ダブルとクイーンの違い


ダブルベッドとクイーンベッドではどのような違いがあるのでしょうか。 二人で眠れる大型サイズのベッドですが、違いが分かりにくいですね。 この記事では、サイズの違い、快適性の違い、部屋のサイズによる選び方、コストの違い、用途の違いについて解説します。 解説は、ベッド販売歴が16年以上となる、ベッド通販眠り姫の店主が担当します。




ダブルとクイーンの違い サイズについて比較

ダブルとクイーンの違いについて、サイズ的にどのように違うのか見ていきましょう。
クイーンベッドとダブルベッドは、それぞれ異なるサイズのベッドであり、大きさの違いが最も明確な違いと言えます。

ダブルベッド サイズ

ダブルベッドは、横幅約140cm×縦幅約195cmの大きさです。
クイーンベッドに比べて、横幅が狭いです。
二人で寝る場合はやや窮屈に感じることがあるかもしれません。
一人で寝る場合は十分なスペースがあります。

クイーンベッド サイズ

クイーンベッドは、横幅約160cm×縦幅約195cmの大きさがあります。
一般的な日本のベッドルームなら、クイーンベット サイズであれば二人で寝てもゆったりと寝ることができます。
一人で寝る場合は十分なスペースがあり、くつろぐことができます。

サイズについて比較

クイーンベッドは高さがあるものが多く、上にマットレスを乗せると、ダブルベッドよりも高くなります。
寝心地が良く、上質な眠りを得ることができます。
クイーンベッドは広いため、二人で寝る場合にも、ゆとりがあり、一人で寝る場合には、十分なスペースがあります。
高級感があり、寝心地も良いという特徴があります。
ダブルベッドは一般的に低めの設計が多く、安定感はあるものの、高級感はクイーンベッドには及びません。
ダブルベッドはコンパクトで設置場所を選ばないため、一人で暮らす人には向いています。
ライフスタイルや部屋の大きさ、ご予算などによります。
ごゆっくりご検討くださいませ。


  • 収納ベッド【Rizeros】リゼロス
  • 収納ベッド【Rizeros】リゼロス

棚・コンセント・収納ベッド【Rizeros】リゼロス

クイーンサイズとの快適性の違い

ダブルとクイーンの違いについて快適性はどのように違うのか考えていきましょう。
クイーンベッドは、横幅約160cm×縦幅約195cmの大きさがあります。
ダブルベッドは、横幅約140cm×縦幅約195cmの大きさです。
クイーンベッドとダブルベッドは、サイズだけでなく、快適性においても大きな違いがあります
クイーンベッドは、ダブルベッドよりも広いため、より広い寝室スペースが必要です。
寝返りをうつときに身体が動きやすく、快適な睡眠を促します。
クイーンベッドには、2台のシングルベッドを組み合わせて連結させます。2枚のマットレスを使用します。
親子で、パートナー様同士で並べられます。
分割して使うことも可能で、模様替えも楽ちんです。
クイーンサイズのベッドには、ベッドフレームが頑丈な造りで、
睡眠をしっかりとサポートするものがあります。
ダブルベッドにはマットレスが一枚、付属してお好みに合わせた硬さ、柔らかさをお選びになれます。
ダブルベッドには、よりシンプルでコンパクトなフレームが多く、場所を取らずに設置できます。
クイーンベッドとダブルベッドの快適性については、個人の好みや身長、体格によって異なることがあります。
クイーンベッドもダブルベッドもお一人で寝る場合は、広々として、寝心地がよろしいでしょう。快適な寝心地を見つけよう!


