新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

ガス圧跳ね上げ式収納ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

跳ね上げ式収納ベッドについて

跳ね上げ式収納ベッドとは、寝る部分のマットレスの下にある床板が、持ち上がり、 ベッドの下全てが収納スペースになるという、なんともすごいベッドです。 見た事が無い方には、ちょっとびっくりする動きをします。 大容量の収納を可能にした跳ね上げ式のベッドは、最近の人気商品です。


跳ね上げ式収納ベッドの利点について

何と言っても、一番の魅力は、巨大な収納スペースです。 ベッドの下が全部、収納スペースなのですから。 スペースが大きいだけではありません。 大きなスペースは仕切られていないので、大きな物がそのまま収納出来るのです。 長く丸めたカーペット、大きくて置く場所に困るスーツケース。 これらが、そのまま、入ってしまうのは、驚きです。


跳ね上げ式収納ベッドの欠点について

欠点は、マットレスの高さが高くなってしまう事です。 ベッド下が収納スペースなので、空間を確保するためにどうしても寝る位置が高くなるのです。 高い場所で眠る事に抵抗がある方には向かないベッドです。


ガス圧跳ね上げ式収納ベッドの基本的な特徴

収納スペースの付属したベッドのうち、マットレスや布団を敷く床板全部をガス圧シリンダーで開閉するタイプのベッドが、ガス圧跳ね上げ式収納ベッドです。ベッドの下の部分全体を収納スペースとして使用できるだけでなく、開閉部分が大きく開くので、ゴルフバッグやスーツケースなどの大きな荷物も楽々収納できます。引き出しタイプの収納ベッドと違って、ベッドの横に引き出しを引き出すスペースを確保する必要がないので、ベッドの周りにあまりスペースのない空間でも活用できます。またガス圧シリンダーの機構には事故防止装置などもついているので、床板の開閉には力をかけなくても安全に使用できるようになっています。高齢者や女性や子供であっても大丈夫です。
ただしこのような複雑な機構によってできているため、ほかのタイプのベッドと比べると価格帯は高め。マットレス込みで10万円前後が相場だとみておいた方がいいでしょう。また開閉部分が大きく開くので、ある程度の高さを確保できる部屋で使っていきたいところです。


ガス圧跳ね上げ式収納ベッドの主な種類

さてこのガス圧跳ね上げ式収納ベッドには大きく分けて2種類あります。それは床板の部分が縦開きのタイプと横開きのタイプです。
まず縦開きタイプは、ベッドの足元から床板を開放するタイプのベッドです。足元の部分にスペースがあればいいので、ベッドの横部分にまったく余裕のないレイアウトでも活用できます。例えば片側は壁、もう一方の側に家具を置かざるを得ないレイアウトでもOKですから、特に狭い空間で使用したい場合に向いています。ただしベッドの長さにもよりますが、床板部分が大きく縦方向に開き、開放時に床板の最も高い部分が1メートル半近くになる場合がありますので、ある程度天井までの高さに余裕があった方が使いやすいでしょう。
横開きのタイプはベッドの片側サイドの床板から解放するタイプ。ベッドの縦方向、足元にスペースがない場合に向いています。開放した場合に収納スペースの奥まで手が届きやすいので、縦開きのタイプよりもモノの出し入れがしやすく、掃除などもやりやすいという利点があります。ただし縦方向と比べると開放面が長いので、床板の開閉は若干重たくなります。


搬入時の注意点とマットレスの扱い方

ガス圧跳ね上げ式収納ベッドは構造が複雑ですので、それぞれの部品の数も多くなります。梱包サイズも非常に大きめですので、搬入する際は狭い廊下や階段がある場合にはサイズの確認をしておいた方がいいでしょう。また組み立ても複雑な作業になります。人手が足りない場合は、組み立てをしてもらう有料のサービスなどを検討しておいた方がいいかもしれません。大人2人がかりで2、3時間くらいの作業になってしまいますし、作業中にケガをしたら大変です。
また床板の上のマットレスと布団についてですが、たいていは備え付きのものとセットになって販売されています。このマットレスと布団については、実はその重量が非常に大事で、床板の開閉の際にそのベッドに最も適した重量のものがセットになっているのです。したがって自分でマットレスや布団をカスタマイズしたい場合は、重すぎず、軽すぎず、そのベッドに合った重量のものを選ばないと、床板の開閉が重すぎて開かなったり、逆に軽すぎて閉まらなかったりといった問題がおきます。したがってこのタイプのベッドの購入をお考えの場合は、マットレスや布団もセットで購入してしまう方が無難です。


使用上の工夫ポイント湿気対策について

大容量の収納が可能で、開放部分が大きく開くので、大きなものから長いもの、小さいものまで何でも収納できるのがガス圧跳ね上げ式収納ベッドの大きな長所ですが、便利なのでどうしても適当にモノを放り込んでしまいがち。整理整頓の得意な方でも定期的に整理作業をしないと乱雑な状態になってしまいます。そこで収納するものに合わせて小分けができるようにパーテーションで区切ってみたり、小分けできる小さなかごやボックスを100均などで購入したりして、収納スペースが乱雑にならないように工夫して使うと、モノの出し入れの際にも非常に便利です。
また収納スペースのついたベッドすべてに共通した注意点に湿気対策があります。寝ているときにかいた汗などの水分はベッドの下に溜まっていき、カビの発生要因になります。したがって収納スペースには除湿剤を入れておく、そして定期的に床板を開放して換気するといった対策をしておくことが大切です。部屋の窓が2方向以上にあるならば窓を開けて換気するのも湿気対策になります。除湿剤の使用の際は防カビ防虫のタイプのように薬剤が揮発するタイプのものは避けておきましょう。