ベッドクイーンサイズの寸法とは?


クイーンサイズのベッドフレームはどの程度の大きさなのでしょうか? マットレスのサイズも知りたいですね。 この記事では、クイーンサイズのベッドについて寸法や大きさについて解説します。 また、選ぶ際のポイントや、メリット、デメリット、マットレスの大きさ、クイーンサイズの寝具、店主のおすすめ商品を紹介します。 ベッドに関しては、販売歴が16年以上となる店主が自ら解説します。



ベッドクイーンサイズの基本的な寸法

クイーンサイズベッドの基本的な寸法とは、どのくらいなのでしょう?
クイーンサイズベッドとは、大人2人用または親子3人用として使える広めのベッドサイズです。
クイーンサイズベッドフレームは、約横幅160cm×195cmです。
セミシングルサイズ(80cm×195cm)を2つ並べたときと同じ大きさになります。
クイーンサイズベッドを選ぶとき、部屋の広さや配置を考え、必ず計測します。
最低でも横幅180cm×縦幅215cm以上のスペースが必要です。
クイーンサイズの敷き布団は、160cm×210cmです。
クイーンサイズの掛布団は、210cm×210cmです。
クイーンサイズマットレスの種類や硬さもベッド選びでは、大事です。
小柄な女性、大柄な男性、成長期のお子様などそれぞれの体格に合わせて選びましょう。

シングルベッド、セミダブルベッド、ダブルベッド、キングサイズベッドの大きさ一覧

クイーンサイズベッドの基本的な寸法は、160cmx195cmでした。
では、シングルベッド、セミダブルベッド、ダブルベッド、キングサイズベッドはどのような寸法でしょうか。
全てマットレスの大きさとなります。
全長は、全て195cmとなります。

大きさ(横幅)の一覧を作成してみました。

シングルベッド:97cm
セミダブルベッド:120cm
ダブルベッド:140cm
クイーンベッド:160cm
キングサイズベッド:180cm

20cm刻みで、大きくなるのですが、なぜかシングルベッドだけ、97cmです。


ベッドクイーンサイズを選ぶ際のポイント 部屋の寸法

クイーンサイズのベッドを選ぶ際のポイントとはどんなことが挙げられるでしょうか?
クイーンサイズのベッドは、ゆったりとした寝心地を求める人にピッタリのベッドサイズです。
ベッドクイーンサイズを選ぶ前に、サイズを確認しましょう。
一般的に、クイーンサイズベッドは横幅約160cm×長さ約195cmです。
メーカーや商品によっては、横幅170cmや縦幅200cmなどのものもあります。
ベッドルームの広さや配置を必ず計測してから、クイーンサイズベッド購入を考えて、マットレスの種類と硬さを選びましょう。
マットレスはベッドの心臓部とも言える重要なパーツです。
マットレスにはバネ式やウレタン式など様々な種類があります。
硬さも、人それぞれ好みがあります。
体重や体型、寝姿勢などに合わせましょう。
クイーンサイズベッドフレームとデザインを選びましょう。
ベッドフレームは、ベッドの骨格とも言えるパーツです。
フレームには木製や金属製など様々な素材がありますし、形状や色も豊富です。
部屋の雰囲気は、どんな風に魅せたいですか?
どんなインテリアがお好みでしょうか?
おしゃれなフレームを、ぜひ!
収納付きのベッドクイーンサイズは、敷布団や衣類などを収納でます。
寝室の収納力が不足しているとか、物が多いお部屋の場合は、収納付きのクイーンサイズベッドをご検討くださいね。


クイーンサイズベッドのメリットとデメリット

クイーンベッドは、2人で寝るには最適なベッドサイズです。
メリットとデメリットをそれぞれ3つずつ紹介します。

ベッドクイーンサイズのメリット

クイーンサイズベッドのメリットとは、何でしょうか?
ベッドクイーンサイズは、横幅約160cm。
大人が2人で並んで寝ても、十分なスペースがあります
隣の人に、ぶつかりにくい広さです。
お互いの生活時間が違っていても、気を遣うことが少ないです。
寝返りや動きに制限がなく、質の高い睡眠を得られます。
クイーンサイズベッドは、ご家族と一緒に、並んで寝ることでパートナー様同士、親子のコミュニケーションができます。
大人のゆとりある優雅な会話を楽しめます。
お子様との添い寝で、絵本を読んだりおしゃべりする時間。
ペットと並んで、癒しあえる時間。
安心感を感じられ、ホッとすると、ストレス解消になります。
健康的な眠りは、日常生活の土台ですね。
クイーンサイズのベッドは、大きくて存在感があるので、美しいデザインのクイーンサイズのベッドを選ぶと。
部屋に高級感や華やかさを添えてくれます。
ラグジュアリーなインテリアとしても魅力的です。

