ショートベッドを使った生活のイメージ


ショート丈のベッドを使う生活には、どのようなイメージがあるでしょうか。 一人暮らしのショート丈のベッドは、良い印象でしょうか。 短いマットレスは、小柄な女性には最適なサイズと言うのをご存知でしょうか。 また、小さめのベッドには、多くのメリットがあります。 そんな事について、ベッド販売歴が16年以上の店主が解説します。



ショートベッドを使った生活のイメージ

寝具に限らず、家具を購入する際はそれらをどのように使用するかイメージを持っておくとよいでしょう。
イメージが具体的であればあるほど、選ぶ際に困りにくくなります。
ショートベッドを利用する方はどのような方で、どのような生活を送るためにそれを購入するのでしょうか。
そのようなイメージ作りのために、具体的に考えていきましょう。

例えば、女性の一人暮らしです。基本的に男性に比べ女性は小柄な方が多くみられます。
そうなるとショートベッドの利用は女性の方が多いといえるかもしれません。
ショートベッドを部屋に入れることで寝室の確保と同時に、インテリアとして部屋の雰囲気を演出することができます。
ベッド自体がコンパクトな分、周りの環境も整えやすくなっています。
ベッドのそばにミニテーブルを置いて、その上で観葉植物などを育てるのも良いでしょう。
植物を育てることで精神的なゆとりができるともいわれており、精神衛生を保つことにも役立つでしょう。
化粧道具などをベッドの近くに置いておけば、寝る前に化粧水を塗ったり顔パックをしたりという
作業もしやすいかもしれません。

このように具体的にイメージしておけば、より納得のいく商品選びができることでしょう。


一人暮らしでのショート丈ベッド

一人暮らしでショート丈のベッドを選ぶのに、どんな印象があるでしょうか。
一人暮らしの1Kの部屋に、ショート丈ベッドを配置する。
何となく、ピッタリと入るイメージがありませんか。
ちょうど良いサイズ感で設置できるイメージです。
一人暮らしですから部屋も狭く、ベッドも小さめで良いのかもしれません。


短いマットレスが最適のイメージ

小柄な女性なら、ちょっと短いマットレスが身長に対して最適なサイズのイメージがあります。
通常のマットレスは、195cm。ショート丈のマットレスは180cm。
身長が160cm以下の女性なら短いマットレスが最適です。


小さめのベッドのメリット

小さめのベッドには、メリットはあるのでしょうか。
小さめのベッドは、配置がしやすい、価格が安いというメリットがあります。
同時に、小さくでかわいいイメージもあります。
使う人を限定してしまいますが、小さめのベッドには大きなメリットがあるのです。


ショートベッド おすすめ商品

合わせて読みたい店主のつぶやき ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】

ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】
ローベッドセミシングル・ショート丈【女性やお子様におすすめです】



関連する商品グループ


ページトップ