合わせて読みたい店主のつぶやき ダブルベッドのサイズ表|セミダブルなどとの大きさの違いや選び方を解説

ダブルベッドのサイズ表|セミダブルなどとの大きさの違いや選び方を解説
ダブルベッドのサイズ表|セミダブルなどとの大きさの違いや選び方を解説


部屋のサイズによるクイーンベッドの選び方

ダブルとクイーンの違いについて部屋のサイズから選び方を見ていきましょう。
クイーンベッドは、横幅約160cm×縦幅約195cmの大きさがあります。
ダブルベッドは、横幅約140cm×縦幅約195cmの大きさです。
ベッドを選ぶ前に、重要なのが、部屋のサイズです。
寝室の広さ、天井までの高さを計測しましょう。
クイーンベッドを使う場合は、ベッドの周りにスペースを取ってくださいませ。
ベッドへの上がり降り、ベッドメイキングの際の場所、動線を確保いたしましょう。
ベッド以外に、他の家具を配置したり、ベッド下の収納スペースを開閉する必要がある場合は、さらに広いスペースが必要になります。
部屋が広い方が、よりクイーンサイズのベッドを選択肢に入れやすいですね。
ダブルベッドはクイーンベッドに比べてコンパクトで、比較的、小さな部屋でも設置できます。
ダブルベッドの場合は、スリムな家具や収納スペースを置くことができます。
部屋のレイアウトも自由自在。
模様替えが好きな方、引っ越しの多い方へ、ぜひ。
ベッドを選ぶ際には、ライフスタイルやご予算、部屋のレイアウトなども考慮し、最適なベッドを選びましょう。


コスト的なダブルとクイーンの違い

クイーンベッドは、横幅約160cm×縦幅約195cmの大きさがあります。
ダブルベッドは、横幅約140cm×縦幅約195cmの大きさです。
ダブルとクイーンの違いを比較する際に重要な点の一つにコストの違いがあります。
クイーンベッドとダブルベッドの価格差は、ブランド、材質、サイズ、デザインなどによって異なりますが、
部材も多く使われているクイーンベッドの方が高価です。
あるブランドのダブルベッドとクイーンベッドを比較すると、クイーンベッドの方が2万円から5万円程度高価であることが多いです。
クイーンベッドは大きくて、広い!
二人で寝る場合には十分なスペースがあるのが魅力。
将来的に家族が増えた場合や、ペットを飼う場合などにも対応しやすく、長く使えるメリットがあります。
クイーンベッドは、快適性にも優れており、良質な睡眠をサポートするため、健康にも良い影響を与えることができます。
ダブルベッドは小さくてコンパクトであり、一人暮らしや狭い部屋には適しています
ダブルベッドはクイーンベッドよりも価格が安いことが多いので、
予算が限られている場合には選択肢の一つとなるでしょう。
クイーンベッドとダブルベッドのコストには、サイズ、素材、ブランドなどによる違いがあります。
将来的に家族が増える可能性がある場合や、快適性を重視したい場合は、クイーンベッドが適しているかもしれません。
予算を抑えたいときには、一人暮らしの場合には、ダブルベッドを選ぶことも良いでしょう。


用途の違い

ダブルとクイーンの違いについて、用途的に見てみましょう。
クイーンベッドは、横幅約160cm×縦幅約195cmの大きさがあります。
ダブルベッドは、横幅約140cm×縦幅約195cmの大きさです。
クイーンベッドとダブルベッドには、用途においても違いがあります。
クイーンベッドはダブルベッドよりも広いので、カップルや家族で寝るのに適しています。
新陳代謝の高い成長期のお子様たち、寝返りを多く打つ方にも向いています。
広いスペースがあるため、自由に寝返りを打ちやすく、寝姿勢も自然な形で保つことができます。
クイーンベッドは、大型のヘッドボードが付いているものが多く、インテリアのアクセントにもなります。
クイーンベッドは、寝心地がよく、長時間、横になっても体への負担が少ないので、快適な睡眠環境を求める方にも向いています。
広いスペースが必要な方や、ベッドルームのインテリアにもこだわりたい方はクイーンベッドがおすすめ!
ダブルベッドは、クイーンベッドよりもコンパクトです。
お一人暮らし、二人暮らし、新婚さんなど、限られたスペースで暮らす方に向いています。
ダブルベッドはクイーンベッドよりもコストが安く、予算が限られている場合にも、手頃な価格で購入可能!
ダブルベッドは、シンプルな構造のものが多く、場所を取らずに使えるため、快適さよりも機能性を重視する方にも向いています。
コンパクトで手頃な価格のベッドを探している方、機能性を優先したい方にダブルベッドが適しています。
より快適な睡眠環境を作りましょう。

シングル、キングの用途

ダブルとクイーンの違いについて見てきましたが、シングルやキングはどのような用途になるのでしょうか。
シングルは、基本的に一人用のベッドとなります。
キングの場合、2人でゆったりと眠る場合、大人2人と小さなお子様1人の3人で使う場合があります。
明らかに使う人数が違うベッドサイズです。


店主のつぶやき ダブルとクイーンの違い 関連



関連する商品グループ


ページトップ