新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

ボリューム敷布団

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

ベッドか布団かで迷った時の決め方とは?

寝具の選び方には個人差があるので、ベッドと布団のどちらがよいということは一概に言いきれませんが、好みの問題だけでなく体質や体型、そして使う部屋などを考えて選ぶ人は多いのではないでしょうか。人は、1日のおよそ3分の1を寝て過ごすと言われています。もちろん、ライフスタイルや体質などの違いもありますが、使う時間が長い分、身体に合ったものでじっくり休養できるものであることは理想です。しかし、ベッドを使うか布団を選ぶかで迷った時にはどうすればいいでしょうか。それぞれの基本的な特徴を考えてみましょう。
ベッドは布団を畳む必要がなく、床から高い位置で寝ることができます。布団は畳んで収納する手間がかかりますが、寝ていない時は部屋を広く使えます。寝心地で考えれば、ベッドは例え固めのマットレスを使用した場合でも、柔らかいと感じる人もいますが、布団は床や畳の堅さを直に感じやすいので腰に負担がかかることも考えられます。厚みは欲しいけど、ベッドまでは必要ないという人や、部屋が狭くなるのを気にするなら、それを解消できる寝具があります。それがボリューム敷布団です。


ボリューム敷布団とはどんな布団?

ボリューム敷布団とは、その名の通りボリュームのある敷布団のことです。標準の敷布団に比べて厚みがあるもので、10cmから15cm前後のものが一般的です。普通の厚みの布団は、下にマットレスを併用して敷くことも多いですが、ボリューム敷布団はそのまま1枚で使えるというメリットがあります。15cmともなるとベッド用のマットレスと変わらないので、床にそのまま敷いても、布団を通して床の堅さが伝わってくることがほとんどありません。中綿には羊毛や化学繊維わたなどが使われていますが、化学繊維のわたは機能性を持たせたものが多く、2層から3層で成っているタイプは丸洗いできるものも見られます。1枚で使えてふわふわの寝心地が得られるので、通常の敷布団では畳や床の堅さが気になってしまう人や、腰痛が気になる人におすすめの布団です。また、ベッドほどの高さには抵抗があるものの、布団では薄いと感じている人にも手頃な厚みのあるボリューム敷布団は、ベッドと布団の中間的な感覚で使えます。堅さもいろいろあるので、購入する時には実際に感触を確かめてみましょう。


ボリューム敷布団のメリットは?

畳の部屋など、ベッドを置くことに抵抗のある部屋でもふかふかの寝心地を得ることができます。使わない時には畳んで収納してしまえば邪魔にならず、空間を有効的に活用できるのもメリットでしょう。ワンルームや狭い部屋の場合には、寝具類は収納できるタイプの方が部屋全体が狭くなってしまうこともありません。また、ワンルームなど来客を通す場所にベッドを置きたくない人にもおすすめです。ボリューム敷布団は、コンパクトに畳めるベッドという感覚で選んでみましょう。 ところで、厚みがあるのにきちんと畳めるのか気になりませんか。ボリューム敷布団は厚みがあっても畳みやすいものが多いですが、さらに畳みやすいよう折れるように工夫がされているタイプもあるので、心配は要りません。折りタイプはきれいにきっちり畳めるので、そのままローソファとして使えばさらに便利です。しっかりした厚みのボリューム敷布団は、ベッドを置くスペースが無い場合や、大きな家具の搬入が難しい部屋でも使いやすいのもよい点と言えます。


ボリューム敷布団の選び方のポイントは?

ボリューム敷布団は、厚みがあっても丸洗いできるものが多いことも特徴のひとつです。もちろん、使用している中綿の種類にもよるので、こまめに洗って使えるものを購入したい場合には、丸洗い可能な素材であるかどうかをチェックしましょう。外側の生地だけが洗えるものや中綿ごと全部洗えるものがあるので、どちらなのか確認は必要です。特に、小さな子どものいる家庭など汚れが心配な人は、丸洗いできるものは清潔に使えておすすめです。家庭用洗濯機で洗えるかどうかの確認もしておきましょう。丸洗いができるとはいっても、使っているうちに表生地はそれなりに傷んでくるものです。使用にはカバーをかけるのがおすすめです。購入時にサイズの合うカバーがあるかどうか確認し、一緒に購入して始めから使用すれば汚れや痛みを防ぐ効果が期待できます。ボリューム敷布団は、裏と表では中綿の種類が異なるタイプもあります。寒い時期に適した温かい羊毛などを使用した面と暑い時期でも涼しく快適な機能を持った綿を使用している面のリバーシブルで使えるものを選んでおくと、オールシーズン快適に使えます。収納や干し場所なども考慮して畳みやすいかどうか、また、コンパクトにして運びやすいものであるかという点も見極めて選びましょう。