新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

キングサイズ クイーンサイズ 大きいベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

大きいベッドについて

ベッドのサイズとして、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズは、一般的ですが、それより大きなベッドは、
クイーンサイズ、キングサイズがあります。
クイーンサイズはマットレスの幅が160cm程度、キングサイズはマットレスの幅が180cm程度が一般的です。
クイーンサイズやキングサイズの場合、マットレスは一枚ではなく、二枚での提供となる場合があります。
また、キングサイズよりも大きなベッドとして、連結タイプのローベッドがあります。
最大で、マットレスの幅が280cmとなり、お子様を含めたご家族全員で一緒に横になる事が出来る広さです。


大きいベッドの利点について

クイーンサイズ、キングサイズのベッドの利点は、何と言っても広々とした空間でゆったりと眠れる事です。
ご夫婦二人で眠る場合でも、ダブルベッドではちょっと狭く感じます。
横に寝ている相手が寝返りを打つときに、気になりがちです。
クイーンやキングの場合、より幅広くなり、ゆったりゆっくりと横になる事が出来ます。
疲れがちな現代人のご夫婦には、お勧めしたいベッドのサイズがキングサイズやクイーンサイズです。
お部屋が狭く、配置が難しい場合でも、ロータイプのベッドを選ぶことで部屋の空間を広く使えます。
また、キングサイズよりも大きなサイズの場合、家族が増えたときにも全員で一緒に眠れるメリットがあります。
連結式のベッドの場合、将来、分離して別々のベッドとして使うことも出来ます。


大きいベッドの欠点について

クイーンサイズ、キングサイズのベッドの欠点は、その大きさにあります。
寝室を用意しても、ベッドで一杯になり、出入りもすんなり出来ないようでは非常時に危険です。
また、寝室が用意出来ない場合、日常を過ごす部屋に設置するには、無理があります。
大きなベッドだけに、大きなスペースを準備する必要があるのです。