新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

新春特別セール 第一弾!
1月31日までのご注文は、全商品5%引きです。

すのこダブルベッド について

すのこダブルベッド について

すのこダブルベッド について


ダブルベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

すのこダブルベッド について

ベッドフレームには色々な種類がありますが、その中でも人気の高いすのこベッド。
実は日本生まれのベッドフレームということをご存知でしょうか。

湿度の高い日本の気候。すのこはそんな日本の風土から生まれた道具です。元々は押入れや納戸などの収納場所で使われるものです。荷物の下に敷くことで通気性を保ち、空気の流れる道を作ってあげることで湿気を逃します。
湿気は下に溜まるので、すのこがあることで床と荷物の間に空気の層がを作り湿気がたまりにくくなります。

その利点をベッドに応用したのがすのこベッドです。
すのこベッドは日本の気候と文化が生んだ独自のベッドのカタチなのです。

すのこベッドには空気の通りを良くするだけでなく、他にもメリットがあります。
すのこは木材で作られているため、素材自体が湿気を吸収してくれます。
また使用している木材にもよりますが、木の香りがして癒し効果を高めてくれます。
よく使われるのは杉やパイン、桐や檜です。
中でも檜(ひのき)は香りが良く湿気にも強いので人気のある木材です。

そんな日本の多湿な気候に合ったすのこベッドですがダブルのものは、購入時にいくつか注意する点があります。
まずすのこの強度がしっかりしたものを選びましょう。
ダブルベッドは幅が広くなるので構造上強度が求められます。マットレスや布団を上に乗せるすのこを頑丈に作る必要があります。特にダブルベッドですのこ構造のものは強度が弱いと使っているうちにセンター部分が下に凹んできます。歪みは見た目には少しでも寝心地に影響します。横になるとわずかな傾きや歪みも敏感に感じるもので、そうした感覚がストレスになり、眠りの質を落としてしまします。
すのこは木材でできているので、スチールなどに比べて強度が落ちます。
使われている板の厚さや、副木(すのこをつなぐ骨組みの木材)の太さなどを確認しましょう。出来るだけ厚みや太さのあるもの、副木の本数が多いものを選びましょう。またすのこの作りも大事です。ねじ釘などでしっかり固定されているものがおすすめです。
価格の安いものは、タッカーと呼ばれる木材用のホッチキスで固定されているものもあり、使っているうちに外れてきたりします。

またすのこのダブルベッドで脚付きのタイプはフレームの作りも大事です。使っているうちにフレーム自体が広がってきくることがあり、ひどくなると床落ちといって、すのこの床板が抜けてしまうことがあります。すのこ同様にしっかりした作りのものを選びましょう。

通気性の高いすのこベッドですが、それでも湿気が全く貯まらないわけではありません。
時々はお手入れしてあげましょう。
ダブルベッドのサイズのすのこはシングルタイプの2つに分割されているものを4つつなげたりと、分割されているので、取り外しも楽にできます。布団でお使いになる場合は布団を干すタイミングで、マットレスの場合も時々は外してすのこを上げ、ベッド下のお掃除をし、普段マットレスが乗っている面も空気に当ててあげると長持ちします。


合わせて読みたい店主のつぶやき ダブルベッドすのこ

ダブルベッドすのこ【夏の湿気対策にはすのこベッド】


すのこベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印


店主のつぶやき すのこダブルベッド について編


関連する商品グループ


ページトップ