新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く
ベッドの用途別配置方法と抑えるべきポイント

ベッドの用途別配置方法と抑えるべきポイント





部屋にベッドを置くとき、どのように配置するかは
部屋の快適性を高めるためにも大切なことです。

ベッドの位置によって、部屋の使い勝手が変わってしまいます。

自分がベッドを置く部屋をどのように活用し、ベッドは何のために
置くのかを考えると、部屋の快適性を飛躍させることができるでしょう。

それではどのような置き方が考えられるのでしょうか。



ベッドの利用方法を考える



そもそもベッドを使うのは就寝時だけでしょうか。

ベッドの快適性やクッション性は、寝るとき以外でも上に居たくなる魔力があります。

ベッドのメリットとして、固くないので寝そべっていても
身体が痛くなることが少なく、ゆったりと自由な体制を維持することができることです。

クッションなどを背もたれに使えば、ソファの様に座ることも可能ですし、
使用用途は考えるだけで無数に存在します。

快適すぎて常にベッドの上に居たいと思う人も少なくないはずです。


ベッドの上では様々な作業を行えます。多くの人が経
験しているだろう読書や携帯ゲーム、スマホをいじることは、
ベッドでダラダラしながらできる行為の代表例でしょう。

中には横になりながら勉強をしたり、ついついベッドの上で
お菓子を食べたりしてしまうこともあるかもしれません。

ベッドは部屋の中でも特に快適な場所であり、寝る以外にも利用している人は多いのです。


ベッドを就寝のみに使用している人もいるでしょう。

ベッドを寝室に置くことができれば、他の部屋のスペースを取ることもなく、
目的別に各部屋を使うことができます。

しかし、一人暮らしで部屋が一つしかない場合、どうしても
ベッドが部屋のスペースを埋めてしまい、部屋が狭くなってしまいます。

ベッドの種類や配置を上手に行うことで、スペースを広く取ることができ、
部屋の快適性を上げることができるでしょう。


そのため、ベッドを多用する人も、そうでない人も
ベッドの配置は部屋の快適性をあげるのに必須事項なのです。



部屋の構造で変わる快適なベッドの位置とは



部屋の窓の位置やクローゼットの位置で、ベッドを配置する場所は限られてきます。

特に快眠をしたい人はベッドの配置を部屋の構造によって決めることが重要です。


まずクローゼットの位置や、ベッドに収納が付いている場合は
壁側やクローゼットの位置から少なくても60cm以上空間を確保したほうが良いでしょう。

クローゼットの扉を開いたときに自分が通れるスペースがないと、
クローゼット内からモノを取り出すときや収納するときに不便さを感じてしまい、
部屋の快適性を下げてしまいます。

