クイーンサイズベッドの魅力と注意点


クイーンサイズのベッドには、特別な魅力があります。 おすすめの商品を紹介します。 クイーンサイズは、2人で眠るのでしょうか?3人でしょうか? マットレスの幅は?どんな間取りなら設置出来るのでしょうか? 収納付きフレームのベッドサイズはどの程度でしょうか? そんな疑問にベッド販売歴16年以上となる店主が、お答えします。



クイーンサイズベッドとは?2人で?マットレスの幅は?魅力は

クイーンサイズベッドとは、マットレスの横幅が約160cm×縦幅が約195cmのものを指します。
大人2人用や親子3人用として使われることが多いです。
ゆったりとした寝心地をお求めの方に、おすすめです。
クイーンサイズベッドの特徴は、セミシングル80cmを2つ並べたときと同じ幅になります。
クイーンサイズベッドは、ダブルサイズよりも20cm広いため、寝返りを打つ際にも、幅のゆとりがあります。


クイーンサイズフレームの魅力とメリット

クイーンサイズベッドのメリットとは、どんなことでしょう?
クイーンサイズベッドとは、横幅が約160cm×縦幅が約195cmのものを指します。
クイーンサイズベッドは、幅が約160cmとダブルベッドよりも広く、大人2人がゆったりと寝ることができます。
小さなお子様を含めた親子3人の添い寝も可能です。
クイーンサイズベッドは、広くてゆったりとしており、寝返りを自由に打てるスペースがあります。
マットレスは、2つに分割されているタイプもあります。
お互いの振動が伝わりづらくなり、よく眠れます。
クイーンサイズベッドは、寝室での存在感があります。
ラグジュアリで優雅な雰囲気を演出することもできます
部屋のインテリアに合わせて、ベッドフレームデザインを選ぶのも楽しいですね。
クイーンサイズベッドは、広さや快適さ、見た目や機能性も兼ね備えた魅力的なベッドです。


デメリット

クイーンサイズベッドのデメリットとは、何でしょうか?
クイーンサイズベッドとは、横幅が約160cm×縦幅が約195cmのものを指します。
クイーンサイズベッドは、横幅が約160cmと大きいので、部屋のスペースを占領してしまいます。
6畳の部屋に配置すると、ベッドが半分以上を占めてしまいます。
収納や他の家具の配置に工夫が必要です。
寝室の広さと家具などの計測を事前に必ず行いましょう。
クイーンサイズベッドは、一枚のマットレスを使って、寝ることが多いです。
一枚のマットレスでは、パートナー様同士やご夫婦の体格、お好みの硬さや柔らかさを調整することが難しいです。
隣で寝ている方の動きや寝返り、寝息も気になってしまいます。
クイーンサイズベッドは、重量や大きさがあるため、搬入や移動に苦労します。
特に階段や廊下が狭いと、通れないこともあり、注意が必要です。
クイーンサイズベッドは、重いので一人では動かせなくて思った通りの掃除を行うことは、大変です。


置くために必要な部屋の広さ、間取り

クイーンサイズベッドを置くために必要な部屋の広さや間取りはどのくらいなのでしょうか?
クイーンサイズベッドのフレームは、幅が約160〜180cmと大きいです。
部屋の広さにも注意が必要です。
ご購入前に、ベッドや寝室、他の家具の計測を必ず行いましょう。
一般的には、最低でも6畳以上、できれば8畳以上3の部屋がおすすめです。
6畳以下の部屋では、クイーンベッドが半分以上を占めてしまい、収納やドレッサー、テレビ、本棚などの家具を置けない可能性が高いです。
6畳の部屋では、ベッドを置くと残りのスペースは、約1.5畳程度になります。
テレビ台やチェストなどは、壁際に置くことができます。
ソファやデスクなどは置くことが難しいです。
窓や扉の位置によってもレイアウトが変わります。
8畳の部屋では、ベッドを置いても残りのスペースは約3.5畳程度あります。
ベッド以外にもソファやデスクなどを置くことができます。
ベッド下や壁面を利用した収納やクローゼットなど置けます。
家具やクイーンサイズベッドを置いて、身動きが取れないのは本末転倒。
部屋の間取りの中で、のびのびとリラックスできるよう家具を厳選して配置しましょう。


