新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

フロアソファ

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

フロアソファについて

フロアソファは、ソファと言う名称ですが、イメージとしては、柔らかくて大きな座椅子です。
座面が低いソフアは、日本人の生活に合い、欧米ではあまり見かけません。
一人用のフロアソファが、座椅子とすれば、三人以上で使うフロアソファは、大体コーナーソファとなります。
ストレートの形ではなく、部屋の角か、テーブルの角に配置する形のコーナーになります。


フロアソファの利点について

フロアソファの利点は、日本人の生活になじんでいる事です。
畳に座る習慣のある日本人は、低いソファに違和感がありません。
フローリングに座るのは抵抗がありますが、そこにフロアソファがあると、何とも落ち着いた感じになります。
こたつを使いながら、フロアソファに座るのも、座椅子感覚ですね。

感覚的な利点とは違い、実用的な利点もあります。
具体的には、高さが低い事で、座面から落ちた時に衝撃が少なくもしくは、無いのです。
小さなお子様がソファから落ちたとき、ペットが座面から飛び降りた時、
衝撃が少なく、怪我の可能性が大変少なくなります。


フロアソファの欠点について

フロアソファの欠点は、低い座面に座る時や、立ち上がる時、どうしても脚力が必要な事です。
お年寄りなどは、立ち上がる時の力が必要で、敬遠されがちです。

フロアタイプの構造はどうしても柔らかなウレタンを主材料になり、背もたれも柔らかい印象です。
木枠を使用したソファもありますが、まだ少数派です。


フロアソファの種類

フロアソファにはいくつか種類があります。今回ご紹介する3種類を、部屋や自分が使いやすいソファを選ぶ指標にしましょう。
一つ目のフロアソファはコーナーローソファです。コーナーローソファはセパレートになっているモノも多く、幅広い使い方をすることができます。普通のコーナーソファの様に、部屋の角に合わせて置くこともできますし、テーブルを囲んで多人数で利用する座椅子のような使用方法もあります。セパレートタイプは別々に設置して自由にくつろぐのも良いでしょう。
二つ目はハイバックローソファです。ローソファは背もたれが低いものが多く、姿勢を安定させることが難しいです。しかし、ハイバックローソファは背もたれが高く、姿勢を安定させてくれるので楽に座ることができます。一つの欠点として、背もたれに体重を掛けすぎるとひっくり返る恐れがあるので注意が必要です。
三つ目はローソファベッドです。ソファのリクライニング機能を利用して、ソファにもベッドにもなる優れものです。ソファの広さも十分で、ゆったりと座ることができます。もし急な来客があったときの、寝床としても使用できます。


フロアソファの低さを利用したコタツの利用方法

フロアソファはその低さが特徴であり、日本特有の家具の利用に適しています。たとえば、冬に使用するコタツを夏はコタツ布団を取り除いてテーブルに利用している家庭も少なくありません。コタツはチェア式の脚が高いモノも販売されるようになりましたが、低いタイプの人気も衰えません。通常のソファを利用しながらコタツを利用するのは無理があります。また、コタツは多くの暖房器具のなかでも省エネで温かいので、好んで使用する方もいるのではないでしょうか。フロアソファはコタツにも最適なソファなのです。
今まで使用していたコタツの周りにフロアソファを設置するだけで、ソファに寄りかかりながらコタツで温まることができます。フロアソファの中には、背もたれをなだらかにできるカウチタイプもあるので、ゆったりとした姿勢でくつろぐことも可能です。


低いフロアソファが与える効果とは

フロアソファが低いことで部屋に与える影響は大きいのをご存知でしょうか。リビングなどにソファを置く場合は、部屋の奥に置く人も多いでしょう。部屋を広く見せる条件で、低い家具を部屋の奥に置くという方法があります。通常のソファですと、フロアソファに比べると高さがあり、部屋を圧迫している印象を与えてしまいます。フロアソファは低い位置にあるので視野が広がり部屋を広く見せます。できるかぎり低い家具を揃えたほうが、部屋を広くみせることができますが、背の高い家具がある場合は部屋の手前に持ってきて、低い家具を部屋の奥に置くよう心がけましょう。


値段が安く持ち運びやすいフロアソファ

フロアソファは値段が安いのも特徴の一つです。通常のコーナーソファを購入する場合、安いものでも4万円前後かかってしまいます。広いサイズを購入すれば数十万円かかるモノも少なくありません。フロアソファは2万円を切るモノも多く、多人数で座るのに最適なモデルが多数あります。拡張して設置することができるので、上手に設置をすれば人数が多くなるパーティにも使用できますし、配置を変えて映画鑑賞会などをすることも可能です。
フロアソファは低さのほかにも、移動のしやすいのが良いところでしょう。なかには全てウレタン素材で作られており、女性や子供でも移動することができます。各々がゆったりした空間を確保するのは、普通のソファでは難しい芸当です。セパレートタイプが多いので、自由に座りたいところに設置できるのは大きなメリットでしょう。ベッドの配置をうまく利用すれば、ベッドで仮眠を取るのも良いでしょう。


他の家具を使用して快適に使用する

フロアソファは他の家具と併用することで快適に使用することができます。フロアソファの中央にテーブルがある場合でも、端に座っている人は飲み物などが取りにくい場合があります。背もたれに寄りかかっているときは姿勢を起こすのが大変でしょう。フロアソファの横にサイドテーブルを置くことで、くつろいだ状態のままで飲み物や本などを置くことができます。サイドテーブルの上に時計や観葉植物などを置いてオシャレに演出すれば、部屋の印象を変えることができます。
フロアソファの足元にラグやカーペットを組み合わせると部屋やソファの印象を変えることが期待できます。また、足元がフローリングのままだと、足が冷えてしまう可能性があり、冷え対策にラグやカーペットを使用することができるのです。
クッションをフロアソファの上に置いてあげるのも、ソファの上で快適に過ごすポイントです。少し寝転ぶときに枕にしたり、手持ち無沙汰で抱えたりとクッションはちょっとした時に便利なアイテムです。また、クッションをソファにあわせたりアクセントにしたりすると、部屋の印象を変えることも可能です。