新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

コンセント付きベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]
  • 照明付き 宮付き 国産 収納ベッド 『STELA』ステラ

    照明付き 宮付き 国産 収納ベッド 『STELA』ステラ 21,708円(税込) 〜

    スタンダードな引き出し収納ベッドが登場
    照明とコンセントが付いて寝る時にも便利
    奥行14cmの棚が丁度良いサイズ
    2杯の引出しが左右どちらにでも設置可能
    引出しの反対側は高さ17cmの収納場所

  • 照明付き 宮付き 国産 ローベッド『RELICE』レリス

    照明付き 宮付き 国産 ローベッド『RELICE』レリス 13,284円(税込) 〜

    サイドフレームにレザーとウレタン
    合皮レザーの特徴は汚れにくいこと
    ヘッドボードの棚は3分割で本棚みたい
    コンセントと照明が付いて就寝前の読書
    ヘッドボードは組み立て済でお届け

  • 照明・コンセント・フロアベッド【Diner】ダイナー

    照明・コンセント・フロアベッド【Diner】ダイナー 22,032円(税込) 〜

    最高のSPECをご用意いたしました
    ヘッドボードに二灯照明と二口コンセント
    棚には小物入れがあり背面化粧仕上げ
    ローベッドで開放感のある部屋作り
    低いベッドでも有効な杉のすのこ仕様
    ウレタン塗装で高級感のある仕上がり

  • コンセント 収納ベッド【Ever】エヴァー

    コンセント 収納ベッド【Ever】エヴァー 23,544円(税込) 〜

    収納ベッドの廉価商品が登場
    シンプルな形、本当に欲しい機能が特徴
    「シリー」「モナ」と同じデザイン
    ヘッドボードはコンセント付きのシンプルデザイン
    2杯の引き出し収納でお部屋をすっきり
    耐久性・意匠性に優れたPVC貼り

  • モダンライト・コンセント・フロアベッド【Shelly】シェリー

    モダンライト・コンセント・フロアベッド【Shelly】シェリー 26,352円(税込) 〜

    ヘッドボード両サイドに縦のモダンライト
    低く落ち着きのあるフロアタイプベッド
    インテリア性が高いこだわりのデザイン
    棚には小物入れと二口コンセント付き
    床板には通気性の良い杉のすのこ仕様
    ウレタン塗装仕上げ

  • 棚・コンセント 収納ベッド【Umbra】アンブラ

    棚・コンセント 収納ベッド【Umbra】アンブラ 23,544円(税込) 〜

    シンプルな収納ベッド
    すっきりとシンプルに
    どこにでも合うデザインです
    色は人気が高い、ブラック1色
    棚・コンセント付きのシンプルデザイン
    引き出し収納付きでお部屋すっきり
    耐久性に優れた強化樹脂仕上げ

  • 棚・コンセント収納ベッド【Fleur】フルール

    棚・コンセント収納ベッド【Fleur】フルール 23,544円(税込) 〜

    このベッドは真っ白で雪が降り積もったよう
    ガールズルームにばっちりはまるカラー
    2口のコンセントと2杯の引き出し収納
    棚には美容の為の器具や、化粧品なども置けます
    2杯の引き出しはベッド下にあり
    左右どちらにも設置できます

  • 国産跳ね上げ収納ベッド【Clory】クローリー

    国産跳ね上げ収納ベッド【Clory】クローリー 72,144円(税込) 〜

    跳ね上げの向きが縦開きと横開きから選べる
    部屋の配置に合わせてぴったりはまる
    収納スペースはラージとレギュラーの2種類
    棚とコンセントが付いて便利度アップ
    日本の職人が作る低ホルムアルデヒド

  • モダンライト・コンセント 収納ベッド【Chariot】チャリオット

    モダンライト・コンセント 収納ベッド【Chariot】チャリオット 47,952円(税込) 〜

    今、一番ホットなベッドのウォルナット柄木目
    根強い人気のモダンライト
    これらの要素をMIXした最強の収納ベッド
    必須アイテムの引き出しとコンセント付き
    ヘッドボードは背面化粧仕上げ

  • 棚・コンセント・収納ベッド【Sign】サイン

    棚・コンセント・収納ベッド【Sign】サイン 27,864円(税込) 〜

    新しいデザインのシンプルベッドです
    使い勝手がいいように再設計
    2段の棚を有効活用
    当然、コンセント付き
    ベッド下には2杯の引き出し付き
    マットレスにブラックの新色追加

