短いベッドのおすすめポイント


短いショートタイプのベッドについて、店主がおすすめするポイントを解説します。
ショート丈のベッドとは、マットレスの長さが180cmと短い。
その短いタイプのベッドには魅力がたくさんあります。
ショート丈ベッドの寝心地、マットレスの種類、メリットやデメリットも解説します。
特にショートベッドにはダブルサイズのベッドフレームが無い点についても言及します。
ベッド販売歴が16年以上となる店主が語ります。



短いベッド おすすめ商品

短いベッド(180cm)のおすすめポイント

お部屋があまり広くないので、ベッドは置きたいけどスペースが取られるのがイヤ。
子供部屋なので大人用のベッドでは大きすぎる。

そんなお悩みやご要望をお持ちのあなたには丈の短いベッドがおすすめです。

おすすめポイント

ただこの短いベッドは身長が160cmくらいまでの方におすすめするものです。
これより身長のある方はベッドが短いと足元や頭がベッドギリギリになってしまい、窮屈に感じてしまいます。そのような方で丈の短いベッドをお探しの場合はヘッドボードの無いマットレスベッドだと一般的なベッド丈でも短めのサイズとなります。

ベッドの丈は195cmが一般的です。これに対し短いベッドの丈は180cmです。
通常のベッドよりも15cmくらい丈が短いので、狭いお部屋でも置きやすいのが魅力です。
マンションなどではお部屋の角に柱が出っ張っていることがあります。
そのような場合、通常のベッドだと置きたくても柱が邪魔で置けないという残念な思いをしたことがある方もいるのではないでしょうか。でもこの丈の短いベッドならちょうど置けるサイズだったりします。
置く場所で悩まなくてよいのは助かりますね。

寝心地は

ベッドが短いと寝心地はどう?
スペースは取りたくないけど、だからといって寝心地は犠牲にしたくない。そう思いますよね。
実際寝心地はどうなのでしょうか。
快適に眠れるベッドの要件として重要なのは実は丈よりも幅なのです。高身長でなければベッドの丈は180cmでも寝心地には影響しません。それよりも幅がどうかで快適に眠れるかが決まってきます。シングルベッドの幅は90cmくらいなので、この幅があれば丈の短いベッドでも快適に眠ることができます。

マットレスも一緒に購入がおすすめポイント

丈の短いベッドは通常のサイズに比べるとマットレスの選択肢が少ないということがあります。
フレームだけ買って、マットレスは別に選ぼうと思うと合うサイズが見つからないことも。
なので短いベッドをお考えの方は購入の際、マットレスも一緒に購入することをおすすめします。
通販ならお好みの固さや寝心地を選べて、かつぴったりのサイズのマットレスをフレームと一緒にご案内しているのでぜひ探してみてくださいね。

残念ながら背の高い方にはおすすめできませんが、身長が問題ないくてお部屋を広く使いたいという方はぜひ丈の短いベッドを検討してみてはいかがでしょうか。

商品紹介

お客様組立 スライド収納付き コンパクトチェストベッド Compact-IN コンパクトイン

短いベッドなのに、チェストベッドで大容量の収納が出来る凄いベッドです。
大容量の内訳を見ていくと、浅い引出しが4杯で有効内寸の高さが13cm。
深い引出しが1杯で、有効内寸の高さが33cm。
引出しの反対側には長物収納が付いています。
更に、ヘッドボードにスライド式の本棚の様な収納付き。
収納だけではありません。
強度も抜群で、耐荷重が200kgです。
店主がおすすめするショート丈のチェストベッドです。


合わせて読みたい店主のつぶやき ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】

ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】
ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】


短いベッドのデメリット

短いベッドのおすすめポイントを見てきましたが、デメリットはあるのでしょうか?
その点について考えていきましょう。

デメリット

なんと言っても、短い事が特徴のベッドですが、その短さがデメリットになります。
お子様用として購入した短いベッドが、成長と共に使えなくなる。
まさに、短さがデメリットになる状況です。

小柄な女性が使う場合、それほど身長は伸びないと思いますので、デメリットにはならないかもしれません。
あるとすれば、体型が変わり、セミシングルの様な幅が狭いベッドが使いにくくなる点かもしれません。
でも、これは短いベッドのデメリットでは無いですね。