デメリット

クイーンサイズベッドのデメリットはどんなことでしょうか?
クイーンサイズベッドは、大きいベッドなので、部屋のスペースを取ってしまうことや、重量があることです。
部屋が狭い、他の家具を置きたい、というご希望がある場合には不向きです。
寝室の広さに合わせて選ぶ必要があります。
シーツやカバーなどの寝具類もクイーンサイズ専用のものを購入する必要があります。
ベッドそのものが重いので、移動には注意が必要です。
ベッドクイーンサイズは、重量がかなりあります。
持ち上げることが難しいので、引っ越しでの移動、模様替え、寝室の掃除も、一人では簡単にできないのです。
クイーンベッドを引きずってしまうと、床に傷がつきます。
クイーンサイズベッドは、ベッドフレームやマットレスなどのパーツも大きくて高品質なものが多いため、価格も高めです


クイーンサイズベッドに合うマットレスの寸法

ベッドクイーンサイズに合うマットレスの寸法は、ベッドメーカーによって異なります。
クイーンサイズのマットレスの幅は、約160cm。
152cmから171cmまで出回っています。
クイーンサイズの長さは、約195cm。
200cmや210cmのものもあります。
クイーンサイズという名称であっても
クイーンサイズマットレスの幅が、約20cmも違うことがあるため、購入する際には必ず実寸を確認しましょう。
クイーンサイズベッドフレームやヘッドボードなどのデザインによっては、マットレスと隙間ができることがあります。
クイーンサイズに合わせて選ぶマットレスは、マットレスの種類や硬さ、素材などによって、寝心地、寝返り、寝ている間の姿勢にも関わります。
体への負担が少ないマットレスを選びたいですよね。クイーンサイズベッドパッドやシーツなども忘れずに揃えましょう。
ベッドパッドは、マットレスを汚れから守ります。
汚れたら、洗って清潔に保ちましょう。
寝心地や保温性を高める効果もあります。
シーツは、気持ちが良いと感じられる肌触りや可愛いデザインなど、お好みで選べます。
季節や湿度に応じて、心地良さは変わるので、洗い替えもご検討くださいね。

キングサイズ、クイーンベッドのフレームに合うマットレス

ベッドクイーンサイズに合うマットレスの寸法は、幅160cmでした。
では、キングサイズ、クイーンベッドのフレームに合うマットレスの寸法は、何センチでしょうか。
以下に一覧を記載します。

シングルベッド:97cm
セミダブルベッド:120cm
ダブルベッド:140cm
クイーンベッド:160cm
キングサイズベッド:180cm


ベッドクイーンサイズの寸法に合わせた寝具の選び方

クイーンサイズベッドに合わせた寝具の選び方についてご説明します。
ベッドクイーンサイズの寸法は、約横幅160cm×195cmです。
クイーンサイズベッドのマットレスは、約横幅160cm×200cmです。
クイーンベッドを選ぶ際には、寸法に合わせた寝具を選びます。
使う方の体格、身長、寝る時の姿勢、自分に合った硬さや素材、形状を選ぶことが肝心です。
枕を選ぶ際には、ベッドの幅に合うものがよろしいでしょう。
ベッドクイーンサイズの場合は、幅160cmに合わせた枕を選びます。
幅よりも小さめの枕をいくつか組み合わせて、ご自身の姿勢やお好みに合わせやすいかもしれませんね。
身長、体格、寝る時の体勢は、人により様々。
じっくりお選びくださいね。
掛け布団やシーツなどの寝具は、ベッドの寸法に合わせたものを。
ベッドクイーンサイズの場合は横160cm、縦200cmのものを選びます。
蒸し暑い夏には、さらっと快適なサッカー生地、ひんやりと寒い冬にはフリース地など、季節やお好みに合わせた素材をお選びくださいませ。

商品紹介 組立設置付 モダンライト大型跳ね上げ収納ベッド Cesario シザーリオ

  • 大型跳ね上げ収納ベッド Cesario シザーリオ
  • 大型跳ね上げ収納ベッド Cesario シザーリオ
組立設置付 モダンライト大型跳ね上げ収納ベッド Cesario シザーリオ

クイーンサイズベッドの下の空きスペースを、収納として使える!常識を覆す跳ね上げ収納ベッドです。
ベッドの床板を跳ね上げて収納するから、寝室に置いてある他の家具にぶつからない。余分な場所を必要としないのです。
限られたベッドルームを無駄なく使える!
寝室に散らかりがちな日用品、着替えなども、サッと片付く!
ほっとくつろげる、枕元のほのかな灯り。絵本にぴったり。
お子様も安心して眠りにつけます。
クイーンサイズのベッドの寸法は、
横幅は、約160cm×195cmです。
大人二人で並んで使いやすく、寝返りも打ちやすい広さです。
小さなお子様と親子で川の字になっても、熟睡!
体を思いっきり伸ばして、ゆったりと安眠できます。


店主のつぶやき


関連する商品グループ


ページトップ