  • 棚・コンセント・フロアベッド【Deeger】ディージャー

    棚・コンセント・フロアベッド【Deeger】ディージャー 15,984円(税込) 〜

    いま、注目の「ゼブラ」柄のベッド!
    しかも、人気爆発のフロアタイプのベッド
    本物の木の雰囲気を感じさせる木目です
    お客様から好評の棚・コンセント付き
    モノトーンが好きな男子におすすめ

  • 将来分割して使える・大型モダンフロアベッド【LAUTUS】ラトゥース

    将来分割して使える・大型モダンフロアベッド【LAUTUS】ラトゥース 20,304円(税込) 〜

    将来に備えて連結出来る、分割出来る
    最大サイズが幅280cmの超大型ベッド
    市場ではほとんど見かけない大きさです
    ご家族全員でゆったりお休み出来るサイズ
    広々サイズで変更できる最強ベッドです

  • 棚・コンセント・大容量チェストベッド【Armario】アーマリオ

    棚・コンセント・大容量チェストベッド【Armario】アーマリオ 44,712円(税込) 〜

    大容量の収納を求めているなら一番にお勧め
    タンスや押入れのような収納力です
    スライドレール付きの引き出して開閉が楽々
    BOX構造は埃防止で組み立て方も簡単
    低ホルムアルデヒドの部材で安心

  • コンセント・収納ベッド【Silly】シリー

    コンセント・収納ベッド【Silly】シリー 41,472円(税込) 〜

    シンプルなデザインは人気のロングセラー
    ベッドとして定番の形が誰にでも魅力的
    通販では見かけないシンプルな形
    機能が満載のヘッドボードと
    二杯の引出しが収納の実力

  • 照明・コンセント・収納ベッド【Comfa】コンファ

    照明・コンセント・収納ベッド【Comfa】コンファ 40,392円(税込) 〜

    ベッド機能の最強系はオリジナル
    照明、棚、コンセント、引き出し付き
    ウレタン塗装が、高級感アップの基本
    一人暮らしのベースとなる収納ベッド
    柔らかカラーでお子様にもお勧め

  • 高さが調整出来る宮付きすのこベッド【pittarida】ピッタリダ

    高さが調整出来る宮付きすのこベッド【pittarida】ピッタリダ 29,592円(税込) 〜

    ベッドの下のスペースを有効活用したい
    と言うお客様の要望に応えました
    収納ケースがすっきり入るベッド下です
    三段階に変更でき、ご希望の高さに調整可能
    すのこ仕様で通気性も抜群

  • ダブルコア【W.coRe】棚・コンセント フロアベッド

    ダブルコア【W.coRe】棚・コンセント フロアベッド 12,744円(税込) 〜

    当店の人気商品スカイラインに話題の新色
    ウォルナットブラウンは、カフェの風合い
    北欧風のオークホワイトでお洒落な部屋に
    棚・コンセント付きで便利
    ロータイプのベッドで空間が広がります
    フレームは強化樹脂仕上げで不燃性

  • 棚・コンセント 収納ベッド【VEGA】ヴェガ

    棚・コンセント 収納ベッド【VEGA】ヴェガ 23,544円(税込) 〜

    ベッドの下には、2杯の引き出し
    左右どちらにも設置可能
    ヘッドボードには、棚と2口コンセント
    モダンなデザインで2台並列配置可能
    見た目が直線的でシンプルさが際立つ

ページトップ

コンセント付きベッドについて

ベッドの枕元にあるヘッドボードにコンセントが付いているベッドです。 コンセントが一口の商品と、二口の商品がございます。 また、コンセントの容量も商品により異なりますので、ご注意ください。


コンセント付きベッドの利点について

何と言っても、寝ている間にスマホの充電が出来る事です。 充電を忘れがちですが、枕元にコンセントがあれば、決して忘れません。 スマホだけではありません。今時は、充電が必要な物が多くあります。 携帯電話、タブレット、携帯ゲーム機、音楽プレーヤーの充電に便利です。 就寝前の読書にも、ちょっとした照明を付ける事も簡単です。


コンセント付きベッドの欠点について

コンセントがあると言う事は、どうしても電気の元が必要になります。 ヘッドボードの近くの壁にコンセントが必要になるのです。 結果として、ベッドの配置が決まってきてしまい、自由度が低くなります。 ヘッドボードの背面からコンセント用のケーブルが伸びているため、背面を見せる配置は難しくなります。 壁に接触する配置が定番となってしまいます。


