ベッド周りのスペースを最大限に活用する収納アイデア


ベッド下収納

ベッド下収納は、ベッドの下を収納スペースとして活用することができます。
寝室でベッド周りのスペースを有効活用する収納の一つの方法です。
ベッド下収納には、ベッドフレームに引き出しを設置する方法や、カバーで隠す方法があります。
引き出しを設置する場合は、ベッドフレームの下にスペースが必要です。
一度設置すれば、収納スペースとして長く使うことができます。
カバーを使用すると、物をうまく隠せて、見た目もスッキリとしますね。
お気に入りのおしゃれな雑貨もインテリアとして映える寝室になります。
ベッド下収納には、毎日使う衣類、寝具、バスタオル、化粧品、扇風機、加湿器、旅行用スーツケースなど、様々なアイテムを収納することができます。
衣類を収納するときには、市販の衣装ケースやお気に入りの引き出しをベッド下のサイズに合うように自分でカスタマイズする時間も、楽しいでしょう。
DIYで収納が確立されると、より一層、ベッドに愛着がわくでしょう。
物が分類しやすくなり、出かける準備もはかどります。
季節ごとに衣替えや模様替えで、収納する場合はどうしたらよいでしょう。
扇風機や加湿器、カーペットなど、シーズンが終わったらほこりを払ってお手入れをしてから、ベッド下に片づけましょう。
冬物の靴、ブーツ、スポーツ用品を収納する場合には、収納ケースを使えば、次のシーズンまで清潔に保てます。
寝具、掛け布団、毛布をを収納するなら、圧縮袋に入れると、収納スペースを節約することができます。
虫やカビの発生も最小限に抑えます。
ベッド下の収納を整えると、必要なアイテムをすっきりと収納することができますね。


ヘッドボード収納

ヘッドボード収納は、ベッドの枕元のヘッドボード部分を最大限に有効活用することです。
ベッド周りのスペースを最大限に活用することができます。
ヘッドボード収納は、リモコン、ティッシュなど寝ぼけていても手が届くところにあったら、嬉しいですね。
本やマガジン、眼鏡やスマートフォンなど、寝る前に使う小物を置いておくことができます。
メガネ、時計、スマホ。寝る前に読みたい本、ハンドクリーム、アクセサリー、お気に入りの小物を置くこともでき、使い勝手も良くなります。
ヘッドボード収納には、棚を自分で取り付けるのも、一つの手です。
棚を設置する場合には、ヘッドボードの上部に奥行きがが必要ですが、ベッド周りで必要なアイテムを手に取りやすくしたり、インテリアグッズを飾ったりすることができます。
ヘッドボード収納は、ベッドの機能性を高めるだけでなく、使い勝手もよく、おしゃれなコーディネートを楽しみながら、機能的なベッドルームを実現することができます。


ウォールシェルフ

ウォールシェルフは、壁に取り付けることができる棚です。
ベッド周りで効率的に物を出し入れしたり、収納するためのアイデアの一つです。
ベッドに横になったまま、手の届く範囲に必要な物があったらいいな、という皆様へ、ぜひ。
ベッド周りを収納しながら、美しく、可愛く飾ることができます。
ウォールシェルフの善き点は、ベッド周りに収納スペースを簡単に追加できるところ。
ベッドそのものは、壁に近い位置に配置されます。
壁に取り付ける棚を利用すると、ベッド周りのスペースを有効活用できますね。
ウォールシェルフは、小物や書籍、アクセサリー、写真などを収納するのに最適です。
天然木、ワイヤーなどの素材でできたデザイン性の高い棚を選ぶと、部屋の雰囲気をより引き立たせることができます。
寝室をどんなインテリアで彩りたいか?
お気に入りのウォールシェルフを探す時間も楽しくて幸せ。
百円ショップや、可愛いインテリア雑貨屋さんでも、手に入りますよ。
DIYで作ることで、自分の好みに合わせた棚を作ることも可能!
コストを抑えながら、物作りが楽しめます。
DIYには、専門的な技術や知識が必要な場合があるため、特にお子様とご一緒に場合には、十分に注意して作業しましょう。
ベッド周りに収納スペースを追加すれば、部屋の美しさと、使いやすさ、機能性を高めることができますね。
お子様やご家族で、素材や形を選んで、自分だけのオリジナルなウォールシェルフを作るのは、楽しい時間ですね!


オーバーベッド収納

オーバーベッド収納は、ベッドの上に棚やキャビネットを設置することで、広い収納スペースを確保できる方法です。
ベッドの上部に収納スペースを追加し、部屋のデザインを素敵に演出できます。
ベッドの上の空いたスペースにワイヤーラックを渡して、ハンガーや上棚を取り付けて、着替え、時計、観葉植物などを置くことができる
秘密基地のような雰囲気になります。
ベッドから動かなくても、手が届く!
オーバーベッド収納は、小さなスペースを活かせます!
壁に固定された棚を使って、本や雑誌、フォトフレーム、置物などを収納可能!
引き出しや扉付きのキャビネットを設置すれば、衣服や靴、バッグなども収納できます。
また、オーバーベッド収納は、DIYをすることで、独自のデザインを作成し、収納スペースを最大限に活用できます。
オーバーベッドテーブルというのもあります。
入院中に使われる、ベッドを渡したテーブルの形です。
ただ、ベッドの幅と高さの確認が必須です。
キャスター式だと、移動が簡単にできます。
ハイタイプの可動式ベッドテーブルが使いやすいようです。


ベッドサイドテーブル

ベッドに横になってから、眼鏡、スマホ、時計に手が届くとちょっと楽ちんで、使いやすいのに。
「あったらいいな」を叶える、ベッドサイドテーブル。
お部屋のスペース、お好みのインテリアに合わせて、
様々なデザイン、サイズ、カラーをご検討いただけます。
木製、布製、金属製などのサイドテーブルが、出回っております。
ベッドサイドテーブルは、ベッド周りの小物を収納しやすく作られています。
照明、特に読書灯、時計、携帯電話などをテーブルの上に置きやすいです。
ベッドサイドテーブルの下部を収納スペースとして活用することで、スペースを有効に使うことができます。
ベッドサイドテーブルの下に引き出しを取り付けるとハンカチ、ティッシュ、リモコン、書類、小物などを収納することができ、使いたいときにサッと引き出せます。
ベッドサイドテーブルの下に収納ボックスを置くのは、いかがでしょう?
日記帳、めがね、ハンドクリームなどを収納することができます。
ベッドサイドテーブルの下に、小さな本棚は?
読みかけの本やマガジン、雑誌、DVDなどを収納できるように模様替えするのもよろしいでしょう。
ベッド周りのスペースを最大限に活用すると、部屋の中の雑然とした印象を防ぐこともできます。
快適な寝室で、快眠を。


店主のつぶやき ベッド周りのスペースを最大限に活用する収納アイデア 関連


  

関連する商品グループ


ページトップ