新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

意外な方法で布団の処分ができる!廃棄だけではない布団の処理方法とは

意外な方法で布団の処分ができる!廃棄だけではない布団の処理方法とは


意外な方法で布団の処分ができる!廃棄だけではない布団の処理方法とは

古くなったり使わなくなったりした布団の処分をしたい場合、
どのようにすればいいのでしょうか。

布団の種類には、掛布団や敷布団、その他の寝具を含めて大きさや重さは千差万別です。

一般的には市区町村が定める処分方法で廃棄をしますが、
それでは捨てる曜日などが指定されており、今すぐ処分したい人には向きません。

他の処分方法も含め、どういう方法があるか確認してみましょう。



布団の処分方法布団の処分方法


地域のシステムを利用した布団の処分方法とは



布団の処分をするとき、まず自分が住んでいる地域で
決められているごみ処理の方法を確認しましょう。

薄い毛布やタオルケットなどは、市区町村の中には
資源ごみとして回収している地域もあります。

しかし、分厚い布団はかさばるので基本的に粗大ごみ扱いになります。


粗大ごみを廃棄するときは、粗大ごみ処理券を貼って廃棄します。

粗大ごみ処理券はコンビニや近くの商店、市区町村の役所など、
その地区により販売しているところが決められています。

ゴミ収集カレンダーに記載された、粗大ごみ回収の連絡先に電話をして、
回収する場所や日にちを決めて回収してもらいます。


その地区によりルールなどが違うので、詳細は市区町村の役場や
指定のごみ収集業者に連絡をしてみましょう。

粗大ごみを捨てるときは、粗大ごみ処理券購入の費用がかかります。

これも地域により値段が違い、粗大ごみが一律の値段の地域や、
粗大ごみの種類により購入する処理券の金額が違う地域に分かれます。

現在は役場のホームページでもごみ収集カレンダーや
ゴミ出しのルールなどを確認できるので、
処分の前に手順を調べてみることをおすすめします。


処分費用を抑えたい人は、布団を細かく素材ごとに分別し、
可燃や不燃ごみとして出す方法もあります。

ゴミ袋にも費用が掛かる地区もありますが、
普通に粗大ごみを出すよりも費用を抑えることが可能です。


自身で車を持っている場合は、直接ごみ処理センターへ運ぶのも良いでしょう。

ごみ処理センターでは、粗大ごみにかかる料金に比べて安く布団を処分することが可能です。

処理場のなかには、その地域に住んでいる住民は布団類の処分に持ち込みの場合は、
処分費がかからない処理場もありますので、処理場に直接連絡して確認してみましょう。



布団の処分方法


不用品回収業者に頼んで布団を処分してもらう方法



実は布団の処分をしてくれる業者がいるのをご存知でしょうか。

処分の条件や方法は様々ですが、地域ごとのごみ処分方法に比べると
時間や手間が少なくて済むのがメリットとしてあげられます。


民間の不用品回収業者は布団の処分も請け負ってくれます。

布団処分の価格は、種類や質量によって違いますが、
掛・敷布団セットで3,000円〜など業者によって処分費用が決められています。

値段は市区町村が委託している業者よりも高いですが、
すぐに対応してくれ、運搬も行ってくれるので労力がかかりません。

地域の粗大ごみ回収の場合、外に自力で布団を出す必要があるので、
布団を運ぶのが困難な人は不用品回収業者を頼るのもいいでしょう。

不用品回収業者の中には、条件を満たした人に限り布団を
無料処分してくれる業者もあります。

自分の地区に来てくれる不用品回収業者に問い合わせてみましょう。


業者自体が自宅まで回収しに来ませんが、梱包して業者に送ると
格安で処分してくれる不用品回収業者もあります。

処分費用も、出張してくれる不用品回収業者に比べると安い場合が多いです。

布団を梱包する手間はありますが、送る時は配送業者が
取りに来て玄関から運んでくれるので、地域の粗大ごみよりは
手間がかからないでしょう。

負担する費用は、配送料と処分手数料です。


布団販売業者の中には、布団を購入した方限定で古い布団を
回収してくれるお店もあります。

