新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

新春特別セール 第一弾!
1月31日までのご注文は、全商品5%引きです。

ローベッドロングタイプ【高身長の方もゆったり眠る】

ローベッドロングタイプ【高身長の方もゆったり眠る】

ローベッドロングタイプ【高身長の方もゆったり眠る】


ローベッド おすすめ商品

右矢印
左矢印

ローベッドロングタイプとは

ローベッドロングタイプとはどんなベッドなのでしょうか。
じっくりと見ていきましょう。
ローベッドにも色々な種類のベッドがあります。
横幅のサイズとしては、シングルサイズからファミリーサイズまで。
また、長さ方向の種類として、ショートベッドもあれば、ロングベッドもあります。
そんな中でのローベッドロングタイプとは、名前の通り低いタイプで長いベッドです。
どのくらい長いかと言うと、マットレスの長手方向のサイズで、206cmもあるんです。
180cmオーバーの長身の方も、マットレスから足を出さずにゆったりと眠れますね。
ロングサイズのベッドは種類が豊富ではないので、選び放題という訳ではありませんが、
長身の方の選択肢に入ればうれしいです。
高身長の方もゆったり眠るローベッドロングタイプ。


ローベッドロングタイプの良い所

ローベッドロングタイプにはどんな良い所があるでしょうか?
いろいろと探してみましょう。

高身長の方もゆったり

ローベッドロングタイプの良い所は当然ながら、
180cm以上の高身長の方もゆったりと眠れる事。
これが一番で数少ない良い所でしょう。
一般的なベッドのマットレスの長さは、195cmです。
ここに180cmの方が横になると、ゆとりは15cmだけ。
大きめの枕を置いたら足がマットレスの外に出てしまいます。
腕を万歳と伸ばすこともできません。
でも、206cmのマットレスなら、ゆとりは26cm。
これなら、横になっても足が出ませんね。


ローベッドロングタイプの悪い所

では、ローベッドロングタイプの悪い所は何処でしょうか?
特殊なベッドだけに、使いにくい点が多々ありそうですね。
これも重点的に見ていきましょう。

替えのマットレスカバーが無い

ローベッドロングタイプはマットレスの長さが206cmと長いため、 一般的なマットレスカバーが無いので、普通には使えません。 ゴムで包み込むタイプは、長さが決まっていて違う長さのマットレスには使いにくくなります。 カバーとしては、シーツを使うしかありません。 しかも長いシーツです。これもちょっと特殊ですね。 どうしても替えのカバーや替えのシーツの入手性に問題が出てきます。 これは、ローベッドロングタイプの悪い所ですね。

替えのマットレスも無い

マットレスを替えたいと思っても、206cmの長さのマットレスがなかなか入手できません。
フレームを含めて買い替えとなってしまいます。
これは大きな問題ですね。
マットレスは丈夫に作ってあっても、壊れてしまいます。
スプリングがへたってきます。これは仕方のない事です。
その時に替えのマットレスが簡単に購入出来ないのは、
ローベッドロングタイプの悪い所であり、問題ですね。

こんな問題があるローベッドロングタイプですが、
高身長の方にとっては、快適な睡眠に必要な重要なアイテムです。
悪い所があっても、高身長の方もゆったり眠るには選ぶ理由があるんですね。


ローベッドロングタイプの商品紹介

ローベッドロングタイプは、種類が少ないです。
現時点では、1種類しかありません。
その貴重な商品を紹介します。

【JointLong】ジョイント・ロング

棚・照明・コンセント・ロング丈連結ベッド【JointLong】ジョイント・ロング

ローベッドロングタイプのくくりで、唯一の商品がジョイント・ロングです。
この商品の売りは、ローベッドでロングタイプで、ファミリーサイズと言う物です。
206cmの長さのマットレスは、高身長の方に安心して熟睡の場所を提供できる
数少ないアイテムです。
使い方として、マットレスの上に敷布団を敷いても、長さ的にぴったり。
マットレスの柔らかさを敷布団の上でも体感できます。


長いベッド ロングベッド おすすめ商品

店主のつぶやき ローベッドロングタイプ【高身長の方もゆったり眠る】編

関連する商品グループ


ページトップ