新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

すのこベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

すのこベッドについて

日本では、すのこベッドは一般的ですが、その原型は欧米のウッドスプリングベッドにあります。 すのこと言えば、押し入れの布団の下に入れたりする物で、日本には古くから存在していました。 ベッドの本場である欧米には、すのこと言う概念はありません。 日本の様に湿気が多くないため、すのこの発想が無いのです。 すのこに似た形でウッドスプリングベッドがあります。 それは、マットレスだけでは、弾力が不足しているため、すのこの形の薄い木の板を敷いて弾力を持たせる方法です。 近年、日本でも販売されていますが、スプリング効果があり、寝心地が良いとの評判です。


すのこベッドの利点について

すのこベッドの最大の利点は、通気性の良さです。 毎晩、汗をかきながら寝ているので、毎日毎日湿度がマットレスに入り込みます。 そのマットレスから湿気を逃すのが、すのこベッドの通気性です。 定期的にマットレスを陰干ししても、日々の湿気はどうしても溜まりがちです。 窓を開けて、換気を良くすれば、すのこベッドの通気性で湿気ともおさらばです。 湿気があると、どうして、カビや雑菌が繁殖しがち。衛生的にも、すのこベッドは、お勧めです。


すのこベッドの欠点について

湿気を逃すすのこベッドにも欠点があります。 それは、強度の問題です。 板に隙間が空くため、どうしても強度が弱くなりがちです。 スプリングマットレスを使用すれば問題ありませんが、布団を敷いて使う事が出来ないベッドが多いのも事実です。 材料の木材を太く使えば、強度的に問題なく、布団を使う事は出来ますが、厚みが出たり、価格が高くなったりしてしまいます。 しかし、どうしても、湿気の多い日本の風土を考えると、すのこベッドを使わない事のデメリットの方が大きいと思います。 是非、すのこベッドを採用してください。


副店長からのすのこベッドのご紹介

こんにちは!副店長でございますっm(_ _)m オススメ商品のご紹介ですっ♪(^O^)♪ ★★すのこベッド★★ 日本の湿度対策にはすのこが有効でしょう。 人は寝ている間にもコップ一杯の汗をかくと言われています。 湿度の多い日本の風土と昔の人の知恵が生み出したすのこを是非、ご活用下さいませ 商品の一例を申し上げますと、棚・コンセント付きデザインすのこベッド、スチールパネルベッド、カントリー調棚付きチェストベッド、モダンライト・コンセント付きパネルベッド、国産総ひのき棚付きすのこベッド、棚付きタイプアバカベッド、高さが調整できるデザインパネルすのこベッド、布団が干せるコンセント付きすのこベッド、等がございます。 大きさ、カラー、デザインも各種取り揃えてございます。 お客様のご希望にあったベッドがきっと見つかります。 日本の気候に合ったすのこベッドは大変ご好評頂いております。 お時間の許す限り、どうぞごゆっくりお選び下さいませ〜 ありがとうございましたm(_ _)m