ベッドを配置する前に、ベッドの収納やクローゼットの扉がどの程度開くのかを調べ、
十分なスペースを確保するのが良いでしょう。


次に視点を当てるのは部屋についている窓です。

窓の近くは外気の気温が伝わってきやすく、冬は暖房がついていても寒く、
夏は暑さを感じる場所です。

折角快適に寝ようとしても、外気温の影響を受けて快適な温度でなくなり、
眠りが浅くなってしまうことも考えられます。

できるかぎり窓側からベッドを離して、外気温に影響を受けない場所にベッドを置くことで、
快適に睡眠をとることができるでしょう。

部屋の利便性を上げることも重要ですが、
自身が快適に眠れるような配置を心がけることも大切です。


また、ベッドを壁側中央に置く場合は通路の確保が必要です。

通路を作らなければ、ベッドの上を何度も往復する作業が発生し、
昇降運動で疲れてしまいます。

人が快適に通れる幅として50cm位を確保できると、
部屋を移動するときにストレスを少なくすることができるでしょう。



スペースを確保してベッドのある部屋でも広い雰囲気に



ベッドは幅が80cm以上で長さも2m近くあるので、どうしても部屋の場所を取ってしまいます。

部屋数が多ければ問題はありませんが、一人暮らしや寝室で仕事などの作業を行う人もいるでしょう。

ベッドが圧迫感を出していると、部屋にいてもストレスを感じてしまいます。


スペースを確保するためにも、できるかぎりベッドを部屋の角に配置するようにしましょう。

見た目的に余裕ができるのは、部屋の寸法が長い方に合わせてベッドを縦に置く方法です。

ベッドから壁までのスペースに余裕ができ、見た目的にも部屋に余裕が生まれます。

ベッドの縦を部屋の寸法が短い方に置いてしまうと、一定の空間を確保することはできますが、
ベッドのスペース分部屋を縮めたように見え、窮屈に感じてしまいます。


もし、更に効率良くスペースの確保を行いたい場合は、ハイベッドの使用をおすすめします。

ハイベッドはベッドの高さを多く取ることで、収納や作業スペースを確保できるのです。

狭い部屋でも、ベッドの下に机などを置いて仕事や作業をすることができます。


ベッドの配置が終われば、他の家具も部屋とのバランスの取れる大きさのものを選びましょう。

無駄なものを置かずに、圧迫感を抑えスペースを確保できれば、
ベッドを置いてあっても狭い部屋になることはありません。


部屋を広く見せる場合でも、ベッドと壁の距離間は大切な要素になります。

できるかぎり部屋全体に余裕をもたすことを忘れないでください。

利便性を考えベッドを配置することで、スペースも自動的に確保することができるのです。



ベッドを良く使う人必見!ベッドの上で快適に過ごす方法



「ベッドの上で快適に過ごしたい!」と思う人必見の快適なベッドの使い方や配置をご紹介します。


ベッドの上で行動をするには、できるかぎり近くに自分が使うものを配置する必要があります。

そのため、できるかぎり部屋は狭い方がいいかもしれません。

また、ベッドの近くに自分が良く使用するモノを配置しておくと利便性が飛躍的に上昇します。


ベッドは部屋の壁際中心に置くと、ベッドから部屋の隅まで行くのに距離が短くなり、
移動距離を少なくできます。

自分が寝る位置から良く見える様にテレビを配置しても良いでしょう。

テーブルはベッドの高さに合わせてサイドテーブルを配置し、
飲み物や小物を置けるスペースを確保すると、ちょっとしたときに便利です。


ベッドの中にはコンセントや照明がついていないものもあります。

ベッドの近くに延長コードを持ってくるのも快適性を上げる要因の一つです。

スイッチのon/offをベッドの上でできる間接照明があれば、
部屋を暗くした状態でも間接照明の明かりで本を読むことができます。

眠くなればスイッチを切るだけで、すぐに寝る環境が整うのでおすすめです。

ベッドの周りを充実させることで、利便性を飛躍的に上げることに繋がるのです。


しかし快適なベッド生活をするにも、配置に注意が必要です。

あまりにも周りに本などモノを置きすぎても圧迫感が生じます。

また、地震が起きたときに、周囲のモノが落下してくる可能性もあるので、
適度な距離と物量を保つことも快適に過ごすために必要なのです。



自分に合ったベッドの配置をしましょう



あなたはベッドをどのように使いますか?

使用目的によりベッドの配置や周辺家具の配置が変わってきます。

また、誰でも共通なベッドの使い方は寝ることですので、
安全性や快適性を求める必要もあるのです。

自分が住んでいる部屋の構造を理解し、どのような利用目的があっても
部屋での移動が不便にならないようスペースを取ることは大切です。

ストレスが少ないスペース造りができれば、ベッドが部屋に
あっても圧迫感を感じずに快適に部屋を使うことができるでしょう。

もし、現在の配置位置に不満があるのならば、ベッドの位置を
変えてみてはいかがでしょうか。

少しの変化で部屋の快適性や目的に応じたベッドの位置が変わるはずです。



ページトップ