無料で引き取ってくれる場合もあるので、浮いたお金を
質の高い布団の購入費用に充てることもできます。

もし布団の買い替えを考えている場合は、大変便利なサービスでしょう。



非営利団体や布団を求めている企業に再利用してもらう



布団の処分方法は必ずしも廃棄をするだけではありません。

海外の恵まれない人々に、不要になった布団を届けている団体もあります。

非営利団体の活動なので、回収費用などが発生しますが、
その費用は海外支援のために使用されます。

あなたが不要と思っている布団が、海外に行き、
別の誰かのために役立つのです。

また、日本国内で不要な布団をリサイクルして新たな商品を
生み出している非営利団体もあります。

不要な布団を集め、洗浄し清潔にします。

布団を分解して使用できる中綿などを加工しなおし、
クッションなどを作成して販売するのです。

布団は焼却して処分されるのが一般的ですが、
焼却するときはたくさんの二酸化炭素を排出して
地球温暖化を促進させる可能性があります。

布団をリサイクルすることで地球環境を守ることにつながる
活動をしている団体もいるのです。


意外な方法で無料回収を行っているところもあります。

梱包材など業者が布団を再利用するために、
宅配や持ち込みで布団を無料回収してくれるのです。

もちろん配送には宅配業者を使い送料の負担をしますが、
処分費用や手数料がかからないので、今すぐ、
できるかぎり安く処分したい人には良い方法でしょう。

しかし、このような特殊な回収方法をしている企業は、
必要数が揃うと回収を中止する場合もありますので、
事前に回収を行っているか確認しましょう。


さまざまな方法で回収を行っている業者は思いのほかたくさんあるものです。

特に非営利団体は、ホームページ上で活動内容を報告しているので、
活動内容に共感できるようでしたら、支援に協力するのも一つの手段でしょう。



布団の布地や綿を利用してモノを作る



布団は大きな布と綿などでできています。

そのため、手芸などが得意な人には、洋服や人形などの材料にもなるのです。

使用する布団はできるかぎり清潔なものが理想です。

手芸などで作成した作品はオークションなどで販売することもできます。

布団単体だとオークションや中古市場では需要が少ないですが、
形を変えることでお金に換えられる可能性もあるのです。


布団を利用して、ソファを作ることもできます。

使用していない敷き布団を座席にして、掛け布団を
背もたれやクッションして作成します。

販売されている布団収納袋で、ソファになる布団収納袋という
商品も販売しています。

また、インターネット上では布団をソファや抱き枕にする方法を
紹介しているサイトもあるので、調べて作成してみても面白いかもしれません。


モノを作れない人でも、簡単に再利用する方法が、
梱包材としての利用でしょう。

もし壊れ物などを運ぶときや自力で引っ越しをするときに
布団を梱包材として利用することで、壊れやすい物を保護することが可能です。


自分のペットの布団として使用することも、再利用できる方法の一つでしょう。

ペットは飼い主の匂いを好む傾向があるので、
匂いがついた布団を与えるとそれを寝床にしてくれる可能性もあるのです。


アイデア次第で、布団を処分しなくても、再利用する方法があるのです。

布団がカビやダニで使用できない状態でなければ、布団のクッション性や
性質を利用して、便利に使用するのも良いのではないでしょうか。



布団の処分方法は自分にあった方法で処理しましょう



布団を処分する方法は多数あり、人によって優先するものが違うはずです。

お金を節約したいなら、無料回収や低費用で処分できる方法を
根気よく探す必要があります。

いらなくなった布団を寄付して、海外支援や社会支援に協力するのも良いでしょう。

自分の布団に思い入れがある人は、再度家で再利用すれば、無理に処分する必要もなくなります。


かさばる布団を処理するのは、手間もかかり面倒ですが、
処分をする方法はたくさんあるので自分にあった方法で処理することをお勧めします。

選択肢はたくさんあるので、自分の気持ちが満足する処分方法が見つけることができるはずです。



ページトップ