デメリットとしては、短いベッドを使っていくうちに、短さゆえに使えなくなる点でしょうか。

また、短いベッドという商品が珍しいので、マットレス、ボックスシーツ等の買い替えが難しい点が挙げられます。
自由に色や手触りを選べないという事にもなります。

メリット

では、短いベッドにはどんなメリットがあるでしょうか?
デメリットだけではなく、メリットについても考えてみましょう。
メリットは短い事でベッドの配置に余裕が出る事ですね。
壁からドアまで190cmあった時、短いベッドなら配置できますが、通常のベッドは配置できません。
部屋の配置の自由度が上がるというのが短いベッドのメリットだと思います。


短いベッドのダブルサイズ

短いベッドには、セミシングル、シングル、セミダブルとありますが、ダブルサイズはありません。
何故なのか考えてみましょう。

ダブルサイズが無い

短いベッドには、ダブルサイズのラインナップがありません。
メーカーが製造していないのです。
何故でしょうか?
メーカーに確認したことはありませんが、推測するとダブルの短いベッドを購入するお客様が少ないのだと思います。

単純に考えると、ダブルサイズのベッドは二人用ですが、二人とも短いベッドを必要とする確率が小さいですかね。
小柄な女性は短いベッドを使用しますが、パートナーが男性の場合、短いベッドでは足が出てしまいます。
このような場合には、短いベッドではなく、通常の長さのダブルベッドを購入すると思います。
だから、短いベッドにはダブルサイズが無いのだと思います。

ショート丈マットレスベッド

短いベッドには、ダブルサイズが無い事を解説しましたが、ショート丈マットレスベッドではどうでしょうか。
やはりダブルサイズは無いのです。
セミシングルを2台連結する事でクイーンとして使う事はできますね。
でも、ダブルサイズが無いのは残念です。


合わせて読みたい店主のつぶやき チェストベッドのセミシングル・ショート丈は小柄な方におすすめ

チェストベッドのセミシングル・ショート丈は小柄な方におすすめ
チェストベッドのセミシングル・ショート丈は小柄な方におすすめ


短いベッドの種類

短いベッドにはどのような種類があるのでしょうか。
店主がおすすめポイントを含め解説します。

すのこベッド おすすめポイント

短いベッドのすのこベッドには、おすすめポイントがあります。
すのこベッドは、床板部分がすのこになり、マットレスの下側の通気性が良いのが特徴です。
通気性が良い事で、マットレスの湿気を逃がし、すのこベッドの寝心地を良くします。
清潔感があるのがすのこベッドです。

小さいベッド おすすめポイント

短いベッドで小さいベッドにはおすすめポイントがあります。
短くて小さいという事は、縦横共に最小のベッドです。
具体的には、セミシングルサイズの小さいベッドは、横幅80cmです。
ショート丈の180cmの長さと合わせ、最小サイズです。


ベッドフレーム おすすめ商品

店主のつぶやき 短いベッドのおすすめポイント

ベッドフレーム
ベッドサイズ
ベッド
すのこベッド
チェストベッド
跳ね上げ式ベッド
大容量収納ベッド
収納ベッド
布団が使えるベッド
レザーベッド
畳ベッド
フロアベッド
ローベッド
シングルベッド
セミダブルベッド
ダブルベッド
クイーンサイズベッド
キングサイズベッド
連結ベッド
ファミリーベッド
ショートベッド、短いベッド
キングサイズより大きいベッド
子供ベッド
大容量収納ベッド ショートタイプ
ショートベッド、短いベッド
ファミリーベッドを選ぶポイント
ショートベッドを買ったらしたい!オススメのオプション
一人暮らしのワンルームにショートベッド チェストタイプ
長さが短いベッド
【低価格】コスパ抜群の格安ショートベッドドおすすめ
小柄な女性用としてのショートベッド
チェストタイプのショートベッド
副店長からのおすすめショートベッド
ショートベッドの選択肢1
脚付きタイプのショートベッド
マットレスタイプのショートベッド
子供部屋には子供用ベッドではなく、大人用ショートベッドを!
ショート丈セミシングルベッド について
短いベッドのおすすめポイント
店主がお勧めするショートベッドのチェストベッド3選
店主がおすすめするショートベッドの格安ベッド3選
ショートベッド・短いベッドについて
小さいベッドとショートベッドの違い


  

関連する商品グループ


ページトップ