新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

ダブルベッド

ダブルベッド
並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ダブルベッドとは

ダブルベッドとしての幅は、マットレスが140cm。
フレームの幅が140cmから160cmほどです。
一般的には、大人が2人でのご使用に適していると言われています。

でも、よく考えてみてください。シングルサイズのマットレスの幅が100cmなのですよ。
ダブルベッドは、シングル二台分より60cmも幅が狭いのです。
そこに大人2人で横になるとどうなると思いますか?
相手の寝返りや寝相によって手足が当たり、気になって眠れないかもしれません。

そこで当店がお勧めするのは、予算と設置スペースに余裕がある場合には、
ダブルベッドではなく、それよりも大きな、クイーンサイズ、キングサイズのベッドです。
一度、御覧くださいませ。


ダブルベッドを選ぶポイント

ダブルベッドを選ぶポイントは、お客様が設置出来るスペース、
ベッドに求める機能が重要なポイントです。

まず、設置出来るスペースについて。
ダブルベッドを設置する場合、その場所の縦横の長さを正確に知る必要があります。
ダブルベッドですと、商品自体の重量も重く、持ち上げる事も難しい場合があります。
そのとき、ダブルベッドを引きずって設置出来るスペースがあるか?
持ち上げる人が入るスペースがあるか?
組み立てるのに十分な場所のサイズがあるか?など、スペースが重要になります。
シングルサイズの場合、重量もサイズも手軽なため、より簡単に設置出来ると思いますが、
ダブルベッドの場合には、十分に気をつける必要があります。

次にベッドに求める機能について。
ダブルベッドを購入しようとしているお客様は、お二人で使用する前提だと思います。
結婚を機会に購入する方が多いと思われます。
お二人で使用するダブルベッドであれば、ベッドに求める機能がお二人で一致していない場合があるかと思います。
良く話し合い、照明は、コンセントは、収納は、引き出しは、と言った機能面。
マットレスの種類は?硬さが同じ希望かどうか?
また、一緒に眠るのかどうか?眠る時間帯は同じかどうか?

場合によっては、シングルサイズのベッドを二台にした方が良い事もございます。
十分に話し合って決めていただきたいと思います。

ベッドに寝ている時間は、思っているよりも長い時間になります。
人生の中で、一番長くいる場所がベッドの上かも知れません。


(゜∇゜)サイズ・長さ・大きさ別にご紹介ですっ★★ダブルベッド★★(*^o^*)

こんにちは〜副店長でございますっ(゜∇゜)
オススメ商品のご紹介ですっ♪o(^-^)o♪
★★ダブルベッド★★
大きくてどっしりと安定感のあるベッドです。
働いて疲れた体をゆったりと預けられるゆとりがありますね。
ほっとした時間、おうちで過ごすリラクゼーション空間を演出します。
やすらぎと憩いの時間です。また、ベッド下のスペースを無駄にせず、
たっぷり収納できるタイプのベッドも数多くご用意致しております。
南国風、北欧ヴィンテージ風、モダンテイスト、すのこベッド、スチールパネルベッド、収納ベッド
お部屋の広さや雰囲気、機能性などお客様のご希望にあったベッドをどうぞごゆっくりご覧になり、お選び下さいませ。
ありがとうございましたm(_ _)m


ダブルベッドおすすめ3点

眠り姫がおすすめするダブルベッドは、気持ちよく眠れる事がポイント。
人生の三分の一をベッドの上で過ごすのですから、大切な場所です。

最初のおすすめは、モダンデザイン・高級レザー・デザイナーズベッド【Fortuna】フォルトゥナ です。
いわゆる高級ベッドと言うやつです。
見た目が良いので気分も良くなり、にっこりしてしまいます。
気持ちが良いことは、睡眠にもいいことですよね。

二台目のおすすめは、棚・コンセント 収納ベッド【VEGA】ヴェガ です。
当店で人気のベッドで、ダブルのみではなく、シングルも人気です。
人気の秘密は、安心できるベッドのフォルムと、収納できる引き出しです。
奇抜ではなく見た目の安定が、心の安定につながります。心の安定が良い睡眠にもつながるでしょう。

最後の三台目が、シンプルヘッドボード・フロアベッド【llano】ジャーノ です。
おすすめのポイントは、シンプルな形のローベッドで、安いベッドである事です。
ヘッドパネルがシンプルで、全長200cmと短くなっており、設置面積が小さくなります。
ローベッドは布団で寝ている感覚に近く、日本人には慣れ親しんだ感覚で、落ち着いて眠れることでしょう。

