新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

モダンベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

モダンベッド

モダンベッドとはどんなベッドを指すのでしょうか。モダンベッドの主な特徴や一般的によく使われている素材などを説明します。どんな部屋で使いやすいのかを考え、自分に合ったベッド選びをしてみましょう。


モダンベッドとは?

モダンベッドは特にこれというはっきりした定義が決まっているわけではありませんが、全体的に装飾の少ないシンプルなデザインが特徴です。また、脚の付いていないものなどロータイプのものが多い傾向が見られます。そのため、天蓋つきのものや姫系のベッドなど装飾性の高いものはモダンベッドとは異なるものと言えます。デザインされているものでも流線型など近未来的なものが多く、ヘッドボードも低いものが目立ちます。また、ヘッドボードの無い脚付きマットレスなどもモダンベッドのひとつとされています。ロータイプのベッドは上り下りがしやすく、落ちてしまうことがあってもケガをしにくいという安心感もあります。空間を広く見せてくれるので、狭い部屋でも圧迫感を感じにくいという効果も得られます。


素材にはどんなものがあるの?

モダンベッドの素材はさまざまなものが見られます。主なものをいくつか挙げてみましょう。
◯木製
◯レザー
◯ファブリック
木製の中には、すのこベッドも含まれます。無垢材から合板などが使われています。レザーベッドもモダンベッドには多い素材のひとつで、光沢のあるレザー使いのベッドは高級感のある部屋には好まれる傾向があります。木製やレザーはベッドの枠に使用されているもので、これにマットレスを乗せて使用する一般的なベッドを指しますが、ファブリックを素材とするものにはマットレスだけのものや脚付きマットレスなどが多く、いずれもシンプルで無駄が見られません。それぞれに特徴や機能も異なるのでどの素材が良いということはないので、個人の好みや部屋に合わせて選びましょう。デザインや使い勝手は素材で左右される部分もあります。


モダンベッドはこんな人におすすめ

空間を広く使いたい人にモダンベッドはおすすめです。ロータイプのものが多いので、高齢者などでも容易にベッドから下りたり上がったりできます。布団では物足りないものの、高さのあるベッドは苦手という人にも手頃な高さが選びやすいのではないでしょうか。また、マットレスだけのタイプで分割になっているものは、マットレスを畳んだり重ねたりすることでソファーとしても使用可能です。寝ていない時にはベッドを片付けておきたい人や、何通りにも使いたい人には便利に使えます。モダンベッドはシンプルなデザインが主流なので、部屋をすっきりまとめたい人や、逆に洗練されたゴージャス感を出したい人にもおすすめです。


布団との組み合わせでおしゃれに!

シンプルなデザインが特徴的なモダンベッドは、ベッドの素材と組み合わせる布団によっていろいろな表情を出せるのも特徴的です。豪華なイメージにしたい時にはブランドの布団や布団カバーを使用してみましょう。特にハイブランドなら部屋全体に高級感が出ます。ベッドの素材がレザーであれば、一層豪華になります。木製のベッドなら無地から柄の入った布団でも合わせやすく、気分によって可愛いベッドルームにすることも可能です。布団だけでなく、カーテンやクッションといった他のファブリックとの組み合わせを変えることで自由にイメージチェンジが図りやすいため、季節ごとの模様替えや気分転換もしやすい手頃なベッドではないでしょうか。


モダンベッドを生かしたカラー使いは?

モダンベッドは、選ぶカラーでも印象が大きく変わります。どんな色が合うという決まりはありませんが、素材に応じて合わせやすい色の傾向は大きく分けることも可能です。黒や白などのレザー素材ならモノトーンかブラウン系などシックで大人っぽいものが馴染みやすく、モダンな雰囲気で落ち着きます。木製ならパステル系から赤やネイビーなどの濃い色にも合わせやすく、無難にまとまりますが、モダンベッドを選ぶ場合は全体的にシックな色使いでまとめる方が上品になります。ビビッドなカラーを入れたい時には、枕やベッドカバーの一部に入れるなど差し色として使うと視覚的にも美しく、部屋全体をひきしめてくれます。


モダンベッドでおしゃれな空間作りを

モダンベッドは流線型や直線を生かしたデザインを選ぶとアートな要素を強く出すこともできます。アート作品を飾るような感覚で色使いを考えたり素材を選んだりしておしゃれな空間作りをしましょう。ベッドは部屋の中で大きな割合を占めるものです。ロータイプでデザインもシンプルなモダンベッドは、天井が低めの部屋や狭い部屋を広く見せてくれる効果もあります。部屋のコンセプトに悩んだ時にも無難にまとめやすいのもメリットです。