ダブルベッドとは?選ぶポイント

ダブルベッド 売上ランキング



ベッドの用語で、「ダブルサイズベッド」と普通に使っていますが、
ダブルサイズベッドとは、いったいどんなものなのでしょうか?

ダブルサイズベッドは、二人用と考えがちですが、
シングルサイズのベッドを2台並べるよりも、横幅は約60cmも狭くなっています。
少々、寝返りが窮屈に感じることもあります。
一人暮らしでダブルサイズベッドを使うと、最もくつろげるサイズ感です。
広さのゆとりがあり、快眠できると思います。



ダブルベッド おすすめ商品

ダブルベッドとは?選ぶポイント

「ダブルベッド」という言葉は、誰もが聞いたことがあると思います。
一般的な言葉ですよね。
辞書で調べてみても、「二人用の、幅の広い寝台」の様に記載があります。
多分、皆さんの認識も、大きな二人用のベッド。だと思います。
では、皆さんは本当の意味のダブルベッドをご存知でしょうか?

そもそも、ダブルベッドとは

では、ダブルベッドとは、どういう物でしょうか?
名前の通り、ダブル=二人用のベッドの事でしょうか?
名前がダブルでも、一人で使っても良いのではと思います。
また、何人で使うというよりも、横幅の長さが140cmになっている事が
ダブルベッドの前提です。

ダブルベッドを選ぶ際のポイント

どのような基準でダブルベッドを選べばよいのでしょうか?
基本的に、どのような形のベッドが良いのかを最初に決める事が大切です。
ロータイプか、収納付きか、収納の大きさは、等です。
その後、色やデザイン、価格から絞り込むことが出来るでしょう。


合わせて読みたい店主のつぶやき ダブルベッド大容量収納【大容量の収納があればなんでも入って嬉しい】

ダブルベッド大容量収納【大容量の収納があればなんでも入って嬉しい】
ダブルベッド大容量収納【大容量の収納があればなんでも入って嬉しい】


ダブルベッドの選び方

ダブルベッドの選び方には色々な視点があります。
店主が解説します。

マットレスの寝心地で選ぶ

ダブルベッドの選び方の王道は、マットレスの寝心地が、選ぶポイントです。
寝心地が良いのがベッドとしての本質です。
つまり、フレームではなく、マットレスが大切という事です。
寝心地は、ネット通販では分かりません。どうしても実店舗で確認する必要があります。

メーカーや安い価格での選ぶポイント

ダブルベッドの選ぶポイントとして、メーカーや安い価格があります。
好きなメーカー、有名なメーカーのダブルベッドを選ぶ。
または、価格が安いダブルベッドを選ぶ。
どちらも正解です。

店主の紹介から選ぶポイント

ダブルベッドの選ぶポイントとして、店主が紹介するベッドと言うものがあります。
ベッド販売歴が15年以上となる店主が紹介するベッドには、間違いがありません。
自信をもって紹介します。


選ぶポイント まとめ

ダブルベッドを選ぶときには、いくつかのポイントに注意することが重要です。
以下に、ダブルベッドを選ぶ際のポイントをいくつか挙げます。

1.サイズ
ダブルベッドのマットレスサイズは、幅140cm程度が一般的です。
しかし、サイズはメーカーや製品によって異なるため、購入前には必ずサイズを確認しましょう。
また、ベッドの置き場所や、同室者の人数や体格に合わせて、適切なサイズを選ぶことが大切です。

2.素材
ダブルベッドの素材には、木製、金属製、布製などがあります。
それぞれの素材には、特性がありますので、自分の好みや使い方に合わせて選ぶことが大切です。
また、アレルギー体質の方は、素材にも注意が必要です。

3.機能性
ダブルベッドには、収納機能やリクライニング機能など、様々な機能があります。
自分の使い方に合わせて、必要な機能を選ぶことが大切です。

4.デザイン
ダブルベッドは、寝室のインテリアに大きく影響するため、デザインにも注意が必要です。
自分の好みや、寝室の雰囲気に合わせて、適切なデザインを選ぶことが大切です。

5.価格
ダブルベッドの価格は、素材や機能性、デザインなどによって異なります。
予算に合わせて、自分に必要な要素を優先的に選び、適切な価格帯のものを選ぶことが大切です。

6.評判や口コミ
ダブルベッドを選ぶ前に、インターネット上の口コミや評判を確認することも大切です。
他のユーザーのレビューを参考にすることで、自分に合ったダブルベッドを選びやすくなります。

自分のライフスタイルや好みに合わせて、適切なダブルベッドを選ぶことが大切です。


ベッドフレーム おすすめ商品

引出し収納ベッド おすすめ商品

店主のつぶやき 選ぶポイント編


関連する商品グループ

ベッドの選び方 


ページトップ