「クイーンサイズ」と「キングサイズ」の違い


クイーンとキングのベッドはどのような点が異なるのでしょうか。 サイズ、寝心地、設置する部屋の大きさ、価格、色々な点が異なるようです。 クイーンとキングの異なる点について店主が解説します。 また、店主がおすすめする商品も紹介します。 是非、ご覧下さいませ。 店主は、ベッドを販売し16年以上のキャリアがあります。なんでも聞いてください。




クイーンサイズとキングサイズのサイズの違い

クイーンサイズとキングサイズのベッドの、サイズの違いはどうでしょうか?
どちらも大型のベッドとして広く普及しています。
クイーンサイズのベッドは、約横幅160cm×長さ195cmです。
日本の標準的なベッドサイズの中でも比較的大きなサイズです。
クイーンサイズのベッドは、シングルサイズやセミダブルサイズのベッドよりも広く、パートナー様同士、ご夫婦など大人お二人で寝る時にも優雅にゆったり、過ごすことができます。
キングサイズのベッドは、約横幅180cm×長さ195cmです。
クイーンサイズよりも、幅が20cm大きいです。
キングサイズのベッドは、クイーンサイズより寝心地空間の広々としたゆとりを感じられます。
どちらのサイズを選ぶかは、寝室の広さ、個人の好み、生活スタイルによって異なります。
カップルで寝る場合には、クイーンサイズでも十分快適に過ごせる場合がありますが、寝室の広さに余裕がある場合は、キングサイズのベッドを選ぶと、さらに広々とした寝心地をご自宅で感じられます。
身長が180cm以上の人や、体型が大きい人にとっては、キングサイズのベッドが、適していることがあります。
部屋の広さ、予算の制約など、様々な要因があるためどちらを選ぶかは慎重に考える必要があります。
クイーンサイズとキングサイズのベッドは、それぞれのサイズに特徴があります。
ご自身に合ったベッドを選ぶためには、サイズの違いを把握し、生活スタイルや好みに合わせて選ぶことが大切です。

マットレスのサイズの違い

クイーンサイズとキングサイズでは、マットレスのサイズはどの程度違うのでしょうか。
クイーンサイズが、マットレスの幅が160cm、キングサイズがマットレスの幅180cm。
長さは両方共に195cmです。
サイズの違いは、幅が20cm分キングサイズが広いという事です。

ダブルフレームとクイーンサイズとキングサイズはどちらが良いのか

ダブルベッドのフレームとクイーンサイズのフレーム。
ダブルベッドのフレームとキングサイズのフレーム。
クイーンサイズのフレームとキングサイズのフレーム。
それぞれ、どちらが良いのでしょうか。
ダブル、クイーン、キングは、それぞれ20cmずつ差があります。
使用目的、使用人数、そして、設置する部屋の広さ、予算によって変わってきます。
どちらが良いというよりも、目的に合ったフレームが良いという事になります。

大型ベッドはゆったりが特徴

ダブルベッド、クイーンサイズベッド、キングサイズベッド、それぞれ大型のベッドで二人で眠るサイズのベッドです。
ゆったりと眠れるのが特徴です。
ただ、ダブルよりクイーンの方がゆったり度は高く、クイーンよりキングの方がよりゆったり出来るのが特徴です。


クイーンサイズとキングサイズ 寝心地の違い

クイーンサイズとキングサイズのベッドで、寝心地の違いは、どうでしょうか?
クイーンサイズのベッドはシングルやダブルサイズのベッドよりも広いため、大人二人でで寝る時でも、隣の人の眠りを妨げずに眠れます。
キングサイズのベッドは、クイーンサイズよりも大きく、寝室の広さによっては、部屋の雰囲気を圧迫することもあります。
天井からベッドマットレスの高さ、距離感が短いと視覚的に狭い感覚になるのです。
キングサイズのベッドは、大人二人で寝る場合でもベッドスペースはとても広く、余裕を持って寝ることができます。
お互いに気を遣わずに、寝心地が良いと感じる人も多いです。
クイーンサイズやキングサイズにも、ハード、ミディアム、ソフトなどの異なる硬さのマットレスが存在します。
硬めのマットレスは、しっかりと体圧を受け止め、身体を支えるために適しています。
柔らかめのマットレスは、体のカーブに沿ってフィットするため、圧迫感が少なく、快適に寝ることができます。
どちらのマットレスが寝心地が良いか、お好みによって違いが出ます。


