新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

キングサイズ クイーンサイズ 大きいベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

キングサイズ、クイーンサイズの大きいベッドについて

ベッドのサイズとして、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズは、一般的ですが、それより大きなベッドは、
クイーンサイズ、キングサイズがあります。
クイーンサイズはマットレスの幅が160cm程度、キングサイズはマットレスの幅が180cm程度が一般的です。
クイーンサイズやキングサイズの場合、マットレスは一枚ではなく、二枚での提供となる場合があります。
また、キングサイズよりも大きなベッドとして、連結タイプのローベッドがあります。
最大で、マットレスの幅が300cmとなり、お子様を含めたご家族全員で一緒に横になる事が出来る広さです。
ベッドフレームのサイズは、マットレスの幅と同等か、数cm幅広くなるのが一般的です。


クイーンサイズ、キングサイズベッドの利点について

クイーンサイズ、キングサイズのベッドの利点は、何と言っても広々とした空間でゆったりと眠れる事です。
ご夫婦二人で眠る場合でも、ダブルベッドではちょっと狭く感じます。
横に寝ている相手が寝返りを打つときに、気になりがちです。
クイーンやキングの場合、より幅広くなり、ゆったりゆっくりと横になる事が出来ます。
疲れがちな現代人のご夫婦には、お勧めしたいベッドのサイズがキングサイズやクイーンサイズです。
お部屋が狭く、配置が難しい場合でも、ロータイプのベッドを選ぶことで部屋の空間を広く使えます。
また、キングサイズよりも大きなサイズの場合、家族が増えたときにも全員で一緒に眠れるメリットがあります。
連結式のベッドの場合、将来、分離して別々のベッドとして使うことも出来ます。


クイーンサイズ、キングサイズベッドの欠点について

クイーンサイズ、キングサイズのベッドの欠点は、その大きさにあります。
寝室を用意しても、ベッドで一杯になり、出入りもすんなり出来ないようでは非常時に危険です。
また、寝室が用意出来ない場合、日常を過ごす部屋に設置するには、無理があります。
大きなベッドだけに、大きなスペースを準備する必要があるのです。


クイーンサイズベッド、キングサイズベッドよりも広くてお勧めのベッドは

クイーンサイズは幅が160cm程度。キングサイズのベッドは幅が180cm程度です。
お二人で眠るには充分に広い幅を確保できています。
でも、よく考えてみてください。
シングルサイズの幅は、一般的に100cmです。
一人でシングルベッドを使うより、二人でクイーン、キングを使うと一人当たりの幅が狭くなってしまうのです。

シングルを2台並べて、二人で使うと更にゆったりした空間を楽しむ事が出来るようになります。
寝室のスペースにゆとりがあるならば、当店からのおすすめは、シングル二台を並べて使うことです。


クイーンサイズベッド、キングサイズベッドの選び方

大きいサイズのベッドは、様々なシーンで必要性があります。
例えば結婚や出産で家族が増えた時には、個人の快適な睡眠スペースを確保する必要があり、
そのため大きいベッドを使用することになるかもしれません。
また、個人的な問題としては寝相が悪くベッドから落ちる危険があるなども、理由の一つとして挙げられます。

一口に大きなベッドといっても、種類が多く選ぶ際に悩むことになるでしょう。
しかし、選ぶ際にはポイントがあるのです。
それは、寝る人数と部屋の広さです。
寝る人数は、そのままベッドのサイズ選びに影響します。
基本的に、クイーンサイズは大人二人がゆったり寝られる幅、キ
ングサイズは大人二人に加えて子供一人分増える程度の幅とされています。
部屋の広さは、ベッドを入れた時にどのようなレイアウトになるかを
イメージするために、事前に把握しておく必要があります。
いざ購入したはいいものの、部屋がベッドでいっぱいになってしまうといった状況は避けるべきでしょう。
計画的なベッド選びが、快適な睡眠ライフに繋がります。


クイーンサイズベッド、キングサイズベッドと健康面

ベッドの広さは様々ですが、自分の身体いっぱいのサイズを選ぶことは
健康面に悪影響が出ることがあります。
朝目が覚めると腰の痛みがでることがありますが、
その原因の一つとして睡眠時の姿勢が挙げられます。
人は日中活動しているときには身体が小刻みに動いているので、
血液循環も滞りなく過ごせています。
しかし、睡眠中は動きが少なくなり、一定の姿勢のまま腰など
局所の筋肉内で血流不全の状態となり、痛みを惹き起こしてしまうのです。

本来寝がえりをうつなどして無意識のうちに運動することにより
血流不全を防いでいるのですが、狭いベッドで寝がえりスペースがなくなってしまうと
動きを阻害してしまうのです。
そのため、ベッドのサイズを検討する際には、寝がえりなどの
動きも想定したうえで選ぶことで腰痛などの健康被害を予防できるのです。
具体的には、大柄な人であればシングルではなくクイーンサイズのベッドを選ぶとよいでしょう。
小柄な方でも、寝相が悪いなどの癖があればそれを加味したうえで
一回り大きなサイズのベッドを選ぶことをおすすめします。
寝相は、痛みを防ぐための無意識の身体反応ともいえるので、
無理をして動きを阻害しないようにすることが肝要です。


クイーンサイズベッド、キングサイズベッドとマットレス

大きいベッドの購入を検討する際に気をつけるべきポイントがあります。
それは、マットレスです。
マットレスは一つながりのものもあれば、いくつかの部分を繋げて使用するものもあります。
変わり種として、折り畳み式でソファの形にもなるマットレスもあります。
前提としてクッションの役割はありますが、様々なシーンを想定した
特殊な造りになっているものもできています。
大きなベッドで使うマットレスは、もちろんサイズが大きくなります。
そのため持ち運びに関しては、大きさや重さもあるため不便といえるでしょう。
ディンクスやシングルの方は、今後の引っ越しの可能性も考えると
セミダブルのマットレスを繋げて使うこともよいでしょう。
しかし一方で、連結式にしたことでマットレスの連結部で多少の凹みが生じることもあります。
そのため寝にくくなるとか、睡眠姿勢に影響して腰痛など体の不調がでることもあるかもしれません。
これには個人差はありますが、わずかな凹みでも気になる方であったり、
身体の痛みが出やすかったりする人であれば、一つながりのマットレスにした方が快適に眠れるでしょう。
それぞれのニーズや好みに合わせたマットレス選びを心掛けましょう。


クイーンサイズベッド、キングサイズベッドとレイアウト

キングサイズやクイーンサイズのベッドを購入すると、問題になるのが寝室にどう配置するかという点です。
シングルやダブルでは通常みられる6~8畳間でも特に配置に困らないでしょうが、
キングサイズとなるとどのように置くか考えておかないと寝室で動きがとれないというような
不自由な状況になるかもしれません。
ベッドと部屋のレイアウトの関係を確認するポイントとして、クローゼットの位置が挙げられます。
寝室には服や布団などを収納するためのクローゼットが設置されていることが少なくありません。
このクローゼットの位置や扉の大きさを把握しておくことで、
ベッドを配置した時にスムーズに開閉することができます。
次に、ベッド周りのスペースの確保が重要です。
例えば、壁際までギリギリに寄せてしまうと掛け布団が偏ったかかり方になってしまうことになり、
ずり落ちの原因となります。
また、化粧がしたいのであれば化粧台を置くスペースが必要になります。
ベッド周りのスペースは、購入者それぞれがどのように寝室で過ごしたいかも
レイアウトのポイントになります。