新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

スライドデスクつきロフトベッド【Satis】サティス 生産終了品

スライドデスクつきロフトベッド【Satis】サティス 生産終了品
型番 40103750
販売価格

55,440円(税込) 〜 送料無料

カラー

オプションの価格詳細はコチラ返品(特定商取引法に基づく表記)当店は、サイト運営者と商品販売者が異なっております。詳しくは、「SHOP紹介」をご参照くださいませ。カートに入れると、眠り姫から別のサイトに移りますが、お買い物をお続けくださいませ

ページトップ


スライドデスク&コンセント付きロフトベッド【Satis】サティス












税抜表示 シングル
【Satis】サティス 50400
税抜価格

ご注文はこちらから



スライドデスク&コンセント付きロフトベッド【Satis】サティス 商品詳細


机も欲しい、ベッドも欲しい。でも、部屋が狭い。
という方におすすめのロフトベッドです。

ベッドの下にデスクを付属しましまた。

【Satis】サティスがあれば、ベッドも机も手に入ります。

机の高さは3段階に設定できます。
一番低い高さは、34cm。
ローデスクとして、床に座っての作業にちょうどいい高さです。
お子様が小さいときにもこの高さがよいと思います。

中間の高さが42cmです。
デスクとして使用するのも当然ですが、収納場所としてデスクの下を活用できる高さです。
机の上には、小物を飾り、部屋の中のアクセントとして使えます。

一番高い高さが70cmです。
一般的な机の高さで、仕事に勉強と作業する上でちょうど良い高さになっています。

机の板は、上下するだけでは無く、前後にスライドします。
使用するときだけ、前に引き出して使えるので、普段は奥にしまって置けます。

机の上には、3列の棚が付いています。
棚板は6cm間隔で調整可能です。


フレームの色は2色。
ブラックとシルバーです。
ブラックのフレームには、ブラウンの棚板カラー、
シルバーのフレームには、ナチュラルの棚板カラーです。



ご注文はこちらから

スライドデスク&コンセント付きロフトベッド【Satis】サティス

 

お客様からの要望があった、フレームのブラックを追加いたしました。

男性の方にも受け入れていただけるフレームカラーだと思います。

作業場(机)と寝床の一体化を実現した面白い商品です。

 

スライドデスク&コンセント付きロフトベッド【Satis】サティスの特徴について

高いベッドですが、サイドガードも大きくて安心です。
142cmの幅があり、布団が落ちるのも防ぎます。

四隅の柱は、50mmのとても太いパイプです。
がっしりして安定しています。

はしごは、フラットな形で足の裏に違和感はありません。

床板部分は、金属メッシュです。
通気性が抜群に良く、湿気をしっかりと逃がします。

 

スライドデスク&コンセント付きロフトベッド【Satis】サティスの注意点について

お客様に組み立てていただく商品です。
組立は、大人2人以上で作業して下さい。
組立に必要な工具は、六角レンチ、スパナが付属しています。

部屋の配置に合わせ、左右の入れ替えが可能です。
組立の際に、宮棚、サイドガード、はしごの位置を変更して下さい。

マットレスは、付属していません。
別売りで購入する場合、厚さが10cm以内のマットレスをご使用下さい。

本体の耐荷重は90kg、机部分は20kg、棚板部分合計は10kgです。

生産は、中国です。

 


ご注文はこちらから


スライドデスクつきロフトベッド【Satis】サティスについて

ベッドは休息を取る上で非常に大切な家具の一つであり、
その品質が疲労を取る上で非常に重要となります。

またそのブランドもいくつも存在しますが、
その中でも近年注目を集めているのがサティス(Satis)です。

このブランドでは品質の高さに加えてデザイン性も富んでおり、
家具以上に部屋のインテリアとしての活用も十分に可能と言えます。

またサティス(Satis)のベッドではスライドデスクが合わせて
搭載されているベッドも存在します。

デスクは仕事や書類の記載など他にも様々な場面で使われますが、
机も同様にスペースを使ってしまい、部屋の面積をしめてしまうという
デメリットも存在します。
また一つ一つ購入すると値段もかかってしまいますが、サ
ティス(Satis)では合わせて購入することが可能なため
それらのデメリットを解消することが可能と言えます。

またベッドと合わせたデザインになっているため、
家具同士で内装を邪魔してしまうことなく調和して導入することが可能と言えます。

家具は一度購入すると新しく入れ替えるということも少ないため、
購入する時にどれだけ利便性に富んでいるか・実用的か・品質などを考慮して
決めることが重要と言えます。


関連する商品グループ


ページトップ