すのこベッドについて。副店長からのご案内


すのこベッドについて、ベッド販売を16年以上している副店長が解説します。 すのこのベッドについて考えてみましょう。 すのこベッドはどんな方に使われるのでしょうか。 成長期のお子様、新陳代謝の高い方々、汗をかきやすい方々。 通気性が気になる方々。 湿気がたまりやすいお宅の皆様。 ご家族皆様で使いたいとお考えの方。 多くの方に使ってもらえるベッドです。 このような方に使ってもらいたいのが、すのこベッドです。


すのこベッドについて。副店長からのご案内

すのこベッドについて。副店長からのご案内 目次

「すのこベッド」とは。
すのこベッドに、どんなデザイン、どんな機能をお望みでしょうか?
  木の香りが好き。
  「すのこ」の床板
  お手入れがしやすい!
  ベッド下の空間利用の収納
  すのこベッドと厚手の敷き布団
  きしみ音
まとめ

店主のつぶやき

すのこベッド おすすめ商品


すのこベッドについて

最初にすのこベッドについて考えてみましょう。
すのこベッドとは、どんなベッドでしょうか?
それは、余分な湿気を逃し、カビやダニなどの対策ができるベッドです。
ベッドの床板が、すのこ状になっていて、隙間があるので
余計な湿気や熱気をためにくい構造になっております。

すのこベッドについて調べると、湿度の少ない気候の欧米では、すのこのような
道具を生み出す必要もありませんでした。
日本古来の、もともと、高温多湿の気候である日本の、
湿気をためないための、温故知新の、昔ながらの知恵です。
日本独自のアイデアで生まれたベッドです。


合わせて読みたい店主のつぶやき すのこベッドのメリット・デメリット|素材ごとの特徴やおすすめの選び方を紹介

すのこベッドのメリット・デメリット|素材ごとの特徴やおすすめの選び方を紹介
すのこベッドのメリット・デメリット|素材ごとの特徴やおすすめの選び方を紹介


すのこベッドに、どんなデザイン、どんな機能をお望みでしょうか?

すのこベッドについて、どのようなデザイン、機能をお望みでしょうか。
天然木パイン材すのこベッド。
脚付きヘッドレスすのこベッド。
部屋干しが叶う二つ折りすのこベッド。
棚・コンセント付きの跳ね上げ式すのこベッド。
フロアタイプのすのこベッド。
カントリー調デザインのすのこベッド。

様々に、取り揃えてございます。
すのこベッドについて見ていきましょう。

木の香りが好き。

すのこベッドについては、気の香りが副交感神経を優位にして、リラックスできます。
ホッとできる香りの安眠。
こだわりの国内産の材質。
特に、昔から日本人に愛されてきたヒノキは、通気性が高く、優秀です。
ヒノキの香りは、フィトンチッド。
リラックス効果も高く、眠りにつく前のひと時や朝の慌ただしい支度の時にも、ホッとした時間を与えてくれます。
フィトンチッドは、ダニを防ぐ効果も知られています。
アレルギー対策、敏感肌対策として安心してお使いいただけます。
通気性の良い「すのこ」との相乗効果が得られますね。

「すのこ」の床板

すのこベッドについて、床板に適度な隙間があり、風を通します。
眠っている間にも人間はコップ一杯の汗をかくて言われています。
寝具のそばには、案外、湿度がたまりやすいと言えるでしょう。

床板がすのこでしたら、通気性が良いので、熱気がこもりにくいのです。
現代の日本の住宅は、気密性の高い住宅が多いので、夏でも冬でも湿度がこもりやすいですね。
冬場は、加湿器を使って部屋の湿度を保ちつつ、体からも不感蒸泄がありますから、室内の湿度は、かなりあります。
夏の睡眠で困るのは、背中側に、たまりやすい熱気。
安眠を妨げてしまいますね。
熱を逃しやすいのが、すのこです。
健康を保つには、必要な湿度の循環が大切ですね。

お手入れがしやすい!

ベッドの下などの空間には、ベッドの周りにはほこりがたまりやすいのでこまめに掃除機をかけましょ。
すのこベッドについて、カビの発生を抑えたいので、おうちにいられる休日には、 ぜひ、ベッドマットレスの天日干しや、ベッドフレームそのものもなるべく風通し良く!
枕カバーやシーツ、リネン類もこまめに洗濯して、ダニのえさを断ちましょう。
ダニ対策には、こまめにお手入れを致しましょう。

ベッド下の空間利用の収納

すのこベッドについて、収納としても活躍します。
空いたスペースに、たくさんの収納ボックスをきっちりと入れすぎてしまいますと、せっかくの通気性がなくなってしまいますね。
収納したい場合は、空間にゆとりをもって、風の通り道も確保致しましょう。

折りたたみ「すのこ」タイプなら、すのこを山型に折り曲げられるため、空間をより有効に活用できます。
お仕事や天気の都合で、外にふとんを干せない場合や、布団の上げ下ろしが苦手な方々にもお布団をお手入れできますね。

すのこベッドと厚手の敷き布団

基本的にベッドは、マットレスを敷くことを前提として設計されています。
耐荷重や安全性を考えますと、マットレスを使うのがデフォルト。

すのこベッドについては、商品により、とても丈夫に造られているものもございます。
その場合には、お気に入りの敷き布団をお使いになれます。
特に注意書きがない時には、背中の硬さを感じにくい、厚手の敷き布団をお使いになると安眠しやすくなることでしょう。

きしみ音

すのこベッドについて、静かな夜更けに寝返りを打った時、気になるものですね。
強度があるすのこ、衝撃を吸収してくれるマットレスで眠りましょう。


すのこベッドについて。副店長からのご案内 まとめ

すのこベッドについてのまとめ。
お時間の許す限り、商品をご覧くださいませ。
床板が「すのこ状」になっているベッド、と申し上げてもさまざまなデザイン、機能付属のベッドもございます。
どうぞごゆっくりとお買い物をお楽しみくださいませ。


合わせて読みたい店主のつぶやき すのこベッドダブルサイズの特徴とは|おすすめの選び方を解説

すのこベッドダブルサイズの特徴とは|おすすめの選び方を解説
すのこベッドダブルサイズの特徴とは|おすすめの選び方を解説


店主のつぶやき すのこベッドについて。副店長からのご案内


関連する商品グループ


ページトップ