すのこベッドについて

すのこベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

すのこベッドについて

日本では、すのこベッドは一般的ですが、その原型は欧米のウッドスプリングベッドにあります。 すのこと言えば、押し入れの布団の下に入れたりする物で、日本には古くから存在していました。 ベッドの本場である欧米には、すのこと言う概念はありません。 日本の様に湿気が多くないため、すのこの発想が無いのです。 すのこに似た形でウッドスプリングベッドがあります。 それは、マットレスだけでは、弾力が不足しているため、すのこの形の薄い木の板を敷いて弾力を持たせる方法です。 近年、日本でも販売されていますが、スプリング効果があり、寝心地が良いとの評判です。


すのこベッドの利点について

すのこベッドの最大の利点は、通気性の良さです。
毎晩、汗をかきながら寝ているので、毎日毎日湿度がマットレスに入り込みます。
そのマットレスから湿気を逃すのが、すのこベッドの通気性です。
定期的にマットレスを陰干ししても、日々の湿気はどうしても溜まりがちです。
窓を開けて、換気を良くすれば、すのこベッドの通気性で湿気ともおさらばです。
湿気があると、どうして、カビや雑菌が繁殖しがち。衛生的にも、すのこベッドは、お勧めです。


すのこベッドの欠点について

湿気を逃すすのこベッドにも欠点があります。
それは、強度の問題です。
板に隙間が空くため、どうしても強度が弱くなりがちです。
スプリングマットレスを使用すれば問題ありませんが、布団を敷いて使う事が出来ないベッドが多いのも事実です。
材料の木材を太く使えば、強度的に問題なく、布団を使う事は出来ますが、厚みが出たり、価格が高くなったりしてしまいます。
しかし、どうしても、湿気の多い日本の風土を考えると、すのこベッドを使わない事のデメリットの方が大きいと思います。
是非、すのこベッドを採用してください。


すのこベッドの強度について

すのこベッドの欠点として、強度が弱くなりがちと説明しました。
でも、近年では極太の桟敷を使用し、強度に優れたフレームが開発されています。
例えば、「お客様組立 1台で3役使える 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド Long force ロングフォルス」です。
すのこベッドは強度が弱いというのは、過去の常識になってきました。

何点かお勧めできる頑丈なベッドを記載します。
頑丈デザインすのこステーションボトムベッド Tough-BOTTOM タフボトム
頑丈デザインすのこベッド T-BOARD ティーボード


店主のつぶやき すのこベッドについて 編


関連する商品グループ


ページトップ