新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

ダークブラウンベッド

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ダークブラウンベッドについて

ダークブラウンのフレームを持つベッドです。

濃い茶色のフレームは、落ち着きある印象を与えてくれます。
部屋の中で、一番大きな家具となるベッドの色は、その部屋の印象を決定づける存在です。
落ち着きある部屋にするため、ベッドにはダークブラウンの色をお勧めいたします。

同じ「ダークブラウン」という名称でも、商品によって若干ことなる色となっております。
商品画像をよくご覧の上、お選びくださいませ。


ダークブラウンが与える心理的効果

ベッドの色調として、ダークブラウンが多いのには理由があります。ダークブラウンなどの茶色系には温もりや居心地の良さなどを感じさせる効果が期待できます。また、木や土など自然を思わせる色調であり、伝統や堅実というイメージがあるので、和室やシックな部屋にも合うのが特長です。落ち着いた気持ちを誘発してくれ、就寝前や苛立っているときに気持ちを落ち着かせ沈静してくれる働きがあります。コツコツと仕事をしたいときにも有効な色で、寝室を仕事部屋として使用している人にもお勧めできる色です。
自然色なので緑とも相性が良く、部屋に観葉植物などを置いてもなじんでくれるでしょう。ダークブラウンは他の色を引き立たせてくれ、なじみやすく使い勝手の良い色です。


白い部屋やナチュラルな色調と合わせる

ダークブラウンを白い色調の部屋やナチュラルな木目調と合わせて使用すると、部屋のコントラストがはっきりして、部屋にメリハリが生まれます。白く明るい色が多い部屋ですと輪郭がはっきりしない場合もありますが、家具などにダークブラウンを入れることで、家具が白色系よりも小さく見え部屋を広く見せる事も可能です。ナチュラルな木目調との相性も良く、周りの家具や一般的な家の壁紙にも合わせやすいでしょう。
また、カラフルな色合いとも相性が良く、オレンジ色の家具をポイントとして使用するのも良いでしょう。黄色系や青系との相性も良いです。
ダークブラウンベッドの色調は、部屋に置いてあっても邪魔にならない色で、家具やインテリアと上手に組み合わせることで周りを引き立ててくれる役割があります。


マットレスや布団の色と合わせて部屋の雰囲気を演出

ダークブラウンベッドは家具としての役割も担いますが、一緒に組み合わせるマットレスや布団の色調によって部屋の雰囲気を変えることも可能です。ダークブラウンに合う色調は、『ネイビー』『ホワイト』『ベージュ』『デニムカラー』『グリーン』『グレー』『ダークブラウン』など暗めの色合いや白色があります。安眠に最適な色として挙げられるのが、鎮静効果の高い『ブルー』やリラクゼーション効果の高い『グリーン』、睡眠ホルモン分泌効果が期待できる『イエロー』、癒しや安眠効果がある『ピンク』があります。その中でもブルーやグリーンはダークブラウンとの相性も高いので、マットレスや布団のシーツの使用をおすすめできる色です。
マットレスに白色基調を挟めば、更にシーツのカラーバリエーションを広げることができます。白はさまざまな色と合わせやすいので、自分の好きな色をベッドのシーツとして利用することもできますし、先ほどの安眠効果が期待できる色を使用してもよいでしょう。ベッドに置くクッションにパッション系の色(オレンジなど)を使用しても良いでしょう。落ち着いた雰囲気の中に可愛さを取り入れることができるので、オシャレな部屋を演出することができます。


暖色系の照明と合わせてリラックス効果を高める

ダークブラウンベッドには温もりや居心地の良さがあるとご紹介しました。さらにその影響を促進させるために、部屋の照明を組み合わせて落ち着く部屋を演出することができます。部屋に落ち着く印象を持たせたい場合は、暖色系の照明を加えることで落ち着きのある雰囲気をだすことができます。ベースとなる部屋の明かりを白色の蛍光色にしている人も多いかもしれません。そういう人は暖色系の間接照明を付けるとオシャレで落ち着く部屋を作れます。ベッドの横にサイドテーブルを置き、その上に間接照明を置けば、ホテルのような雰囲気を演出することもできます。ベッドに間接照明の機能が付いているものも販売されていますし、LEDスリムバーと呼ばれる自分で好きな所に貼り付けることができるテープ式のライトもあるので、ベッド裏などに貼り付けて使用すれば場所を気にせず間接照明を取り付けることが可能です。LEDの普及により暖色系や白色タイプ以外にもカラフルな色を取り入れることができるので、自分の好きな色や部屋の色調に合わせて配置してみてはいかがでしょうか。
また、暖色だと作業がしづらく白色だと明るすぎるという人には、暖色と白色を合わせた温白色は落ち着きと作業性が合わさった色合いでバランスが良いです。
白色タイプの色温度は4200K以上、温白色は3500K、電球色は3000Kが目安ですので覚えておくと部屋の色調を考えるときに便利でしょう。


ダークブラウンベッドは万能なカラーのベッドです

ベッドは寝具として利用するので、落ち着いた色を取り入れたほうが良いでしょう。また、部屋の雰囲気に合わせやすい色のベッドとして、ダークブラウンベッドは万能な色のベッドなのです。ダークブラウンベッドを主として考えなくても、部屋の雰囲気を崩さない安定した色ですが、ベッドを中心として部屋を構成することで部屋のテーマが決まりやすく落ち着いてオシャレな部屋を作ることが可能でしょう。
色調や雰囲気の選択肢が広いダークブラウンベッドは、使い勝手の良い家具なのです。