新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

組立設置ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

組立設置ベッドについて

組立設置ベッドとは、お客様に組み立てていただくのではなく、商品をお届けした時に、ベッドを組み立てるサービスが付属しているベッドです。 通常、当店で販売しているベッドは、お客様ご自身で組み立てていただく商品です。 組立設置ベッドは、組み立て業者が実施します。


組立設置ベッドの利点について

最大の利点は、お客様が組み立てる必要が無い事です。 組み立て業者が実施しますので、ベッドが届いて一時間もすれば、ベッドが使える状態になります。 また、梱包材などは持ち帰るため、破棄などの必要がありません。


組立設置ベッドの欠点について

欠点は、価格が高くなる事です。 お客様が組み立てれば不要な組立料金が掛かるからです。


一人暮らしやご年配者でも安心な組立設置ベッド

ベッドを購入したときに一番頭を悩ますのが、運搬と設置でしょう。自分で運ぶにしても、ベッドは大きくてかさばるのでどうしても人手が必要になってしまいます。全て組立式のベッドでも、女性やご年配の人には組立部品一式を運ぶのも大変な労力になります。また、さらに組み立てる作業が入るので、組み立てるのが苦手な人や十分な力を持っていない人が行うと、ベッドの頑丈さが欠けてしまい、歪みが生じる可能性もあります。しっかりと組み立てられていないベッドは、使用するときに違和感があるとか、最悪の場合崩れてしまうリスクもあります。
組立設置ベッドは、家具業者が依頼した専門業者に組立から設置まで行ってもらえるので、一人暮らしのような人手が無い方や、ご年配者や女性のように力に自身が無い人におすすめのサービスです。配送業者では玄関先までしか配達してもらえませんが、家具屋依頼の専門業者ならベッドを設置したい部屋で組立設置をしてくれ、ごみの回収まで行ってくれるので手間を要しません。また、日時指定を行っているので自分の都合の良い日時にベッドを設置することも可能です。


広い扉や窓が無くてもベッドを運び込める

初めから完成しているタイプのベッドでは、マットレス一体型やパイプベッドなどベッドの機能しか兼ね備えていないタイプも含まれる場合があります。また、中には大きさの問題で部屋に運び込むことが困難な場合もあるでしょう。組立設置ベッドは、部品を運び込んで部屋で組み立てるので、複雑で多機能なベッドが多いのも特長の一つです。
完成した状態では運ぶのが難しい2段ベッドや木製のハイベッド、収納が多いタイプのベッドもありますが、分解された状態ならほぼ全ての扉で運び込むことが可能なので、大きさに限らず自分好みのベッドを選択できます。また、家具屋依頼の専門業者に部屋で組み立ててもらうことができるので、複雑な構造だとしても安心して組立を任せることができるのです。
ベッドが大きすぎて運び込める入り口が無いと諦めていた人も、ベッドの大きさが部屋に収まれば自分の好きなデザインのベッドを選ぶことができるのは組立設置ベッドのメリットと言えるでしょう。


費用が通常よりかかってしまう理由とは

組立設置ベッドは安くベッドを購入しようと考えている人には向かないベッドです。シンプルで安いベッドなら1万円台のベッドも販売されていますが、組立設置ベッドだと安くても4万円以上かかってしまうので、どうしても費用がかさんでしまいます。しかし、費用が掛かっている分デザインや機能が多いのが特徴で、通常就寝以外に使用できないベッドを収納スペースなどに活用できるのは組立設置ベッドならではです。
どうしても安いベッドでは、収納があったとしても引き出し2つまでと満足した収納スペースの確保ができませんが、2段5杯の引き出しが付いているなど多収納モデルが多いのでスペースの有効利用ができます。
部屋に収納スペースが少なく、新たに収納家具を購入しようと考えている人は、収納が多いベッドを選ぶことで収納スペースを確保でき、余計な家具を設置することもありません。組立設置ベッドは高い値段の分、性能やサービスに力が注がれているのです。


組立設置ベッドは要らなくなったときにもメリットが

新たに家族が産まれたり、一緒に暮らす人が増えたりしたときにベッドを買い替えなければいけないこともあるでしょう。組立設置ベッドは通常のベッドに比べて、後々で処分をするときにもメリットが多いです。通常のベッドを処分するとき、粗大ごみに出すときは自分で各自治体の指示通りに指定の場所に運び処分しなければいけません。運び出すにも労力がかかり、大人二人でも苦労してしまうケースが多いでしょう。
組立式設置ベッドは、もともと部品ごとに分解した状態から組み立ててあるので、工具があれば自分で分解することができます。部品ごとにわけることができれば、大人一人でベッドを分けて運ぶこともできるので、組立ではないベッドに比べ運び出しが容易になるのです。
組立部品が複雑ではなく、ドライバーなどで組立ができるベッドも多いので、少しの手間はかかるかもしれません。しかし、一体型のベッドはノコギリなどを使い分解しない限り細かく運ぶことはできないので、組立式のベッドは比較的楽に分解が可能といえるでしょう。


収納が多い組立設置ベッドの高さ問題を解決

多機能で収納スペースが多いメリットは理解していただけたと思います。しかし、そこまでベッド下に収納が多いと不安になるのはベッドの高さではないでしょうか。組立設置ベッドは確かに通常のベッドよりも高さがあるものが多いです。高さがあると、ベッドへの乗り降りに労力がかかってしまうので足腰に不安がある方や、ご年配者が利用するには不安が付いて回る可能性があります。
しかし、ベッドのマットレスを薄型マットレスにすることで適度な高さに保つことができるので安心してご利用することができます。