新しい眠りのカタチ 全商品送料無料 一部地域を除く

セット布団

並び順を変更  [  おすすめ順  |  価格順  |  新着順  ]

ページトップ

セット布団の特徴

セット布団とは、敷布団、掛布団、肌掛布団やそれらのカバー、収納袋などがセットになった布団のことです。ベッドタイプのセット布団は敷布団とそのカバーの代わりに敷きパッドとボックスシーツがついています。寝具一式がセットになっているため、届いてすぐに使い始めることができます。オールシーズン対応のセット布団は掛布団と肌掛布団が2枚合わせになっており、これらを組み合わせることで春夏秋冬と1年を通してセット布団を使用することができます。カバー類のデザインも統一されているため、見た目にもスタイリッシュな印象です。また、製品によっては、カラーを選べたり、硬めや柔らかめの敷布団などを選べたりと、セットといっても色やサイズ、寝心地などの選択肢が豊富なものが多くあります。収納袋がついているタイプは、来客用など普段は使用しない布団をセットでしまっておけるので、いざという時すぐに寝具の準備ができて便利です。


セット布団の利点

セット布団は寝具一式がセットになっているため、新生活を始める人や単身赴任、来客用など、寝具全てを一気に揃えたい場合に便利です。カバーもセットになっているため、布団のサイズを確認してカバーを買う必要もなく、間違いがありません。ファミリー布団などをセット布団で揃える場合なども、大きなサイズのシーツは量販店では見つけにくいものですが、セット布団ならば布団に合わせた大きさのシーツも一緒に購入することができます。そして、布団カバーも中に入れる布団専用にデザインされているため、ズレやすい羽毛布団なども布団についたループとカバーの紐を結ぶことでズレを防ぐことができ快適です。また、ファミリー布団は、3人用、4人用と大きさの違うものがありますが、敷布団の大きさに合わせた掛布団がセットになっているため統一感がでます。そして、セット布団にはシングルやファミリーサイズ以外にもセミダブル、ダブル、クイーン、キングなど豊富なサイズがあり、希望に合わせたサイズを選ぶことができます。さらに、セット布団は一般的に、寝具一式を別々に揃えるよりもお買い得なお値段になっています。セットならではの統一感とお値段は、寝具一式を揃えたい場合には断然お得と言えるでしょう。


セット布団の欠点

セット布団がお買い得ということは説明しましたが、セット内容が決まっているため、敷布団や掛布団だけを買い換えたいなどという場合にはあまり向いていません。ベッドタイプのセット布団には掛布団と枕とそれらのカバー、ボックスシーツの5点セットもあるので、掛布団だけの買い換えに対応しているものもあります。しかし、和タイプのセット布団では多くの場合、敷布団と掛布団がセットになっているため、敷布団または掛布団だけ必要な場合には単品で購入することになります。ですから、これらのセット内容が自分の必要とするものとマッチしている場合にはセットで購入した方がお得と言えますが、セット内容の自由度には限りがあるため、単品で買わざる得ない場合もあります。また、カバーを洗濯する際の、替えのカバーがセットに含まれていない場合には、自分で替えのカバーを用意しなければならず、ファミリー布団など特殊な大きさの布団をセット購入した場合には、替えのカバーを見つけるのに苦労することがあります。


セット布団の選び方

布団を選ぶときに寝心地にこだわる人は少なくないと思いますが、セット布団を選ぶときにも、敷布団の硬さや、掛布団の厚さなど、さまざまな選択肢がある製品があります。特に和タイプのセット布団を選ぶとき、敷布団はベッドで言うところのマットレスにあたり、寝心地を大きく左右することがあります。ですから、敷布団の厚さや硬さなどにこだわりのある人は、選択肢があるか、自分の好みの敷布団かなどをよくチェックして選ぶと良いでしょう。また、和タイプのセット布団は、敷布団と掛布団がセットになっており畳んだ状態でもかなり場所をとることがあります。そして、毎日布団の上げ下ろしをするという使い方をしている人も多いことでしょう。ですから、収納しておくことの方が多い来客用のセット布団や、布団の収納スペースに限りのある部屋などでは、寝心地だけを優先すると収納しきれないという問題が起きる場合もあるので、収納ケースの大きさなども参考にすると良いでしょう。また、ベッドタイプのセット布団を購入する場合には、和タイプのセット布団と違い、ほとんどの場合、布団は敷きっぱなしになります。部屋の中でベッドの占める面積は意外に大きく、布団カバーの色や柄によっても部屋の印象が大きく変わるため、デザインにもこだわって選んでみてはいかがでしょうか。