新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

和風・畳ベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

和風・畳ベッドについて

和風・畳ベッドとは、マットレスを置く床板部分が畳になっているベッドの事です。 畳の上には、布団を敷いて使う事も出来ます。


和風・畳ベッドの利点について

和風・畳ベッドは、ベッドですが畳が敷いてあり、部屋の一角に和室の要素が入り、雰囲気が変わります。 い草の香りもあり、日本人にとって懐かしい感じを引き出します。 畳の上にマットレスを敷いて眠る事も出来ますが、布団を敷いて使う事も出来ます。


和風・畳ベッドの欠点について

最大の欠点は、畳の交換が出来ない事です。 畳は張り替えを行いますが、床板の畳は張り替えが出来ないのです。


和室に馴染む和風・畳ベッドのメリット

ベッドと聞くと、洋室というイメージがあり、和室よりは洋室との相性が良いと考えてしまいがちなのではないでしょうか。実は、和室に置くのにぴったりなベッドというものがあります。それが「和風・畳ベッド」で、ベッドの天板に取り付けられた畳と、床の畳がマッチして、違和感なく部屋の雰囲気に馴染んでくれます。和室で寝起きをする人の中には、畳の上に直に布団やマットレスを敷いている人もいるかもしれませんが、和風・畳ベッドでは、畳の天板に布団やマットレスを敷くことができるので、寝床が布団直置きのものよりも数十センチ高くなります。そのため、布団からの立ち上がりが楽に行え、床の上から寝起きするよりも膝に負担をかけにくいというメリットがあります。一方、デザインに和モダンなものが多い和風・畳ベッドは、洋室に置いても違和感がないことでしょう。ベッドの側面は木素材になっているものが多く、フローリングの床との相性は抜群です。今現在使用している敷布団やマットレスは、和風・畳ベッドの上に置いて使用することができるため、布団やマットレスを新たに購入する必要はありません。


ハイテク機能搭載和風・畳ベッドもある

和風・畳ベッドには、洋風ベッドと同様コンセントが付いているものがあります。パソコンやスマホを充電したり、電気毛布を使用したりする場合に、ベッドから直接電気を得ることができて便利です。また、ベッドで横たわりながら本を読みたいときには、照明付きのベッドがおすすめです。あらかじめヘッドボードに照明がついているため、コンセントを卓上ライトなどのためにつける必要がありません。照明の強さは強すぎず弱すぎないように設計されているため、眩しすぎて目が痛くなったり、暗すぎて本が読めなかったりすることはないでしょう。
和風・畳ベッドは選べる種類が豊富という魅力もあります。ベッドはシングルタイプのものだけではなく、セミダブルとダブルの3種類の中から選ぶことができます。もちろん、シングルタイプを2つ購入して横につなげても良いでしょう。ベッドの高さはローとハイの2種類の中から選ぶことができるので、自分やパートナーの身長に合わせて、最適なサイズのものを選んでください。価格にもバリエーションがあり、ベッドのフレームのみが最も安価で、引き出しなどのオプションをつけていくと価格が上昇していきます。


収納機能満載な和風・畳ベッド

ベッドの中には、しばしば収納機能を備えたものもあります。天板と床の間のスペースを活用しており、部屋が狭いといわれている日本の住宅には、とても便利な機能です。和風・畳ベッドも例外ではなく、ベッドの下の部分に収納ができる商品が多くあります。和風・畳ベッドでは、ベッドの側面を引き出しのようにスライドさせて出し入れするものと、天板を上にパカッと開ける跳ね上げ式のものの2種類に大別されます。引き出し式の方は引き出しが二段になっているなど、比較的小さいものを収納するのに向いていますが、跳ね上げ式のものは天板全体が開くので、大きなものでも収納可能です。跳ね上げ式はガス圧を利用しているので、楽に開け閉めができることでしょう。一方、収納スペースはなにも下方だけではありません。ヘッドボードにものを置くスペースが備え付けられたベッドもあり、棚や引き戸が付いています。眼鏡や本、スマホなどを入れておけるため、寝ている間に床に落としたり、体の下敷きにして壊したりする危険を減らすことができるでしょう。


デザインに優れているのでベンチとしても使える

和風・畳ベッドは、デザインが洗練されているという特徴があります。天板が畳であっても、側面の木材はホワイトやダークブラウンなど、さまざまなカラーバリエーションがあり、部屋に置くと落ち着いた雰囲気を作ることができます。自室の部屋の雰囲気に合わせて最適な色を選んでください。側面の木材には国産品を使用しているというこだわりのベッドもあり、部屋を飾る調度品としても優れていることでしょう。また、来客があるときなどは布団を押入れにしまって、ベッドをベンチのようにすることも可能です。和風・畳ベッドの天板はい草となっているので、い草が香る和製のユニークなベンチができあがります。天板が汚れたときや乾燥させたいときは、簡単に取り外すことができます。天板は畳とは違い軽量なので、女性でも比較的楽に取り外しが可能です。夜寝るための場所なだけではなく、日中くつろぐための場所としても、和風・畳ベッドは優れたベッドということができるでしょう。