新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

シングルベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

シングルベッドについて

シングルサイズのベッドのことをシングルベッドと呼びますが、
シングルサイズとは、マットレスの幅が約100cm程度です。
幅が100cmでは狭く感じますが、一般的な布団のシングルサイズも、敷布団が同じ程度の幅です。
ひと一人が眠るのに最低限必要なサイズですので、一人暮らしを始める方にお勧めのベッドサイズです。
小柄な方のために、セミシングルサイズもございます。
一般的ではありませんが、設置面積が小さくで済む事が大きな特徴です。


シングルベッドの利点について

シングルベッドとは、一般的に大人が一人で眠る事が出来るベッドです。
ダブルベッドで大人が二名で眠るよりも、シングルベッドを二台並べて大人が二名で眠る方が大きなメリットがあります。
一つは、サイズが単純に大きく、一人当たりの広さが大きい事です。
シングルベッドは、横幅が100cm程度で、ダブルベッドは、横幅が140cm程度です。
シングル二つの場合には、幅200cmと広々と使う事が出来ます。
次に、マットレスが二つに分割されているので、一人が寝ている間に隣の人が動いても、揺れが伝わりません。
ダブルベッドの場合、どうしても揺れが隣の人に伝わってしまいます。


シングルベッドの欠点について

シングルベッドを二台使うとダブルベッドより優れている点を記載いたしましたが、欠点もございます。
単純に、ベッドを配置するスペースが大きくなり、大きな部屋が必要になる事です。
また、シングルベッド二台では価格が高くなり、ダブルベッド一台の方がお得です。


副店長からのシングルベッドのご紹介

(^O^)こんにちは〜
副店長でございますっm(_ _)m
おすすめ商品のご紹介ですっo(^-^)o★★シングルベッド★★
機能的で使いやすく他のインテリアに合わせやすいベッドを皆様にご紹介致します。
一人暮らしを始める方にも二台並べて使いたい方にもおしゃれで
かっこいいベッドがお部屋をスタイリッシュなくつろぎ空間へと演出してくれます。
スタンダードなシングルベッドならどんなお部屋にもマッチします。
初めてベッドをご購入されるお客様にもおすすめ致します。
商品の一例ですが、シングルベッドなのに大人の高級感がある佇まいの美しいベッド、
優美でモダンで最先端のデザインのベッド、モダンライト・コンセント付き収納付きベッド、
カントリー調の棚付きベッド、照明・コンセント付きフロアベッド、など多数、取り揃えています。
きっとお氣に入りのベッドが見つかります。
ありがとうございましたm(_ _)m


シングルベッドの相場について

シングルベッドの価格はピンからキリまでありますが、価格はだいたい10,000円台くらいのものからあります。シングルベッドはダブルベッドやセミダブルよりも一般的に安価で、お買い求めやすい値段設定となっていることが多いです。しかし、中には高価格帯のものもあります。ベッドの下に何かを収納できたり、ベッドにコンセントが繋がっていたりすると、シンプルなシングルベッドよりは値段が上がる傾向があります。ベッドに収納が付いている場合、衣服やベッドシーツなどをベッド下の収納に入れることで部屋の中の収納スペースを節約することができるでしょう。収納スペース付きベッドはタンスとベッドが一体化しているようなもののため、多少値段が高く思えたとしても購入を検討する価値は高いということができます。また、ベッドにコンセントが付いている場合は、延長ケーブルを使わずに読書灯をベッド周辺に設置できたり、電気毛布の電源として使用できたりと何かと便利です。その他にもベッドにすでにLEDライトが付いている仕様のものなどもあります。これらのことから、シングルベッドの相場を決める要素として、ベッドの機能性は大きいと言えます。


シングルベッドの素材について

シングルベッドの値段に違いがある他の理由として、ベッドに使われている素材が異なる点が挙げられるでしょう。たとえば、アルミのフレームと木材では、木材を使ったものの方が値段は高いことが多いです。木材の中でも、合板よりは天然木を利用したシングルベッドの方が値段は高くなる可能性が高く、素材だけではなく、仕上げ方法によっても値段が異なっていきます。素材が変わると質感や肌触りも大きく変わるため、より高級な素材の方が睡眠と相性が良いと言えるでしょう。シングルベッドを購入する際は素材や仕上げ方に注目してみると、納得できる価格でベッドを購入することができるかもしれません。


シングルベッドのデザインについて

ベッドのデザインは多種多様にありますが、自分の好みだけを優先させるのではなく、部屋の雰囲気に合ったものを選ぶことも大切なポイントです。シングルベッドを自分だけの部屋に置く場合は好みを優先させても部屋の雰囲気と合うかもしれませんが、夫婦の寝室で1人1台ずつシングルベッドを使用する場合は特に部屋の雰囲気と違和感がないものを選ぶことが重要です。また、同じ部屋に2台のシングルベッドを入れる場合は同じデザインと色のものを購入し、部屋の中に2台のベッドがあるとわからないように工夫しましょう。シングルベッドと言ってもデザインやサイズがさまざまに異なるので、お互いにとって使いやすいものを探していくことがベッドと長く付き合っていくためのコツとなります。


シングルベッドの色について

睡眠は私たちの健康を根底から支える大切なものです。ベッドは私たちに癒しを与える家具であり、ベッド選びをおざなりにしてしまうと、最悪の場合睡眠障害に陥ったり、睡眠不足が原因で他の病気を誘発したりしてしまう可能性も否定できません。シングルベッドを購入する際は、毎日よく眠れるようにリラックスできる色のものを選ぶと良いでしょう。ベッドの色はそこまで幅が広いわけではなく、主にホワイト系、ブラック系、ブラウン系、グレー系など全体的に落ち着いた色のものが多い傾向があります。部屋の雰囲気や自分が落ち着ける色などを考慮して、眠りにつきやすい色を選んでください。また、シングルベッド自体の色だけではなく、布団カバーやシーツ、枕カバーの色も大切です。眠りを深いものにするためには、トータルでベッドの色にこだわる必要があります。


シングルベッドの高さについて

世の中にはたくさんの種類のシングルベッドがありますが、購入する際に注意して欲しい点は絞られています。日常的に膝や腰に痛みを覚えている人は、比較的床からの高さが高いシングルベッドを選びましょう。ベッドから立ち上がるときに足腰に負担がかかりづらく、楽に立つことができます。理想的なシングルベッドの高さは、マットレスを含めて膝より若干高いくらいの高さです。シングルベッドに座ったときに腰が膝よりも下に来る高さだと、立ち上がるときに膝に大きな負担がかかってきます。逆に、膝よりも腰が高い位置にあると、滑り降りるような形でスルッと立ち上がることができます。ベッドは毎日利用するものなので、体への負担を少しずつためていかないためにも、自分の体に合った適切な高さのものを購入するようにしましょう。