な方が長持ちします。

人気のおしゃれなデザインを検討する

消耗品ではなく長く使うものなので、すのこベッドを選ぶ際に 人気やおしゃれなデザイン性も重要です。棚付きのタイプやヘッドレスタイプ、 ロータイプやハイタイプといったさまざまなデザインがあります。 デザインのなかには折りたたみ式のすのこベッドもあり、 すのこの上に布団を敷いている場合はそのまま折りたたみ 乾燥させることもできます。部屋のスペースや好みに合わせて検討しましょう。 人気のフレーム、おしゃれなフレームは、最初に見たほうが良いです。

機能性を確認する マットレス付きか

デザインと同様機能性もさまざまです。 ヘッドボード部分にコンセントプラグの差し込み口が付いているものや、 手元灯が付いているタイプがあります。 手元灯が付いているものであれば、部屋の電気を消した後に ちょっとした調べ物や、メガネなどの小物の位置もすぐに 把握できるメリットがあります。 他にもコンセントプラグの差し込み口が付いているタイプであれば、 1つ穴から両サイドに付いているタイプもあります。 ベッドで使用するコンセントの数にあったタイプを選びましょう。 マットレス付きかどうかも重要です。 マットレス付きでない場合、マットレス探しも必要になります。

部屋のスペースに合うフレームの大きさか確認する

部屋のスペースに合うフレームの大きさかを確認することはとても重要となります。 近年では寝室は寝るだけの部屋としてフレームのみ設置する家庭も増えてきました。 しかし、家族が多い場合や賃貸、部屋が狭いなど各ご家庭でさまざまです。 足付きのすのこダブルベッドを使うことで、下に収納ケースを設置できます。 ベッドと収納が1つのスペースで収まるため、狭い寝室でも ダブルのすのこサイズが収まる可能性があります。

組み立てをチェックする 安い価格か

組み立ての際にネジがしっかり止まっていない、ズレといった不具合があると、 キシミや板が割れてしまうなどとても危険です。 ベッドは大きな家具になるため組み立てが難しいと感じますが、 多くの販売店で組み立て設置サービスを行っています。 自分で組み立てることに不安がある場合は、プロに依頼した方が安心です。 価格が安いかどうかも重要です。 安い価格で組み立てできる方が良いですね。


まとめ

すのこベッドにはさまざまな種類や機能、選び方などをご紹介していきました。 1つずつ調べるのはとても時間がかかりますが、 ベッド通販専門店 眠り姫では種類、機能、サイズ、高さ、色の5種類から練り込むことができます。 ベッド通販専門店であるため商品の機能性や安全性は信頼できます。 送料も無料なので、無駄なコストがかかりません。 すのこベッドの購入を検討している人はぜひ、ベッド通販専門店 眠り姫で探してみてください。


ダブルベッド おすすめ商品

店主のつぶやき すのこベッドダブルサイズの特徴とは|おすすめの選び方を解説 編


  

関連する商品グループ


ページトップ