この三点以外も、いろいろなダブルベッドがございます。
ゆっくりと御覧くださいませ。


スペースを節約できるダブルベッド

日本では布団派とベッド派に分かれますが、
「本当はベッドで寝たいけれど布団で寝てしまっている」という人も存在します。

その理由の一つが、ベッドはスペースを取ってしまうという問題です。

日本の家屋は外国と比べても寝室が狭い傾向にあります。

そのため、外国のスペースを前提として設計された家具は、
日本の住宅に上手くフィットしないことが多いのです。

特に、夫婦生活を始めるのであれば、二つのベッドを並べるだけでも
かなりのスペースを占拠してしまいます。

クローゼットや鏡台など、寝室には設置したい家具がたくさんあるために、
ベッドを置いてしまうと窮屈になってしまうのです。

それどころか、そもそも二つのベッドを設置するスペースがない場合もあるでしょう。


そんな問題を解決してくれるのがダブルベッドです。

ダブルベッドではベッドを二つ置くよりもはるかに小さなスペースで、
夫婦二人分の寝る場所を確保できます。

余ったスペースで他の家具を置くのもいいですし、
あえて何も置かずに部屋の風通しをよくするのもおすすめです。

寝室のスペースを有効活用できないかと悩んでいる新婚カップルは、
ダブルベッドを検討してみてはどうでしょうか。


寝心地の解放感が味わえるダブルベッド

ダブルベッドといえば、何よりも寝心地の解放感がメリットとして挙げられるでしょう。

思い切り手足を伸ばして寝ていても、全くベッドからはみ出さない、
広々とした感覚こそあなたを毎晩安眠へと導いてくれます。

寝るスペースの広さは、睡眠習慣において非常に大切です。

スペースが狭いと寝返りを打てなくなってしまい、
睡眠時に疲労をためこんでしまいがちになります。

疲れを取るために寝ているのに、起きてみると余計に疲れを感じる、
などという事態も起こりえるのです。

ダブルベッドであれば、寝返りをした時の心配がなくなります。

自由に体勢を変えて眠れるので、睡眠時間がますます夢心地になることでしょう。

低反発マットレスや羽毛布団といったアイテムとの組み合わせで、
ダブルベットの寝心地はますますアップします。

仕事に忙しい旦那さんにも、家事に疲れた奥さんにも、
ダブルベッドはリフレッシュの時間を与えてくれるでしょう。

忙しい毎日で、眠りのときには必ず癒しを与えてもらえることのメリットは、
続けるほどに実感できるはずです。

ダブルベッドを使用すれば、翌朝の回復度が上昇し、毎日に活力が与えられるのです。


家族の絆はダブルベッドから

家族のコミュニケーションの場としても、ダブルベッドは最適です。

別々のベッドや布団で寝ていると、一見楽に思えますが、
やがて夫婦間の会話のきっかけを失う原因になりがちです。

寝る時間や起きる時間がズレ始め、コミュニケーションの頻度が減っていく可能性があるのです。

どんなときでも、一日の終わりには一緒のベッドに入って眠ることは
夫婦の仲を長続きさせる秘訣になるでしょう。

自然と会話が生まれ、「おやすみ」と言い合って眠りにつくのは、
幸せな夫婦生活だといえます。

たとえ、昼間のうちにケンカをしてしまったとしても、
夜になれば一緒のベッドに入るのであれば、自然と仲直りができるのではないでしょうか。


また、子供ができた後も、子供と一緒に眠れる場所としてダブルベッドは機能します。

子供に両親の愛情と体の温もりを伝え、スキンシップを取れる場所になるのです。

幼い子供を見守りながら眠れるという点でも両親は安心です。

夜泣きが止まない子や、一人で眠れない子供のために、
ダブルベッドで添い寝してあげると子供もスヤスヤと眠れるのではないでしょうか。

温かい家族の礎をダブルベッドは築いてくれます。


実は生活面でも効率的なダブルベッド

ダブルベッドといえば高価なイメージを抱いている人が多いかもしれません。

しかし、あらゆる面においてダブルベッドはリーズナブルな寝具なのです。

まず、ダブルベッドにすることで必要なグッズが半分になります。

布団も毛布もシーツも一着ずつしか用意しなくて済むのです。

新婚段階での初期投資として、ダブルベッドは非常に効率的です。

グッズが半分になるということは、選択の手間も半分になるということを意味します。

毎回、シーツや布団を洗って乾かす必要性が半減するとなると、
家計もかなり助かるのではないでしょうか。

防寒という意味でもダブルベッドはおすすめです。

冬になれば寒さに耐えかねてエアコンをつけながら寝たり、
電気式の湯たんぽを用意したりする人もいるでしょう。

しかし、それらの方法では電気代がかさばるうえ、エアコンによる過度な乾燥や、
湯たんぽによるひどい寝汗を招くことにもつながっていました。

ダブルベッドであれば、お互いの体温ですぐに布団があたたまるため、
エアコンなどの方法に頼る必要がなくなります。

冬場の省エネ生活に、ダブルベッドは適しているのです。

隣にいつでも家族がいてくれるという安心感も、
ダブルベッドをおすすめする大きな理由です。