選ぶときのポイント 収納付き ベッドサイズ

クイーンサイズベッドを選ぶときのポイントとは、何でしょうか?
クイーンサイズベッドのフレームは大きいので、計測してください!
クイーンサイズベッドは大きくて重いというのが、ポイントです。
マットレスだけでも50kg以上ある場合も多いです。
床板や柱など建物の構造上耐えられるかどうかもチェックする。
移動や掃除の際に一人で持ち上げられるかどうかを考えておきましょう。
クイーンサイズベッドは、搬入経路もしっかり確認することが必要です。
玄関から部屋まで階段や廊下などを通る場合は、高さを測っておくことで、トラブルを防ぐことができます。
エレベーターや吊り上げ作業などを利用する場合は事前に費用や条件を確認しましょう。
クイーンサイズベッドは、広々としていて、大人二人で並んで寝ても、余裕がある大きさです。
クイーンサイズベッドには、マットレスが1枚のタイプと2枚のタイプがあります。
1枚のタイプは、寝心地や見た目が統一されるメリットがあります。
マットレスが一枚だと、大きくて重いので、持ち運びや洗濯、掃除が面倒なデメリットもあります。
並んで寝ている相手の寝返り、動きも気になります。
引っ張られたり、寝心地が悪くなったりと、影響されやすいです。
マットレスが2枚のタイプは、一枚ずつ、それぞれ好みの硬さや素材を選べるメリットがあります。
マットレスを分割して一枚ずつなら、軽くて持ち運びや掃除も楽なデメリットもあります。
マットレスを見舞い並べて使うと、真ん中に段差ができることや見た目がバラバラになることもあります。
部屋に置いたときにどれくらいスペースが残るかを事前に確認することが大切です。
部屋の広さだけでなく、窓や扉、コンセントなどの位置も考慮する必要があります。
ベッド以外に置きたい家具や収納も計画的に配置することで、快適な空間を作ることができます。
収納付きのフレームの場合、ベッドサイズに注意が必要です。


魅力的な2023年おすすめのクイーンサイズベッド3選

2023年のおすすめのクイーンサイズベッドを
3つご紹介いたします。

シンプルモダンデザインフロアローステージベッド Gunther ギュンター

  • ステージベッド Gunther ギュンター
  • ステージベッド Gunther ギュンター
シンプルモダンデザインフロアローステージベッド Gunther ギュンター

クイーンサイズのフロアベッドのおすすめでございます。
マットレスを小さめを選んで乗せたら、ステージタイプベッド!
サイドテーブルのように使えるベッドフレームができます。
スマートなフォルムで、低いから圧迫感が少ない!
スタイリッシュなローデザインで、居心地の良い部屋。
寝室スペースにゆとりを感じられます。
薄型ヘッドボードのデザインは、省スペース。
部屋がより広くお使いになれます。
耐久性にある強化樹脂仕上げなので永くご愛用頂けます。
マットレス幅は、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンです。
人気のサイズは、クイーンです。

モダンデザイン・高級レザー・デザイナーズベッド【Fortuna】フォルトゥナ

  • デザイナーズベッド【Fortuna】フォルトゥナ
  • デザイナーズベッド【Fortuna】フォルトゥナ
モダンデザイン・高級レザー・デザイナーズベッド【Fortuna】フォルトゥナ

こだわりぬかれたエレガント仕様。洗練された至福のひととき。人気の商品です。
豪華な印象のクイーンサイズのレザーベッドのおすすめです。
APUレザー素材で、肌触りが良い。劣化しにくく永くご愛用頂けます。
重厚感のある流線型のフォルムが衝撃的。
高さ約42cm。ベンチのように腰かけやすいです。
ヘッドボードは、ソファのように柔らかく身体を預けられる。
圧倒的な存在感がありつつも、
開放感のある広い空間で、毎日を暮らそう。
マットレス幅は、ダブルサイズ、クイーンサイズです。
特に人気なサイズがダブルサイズです。

モダンライト・コンセント付きすのこベッド Eleonora エレオノーラ

  • すのこベッド Eleonora エレオノーラ
  • すのこベッド Eleonora エレオノーラ
モダンライト・コンセント付きすのこベッド Eleonora エレオノーラ

ステーションタイプのおしゃれなデザインが人気。
床板は、すのこ状で通気性が抜群なので、湿気対策になります。
木目とブラックで、優雅で美しい存在感の
クイーンサイズベッドのおすすめの一つです。
ラグジュアリーなスペースが実現します。
大人二人で、パートナー様同士で、隣の人を気にしないで
寝返りできます。安眠して、いつも笑顔で健康的。
小物を置く予定の枕元を機能的にしたい皆様へ。
スタイリッシュなモダンな照明、二口コンセント付属です。
マットレス幅は、ダブル、クイーンです。
人気の秘密は、すのことモダンさです。




関連する商品グループ


ページトップ