部屋のサイズによる選び方

部屋のサイズによるベッドの選び方というのは、どんなポイントがあるのでしょうか?
ベッドを選ぶ際には、まず部屋のサイズを計測しましょう。
部屋のサイズに合わせてベッドを選ぶと、より快適な寝室環境を実現できます。
ベッド以外の家具、テレビ、ドレッサー、チェスト、扇風機や加湿器などの荷物を置くスペースも考えましょう。
クイーンサイズのベッドは、約横幅160cm×長さ195cmです。
一般的な寝室のサイズには、比較的適しています。
クイーンサイズでも、部屋の空間が狭い場合は圧迫感を感じることがあります。
キングサイズのベッドは約横幅180cm×長さ約195cmです。
部屋の広さによっては、存在感が大きすぎて圧迫感があるかもしれません。
キングサイズのベッドは、大人二人で寝る場合でも余裕を持って寝ることができ、寝心地が良いと感じる人も多いです。
寝室のサイズが十分にある場合は、キングサイズのベッドをお選びくださいね。


価格

クイーンサイズとキングサイズのベッドの価格の違いはどうでしょうか?
キングサイズがクイーンサイズよりも高価です。
キングサイズは、とても大きなベッドフレームやマットレスが必要になりますよね。
素材、製造コストの値段が高くなるのです。
大きなベッドは、配送や設置にも手間がかかるため、コストも価格に反映されます。
価格の差はブランドやモデルによって異なる場合があります。
高級ブランドの場合、クイーンサイズとキングサイズの価格差が少ないことがあります。
セールや割引イベントでキングサイズがクイーンサイズよりも安くなることもあります。
価格については、ご予算やお好みによって選んでくださいね。
ご予算に余裕がある場合は、キングサイズを選ぶことで、より広々とした寝室空間をお楽しみ頂けます。
予算に制限があるとか、小さな寝室で使用する場合は、クイーンサイズを選ぶとインテリアに馴染むでしょう。


おすすめのベッドを紹介

おすすめのベッドメーカーを紹介します。
多くのメーカーが高品質なベッドを提供しています。
ベッドメーカーによって、クイーンサイズやキングサイズのベッドによる寝心地やクオリティが異なることがあります。

シーリー:世界で最も有名なベッドメーカーの一つです。
高品質のベッドを提供しています。
クイーンサイズやキングサイズのベッドも豊富に取り揃えています。

シモンズ:日本でも有名なベッドメーカーで、高品質なマットレスを提供しています。
シモンズのベッドは、身体をしっかりと支える構造になっているため、寝心地がよく、熟睡できます。

テンピュール:高級マットレスの代名詞であるテンピュールは、
体圧分散に優れた素材を使っているため、体にフィットして、快適な寝心地を実現しています。

フランスベッド:日本の寝具メーカーで、様々なタイプのマットレスを取り揃えています。
クイーンサイズやキングサイズのマットレスも豊富です。
それぞれのメーカーによって、特徴や魅力は、異なりますね。

組立設置付 棚・コンセント付き国産大型サイズ跳ね上げ収納ベッド Jada ジェイダ

  • 大型サイズ跳ね上げ収納ベッド Jada ジェイダ
  • 大型サイズ跳ね上げ収納ベッド Jada ジェイダ
組立設置付 棚・コンセント付き国産大型サイズ跳ね上げ収納ベッド Jada ジェイダ

大人の寝室に似合う佇まいの定番デザイン収納ベッド。
クイーンサイズとキングサイズの違いは、ベッド下の跳ね上げ収納部分の広さ、価格です。
最大収納量は、約1100リットル!
大きくてかさばる重い物も、床板下に片づけられます。
ガス圧シリンダーで、力の弱い方でも安全に開閉可能。
自宅の寝室が、スッキリとした憧れ空間に変身。
寝心地の良さで、毎日、極上の睡眠時間。
大人お二人で、ベッドを2台並べて連結させることも可能です。
マットレスが離れているので、お互いの振動で目が覚めることは
ございません。熟睡を邪魔しない、健康的な眠りを。
生活の変化で、分割しても永くご愛用頂けます。

棚・コンセント付収納ベッド【EverKing】エヴァーキング

  • 収納ベッド【EverKing】エヴァーキング
  • 収納ベッド【EverKing】エヴァーキング
棚・コンセント付収納ベッド【EverKing】エヴァーキング

落ち着いたダークブラウンのベッドフレームで、どんなインテリアにも馴染みやすく、高級感を醸し出すデザインです。
クイーンサイズとキングサイズの違いは、横幅のサイズ、収納場所の広さ、価格です。
ベッド下の左右どちらにも設置できる引き出しが2杯付属して、引き出しの反対側の空間も収納として利用可能です。
キングサイズの収納ベッドの横幅は、約180cmです。
大人二人で横になっても、隣の人にぶつからないで、熟睡できます。小さなお子様と添い寝するのもあんしんです。
寝返りの大きい皆様、体格の大きい方へも、ぜひ。


店主のつぶやき 「クイーンサイズ」と「キングサイズ」 関連


関連する商品グループ


ページトップ