コンセント付きベッドの選ぶポイント1コンセントの位置

コンセント付きのベッドを選ぶ際に注目したいのは、コンセント穴の位置です。たいていはヘッドボードのどこかについていることが多いですが、ヘッドボードのない形のベッド、例えば折り畳み式タイプのベッドやスチールタイプのベッドなどの場合は、脚の部分などにコンセント穴の付いているタイプがあります。またヘッドボードにコンセントがついている場合でも、コンセント穴の方向が横向きか、縦向けか、何個ついているかといった違いがあり、それぞれの用途や利便性によって最適なコンセントの位置は変わってくるでしょう。ベッドでスマホや照明器具、ノートパソコンやテレビなど、多くの電源が必要となる場合は、ある程度のコンセント数が必要になるでしょう。配線の数が多くなる場合は、見えない位置にコンセント穴が付いていたり、縦向けのコンセント穴が付いていたりするタイプのベッドを選ぶと使いやすいです。ごく限られた用途でベッドの電源を利用したい場合は、コンセント穴の数が少なめで、横向けのコンセント穴のついたタイプのベッドの方が使いやすいでしょう。このようにそれぞれの用途に応じて、コンセント穴の数や位置が使いやすいかどうかをよく確認しておきましょう。


コンセント付きベッドを選ぶポイント2ベッドボードのデザイン

へッドボードが付いているタイプの大多数のベッドには、ヘッドボードのどこかにコンセント穴が付いています。コンセント穴の位置に注意して選ぶのはもちろんですが、ヘッドボードの付いたベッドを選ぶ場合は、ヘッドボードそのもののデザインを重視して選んでいきましょう。
ヘッドボードのデザインで気をつけておきたいのは、どんなものをヘッドボードに置いておきたいかという点です。モノをたくさん置きたい場合には宮付きタイプや棚付きタイプなどを選びたいところ。また安全性を考えてヘッドボードから頭の方向にモノが落ちないようなデザイン、例えばヘッドボードの棚が溝のようになっているタイプなどをチョイスするのもおすすめ。寝るときにスマホやタブレットの光源が直接目に入らないように使うこともできます。
この他にヘッドボードに間接照明が組み込まれているタイプもあります。このタイプだと新たにコンセントを使って照明器具を置かなくても済む場合がありますので、コンセント穴を他のガジェットに使用できるメリットがあります。このようにヘッドボードのデザイン、使うガジェットの種類、安全性などをポイントにヘッドボードを選んでみましょう。


コンセント付きベッドを選ぶポイント3部屋のレイアウトから選ぶ


コンセント付きベッドは、数あるベッドの種類ほぼ全部、オールジャンルにまたがっています。サイズはシングルからダブルまで、ローベッドから収納付きのベッド、ロフトタイプから折り畳み式のものまで、たいていベッドのどこかの部分にコンセント穴が付属しています。したがってコンセントが付いているかどうかに注目するよりも、ベッドを置く寝室のレイアウトを十分考慮してベッドを選ぶことが重要です。ベッドを置く位置や向きによっては、部屋のコンセント穴の位置とベッドのコンセント穴の位置がうまく合わなくなることがあります。また配線コードを使う場合には、コードが邪魔にならないように家具やベッドの配置を工夫しなければなりません。さらにベッドのコンセント穴を部屋のメイン電源として使うのか、どういったガジェットの電源として使うのかによって、最適なコンセント穴の位置が変わってくることでしょう。ベッドを選ぶ際にあらかじめ部屋のレイアウトを決めておくことは、コンセント付きベッドに限らずとても重要なポイントです。


スマホをベッドで使うときの注意点

ベッドで電源を使う場合の最も多いパターンのひとつがスマホです。ベッドに寝ころびながらスマホやタブレットの端末を使用したり、充電したりするために、ベッドに電源が付いていることは必須となっている方も多いでしょう。ただしスマホの画面から出ているブルーライトは、睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌を阻害して良質な睡眠を妨げます。また暗い空間で長時間スマホの画面を見ることは目の健康を害することにつながっていきます。したがってベッドでどうしてもスマホを使用したい場合、スマホを置く位置を工夫したり、溝タイプの棚や低めの仕切り板などがあるヘッドボードのデザインなどを選んだりすることで、睡眠中に直接スマホの光が目に入らないようにしたいものです。
そしてスマホやノートパソコン、携帯ゲーム機など多くのガジェットをベッド周りで使用していると、どうしても配線ケーブルが複雑化してジャングル状態になりがち。ベッドでケーブルの量が増えるのは安全性の点で問題です。こうした事態を避けるには、スマホやタブレットを縦置きにできる収納スタンドや、複数の差し口の付いたUSBポートなどを利用して、ベッド周りをできるだけすっきりとした状態にしておくことが大切です。